月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出は心に今もまだきらめくよ
   異国の地で



     ※いまだ過去日記。高校の時行った中国。

      修学旅行の続きです。ご注意下さい。




 修学旅行も今日で5日目。今日は黄龍洞へ観光。

 黄龍洞は、鍾乳洞。その近辺を探索したり、散歩したり。

 それにしても。どうせ観光するなら是非とも万里の長城

 とか行きたかった。旅程的に無理だったのかな。

 お昼にご飯食べながら、観劇見たりして。天女姿はさすが

 に美しかった。言葉は分からないけど 

 本日最後の泊まりは、上海。

 なんだかんだで移動してる時の方が長い (笑)

 あんまり観光してないし。

 と、多少の不満を抱えつつ最後の夜を満喫したのでした。

 そして、いよいよ、帰る日。

 6日目。我が国、日本へ 

 20:30に母校に到着。両親が車で迎えに来てくれてました 

 有り難いことです。なにしろ、スーツケースあるから電車

 乗るのも大変だしね。

 バスから降りて、両親の元へ。すると、下人が(先生の渾名)。

 実は、下人。私の所属している剣道部の顧問なのだ 

 だからうちの両親とも何度も面識がある。挨拶に来て下さっ

 たのは嬉しいけど、担任じゃないし。自分のクラスの子た

 ち、ほったらかして?来ちゃダメでしょう (笑)

 しかも、今の担任であるコマッピよりも先に挨拶してるし。

 どっちが担任か分からないじゃん (笑)

 帰りは鶴見駅までしのぶんを乗せてあげて。彼女の家は港南台

 だから結構時間かかるけど、さすがにうちも家までは送って

 あげれない。

 さすがに、親の顔見たら一気に旅の疲れを感じた。ほっとし

 たからだろう。いろいろあった修学旅行だったけど、それな

 りにいい想い出もできて楽しかった。忘れることはないだろう。

 またいつか、中国に行けるといいな。




 後日談

 修学旅行を終えて、感想文を書くことになった。

 何日かして、コマッピが私に原稿を渡してきた。

 「おい、題名コレでいいのか?」

 よく意味が分からない 

 なんか、変だった? 普通の題だったと思うんだけど??

 ‘すばらしかった中国‘

 うん。別に普通の題名だよね。

 「はい。それでいいです」

 なので、そう返事した。

 でも、私は気付くべきだった。なんでそんなことを確認さ

 れたのかということを。

 数日後、文集に私の感想文が載っていた。

 なにーーー!!!? 

 載せるなら載せるで、何故言わない、コマッピよ!!!

 超適当に書いたのに。まさか、載るなんて。

 読み返してみたら気に入らない文章の数々・・・。

 あまりにも腹がたったので、無駄と知りつつ抗議 (笑)

 「先生、聞いてないんですけどぉ。載せるつもりなら最

 初からそう言って下さいよ~」 

 「え? そうか? いいんじゃないか」

 暖簾に腕押し・・・。いっぱい食わされた気分 (笑)







