月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憧れのスター
   スペインのバレー界の貴公子


 私はサッカーや野球はまったく興味はないけど、バレーは

 大好きです 

 中でも、もう引退してしまったけどスペイン代表だった

 パスカルには超はまった 

 ちょっと甘い顔立ちで、紳士で情熱があって。

 顔立ちがハンサムなだけじゃなくて、プレースタイルも

 魅力ある選手でした。

 グラチャンやワールドカップなど結構出場してたから見

 知ってる人も多いかもしれない。

 一時期、日本でもプレーしてたし。

 で、彼専用のスクラップブックを作りました 




   moblog_05f3ec21.jpg

 彼は例え試合に負けたとしても、いつも笑顔でファンや

 取材陣に対応することで有名でした。

 プロとしての意識、プライドそういう精神が彼の魅力の

 ひとつでもあると思います。



   moblog_0fa591c9.jpg



   moblog_96cdd0e0.jpg

 当時のスペインは間違いなく、「パスカルのスペイン」 

 代名詞といっても過言ではなかった。

 むしろ、彼がいなければバルセロナやシドニーはいけな

 かっただろう 

 イタリアのセリエAでなんと三度もベストスコアラー賞を

 獲得してて、世界選手権ではMVPとベストスコアラー賞を

 同時に獲得、さらにワールドカップでもベストスコアラー

 賞を獲得という素晴らしい経歴の持ち主でもあります。

 こんなに何度も同じ賞を取れる人なんて珍しい。

 ましてや次々と若い人たちが台頭してくるようなスポーツ

 界で。ベストスコアラーということは、つまりは一番本数

 を打って、なおかつ一番決めた人なわけだからいかに彼が

 すごいのかが分かる。
 
 まあ、裏を返せばそれだけスペインはパスカル頼みのチー

 ムだったということにもなるわけだけど。

 パスカルが調子悪いと、チームもダメ。

 逆に怖いくらい彼が調子いいと、チームのみんなもいい。

 というようにいわゆるワンマンチームだった。

 日本にとっては運悪く、たいてい調子がすこぶるいい時に

 対戦というケースが多くて、私の記憶の中ではいつも負け

 てたように思う。



   moblog_b795b29b.jpg



   moblog_6f0619d6.jpg

 まさにバレー界の貴公子という異名がピッタリ 



   moblog_316f773a.jpg



   moblog_8fac4bcd.jpg

 彼はいわゆるエース。スパイカーだったわけだけど、サー

 ブもすごかった。日本はよく決められてたもんなー。


   moblog_53910af0.jpg



   moblog_930105bf.jpg



   moblog_3413468e.jpg

 ブラジルの代表選手、ジバもすごい人だけど私は断然パス

 カルのファンでした。多分、今は43歳くらいかな。

 さすがにもう引退しちゃったけど、37歳まで現役でした。

 今どうしてるのかな。やっぱりバレー界で活躍してるの

 だろうか。いずれ監督とかになって、また日本と対戦とか、

 そんな夢物語がいつか実現するといいな。















  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「狂った女」の

   歌詞の一節から拝借しています  



スポンサーサイト
胸躍る 大好きな舞台(ステージ)
   有り難う、オリンピック!!


 いや~終わってしまいましたね、オリンピック 

 みなさんはご覧になってましたか?

 私のメインは、柔道とバレーボール  

 母は割と体操が好きで、父は水泳 

 正直、今大会の柔道はパッとしませんでしたね。

 とても残念な結果になりました。その中でも私の一番

 応援していた松本選手が念願の金メダル! 

 感動しました。まあ、欲をいえば、もっと一本! と

 いう柔道で勝ってほしかったけど。

 それにしても、柔道はここ何年前からひじょうにつま

 らない競技へと変わってしまってショック。

 試合を見ていると、それは柔道じゃないだろ、レスリ

 ングじゃん! と思わずつっこみたくなる内容のもの

 が多すぎる。いや、レスリングというのはよく言った

 方かも。もはや取っ組み合いの喧嘩にしか見えないひ

 どい試合もあったりして。柔道としてのクオリティが

 年々下がってしまってるのが、一柔道ファンとしては

 悲しいし、日本人としては情けない。

 最近では外人選手だけでなく、日本の選手にもそれが

 顕著に感じる時があるので、見直しが必要なのではな

 いかと、素人ながら考えてしまう。

 本来、柔道というのはスポーツではない。れっきとし

 た「武道」。武道というのは、礼に始まって礼に終わ

 るものであり、もっと一本というものに拘りをもって

 ほしい。逃げて、いかに審判員に好印象を与え、ポイ

 ントで勝とうという姿勢は、はっきりいって面白くな

 い。日本柔道は、もちろん一本を取ることが基本だけ

 ど、あまりにも慎重しすぎて積極性が見られなかった

 のもちょっと残念だった。

 柔道に続き、私が毎回応援している女子バレー。

 素晴らしかったですね! 最後の韓国戦。

 まず、中国に勝てたのがなにより一番大きかった。

 一番好きな選手は迫田さおりちゃんなんですが、彼女

 が韓国戦で大活躍してくれたのが、最高に嬉しかった 

 見てて、大興奮! 

