月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純情ハート 2
    「会津白虎隊」



 
 城が燃える…

 私たちの青春が

 今、まさに

 赤く燃えさかる

 その狭(はざま)に在る




 父よ

 母よ

 妹は無事だろうか…




 愛した

 城と共に

 この生命(いのち)も

 燃え尽きようと

 している




 負けた恥で

 生きていくほど

 私たちの会津魂は

 卑しくない

 この眼に

 生命をあずけてきた

 城の姿を焼きつけて




 父よ

 母よ

 私たちは

 逝きます

 立派に

 会津の

 若獅子

 此処に在りと

 胸に誇りを

 抱き




 共に誓い合った

 仲間(とも)たちと

 共に

 今生の別離(わかれ)は

 この笛の音(ね)に

 託して




 信じたものを

 最期まで

 護り通すことこそが

 この故郷(くに)の教え

 その想いに

 今殉じ

 城と共に





 穢れ無き

 白彪の御魂(みたま)

 永遠に

 胸に抱くは

 愛国の信(しん)





 えーと…。歴史人物シリーズです。

 タイトル通り、白彪隊がモチーフです。

 言わずと知れた会津の隊士たち。

 年齢わずかに14、5歳の、まさに青春期の

 若者たちで結成された隊です。

 会津城が燃えていると見間違えた彼らは、

 その純粋すぎる魂のもと、割腹して果てました…。

 内、一人だけ生き残りましたが。

 会津魂って、すごく愛国精神の塊のようなイメージ

 が濃いです。まさに会津と共に生き、死んでいった

 若者たち…

 その魂を祈って…

 最後は短歌で彼らに想いを馳せました。




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「C調

   言葉に御用心」の歌詞の一節から拝借してます iTunes おんぷ




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
スポンサーサイト
PRIDEの唄
  新撰組②~土方 歳三を語りたい!


   前回の続きです。土方さんの生まれ、生い立ちなどを紹介

   したので、今日はその続き・・・





  輪切りオレンジ 奉公 輪切りオレンジ

 当時の社会では、武士でも農民でも長男以外の者の立場は

 きわめて軽かった。家を継ぐことができるのは長男だけで、次

 男以下の者は何らかの形で身を立てない限り、一生を厄介者

 として過ごさなければならない。歳三の場合も、兄大作のよう

 に他家の養子に入るか、農業を捨てて工業、商業に転ずるし

 か方法がなかった。

 歳三が選んだのは商人の道で、弘化(こうか)2年、11才の時

 に江戸上野広小路の呉服店「いとう松坂屋」に丁稚奉公に出る

 ことになった。いとう松坂屋は尾張(おわり)のいとう呉服店が江

 戸進出にあたって旧松坂屋を吸収合併してできた店で、上野屈

 指の豪商だった。

 いとう松坂屋のような有名店に奉公するという、商人としての恵ま

 れたスタートをきった歳三だったが、残念ながら長続きはしなかった。

 丁稚の仕事は、初めの頃は店の掃除や主人のお供、使い走りくら

 いしかさせてもらえない。給金というものはなく、小遣いもほとんど

 与えられることはない。そんな生活が何年も続き、やがて手代に昇格

 したとしても、更に番頭になり、独立するまでには長い年月が必要

 だった。その最初の段階で、歳三は失敗してしまったのだ。

 入店して1年も経たない内のある日、ささいなことから番頭の怒りを

 かい、拳骨で頭を殴られた。負けん気の強い歳三は番頭に食ってかか

 り、そのまま店を飛び出して、実家に帰ってしまったという。兄喜六(き

 ろく)がなだめたが、歳三は聞かず、結局二度と店に戻ることはなかった。






  もし、歳三がこのまま松坂屋にいたら後の新撰組はなかっただろうなあ。

  当時の長男以下の扱いは相当長いこと続きましたよね。風習なのでしょう。

  今でもごく一部ではあるのでしょうし。

  それにしても、一体歳三はどんなことをして番頭に怒られたのだろう・・(笑)