 以上で高校の時行った修学旅行の話は終わりです。

 ちなみにこの時、勝手に文集に載せられた感想文を読み

 返してみた。

 嗚呼、自分の文章の稚拙さに顔から火が出るようだ。

 戒めのつもりで、当時の文章を載せてみよう。



   「すばらしかった中国」

  私は初めて中国に行きました。雄大な中国、そこは私が

 想像していたよりもすばらしい所でした。確かに治安は日

 本よりも悪く、バスにゆられている時もあまり乗り心地は

 良いとは言えませんでしたが、窓から見た眺めは実に楽し

 かったです。わいわい、がやがやと楽しそうに歩いている

 子供や大人を見ていると「ああ、本当に中国に来たのだな」

 という気がしてきました。移動する時間は長かったけどそ

 の間、バスの中でガイドさんが色々と中国の歴史について

 語ってくれているのを聞いてとても勉強になりました。

  一日目は上海空港から杭州のホテルに着くまでの距離が

 長かった為、どこも観光できませんでしたが、次の日から

 霊隠寺や天童寺、西湖、六和塔などを見てまわってつくづ

 く中国とはすごい所だなと感じました。なかでも六和塔か

 らの眺めは最高でとても美しかったです。

  向こうで食べた料理もとてもおいしかったです。こんな

 に食べてもいいのかなと思われる位の量が次から次へと運

 ばれてきておなかがいっぱいになりました。

  観光や料理も良かったけど私が一番中国に来て良かった

 と思ったことは人とのふれあいでした。向こうの人達は皆

 人なつこい人ばかりで初めて会う私にも、まるで昔からの

 友人であるかのごとくふるまってくれて、笑顔で対応して

 くれました。そういう心の温かさがなによりも嬉しかった

 です。今でも目をつぶると出会った人達をはっきりと思い

 出せます。お土産屋さんの人さえ思い出せるのだから自分

 でも不思議な位です。これが日本だったらそこまでいかな

 いでしょう。

  中国での一週間、沢山の人達と出会い、ふれあうことが

 できたことをいつまでも心にしまっておくつもりです。そ

 していつかまた中国へ行ける時がきたなら、またもう一度

 出会った人達に会いたいと思います。私にとって中国が少

 し身近になったような気がします。

                      終



 撃沈 (笑) 













 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「Oh!

   クラウディア」の歌詞の一節から拝借してます 


    にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください





 
スポンサーサイト
想い出をはせれば
   生徒代表



   ※いまだ過去日記です。高校生の時行った中国修学

    旅行の続きです。




 4日目の朝。

 さあ、今日はちょっと緊張。というのも、天童寺にて生徒

 代表としてあることをせねばならぬからだ。

 天童寺は我が母校、鶴女とは縁の深い寺だ。うちの学校は

 曹洞宗であり、その祖である道元が中国で修行した場所、

 それが他でもないこの天童寺 

 私はこの所縁ある寺で、奉賛(ほうさん)の詞(ことば)

 を述べなければいけないのだ。

 ううっ。緊張する・・・ 

 そもそも何故私に決まったのかも微妙に謎 (笑)

 そういえば、軽く言われたんだっけ。担任のコマッピに。

 「おまえ、文章書くの好きだろ。お寺で代表して読むだけ

 だからいいよな?」みたいな軽い言い方に騙された (笑)

 色んな資料や前例の詞を見て、自分で文章作って・・・

 案外大変だった (笑)

 学校に納めちゃったからもう手元には残ってないのが残念。

 この奉賛の詞は、ちゃんとした和紙に書きます。よく時代

 劇とかに出てくるような立派なやつ。果たし状みたいな (笑)

 もちろん、全部筆で書く。何度も書き直したっけ。一枚に

 巧く収めなきゃいけないしね。

 この日のために、何度も読む練習もして。

 で、今日が本番。巧くできるかな。不安な気持ちを抱えな

 がら天童寺へ出発。

 本堂にて、ご本尊を目の前に述べる。

 私の前には、下人(先生の渾名)が拡声器を片手にスタンバイ。

 えっ。それを通して読むの?! 

 ていうか、マイクじゃないの??

 なんか、いやだな (笑) と思いながらも、噛まずに言えた。

 というか、うちら学生や先生たち以外みんな中国人だしね。 

 考えたらここで言い間違いとかしても、言葉通じないんだか

 ら恥ずかしくもないか。今頃気づいたよ (笑)

 でも、なんにしろ失敗せずに終えたんだから良しとしよう。

 ただ私は背が小さいので、拡声器を持っていた下人は苦労し

 たようだ (笑)

 下人は背高いし。かがんでいるのも疲れたろうと思う。まあ、

 あとからさんざんからかわれたけども。この時の写真をもらっ

 たけど、なんかちんちくりんで自分でも笑える・・・。

 無事、役目を果たしたからか、緊張もとれ、気が抜けたよう

 な私にコマッピが近寄ってくる。

 「おい、あそこに住職いるぞ。写真撮ってもらって来いよ」

 「え? いいえ。別にいいですよ・・・」

 見ると、階段のところに天童寺の住職がいる。でも、別に写

 真を一緒に撮ってもらいたいとも思わないし。第一、集合写

 真で撮ってるし。

 「帰ったらお父さんやお母さんに見せれるじゃないか。撮っ

 てもらえ」

 ・・・・・・。

 何故にそこまでさせたがる?!

 私が坊さんの娘だからか? そうなのか? 