 正直、大ベテランのセッター、竹下選手が抜けたら、

 恐らくは冬の時代になるだろうと思っていて、そうな

 る前の最後の大きな大会になるのではと危惧していた

 だけに、このメンバーでメダルが取れたことが嬉しい

 ニュース。これから徐々に若返りするだろうから、こ

 れから先、どうなるか分からないけど、背が低くたっ

 て、身体の作りが違くたって、努力や工夫次第でいく

 らでも日本にだってメダルを狙えるチームになれると

 いうことを教えてくれた代表選手たち。女子サッカー

 だけでなく、バレーボールももっと注目されるように

 なってくれるといいな。

 他の競技もすごかったですね。女子サッカーももちろ

 んのこと、水泳やレスリング、アーチェリー、体操。

 どれも感動と興奮を頂きました 

 また、4年後。待ち遠しいですね! 













 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「Let's try

  again」の歌詞の一節から拝借しています  


熱い砂のステージ
   涙の銅メダル!


 世界バレー、終わりました 

 見ていた方いますか?

 私はバレー大好きなのでもちろん見ました 

 素晴らしかったですね!!

 女子バレー、なんと32年振りのメダル獲得!! 

 生きている間に、男子も女子もメダル獲得の姿を見れた

 ことがまず嬉しい。

 大げさな言い方かもしれませんが、今の時代バレーで

 メダル獲れるってなかなか思えないから。

 昔は黄金時代だったのでしょうけど、世界のレベルは

 高くなる一方だし、なにしろ本来の肉体の付き方からして

 骨格が全然違いますしね!

 もちろん背の高さも比較すれば小さいし。

 そんな中での見事な銅メダル 

 もう、感動と興奮で涙が止まりません 

 真鍋ジャパンになってからさらに進化してゆく女子バレー。

 一度引退した山本選手も復活し、ベテランセッターの竹下

 さんもまだ現役だし、そして、エースの木村ちゃんが一段と

 力を上げてきたのが最大の勝機へと導いたのだろう。

 もちろん、今回大活躍した江畑ちゃんの活躍は凄まじいもの

 があった。まだ若いのに、落ち着いたプレーだし、巧さもあっ

 て、今後が楽しみな選手のひとりだね。

 でも、やっぱり真のエースは誰がなんといっても木村沙織! 

 彼女の今までのプレースタイルは、一見どこか緊張感がない

 ような雰囲気に見られがちだった若い時からものすごく成長

 したと思う。エースとしての自覚が表に出ている、そんな空気

 がずっと続いていて、逞しくなったなぁとつくづく感心して

 しまった。なにせ高校生の時からレギュラーだったしね。

 彼女の存在は本当に日本を救っている。今後なかなか出てこな

 い逸材だろうね。

 以前までは、試合中でも時々緊張感が薄れてしまう雰囲気とか

 顔とかしていたのに、今大会は最初からまったく表情が違った

 のがひじょうに興味深い。年齢的にも一番充実している年にさ

 しかかってきたし(24)、中堅という立場であり、エースとし

 ての自覚が大きく成長して、もう先輩たちについてゆくだけの

 立場から引っ張ってゆく立場になって、プレー中も厳しい、集中

 したいい顔立ちになったと思う。

 勝つにしろ負けるにしろ、木村沙織の出来次第とまで言われて

 いるぐらいのエースだから相当のプレッシャーと責任感があるの

 だろうけど、どんなにリズムが崩れても本調子でなくても彼女は

 コートからは外されないわけだから、なんとか自分で持ちこたえ

 なければいけない。エースのさだめだね。

 そんな大変な重圧の中、いくつもアタックを決める姿は感動する。

 ブラジルにフルセットで負けたのは、最高に悔しいね! 