  この辺は小説家さんの想像などで色んなエピソードが語られている場面

  でもありますね。

  負けん気が強く、意地っぱり(笑)

  子供ながらも、頑固な所があった歳三くん。きっとこの当りから武士になり

  たいという気持ちがムクムク育ち始めたのではないか、と推測します。




     今日はここまで。





  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「PRIDEの唄」

   から拝借しています  夜



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

C調言葉に御用心
   「アリス」




 「その首をちょん切っておしまい!」




 アリスは逃げたよ

 飛ぶように逃げたよ

 好奇心とでしゃばりなお口が

 災いしてとうとう

 あのおこりん坊の女王さまを

 本気でおこらしちまった!




 大変だ

 大変だ

 ほらほら女王さまが叫んでいる




 アリスはチェス盤の上で

 走っている

 逃れられないのにね

 ほらほら後ろから

 トランプの兵士が

 そのかわいいお首を

 チョコンと切っちゃった!





 題名からわかるかと思いますが、「不思議の

 国のアリス」を題材にしています。

 物語はもちろんこんな残酷じゃないですが(汗。

 ちょっとマザーグースのような感じで。

 


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「C調言葉に御用心」から拝借してます 花束




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
希望の轍 2
   「苔寺」  後編~



  このくらいの寄り道をしてもいいだろう、そう思い

 私は石段を上ってゆく。緑の苔がとても美しく、輝

 いて綺麗だ。上は見ずに私は半ば惹き寄せられる

 かのようにただじっと下の苔を見つめながら、ひた

 すら上ってゆく。日頃鍛えていない身体は実に正直

 なもので、それほどすごくもないこれしきの階段を上

 るのに息が荒くなってくる。息を殺しながら石段を上

 りきり、いざ真直ぐ見つめる。途端、身体が痺れる感

 に打たれた。身動きができない。荒くなっている息の

 ことも忘れ、ただ茫然と立ち尽くしているしかできなかった。


  私が目を上げた其処には、紅葉の素晴しく艶やかで

 華やかな世界が上に在り、下にはこれまた素晴しく広

 々と深い苔が隅から隅へと広がっている。まるで赤と

 緑の世界である。今日は平日の為か、お参りする人も

 観光に訪れている人も誰一人として居ない。

  私は一言発するだけで精一杯だった。中学時に来た

 時は季節は春だった。だからこんな世界を見るのは初

 めての経験である。見つめていると赤色に染まった紅
 
 葉たちと緑色に輝いている苔たちとが互いに重なって

 ゆく、惹き合うかの如くに迫ってゆく。その二つの世界

 がゆっくりと交わり、一つの世界が其処に生まれる。

 それはまさに奇跡であった。一直線になったその線が

 異様に眩しい。光だと思った。何て温かいのだろう、こ

 の苔は私の下で私を支え、大きく抱え込み、強く、逞し

 く、広々と見つめ、常に護っていてくれる父親のようだ。

 そしてこの紅葉は上から私の頭を撫で、温かく包み込

 み、優しく、微笑み、すがすがしく見つめ、常に抱き締め

 てくれる母親のようだ。


  涼しい風が私の頬を掠めてゆき、紅葉がさわさわと大き

 く、小さく揺れる。涙が止まらなかった。両親が死んだ時

 も姉が死んだ時もK氏と別れた時も傷ついたけれど涙は出

 なかったのに、この温かく清らかな世界に出逢って私の心

 がこの世界と交わり、共鳴して、如何しようもなく涙が止ま

 らないのだ。

  清涼な風は姉のようであり、私の周りを軽く飛んでいる。

 木々たちと風の音に身を任せて目を閉じる。世界が語り出す。


  (だいじょうぶ)

  (がんばれ)

  (まけるな)


