月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘆く前に翔んでみようよ
   「いいじゃないか」



 迷ったっていいじゃないか

 躓いたっていいじゃないか



 だってそれが人間だもの



 泣いたっていいじゃないか

 喚いたっていいじゃないか



 だってそれが生きるってことだもの



 綺麗事を言っている奴にはこう云ってやれ



 「泥を被ってこその人生」だと





 相田みつをっぽく (笑)

 欠けてる部分があるからこそ人間なのだし。

 完璧な人なんてどこにもいない。

 欠点や短所を補い、克服しようと向上するからこそ、

 また愛しさも募るのだと思う。















  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「JUMP」

   の歌詞の一節から拝借しています  



スポンサーサイト
芽ばえよ
   「春社の種」




 五穀の種は

 未来を創る種



 みんなで綺麗な種を蒔こうよ

 いがみ合わないで

 ほら、にっこり笑ってごらん



 五穀の種は

 幸福(しあわせ)を彩る種



 魔法の薬なんだ

 みんなで蒔けば

 きっと美しい花が咲くよ



 だから、優しい気持ちになってごらん



 未来に輝かしい実を

 咲かせるために





 春社というのは、春分に近い戊(つちのえ)のことで

 春の社日をさしています。

 ちなみに社日というのは、春と秋の土地の神様を祀る

 日のことです。

 輝かしい実が成るように祈って。















   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「明日へのマーチ」

    の歌詞の一節から拝借しています  


素敵な夢を叶えましょう 2
   「願いと祈り」





  暮らせば  暮らせど

  この道楽にならず

  日々に希望と夢を持てずに

  ただ徒(いたずら)に年を送る




  ふと鏡に映った自分に

  昔の楽しさを思い出し

  今の希求を感ずる




  生きているその意味を

  生かされているその意義を

  知れば知るほど

  苦悩は巡る




  自分への責任

  解ってはいるが

  容易に変えられぬ醜い心




  安住の地

  ただ目指すはその場所で

  眼に見えて近しと思えど

  遥か彼方にそれは在る




  自分のこの手で

  いつか大切な人たちを

  その楽園へと誘いたい




  願いと祈り

  この胸に




  巡り巡って

  幸福(しあわせ)と成り給ふ

  その瞬間まで




  たとえ今は苦でも

  いつかを夢見て

  今日もまた






 今もまだ裕福とはとうてい言えない暮らしだけれど、

 昔は今よりもっと苦しかったこともあった。

 それでも頑張ってこれたのは、ひとえに家族の団結が

 あったからこそ・・・。

 生活は苦しくても決して不幸せではない。

 むしろ、家族の仲が深く結ばれていることに誇りを

 感じる。けれども、なかなか豊かにならないのは辛い

 ことでもある。

 だからこそ、早く親を楽させてあげたい。なに不自由

 ない生活を過ごさせてあげたい。その気持ちは常にある。

 けれど、うまくいかない現実を目の当たりにするたび、

 時には挫折しそうになったり、諦めそうになったり、投げ

 やりになってしまったり・・・

 そんな自分を戒めながら、親の顔の皺をみやるたびに、

 やっぱり頑張らなきゃって思う。







  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「素敵な

   夢を叶えましょう」から拝借しています  ドル袋( ゚3゚)ノ(白-薄い背景用) †SbWebs†










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

人間の声によく似た風の音
   「鳴き声」



  それはかくも、

  笹泣きに似ている




  まだ明けない

  空の下で

  かぼそく泣き続けている

  まだ春は

  遠いというのに

  なぜにおまえは

  そんなに泣きいそぐ




  細雪(ささめゆき)がつめたかろうに

  朔風(さくふう)がつらかろうに

  


  それでも

  吾(われ)は

  「ここ」にいると

  主張している




  そんなに泣かなくても

  おまえが

  「そこ」にいることは

  わかっているというのに




  悲しげな声で

  朝霞(あさがすみ)から

  夕時雨(ゆうしぐれ)まで

  冴ゆる風にのせて

  その声が響く




  鳴きたいのなら、

  鳴くがいい




  けれど

  これだけは

  忘れないでおくれ




  おまえが

  「存在」していることを

  知っているということを




  どうか

  忘れないでおくれ






 小さな鳥たちが春を呼ぶためにかぼそく鳴く姿は、

 どことなく淋しく、切なく聴こえます。

 そして、自分はここにいるとその身を知らせてい

 るかのような切実な「声」にも聴こえます。

 存在がたとえ小さくても、確かにそこに居るとい

 うことをちゃんと解ってる人もいるんだというこ

 とを伝えたい。

 必死で生きている人、自分の存在に劣等感を抱い

 ている人、もがいている人、認められているのか

 不安に思っている人。

 どうか、ちゃんと見ている人や支えている人が傍

 に居るということを忘れないで欲しい。

 そう思います。












  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ニッポンの

    ヒール」の歌詞の一節から拝借しています  青りんご



   にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ

        
にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




         
  ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ
明日への追い風 2
   「君よ往く」




  君よ往く

  己(おの)が信じた

  道へと進むため




  見送る老母に

  背を向けて

  いずれは錦を

  飾らんがために

  強い瞳朗々と

  たなびく雲に

  夢のせて




  空高く

  舞い上がる雲雀に

  己が運命(さだめ)を重ねて

  いざ往かん




  背後(うしろ)にそびえる

  吾が愛しき

  故郷の山よ




  夢拓き

  いずれの日か

  戻って来ようぞ

  


  大成の

  夢拓かんと

  この胸に

  雲雀の如く

  空の彼方へ






 自分に向けた頑張れというメッセージを

 こめた詩です。

 いつか、成功して両親を喜ばしたい、そ

 して少しでも生活を楽にさせてあげるこ

 とができたなら・・・

 そんな風に思います。






    
    アップロードファイル みなさんへ アップロードファイル

 いつも遊びに来てくれて有り難うございます。

 何度か記事の追記として書いていますが、今

 私は介護の資格を取るため勉強をしております。

 そのため、ただいまブログ巡りはお休みさせて

 頂いております。すみません・・・

 コメントなど頂いておきながら、みなさんの所へ

 行けないのはひじょうに心苦しく、また残念なこ

 となのですが、どうも自分はルーズな性格でし

 て (汗)。一度、ブログ巡りをしてしまうと、時間

 関係なくやってしまうので、そのせいで勉強がおっ

 くうに感じてしまったり、面倒臭くなって諦めてし

 まったりと、とにかく意思が弱いので (泣)、泣く

 泣くブログ巡りは試験に合格するまではおあづけ

 にしました。

 更新はたまに、気分転換にやっております。

 とりあえずは合格するまでは、この状態を続けて

 ゆく予定なので、みなさまの所に遊びに行けず

 にすみません。。

 今後とも宜しくお願いします。

 残暑が厳しいです。みなさま、インフルエンザは

 もちろんのこと、夏バテ、風邪などには注意して

 暑さを乗り越えて下さいませ。

 まずはご挨拶まで。



                        冬灯  アップロードファイル







  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

    スターだ」の歌詞の一節から拝借しています いちご


   にほんブログ村 ポエムブログへ
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


     ← 拍手っ。  結晶

  
 
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。