 「いや、別に・・・」

 「撮ってもらえって。ホラ、○田、撮ってやれ」

 なおもしつこく言ってくるコマッピ。

 さらに一緒に居たのっこを勝手にカメラマンに指定してるし。

 のっこも困り顔 

 しゃーない。

 「じゃあ。お願いできる?」

 私が折れるしかないじゃないの (笑) 

 というわけで、特に希望していなかったけど、ご住職と仲良

 く、ハイ、チーズ。

 おまけに握手までしてもらいましたよ。ちょっと恥ずかしかっ

 たけどね!階段の下でコマッピが見張ってるしさ。

 まあ、いい思い出になったからいっか~。

 このあと、何故か機嫌のいいコマッピに連れて行かれたのが、

 寺の傍にある石碑前。初めてこの地に来た修学旅行を記念し

 て建てた碑だという。今度はコマッピがカメラを奪い、強引

 に私とのっこを並ばせ、ハイ、チーズ。

 なんでこんなに機嫌がいいのだろう・・・コマッピ。

 まあ、想い出の写真の一枚になったからいいんだけどさ。

 この日泊まる場所は、杭州。つまり引き返すということで、

 またもやバスに揺られて長旅。

 ホテルで食べた料理はどれも美味しかった。蛙や蝙蝠やら

 も出たけど (笑)





        もう少し続きます。















 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「気分しだいで

  責めないで」の歌詞の一節から拝借してます 


    にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください



予期せぬことばかり
   交流会




    ※高校生だった時の過去記事です。

     修学旅行で行った中国の日記の続きです。




 さて、中国3日目は、杭州のホテルを出て、まずは地元の高校生

 との交流会 

 当時、私の学年はとても多くて13クラスありました。で、行く

 のも3つに分かれて行ったけど、ちょうどこの交流会で全クラス

 が合流するようになってました。

 中国の子たちは頭がいいから英語ベラベラ。でも私たちは全く

 喋れないので意思の疎通が難しい (笑)

 なんとかジェスチャーなどで交流して、色んなことして遊んだ。

 帰る頃には、何人かと仲良くなり、住所の交換などもして。

 他国の同じ年頃の子とまず話すことなんてないから、とてもいい

 経験になった。

 交流会のあとは、またひたすら移動、移動・・・ (笑)