 あそこまでいって、負けてしまう・・・それほど辛いものはない

 だろうと思う。けど、気持ちを切り替えて、素晴らしい有終の美

 を飾ってくれた選手のみなさんに心から拍手を贈りたい。

 正直、アメリカ戦キツイものがあって、見ててドキドキした 

 前日の惜しい激戦を負けてしまっただけに選手たちも苦しかった

 ろうと思う。気持ちを切り替えて・・・とは言っても言葉に出せ

 い悔しさと落胆は胸の中で渦巻いてたのだろうし。

 なんとなくそんな雰囲気でゲームがスタートした感が否めなかっ

 た試合展開で、ハラハラしたけれど、後半になるに従ってみんな

 の心がひとつになって、粘りの意地を見せてくれたことに運が向

 いたのかもしれない。加えて、アメリカはミスの連発で、それに

 救われたというのもあるだろう。

 いずれにしろ、猛者どもを抑えての銅メダル獲得というのは本当

 にすごいことだと思う。

 男子も女子も更なる進化を遂げて、ますます活躍していってくれ

 ることを祈りたい 

 女子バレー、おめでとう!!! 














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「涙の海で

     抱かれたい」の歌詞の一節から拝借しています   











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




今夜はおまつりさわぎ
   世界柔道


 もう終わってしまったけど、今年の世界柔道見ましたか?

 久々、いい柔道が見れた感じでした 

 やっぱり柔道の醍醐味は、豪快な一本技に尽きますよね!

 強い日本を久しぶりに拝見できて興奮した 

 穴井選手好きなので、金が取れてよかった! 
 
 ただ決勝戦では豪快な一本が見れなかったのが、ちょっと

 残念ではあったけど。でも、師匠の篠原監督と握手してる

 シーンは感動した。

 それにしても今回の大会。思わぬ活躍(と言ったらちょっ

 と失礼かもしれないけど)を見せた選手が多かったですね。

 女子の杉本さんには驚いた! 

 重量級の二階級制覇なんて・・・そうとう難しいと思って

 いただけに、嬉しい裏切りを見せてくれた。素晴らしい柔道

 でしたね。それに比べて、う~ん・・・

 塚田ちゃん。最初はよかったんだけどね。彼女、どうしてか

 中国勢に弱い。今回最大のライバル、トウブンが出場してい

 なかったから、こりゃイケるか!と期待してたんだけど・・・

 代わりに出場してきた若き中国のエースにやられてしまいま

 したね。どうにも苦手意識があるように見えてしまうんだよね。

 ちょっと痛々しささえ感じてしまって、見るのも辛かったく

 らい。この試合で心まで挫けてしまったのか、結局無差別は

 棄権してしまったし。個人的にはひじょうに残念。

 残念といえば、女子52キロ級の中村選手。彼女の柔道が好き

 なので、正直見る前から優勝間違いなしだろうと思っていた

 だけにまさかの判定負け・・・これにはいささかビックリ。

 負けてしまった時の茫然自失な表情がすごく印象的だった。

 今年の大会、何がすごかったかって、決勝戦で日本人同士が

 対決するという場面が多かったこと!

 同じ日本人としてはとても誇りに思える豪華な試合ではあった

 のだけど、どっちを応援しよう~・・・なんていう贅沢な悩み

 ができてしまった (笑)

 女子の福見さんも負けてしまったしね。日本人同士の戦いは

 あんまり見たくないもんだ 

 男子66キロ級の森下くん、よかったね~!!

 彼の柔道も見てて好きだなぁと思った。まだ若いし、オリンピッ

 クも楽しみな選手のひとりだ 

 男子73キロ級の秋本選手も素晴らしい活躍で金メダル 

 無差別でも男子の上川くんがいい柔道で魅せてくれた。あの、鈴

 木選手を破り、さらには王者のリネールを決勝で見事に負かして

 の完璧な優勝。素晴らしい戦いだった。最後、リネールなんて泣

 き崩れていたものね。間違いなく自分が優勝だろうということを

 疑いもしなかったろうと思う。多分それは彼だけではなく、ほぼ

 柔道関係者はそう見ていたのではないか。それだけ彼の強さは確

 実だし、安定してるし、キレもいい。加えて、日本人相手に強い。

 そこを勝っちゃうんだから上川くんはすごい 

 上野さんはお姉さんに引き続き、二連覇を成し遂げて、文句な

 しの女王。この人の柔道はなんていうか、安定してるというか、

 確実性があるよね。姉妹似てるのかもしれない。

 私が今回一番応援していたのが、57キロ級女子の松本選手!

