月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少女時代
   「ちぃちゃんのビー玉」  (おはなし)

 ちぃちゃんは、ビー玉が大好きです。

 キラキラして綺麗だから。

 青や緑や黄色。

 とても綺麗な綺麗なビー玉。

 今日もちぃちゃんはビー玉で遊んでいます。

 コロコロ、転がるビー玉を追いかけると

 コツンとくまのぬいぐるみに当たりました。

 今度はそのぬいぐるみで遊ぶちぃちゃん。

 おや、もうビー玉には飽きちゃったのかな。

 ぬいぐるみを抱いて、くるくる回るちぃちゃん。

 すると、足に絵本が当たりました。

 今度は絵本を読み始めたちぃちゃん。

 おや、もうぬいぐるみには飽きちゃったのかな。

 真剣に読んでいるちぃちゃん。

 そこへ、猫のミィがやってきました。

 スルッとちぃちゃんのお膝に乗ってきて甘えるミィ。

 今度はミィと遊ぶちぃちゃん。

 おや、もう絵本には飽きちゃったのかな。

 しばらくすると、ミィは飽きたのかちぃちゃんのお膝から

 スルリといなくなってしまいました。

 すると、窓から心地よい風が入ってきて、綺麗なビー玉

 たちがちぃちゃんのもとへと転がってきました。

 そのビー玉でまた遊び始めるちぃちゃん。

 やっぱり一番好きなのは綺麗な綺麗なビー玉で遊ぶこと。

 ちぃちゃんの大切な大切な、小さな宝もの。





 少女特有の好奇心と、子供心の飽きっぽさ 絵文字名を入力してください

 でも、最終的には一番大好きなものに帰る、というお話

 です。実はこの話、高校生の時美術で絵本を作った時

 に考えた話なんです 本














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さん

   の曲タイトル「少女時代」から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




スポンサーサイト
星屑砂漠
   「老人の街」



 この街には老人しか住んでいない。

 みな、藜(あかざ)の杖を持ち、海辺や公園を散歩する。

 くる日もくる日も何もせず、寒い日は暖炉の前で居眠りし、

 風の気持ちいい日は木陰のベンチで居眠りする。

 老人たちは挨拶以外言葉はなく、目が合えば微笑むだけ。

 言葉などとうの昔に忘れてしまったかのように、ただ無言で

 日がな過ごしている。

 太陽が昇ると同時に起き、陽が沈むと同時に深い眠りに入る。



 夢や希望は?

 情熱や欲望は?



 この街の老人には何も必要ない。

 夢も希望も全ては昔。情熱や欲望も既に消えた。

 静かな死を望む者だけがこの街にやってくる。

 安らかな眠りを待っているのだ。







 これは童話? と言ってもいいのかな・・・

 微妙な作品ですが。

 雰囲気だけを味わってもらえれば嬉しいです。








  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲涙の

   天使に微笑みを」の歌詞の一説から拝借してます お弁当



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


          ← 拍手(笑)  x
情緒儚きストーリー
  「名もない花」




 その花は不思議な色をしていた。

 白ではない、黄色でもない、まるで

 光(ひかり)のような明るい色をして
 
 いる。

 母のアリサは「名もない花」と呼んだ。

 
 花は太陽に翳すと眩いまでに光り、

 熱を発した。生い茂る青々した木々を

 照らし、温かさを生んだ。また、野に生え

 る雑草さえも生き生きと甦えさせた。

 光りはどこまでも伸び、大地や大空に

 自然の息吹を与えた。どこまでも暖かく

 優しい小鳥の囀(さえず)りのように。

 
 月の明りに照らすと、花は涙を流した。

 透明な、綺麗な涙を。その雫はやがて

 川となり、湖になった。地平線の彼方

 まで光り輝き、夜空に瞬く星たちよりも

 美しかった。


 ある晩、アリサはその花を摘んできた。

 
 ママ、この花どこから摘んできたの?