 バスで揺れること、5時間。寧波のホテルに到着 

 私はかなり酔ってしまった。道が悪いせいで胃の中グルグル・・・

 ホテル着いて、すぐ夕食だったけどどうにも食欲が出ない。

 憂鬱な気持ちでいると、ちょっとした事件発生。

 食事するに当たって、もう20時近く、先生たちも焦っていたんだ

 ろうけど、担任のコマッピが班関係なく、どんどん私たちを空い

 ている席に座らせたのがどうやらいけなかったらしい。

 私と同じ班だったのっこが離れた席にいたんだけど、泣きだして

 しまった。最初私は自分のことで精いっぱいでそのことに気付か

 なかったんだけど、たまたま隣りに座ったしのぶんが様子がおか

 しいことに気付き、心配げに言ってきたのでおかげで私も気持ち

 が悪いなんてことを言っていられなくなり、食事中席を立ち、のっ

 この傍へ。有無を言わせず(というか、成すがままという感じだっ

 たけど)、二人でトイレに駆け込む。 

 周りの子は、席代わろうか?って、慰めていたけどもうそんなこ

 と言ってても埒あかない雰囲気だったし。ほっといたらもっと現

 場は嫌な空気になるだろうし。先生も様子をなんとなく覗ってい

 る感じだったから大事になってしまったら、余計収集がつかなく

 なりそうだし。という訳で、トイレに避難。我ながら咄嗟にして

 はいい判断だったと思う。

 で、生徒たちの食事タイムが終わるまで雲隠れ。彼女がなぜ泣い

 てしまったのか、実は彼女自身でも説明つかったみたい。

 なんで泣いてしまったのか困っているようだった。ただ、ひとつ

 言えることは、コマッピの言動に触発されてしまったのは間違い

 ないようだった。はっきりと言えないのは、のっこの曖昧さによ

 るものだけど、私自身が彼女から話を聞くにそのように感じたのだ。

 どうやら、ぐいと背中を強めに押されて早く席に着けみたいな事

 を言われたようだ。コマッピはそんなに乱暴な言葉を吐かない人

 だけど、時々ぶしつけな、心にもないようなことを言うことがある。

 私から見れば、それはわざとであって悪意やからかいではないと

 わかっているけれど、見る人によっては違った形に捉えられてし

 まうだろう。この時ののっこのように。

 まったくもって、間が悪かったとしか言いようがない。先生の言

 い方がちょっとぞんざいに聞こえ、のっこが少しばかり繊細であっ

 たがために起こった行き違いだ。これが私やしのぶんだったなら

 全く問題にもならず、何事も起こらなかっただろうし、そもそも

 話題にもならない些細なことに過ぎなかっただろうけど、人選が

 違うだけで、ちょっとした事件になってしまう。

 まあ、もともと大人しいのっこは、話を聞いてあげただけで、ど

 うやら自分の気持ちも落ち着いたようで、涙を止めたあとは他愛

 もない話で楽しく会話した。彼女が良い子で本当に良かった。

 多分、先生の言葉にちょっと傷ついたのだと思う。加えて、移動

 で草臥れ、初めての海外旅行でもあるし、色んな思いがここにき

 て触発され爆発してしまったのではないか、と思う。

 先生だけが悪くないとはいえ、あとで一言注進せねば・・・など

 と思っていると、生徒たちの食事タイムが終了したようなので、

 会場に戻ってみると、しのぶんとあとは先生たちしかいないよう

 なので、ホッ。

 心優しきしのぶんが少しばかり食事を残しておいてくれてたの

 でのっことふたり、それを食べる。日本食とかなら一人前ある

 んだろうけど、中華料理だからね。小皿に多少のオカズしかない (笑)

 育ち盛りの私たちにはとうてい足らなかったけど仕方ない。

 あとは、部屋でお菓子を沢山食べることにしようと心に誓う (笑)

 目の隅に写るコマッピがなにやらこちらを気にしている雰囲気。

 ここで話しかけられては、せっかくの穏やかなムードも壊れて

 しまう。なので、何気なくこちらから近寄ってみる。

 「大丈夫ですから」

 と、念を押すと、

 「あとで部屋行くから」

 と、先生。

 どうやら私の気持ちを察してくれたよう。さすが、空気を読める

 先生で助かる。

 僅かばかりの食事を満喫した私たちは部屋に移動。この日もしの

 ぶんと相部屋。しばらくして、シャワーを浴びることに 

 部屋に戻るとしのぶんはまたもや隣りへ遊び行ってしまったよう

 でいない。代わりにコマッピがベッドに腰掛けてる。

 オイオイ・・・これ、他の生徒だったら問題だからね、先生。

 まあ、私だから先生も安心?して腰掛けてるんだろうけど (笑)

 髪乾かして、自分から先生のとこへ行こうと思っていたけど、手間

 が省けた私は、同じように向かいのベッドに腰掛けて、顛末を語る

 ことに。話し終わったあと、コマッピの一言。

 「まあ、おまえもあんまり庇い立てするなよ」

 この一言に、ちょっとムッとなり私も一言先生に注進を。

 「先生が悪かった訳ではありませんけど、もう少し言葉には気をつ

 けて下さい。それが引き金で彼女が泣いてしまったのは事実なんで

 すから」

 と、これで問題も解決。

 なんで、私いつも旅行行くとなにかと事件が起きるんだろう・・・

 いやになる (笑)

 この日もぐっすりよく眠りました。



         つづく。















 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「それ行け

  ベイビー!!」の歌詞の一節から拝借してます 


    にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください



面影ワルツ
   2日目の朝を迎えて・・・


    ※過去の日記より。高校の修学旅行記です 学校





 昨日は移動だけで、どこも観光していないので

 今日は朝から観光地へ。

 まずは六和塔。

 銭塘江の高潮を鎮め、また灯台の役目をさせるため

 宋代に建てられた塔らしい。螺施階段で最上階まで

 上がることができ、そこから銭塘江の雄大な流れを

 一望することができる 絵文字名を入力してください

 ビル何階建てくらいあるんだろう。とにかく綺麗!

 景色が素晴らしい 吹き出し

 階段を上ってる最中、私の前をコマッピ(先生)が上っ

 ていたのだけど、今だから言える話、実は抱えてる

 鞄が私の頭に調度ぶつかって痛かったんだよね (笑)

 先生は、なんか説明とかしながらゆっくり、後ろを

 たまに見ながら歩くものだから、コツン、コツンと jumee☆comedian1L

 だから、一番上に着いた時は余計嬉しかった (笑)

 
 次に訪れたのは、飛来峰と霊隠寺。

 幻想的な洞穴が72以上あると言われていて、その

 洞穴内には五代から宋、元代まで(10-14世紀)に

 造られた石刻像が338体安置されている、という。

 ふくよかなお顔の仏像を写真で沢山撮った はい、チーズ!

 
 午後は、花港公園に行って西湖遊覧した 船

 西湖は杭州市内の西側に位置したため名付けら

 れたもの。

 一つの山、二本の堤、三つの島、五つの湖、十箇

 所の景色から構成されている。

 だから、とても広い!!