  暫く傷心を癒してくれるその甘い囁きに耳を傾け、その温か

 さを体一杯吸収する。暫くして風が止み、目をそっと開けると

 元の位置に戻っていた。


  帰ろう。私は独りではない。家族が居る。何時もこのように

 私の傍に居てくれている。何ていうことだろう、私は自分に負

 けてその心も忘れていた。K氏のことは辛かった。寂しかった。

 悲しかった。けれど私はまだ若い。人生がある。希望がある。

 あの、一直線になり輝いていた光がある。何も早めることはない。

 私が幼少の頃に家族を亡くし、最愛の恋人を失うことは宿命で

 あり、変えられぬさだめだとしても運命は違う。

  運は常にこの自らの力で掴みとってゆくもの、勝ち取ってゆく

 ものなのだ、私は自分から逃げていた、己はとても弱くて可哀想

 なのだと悲劇を装って思い込んできた、今それが間違いであっ

 たことが解った。もう一度やり直そう。自分の運は自分で変えて

 ゆくのだ。

  私にはこの赤い世界と緑の世界、そして風が在るのだから。







 この話は、私が大学生の時に文学部の企画で書いたものです。

 よって、かなり古い作品でやっぱりものすごく下手っぴな小説で

 すが、最後まで読んで頂き、有難うございます☆

 企画というのは、クリスマス企画というもので、作品中に「赤」と

 「緑」という文字を入れる、というものでした。

 で、こんな話を思いついたのですが、実はタイトルにしている苔寺

 には一度も行ったことがなく・・・(汗。

 空想と妄想と・・・ガイドブックによる知識のみの仕上がりとなって

 おります。すみません。。。

 なので、ひじょうに現実感のない、中身のない話になってしまいま

 した・・・。

 自分の中では、川端康成の「伊豆の踊り子」のように自己再生を

 書いたつもりです。自殺を考えていた主人公がもう一度人生をやり

 直そうとする姿が少しでも伝えることができているでしょうか・・・。




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「希望の轍」から

   拝借しています  カレーライス



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
夢の枕に寄り添って 2
    「眠って」



 
 ロマン漂う

 風の街

 彩たつ花も薫り

 まるで君の

 洗い髪のような

 甘い匂い




 あたたかい陽は

 希望だろう?

 やがては大樹のように

 


 ぼくの優しさの影で

 そっとお眠りよ

 しばしの微睡みを

 がんばる君に

 プレゼント




 だから安心して

 今だけそっと

 お眠りよ






 ゆっくりした時間を表現したかったんですが、

 うまくできたかな?安心して微睡めるのは、

 信頼している人の傍だけ…




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「風の詩を聴かせて」の歌詞の一節から

   拝借しています  愛マタ?




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
夢も希望も現在(いま)は格子の窓の外に
   「苔寺」



    短編を載せようかと思います。

    下手ですよ?

    それでも、読んでくれますか・・・?