 遠い遠い所からよ。

 どうして、光ってるの?

 魔法の花なの。

 この花どうするの?

 火に翳(かざ)してちょうだい。

 
 マーサはそっと火に翳した。

 すると、火の粉が花に吸い付き、赤く

 燃え、やがて塊となって花びらから

 落ちた。

 落ちた火の粉の雫は、地に着く前に

 小さな種に変わった。

 キラキラと光る種は、小さなマーサの

 掌にのると、ぱっと消えた。まるで花火

 のように、一瞬にして散った。


 だめよ、マーサ。この銀のスプーンで

 掬わないと。消えてしまうのよ。

 
 アリサは赤いリボンの付いた冷たく光る

 スプーンを握らせた。

 そのスプーンで塊を拾うと、今度は消え

 なかった。

 マーサは、幾つも幾つもその種を拾い、

 透き通った袋に入れていった。

 一杯になった種は、より一層光りを反射

 させ、部屋中を照らした。その眩しさに

 目を開けているのが困難なほど、煌々と

 していた。


 さあ、その種を持って裏庭に行きなさい。

 そして、全部埋めるのよ。


 マーサの頭を優しく撫でながら、アリサは

 言った。


 その不思議な種を持って裏庭へ行くと、

 夜空で踊るように散っていた星々はなかった。

 真っ暗な中にマーサの持っている塊だけが

 神々しいまでの光りを放っていた。

 その光りを頼りにシャベルで土を掘ると、沢

 山の種をばら蒔いた。優しく土を盛ると、そ

 の中から光りがこもれ出た。

 
 マーサは、シャベルを持ったまま立ち竦んだ。

 この花はいったいどこに咲いているのか。

 ママはどうして、この花を摘んできたのか。

 
 暗闇の中に一陣の風が吹いた。

 身を凍らせるような、冷たい風が。

 マーサは身体(からだ)を抱き締めた。

 
 ぞくり、ぞくり、

 得体の知れない怖さが、マーサの身体を

 駆け巡った。

 土からこもれ出ていた明りが、すっと翳った。

 マーサは目をギュッと瞑った。ぶるぶる震え

 る身体を冷たくなった指で抓った。


 マーサ


 アリサの声が冷たく響いた。

 まるで氷のように。風のように。冴え冴えとし

 た空気になった。

 マーサは、出そうになる声を唇を噛んで耐えた。

 後ろを振り向いてはいけない、ただそれだけを

 心に呟いて。


 マーサ


 さっきよりも、より一層冷え々とした声が降って

 くる。


 まったく振り向かない娘に、悲しそうに微笑み

 ながら、アリサは手にしていた名もない花をそっ

 と地に置いた。


 ママ、もう行かなくちゃいけないの。ごめんなさ

 いね。


 闇に響いたその声は、儚さを含んでいた。

 マーサは、目に涙を浮かばせながら、必死で

 祈った。


 ビュウと強い、強い風が吹き荒び、地に置かれ

 ていた光りの花が散った。音もなく、そっと。

 跡形もなく、まるで最初から存在していなかっ

 たように、静かに。風に舞って、闇に溶けた。


 マーサは堪らず、振り返った。


 ママ!


 そこにはただ、闇だけがあった。

 
 何日かして、蒔いた種は花となった。朝も昼も

 夜も、その名もない花は咲き続けた。





 なんか、意味わかんない作品になっちゃった アセ

 しかも、コレ。詩なんだか童話? なんだか。

 意味不明・・・ 汗

 本人的には、童話のつもりなんだけどね。

 大人向けなカンジの御伽噺を書いてみたかった

 んだけど。・・・撃沈 dead

 ちょっと、不思議な物語ってコトで (笑)




    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

     「虫歯のブルース」の歌詞の一節から

     拝借しています  ちょこ

 


  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ ←ポチッとヨロシク ハート
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。