 「晴れの日は雨の日にしかず、雨の日は月の日に

 しかず、月の日は雪の日にしかず」

 という言葉があって、西湖は、雪景色がいちばんき

 れいだ、という意味なのだそうだ ゆき

 (機会があれば、冬に来てみたいな。さぞかし

 幻想的で綺麗なんだろうな・・・ j )

 西湖遊覧を終えた私たちは、その後、西冷印社・

 中山公園へ 公園

 そこで暫しの自由散策 日傘でおでかけ

 本日の観光はそこで終わり。昨日と同じく杭州の

 ホテル、「黄龍飯店」へ アラビアン

 日中は少し寒かったのを覚えている。

 でも、コートを羽織るほどでもない。この年は中国

 でも例年より暖かいとガイドのジャンさんが言っていた。


    2日目終了 





 正直、今じゃあんまり覚えてないけど (笑)

 日記を読み返していても、うろ覚え・・・

 まあ、ねえ。どんだけ前なんだ! って感じだし ジー

     










  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「涙の

   天使に微笑みを」の歌詞の一節から拝借してます 、螯rヲW、J、O


    にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください



想い出枕
   高校修学旅行記・中国~過去日記より


   ※過去の日記です。高校生だった時行った

     中国旅行記です。





 一日目。

 上海虹橋空港に到着。賑やかな雰囲気。


 どことなく日本とは違う空気。

 (ここが、中国かあ d )

 季節は11月。中国の11月ともなれば日本よりも気候が

 下がり、寒いと聞いていたけど意外にそうでもない。

 あんまり日本と大差ない。

 大きなスーツケースを運びながら、バスへ バス

 さあ、ここからが長い。途中休憩入れつつも走り続け

 て、約7時間。ようやく杭州に到着。

 中国は広い (笑)  

 移動するだけで疲れる 絵文字名を入力してください

 聞けば、端から端に行くのに一日はかかるとか・・・。

 日本ぐらいの大きさが調度いいのかも (笑)

 バスの中はそれなりに楽しかった ukiuki

 ガイドのジャンさんはまだ若くて、話も面白い。

 前に座ったお陰で随分と仲良くなれた x

 私の隣りは腐れ縁のしのぶん。大抵いつも一緒。

 その前の席は、コマッピ(先生)。

 日本と違う所を痛感したのは、道路の悪さ ばい菌

 どうしよう… 道はかなりでこぼこ 

 乗ってると、ガッタン、ゴットン (笑)

 揺れる、揺れる。こりゃ、静かには寝れそうもない。

 おまけに信号がめったにないものだから、人が普通

 に横切る。急ブレーキはしょっちゅう (笑) 絵文字名を入力してください

 最初は、一同その怖さにギャアギャア騒いでいたけ

 ど、仕舞いには慣れてしまった z えーん

 ホテルに着いてビックリ! s

 獅子舞やらなんやら出てきて厚い歓迎。

 ようやく食事。ご飯は美味しかった 食事:紫

 バス旅が長かったせいか、夜はぐっすり おやすみ

 ただ、しのぶんが隣りの部屋に遊びに行ったきり、

 中々帰ってこないので仕方なくドアを少し開けておく。

 途中、何度かボーイの人が開いてると危ないから

 閉めてくれと注意しにきて、私も流石にここまで起

 こされると頭にきて、ガチャン!! xxx

 シャットアウト (笑) 

 しのぶん、締め出しの刑。

 鍵を持って行かなかった奴が悪い x

 案の定、ドアをコンコン、コンコン どこでもドア

 「冬灯~。冬灯~。開けて~ 土下座 」

 小声で情けない声音。まるで奥さんに締め出され

 た亭主のように (笑) jumee☆Feel Depressed4

 ムスッとしながらも、仕方ないので開けてあげて。

 無言で布団の中へ k

 結局、何度も起こされたせいであんまり安眠でき

 なかったかも 汗


          2日目へ。







 昔の日記より。

 ああ。当時のことを思い出します。

 そうそう。しのぶん (笑)

 あん時はコノヤローって思ったっけ (笑)

 ドアを微かに開けてたからボーイさんは何度も

 注意しにくるから(いや、うちらが悪いんですけ

 どもね 汗 )

 眠りに妨げられました。

 しのぶんが戻ってきたのは、多分2時くらい。

 これが毎夜だったんで、あー。もう。

 一人で寝たいって思った記憶が (笑)

 朝起きると、しのぶんが顔色伺ってる感じで、

 本当に夫婦みたいな、妙な雰囲気が私たちの

 部屋では毎朝繰り返えされていました (笑)








  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「FRIENDS」の歌詞の一節から拝借してます 四葉


  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


     拍手だよ~  z




Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。