    「苔寺」  前編~



  今年の秋、私は一人京都へと旅立った。傷心の

 乙女心を引き摺って重い足取りでこの秋が深まっ

 た奥床しい地へとやって来た。私はどうにも自分と

 いうものに嫌気がさし、半ばどうなってもよいという

 諦めの気持ちでこの土地にやって来た。自分には

 もう何もない。

  何処かで幽かに寺の鐘の音が鳴り響いた。自分

 の全ての終わりを告げる音だと思った。

  私は一ヵ月後二十歳になる。その前に全てを流し

 ておかなければいけない。足取りは不確かだ、けれ

 ども行く先は心得ている。誰も居ない、静かな山の奥
 
 地へと行くのだ。

  私は十九年間独りだった。両親は私が三歳の頃、

 飛行機事故で死んだ。一人姉が居たけれどもその姉

 もそれから三年後、私が六歳の時、交通事故で死んだ。

 十一歳だった。私は両親が死んだ時も姉が死んだ時も

 泣かなかった。泣けなかったのだ。不思議に涙が出て

 こない。悲しくなかった訳ではない。寂しくなかった訳で

 はない。幼少だった私にとってかけがえのない家族を失っ

 た時の孤独感は並ならぬ喪失感をもった。しかしそれでも

 泣けなかった。それから十九年間、必死で生きてきた。何

 かに追い縋るように、何時も周りを気にしながら懸命に生き

 てきた。生きなければいけない、生きてゆくのだという可愛

 さが私にはあった。しかし、今の私にはその心は微塵にも

 無い。私は今既にその追い縋ろうと必死でいた自分を自ら

 の手で断ち切ろうと懸命になっているのである。


  私は恋をした。今から調度一年前。その男性には妻子が

 居た。それを承知で恋をした。K氏も私を好いてくれていた。

 私は孤独ではなかった。常に二人だった。温かさがあった。

 でも今思うとその温かさは幻の、まるでマッチ売りの少女が

 凍えそうで、必死に自分を温めようとしてマッチを擦り、大好

 きなおばあさんと逢い、楽しく、夢心地で一時幸せな時間を

 過ごせたような、そんなものであった。それでも良かった。幻

 でも、夢でも、それでも良かったのだ。しかし、一旦終わりが

 くるとその幻が、夢が、一気に音を起てて崩れてゆく。その跡

 形も無く壊れていった想い出たちを見ると何て冷たくて、無情

 なことか。堪らなくなった。一気に愕然となった。私は大切な人

 を失ってしまった。

  K氏は元の場所へ帰っていった。私は行く所が無い。いや、一

 つだけある。父や母、姉の元に行くことだ。それしかないと思った。


  私は単身、K氏には何も告げず、新幹線に乗りこの京都にやって

 来た。自分が何故この地を選んだのか、それはよく解らない。とに

 かくもう生きていくのは困難なのだ、私は今まで頑張ってきた、辛い

 ことも、悲しいことも乗り越えて一心に生きてきた。しかしもう限界だ。

 感覚が堪らないのだ。これ以上このままでいても自分の存在価値さ

 え解らずに朽ち果ててゆくことになる。今の私にはそれを一刻も早く

 自らの手で断ち切ることしかできない。もう俗世から離れよう、この泥

 々とした底無し沼のような世界から早く離れよう、そして温かく、淀み

 の無い、美しいまるで桃源郷のような世界へ飛び立とう。

  足が自然に人気の無い山を探し求めている。ふと見上げると其処に

 は西方寺が在る。割とこじんまりとしている風な寺である。私はふとそ

 の西方寺に行ってみたくなった。前に一度、中学の修学旅行で訪れた

 ことがある。


  西方寺こと別名苔寺。京の西、洛西に位置するその寺はビロードの

 絨毯で、庭一面を敷き詰めたかのように苔が覆っている。奈良時代に

 行基が開いたと伝えられている。この寺は小さいながらも威厳とそれに

 あった風格、そして色彩がある。苔で埋め尽くされた石段はとても素晴

 しい。他はあまりこれといって見所の無い寺だが、何故か心落ち着くも

 のがあったのを記憶している。




                後半につづく




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「真夜中のダンディー」

   の歌詞の一節から拝借しています  RiKaVOXY




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

C調言葉に御用心 2
    「ヒーロー」



 彼はぼくらのヒーロー

 紛争の和平を成立させたよ

 冷戦がなんだって?

 もう終わったことさ

 どんな成り行きでも

 結果が誰の血も流れて

 いないならオーライ




 「人権」 「民主主義」

 その名の正義に酔いしれて

 声高らかなロマンスグレーの

 偉人さんよ




 いいさ、腹くくったさ

 さあ、ぼくらはついていこうぜ

 彼の庇護の下(もと)に居れば

 どんな問題もノープログレム

 たとえ参拝して詰られても

 弱腰だと非難されても

 同情だけ誘っておけばオッケー




 主張する振りして

 お茶くみOLに負けないような

 サービス満点なお接待で

 気分は上々




 だって彼はヒーローだから

 目立ち過ぎることはタブーだろう?

 彼を怒らせたら怖いということは

 ぼくらが一番知っているのだから

 また「アレ」を落とされたら

 一発ケーオー

 また闇市に逆戻り




 彼は寝る間もなく

 いつでも見張っている

 武力行使を含めた

 監視を続けて

 「内政干渉」なんてなんのこと?