 彼女の野性味溢れる柔道が好き。目つきも鋭いしね。

 見事、悲願の金メダルを取れて本当によかった 

 そして、今回一番残念でならないと思ったのがやっぱり鈴木選手

 だろうか。格好よく金メダルを取って引退したかったんだろう

 なあと思うと、残念。

 ただクサることなく敗者復活戦で銅メダルを取った姿はお見事。

 もう、これでふんぎりもついたのでは?と思うけど。どうなの

 かな。

 去年の世界柔道がボロボロだっただけに、起死回生で臨んだ今

 大会。見事に強い日本柔道を甦らせてくれたことだと思う。

 久しぶりに燃えた5日間だった 












     ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「気分しだいで

      責めないで」から拝借しています  








         にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
熱い思いを語る
   ワールドグランプリ


 え~と・・・ 

 記事を整理していたら、去年書いたものを発見しました。

 消そうと思ったんですが、なんだかもったいなく (笑)

 まあ、元々私のブログは雑多だし、ええ~い、載せて

 しまおうと思います (笑)

 興味のない方は、どうぞスルーをお願いします。

 「ワールドグランプリ」・・・サッカーではありません

 よ~ (笑)

 バレーボールでございます 

 では下が去年書いた記事です。





 もう終わってしまったけど、バレーボール女子の

 ワールドグランプリ、見た人どれぐらいいるんだろう。

 私はバレー大好きだから、もちろんしっかり観戦し

 ました きゃっ

 今、全日本は新しいことにチャレンジしてるらしい。

 それはブロックの強化。解説で何度も川合さんが説

 明してたけど、今までとはまったく違うシステムに切

 りかえて、それに取り掛かったまさに矢先の今大会。

 だから正直言って、成績うんぬんよりもどれぐらい通

 用するか、どれぐらい今の状態でできているかを見

 比べること、また世界を知ることが最大の目的でも

 あったらしい。

 メンバーも北京の時からガラッと変わった。もちろん、

 エースの栗原選手・マルチプレーヤーの木村選手・セ

 ンターの要の荒木選手・ベテランのセッターの竹下選

 手はそのまま。それ以外は新たに選ばれた選手が何

 人かいた。

 際立って今回の大会で活躍したのが、坂下選手。ちょっ

 と今まで女子バレーの中でいなかったタイプかも知れ

 ない。豪快でパワーのあるスパイク。迷いのない打ち

 方。切れ味もあるし、見ていて気持ちいい。決まるとよ

 けいに気持ちいい。それからもう一人、狩野選手。

 彼女は可愛いし、多分テレビ的にも今回のスター選手

 としてバックアップしたい選手だったのだと思う。今後

 が期待できる頼もしい選手が出てきてくれたことは、一

 バレーファンとしてはひじょうに心強いし、楽しみだ d

 今回、結果は惜しくもメダルには届かずに終わったけれ

 ど、新しいブロックの形が随所に発揮されていて、これ

 からの全日本に確かに光を感じた。まだ結成して3ヶ月

 でこれだけの要素が出せるなら、今後が楽しみだ ウフフ

 監督も柳本さんから真鍋さんにバトンタッチ。若い分、きっ

 と考え方も斬新なのだろう。ブロックの切り替えもそうだ

 けど、速さにも拘っていて、より速く、より正確に、という

 ことをテーマに掲げているとのこと。

 全試合を通して、なかなか今回はいい感じで盛り上がり

 もしたけれど、いかんせん、チーム年齢が若返ったせい

 か、それに伴う経験値の差なのか、まったく自分たちの

 バレーというものができていない試合もいくつか目立って

 しまった。特に最終予選に入ってからのロシア・オランダ

 戦。これは痛い! しまった

 せっかく予選で勝ったにも関わらず負けてしまった。それ

 も最悪の形で・・・。ここで勝っていれば間違いなくメダル

 は手に入ったろう。それを思うと残念でならない。

 逆にいい試合はものすごく良かった。サービスエースは

 何本も決まるし、アタッカー陣も面白いようにスパイクを

 決めるし、ブロックも決まっていた。そこには確かに未来

 に向けての手ごたえと光明が見えた。

 まだ新全日本は始まったばかり。これからが勝負。

 頑張って日本の未来を光あるものへと導いていって欲し

 いと思う。素晴らしい活躍だった選手たちに心から拍手

 とエールを贈りたい バレーボール e









    みなさまへ 


 

 日々、沢山の方に訪問して頂き、本当に感謝

 しております。

 いつも有り難うございます。

 特別何もなければ、ほとんど毎日みなさまの

 所へ遊びに行っておりますが、時間がない時

 はコメントを残せないこともあり・・・申し

 訳ありません・・・ 

 でも、訪問した際には、応援ポチを必ずさせ

 て頂いておりますので、読み逃げになってし

 まう時はご了承下さいませ☆


















    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田さんと

     奥田民男さんのコラボ曲「光の世界」の歌詞の一節

     から拝借しています  






         にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ

             にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ



     
  ← 拍手すると・・・?  シャンプー



            





       

Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。