月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢ひとつ叶えるため
   名言集コラム ⑥


 今日はゲーテの言葉にスポットを当ててみよう

 と思う。



  「つねによい目的を見失わずに

 努力を続ける限り、最後には必

 ず救われる」




        「ファウスト」より。



 ざっと訳すと、「目的に向かって進む努力を続ける

 限り、最後には必ず目的を達成することができる」

 といったところかな。まんまだけど (笑)

 ちなみにゲーテについて簡単に。


   クリスマス ゲーテ クリスマス

    1749~1832年。ドイツの詩人であり、作家。

    ドイツ古典主義の祖。





 努力は人を裏切らない。そう思える力強い言葉だ。

 加えて、希望をもたせてくれる。

 まずは目標をもつこと。そしてそれに向けて弛ま

 ず努力をし続けること。自分を信じること。その

 思いは自分を裏切ることはない。

 強い精神の表れがこの言葉を形作っているように

 思う。

 死ぬまで努力し続けよう。















※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「明日晴れるかな」

   の歌詞の一節から拝借しています 



スポンサーサイト
儚き世の情け
   名言集コラム ⑤



   「怨根は劣等感から湧き出る

              ものである」





  スペインの哲学者・ガセットの言葉です。

  

  

  ホセ・オルテガ・イ・ガセット

    1883~1955年。スペインの哲学者であり、

    文明評論家。生の哲学の視点から観念論

    の克服に努める。



 まあ、解釈的には、「人の恨みというものは他人

 と比べて、自分が劣るから、勝っている相手を怨

 んでしまう。劣等感を持ち合わせていなければ、

 恨みも湧かない」といったところでしょうか。


 でも、実際にそんな仏のような感情になることが

 できるのか・・・。

 人間が人間でいる限り、他人を疎ましく思うこと、

 羨ましく思うこと、怨むこと、憎むこととは切れない

 間柄であると思う。

 それは殺意を抱くほどの強い感情から、些細なこと

 まで。人それぞれに心の内側に必ず持っている感情。

 逆にそれを否定していいものか、とも思う。

 別に私は性悪説な訳ではないけど。

 あの、お釈迦さまだって、キリストだって、まったくそんな

 感情を持ったことがないなんて、思えない。

 いや、人一倍に持っていたからこそ、得度し、出家した

 と考えられるかもしれない。これは極論だけれど。

 もちろん、怨根なんて捨て去るのが一番だ。

 生きていく上でそんな悲しい感情なんて忘れて生きてい

 きたい。けれど、現実世界ではそれこそ俗世を捨て去ら

 ない限りは人と接していくものだし、仕事をしていれば色

 んな人間関係も出てくる。

 そんな生活の中で怨根も劣等感も抱かずに生きろという

 方が無理難題だ。

 まあ、だからこそ。宗教が救いとしてあるのだろう。

 とはいえ、一つの教訓として自分自身に言い聞かせるため

 に頭の隅にでも置いておくにはいい言葉だと思う。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「唐人物語」

   の歌詞の一節から拝借しています  火を噴く怪獣



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

      ← 拍手すると・・・?  シャンプー
舎利の気分 3
   名言集コラム ④


 久々にこんな記事を (笑)

 さあ、今日のターゲットは・・・

 ズバリ!

 蓮如です。


   「何事も談合すれば面白きことあるぞ」

 
     要約すると、「みんなで寄り集まって話しを

     すると、他の人の意見や経験が聞けるし、

     自分のことも新たに認識できる。自分一人

     では視野も狭くなりがちだが、人と話すこと

     で考え方も練磨される」といった所でしょうか。


 ちなみに蓮如は、1415~1499年に活躍した室町後

 期の浄土真宗の僧です。本願寺を継ぎ、浄土真宗の

 教団を発展させた人物。



   お坊さんが言うと、「問答」のような感じに聞こえま

   すね。

   自分一人の考え方だけでは視野というのは広がら

   ないもの。やっぱり色んな人と話して、聞いて、知識

   を広げることは大切だと私も思います。

   案外、煮詰まってる時や、迷っている時って、人と話

   すだけでも答えがおのずと導きだされたり、まとまった

   りしますよね。






  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ブリブリ

   ボーダーライン」の歌詞の一節から拝借してます エンゼルハート




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください



        ←拍手してくれる? ラビ

愛の学び舎 2
   名言集コラム ③


 本日の名言は・・・永平(えいへい)道元です。


 「人は練磨により仁となる」


    「正法眼蔵随聞記」より。

    玉は磨くことで輝き、価値が生まれる。人も鍛錬

    して磨くことで、その能力が現れてくる。素質が

    あっても磨かずにいたら、ただの石と同じこと。




 つまり、努力をしろと(笑)

 努力を怠るようではいくら素質があっても、伸びない、

 成長しない。逆に言えば、努力した人間ならどんな形

 にもなれる、宝石のように輝ける、と捉えられますね。

 素質だけでは成長はできない。または、素質だけに

 頼っては伸びない、ということなのでしょう。深い言葉です。



   道元は、曹洞宗の開祖です。1200~1253年。鎌倉中期

   の人です。


   ちなみに私は実家は真言宗ですが、中学・高校は曹洞宗

   でした。禅が基本です。つまり禅宗。





  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「DOLL」の歌詞

   の一節から拝借しています  オムライス




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
愛の学び舎
   名言集 ②~柳生 宗矩編


 柳生 宗矩(むねのり)

 ご存知ですか?

 柳生という名前でお気づきの通り、あの剣豪家で有名な

 柳生一家の人です。

 簡単に説明すると、江戸時代初期の武将、剣術家で徳

 川将軍家の剣術師範でもあった。剣術の面では将軍家

 師範としての江戸柳生の地位を確立した剣豪政治家。

 あの独眼流柳生十兵衛の父と言えば、一番解りやすい

 かもしれませんね。

 今日はそんな剣豪家であった彼の名言を引用してみよう

 と思います。


  「平常心をもって一切の事をなす人、是(これ)を名人

   と云ふ也(なり) 」



               「兵法家伝書」より抜粋



 意味としては、事を行うのに感情的になるようでは、成功

 の見込みはない。常に平常心で何事にも対処できる人こ

 そ名人といえる。心のコントロールが成功の鍵。


 こんな感じでしょうか。

 奥が深いというか、流石剣豪家が言った言葉だと思います。

 平常心を常にもって行動する。

 実は簡単なようで、案外難しい行為ですよね。

 私なんか、すぐ忘れてしまう あちゃちゃ

 確かに感情的になってしまうと、周りが見えなくなってしまっ

 たり、それによって、人やものを傷つけてしまうこともある・・。

 冷静に対処できる感覚を持ち続けたいものですね。



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「DOLL」の

   歌詞の一節から拝借しています おにぎり



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。