 知らん振りは世界一

 批判も正論にすり替えれば

 馬鹿な観衆はどうせ拍手するさ

 


 紛れもなく彼がナンバーワン

 世界の王さまだ

 だからぼくらは

 心中する覚悟で

 どこまでもついていこうぜ

 世界一弱気な日本人!





 皮肉バンザイ (笑)

 アメリカを、というよりも我が国日本を

 嘲笑しているような詩ですが。

 弱気な態度と政治。戦争に負けてからの

 日本は、アメリカの顔色を伺い主義な訳ですが…。

 この詩は実は私の大好きなサザンの曲「ROCK

 AND ROLL HERO」を聞いて思いつきました。

 ひじょうに心打たれまして。

 辛口な内容でも、紛れもなく私も日本人。だからこそ、

 もっと誇りをもって生きていきたい。

 嘲笑は私にとっての、謂わば応援歌の一種でもあり

 ます。皮肉の中に、「オイ、頑張れよ! 」という気持ちを

 こめているんですよ。・・・コレでも、ね(笑)




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「C調言葉に

   御用心」から拝借しています  リズム♪♪



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
真夜中のダンディー 2
   寒い夜には・・・


    20080929153222.jpg

 これは、頂きもののケーキ ケーキ

 見た目、カワイイ  カワユス

 そして、オシャレ  kirakira-4

 エクレール・デキュスタシオンという名前。

 う~ん。名前も洒落てる~。意味はよくわかんないけど (笑)

 フィンガーサイズのエクレアに、カラフルなチョコプレートが

 のってます  ちょこ

 どこのお店のだろう~と思って見たら・・・

 銀座マルキーズ

 ほほーう! 銀座ですか! なるほど~ jumee☆point1e

 お味も中々に美味でございました お金

 せっかくだから、温かい紅茶を入れて、ちょっと遅めのナイトティー・

 タイム コーヒー かお

      
     20080929153220.jpg

 本日のチョイスははつこい  LOVE   -ピンク-

 紅茶専門店ルピシアの紅茶 ayaちゃん

 「はつこい」はグリーンレモンの香りとレモングラスを緑茶にブレンド

 した紅茶で、ちょっと酸味があるから甘いケーキを食べるならうって

 つけ。この紅茶、夏季限定品なのです。

 秋の夜長にあま~いケーキとあったか~い紅茶。

 満足 flower shining... 満足 flower shining...


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「真夜中のダンディー」

   から拝借しています  絵文字名を入力してください



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


問題ばっかの異端児ぎょうさん
   「中毒」




 愛を感じる為に

 ゲームに夢中

 意中のあの子を

 おとして

 愛し合うんだ

 

 どうせこんな

 世の中

 熱くなったって

 なんにも成りゃしない

 現実はそんなに

 甘く無いって

 そんなの世間知らずの

 俺だって知ってる




 だから

 最初から

 無駄な努力なんて

 しないんだ

 果報は寝て待て

 なんて

 よく云ったもんだ




 そうさ

 頑張るだけ

 時間の無駄さ

 今の世の中

 なんでも

 テレビの中

 二十四時間

 かじりついて

 楽しさも知識も

 愛さえも

 感じられる




 素晴らしき哉

 人生よ!




 なにも汗水垂らしてまで

 得ようと思わなくたって

 いいのさ

 


 スポコン?

 冗談じゃない!

 汗臭くなるのは

 俺の信条じゃない

 もっとスマートに

 生きるんだ

 それが現代の

 いい所だろう?




 何も心配は

 いらない

 ゲームだったら

 何度でも

 やり直せる




 傷つくこともなけりゃ

 泣くことも無い

 さあ、今日も

 愛しのあの子と

 デート三昧

 暗い部屋で

 俺と素敵な

 恋をして!!






 超皮肉ってる詩ですが。

 ゲーム感覚の恋、あるいは感情。

 人生と同化した考え方をしてる子供も

 いるような気がします。
 
 人生はゲームじゃない。
 
 恋愛はゲームじゃない。
 
 傷つくことを恐れずに人と接して、そう

 して成長してゆくこと。
 
 それが人生の醍醐味ですよね?

 だからこそ、人生とは尊い、素晴しい

 もの・・・




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「来いなジャマイカ」の歌詞の一節から拝借

   しています  すいか



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
頑張る君と生きた時代に万歳
   募金を集めよう!!




      ※昨日のつづきです。



  下人からの正式な許可も降り

  私たちは部員会議の結果、

  「募金活動」をすることに。

  
  余談だけど。

  しげちゃんが早々に下人に伝えたということは

  もしかしたら、私の担任の

  コマッピにも話したかも。・・・ 腟

  と思い、聞いてみると

  「おお。聞いたぞ。行くんだって?」

  と、にやにや笑い jumee☆chi1a 

  案の定 (笑)

  しげちゃん、喋りすぎ (笑)

  「行きませんよ~」 あちゃちゃ

  私も苦笑い。

  隣に居た浜ちゃん(先生)にまで

  「いつから行くの?」

  と聞かれてしまった・・・。 アップロードファイル ・・・。

  この時、初めて浜ちゃんと話したけど

  まさか翌年の担任になるとは

  思ってもみなかった (笑)


  というわけで。

  翌日から剣道部は大忙し!

  生徒に呼びかけて募金集め。

  先生たちにも声をかけて。

  今じゃ、総額思い出せないけど。

  2、3万以上だったのは覚えている。

  かなり集まった。

  剣道部として貢献できて嬉しい。

  早速、私が代表して集まった募金を送金。

  被害や人数を考えてみたら

  本当に微々たる金額だけど

  少しでも役にたってくれれば。

  そんな思いでみんなで活動した学生時代だった。



                      終



   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

    スターだ」の歌詞の一節から拝借しています 扇風機



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

奇妙な世捨て人
   「一ポンド」




 俺の心臓は

 一ポンド

 お前の魂は

 何ポンド?

 

 よく見てみろよ

 お前の魂なんて

 そんなに高くないだろう?

 


 俺の魂は

 一ポンドにも

 なりゃしない

 肉も血も無価値なんだ

 ただ心臓だけが

 一ポンド

 

 きっかり

 きっちり

 計って

 一ポンド




 お前の魂だって

 そんなもんだろう?






 解ったかと思いますが。

 そうです!

 シェイクスピアの作品、「ベニスの商人」を題材

 にしています。

 シェイクスピアは大好きで、特にこの作品は大

 のお気に入りです スヌーピー

 皮肉してる詩ですが、お前といいつつ、己を指し

 ています。つまりは嘲笑…




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「爆笑アイランド」の歌詞の一節から拝借

   しています
 ピンクッション



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
愛と正義の蜃気楼
   ボランティア精神


    ※昨日のつづきです。



  しげちゃんは高校1年の時の担任。今も

  日本史を担当。

  先生に事の真相を説明して。

  苦笑しながらも、ハンならありえると納得。

  話がこんがらかったことを詫びて・・・。

  ふと。

  イヤなことに気付いた 沈黙

  もしかして・・・。

  「先生、このことN先生には・・・」

  「うん。言った」

  ・・・やっぱり 腟 腟

  恐らくしげちゃんのことだから

  言っただろうなあと・・・思ったけど。

  一縷の望みをかけたいと思うのが

  人情じゃないですか (笑)

  うう~ん。 キw ・・・

  ますますややこしくなってきたぞ 33

  別に悪いことを言ってるわけではない。

  寧ろ役にたちたいという無償の気持ちでいる。

  けれど、私としては。

  生徒同士で語り合い、結論が出た所で顧問の

  下人(N先生の渾名)に報告。

  そう思っていたわけで・・・

  こんな中途半端に知られてしまうと

  ちょっと参る (苦笑)

  顧問に相談もなく。

  「剣道部」として活動したい。

  しかも、現地に行くことを決定したとなれば・・・。

  
  私が顧問だったら対処に困るな。

  生徒から何も聞かされていない上に

  他人から言われたら、先生だって困るハズ。

  急いで下人の元へ。

  微妙な表情してるよ~~ 疲れたョ 腟

  とりあえず、説明を。

  こういうことって、後から話すと

  なんか、言い訳がましくなってしまうんだよね。

  でも、先生は私の話を最後まで聞いてくれて。

  きっと、私がちゃんと話をしに

  自分の元に来ると思っていたのだろう。

  そんな雰囲気を感じた。

  何も悪いことをしようとしてるわけじゃない。

  震災地へ赴き、ボランティアをしたい。

  気持ちはよくわかるし、いいことだ。

  だけど、学校を休んでまで、

  ましてや「鶴○女子剣道部」として

  参加することは反対だ。

  ・・・もっともな意見だと思う。

  私だって無理なことはわかっていた。

  それでも何かをしたい。

  剣道部という団体として何かができれば・・・。

  その思いはある。

  何も行って、現地でお手伝いすることだけが

  ボランティアではない。

  間接的にも協力できることは沢山ある。

  だから、現地へは行けないけれど。

  今、ここで。

  私たちにできることをしたい。

  そう伝えた。

  先生も協力してくれることになり

  話は一歩前進 絵文字名を入力してください

  

       つづく 

  
  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

  「ゆけ!! 力道山」の歌詞の一節から拝借

  しています  桃色かたつむり

  

  
 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
頑張る君と生きた時代に万歳 2
   「幸(ゆき) 」



 人は学び

 生き

 悟りをひらく



 念ずれば

 念ずるだけ

 「幸」となる



 信じれば

 信じるだけ

 「美(よし) 」となる



 人生 ---

 幸として美としようではないか





 実はこの詩、人の名前をとってるんです。

 「幸美」=ゆきみ。

 うちのお寺の信者さんで、私のいっこ上のお姉さん。

 まあ、ユキちゃんと呼んでますが。

 とてもいい娘で、気持ちの優しい、素敵なおぜうさん

 です。彼女を思い、名前をもじって、詩を作ってしまい

 ました(笑)

 この詩は、彼女の誕生日に贈ったものです。

 私、大切な人にはすぐ詩を贈ってるので 



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

   スターだ」の歌詞の一節から拝借しています サボテン




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

情熱の物語
   募金活動

          ※過去の話です。

  

  高校生だった時。

  確か、二年生。

  淡路大震災がありました。

  あれからもう15年経つんですねえ・・・

  当時私は剣道部に所属 胴 竹刀

  3年生が引退をして、私たちの学年がトップ。

  確か、5月頃だったかな。

  後輩ミホから電話 

  「先輩、ボランティアしたいんです」

  元々ミホは正義感の強い、芯のある子。

  いてもたってもいられない。

  じっとしているぐらいなら・・・

  なにか、自分ができることをしたい!!

  ミホの熱意と心根に感動した。

  私だって、何かできることはないのかあと

  思ってはいたけど。

  彼女ほど意思の強さはなかった。

  口に出すのと、出さないのと。

  行動に起こそうとするのと、

  ただ思っているだけのと。

  ミホに触発されて、私も決意 かお

  ただ実際問題、私たちは学生。

  学校を休んで活動に参加することはできない。

  彼女の意見は、「剣道部として参加」

  現地でお手伝いをしたい、というもの。

  どこまでその意見が通るかわからない。

  けれど、私もやれる所まではやってみよう。

  ミホは私に一番に言ってくれたのだから

  その気持ちを裏切らないように。

  翌日、部長や副部長と首脳会議。

  私たちの学年は総勢10名の大所帯。

  ちなみに私はマネージャーだった。

  もちろん、マネージャーの仕事はあるけど、

  事実上では、もう一人の副部長的な立場と

  言った方が近いかな。
  
  やはり、ここはみんなの意見も聞くことになり

  一時保留に。

  数日して。

  社会科教師しげちゃんに問われてビックリ!! 、螯rヲW、J、O

  「震災地に行くの?」

  えっ??? ハテナ?

  話が分からないんですけど・・・?

  今この人、なんて言った???

  「ハンから聞いたんだけど」

  おい~~~ハン!!!! 腟 腟

  なんてことを言ったんだ、アンタは 怒 jumee☆disgust1

  しげちゃんもビックリしたらしく (そりゃ、そーだ。

  私だってビックリだもん・・・)

  真相確かめに私に尋ねたらしい q

  しかも大元は私のせいになってるし punpun

  推定の話が確定に。

  しかも誰も行くなんて一言も言ってないのに

  どうして、話がここまで曲解するんだ!?

  ・・・不思議。

  

        つづく  次


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

   スターだ」の歌詞の一節から拝借しています 富士山


  

  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

限りなき永遠の愛
   「はなみづき」



 ああ!

 どうか

 私のこの想いを

 受け止めて下さい



 あなたが恋しい

 心があなたを

 欲している



 私はあなたに

 恋をしています



 あなたははなみづきの

 花言葉を

 知っていますか



 ‘私の想いを受け止めて下さい‘



 ああ!

 恋しい人





 またまた、花言葉シリーズです。

 私にしては珍しく、ものすごくストレートで短い

 詩です (笑)

 想いのままに。



   はなみづき

     4月23日の誕生花 はな*みどり

     意味は・・・詩の中で書いた通り (笑)

            「私の想いを受け止めて下さい」


        はなみづき




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「限りなき

   永遠の愛」から拝借しています  くつした



           にほんブログ村 ポエムブログへ

黄昏が空間(そら)に映した異常な未来
   ガイアとクロノスの復讐~ギリシャ神話 ③


 前回の紹介からかな~り時間を隔ててしまいました(笑)

 久し振りに続きを更新します 絵文字名を入力してください

 前回では、母ガイアの、夫ウラノスに対する復讐を息子コロノスと

 共に果たすことを決意した所まで紹介したので、その続きです。





 クロノスは、ガイアに授けられた鋼鉄の大鎌を持って父ウラノス

 待ち伏せした。夜になって、ウラノスがいつものようにガイアに覆い

 かぶさった時、クロノスは物陰から忍び出て、ウラノスの陰部を切り

 取り、遠くへ投げ捨てた。ウラノスの傷口から流れた血は大地に滴

 り、月満ちて、復讐の女神エリニュスたち、巨大な怪人ギガスたち

 メリアと呼ばれるとねりこのニンフたちを生み出した。一方、波立つ海

 へと投げ込まれた陰部からは、やがて白い泡が湧き出でて、愛と美

 の女神アプロディテが誕生した。

 こうしてクロノスは今までウラノスが握っていた世界の支配権を奪い、

 自分の手中に納めた。


  注) とねりこ~山地に自生するモクセイ科の落葉高木。

     ニンフ~山野・河川・樹木などの精霊。

     アプロディテの名前は、アプロス(泡の意)に由来している。

     ギガスはジャイアントの語源。

     
 
 父親殺しはここからすでに始まっております。

 それにしても、なぜ陰部を切ったのか・・・謎だ。

 あんな美しい女神、アプロディテは実は父親の陰部から誕生したの

 です。

 ちなみに、ガイアとウラノスの子らを紹介しておきます。

   オケアノス(大洋神)

   テテュス

   コイオス

   ポイベ

   ヒュペリオン

   テイア

   クレイオス

   イアペトス

   クロノス


   レア

   テミス(掟の女神)

   ムネモシュネ(記憶の女神)


   キュクロプスたち(一眼巨人)

   ヘカトンケイルたち(百腕巨人)



       注) 青は男

          ピンクは女


 それにしても子沢山 (笑)

 この中で、キュクロプスたちとヘカトンケイルたちを除く子供たちを

 ティタン神族と呼びます。

 かわいそうに、巨人たちは仲間には加えられていないのです・・。

 ちなみに、ティタンは1912年に処女航海で沈没した豪華客船タイタ

 ニック号の名前の由来ともなったそうです。


   さあ、次はいよいよゼウス誕生。次回、書きます。



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田さんとミスチルの

  桜井さんのコラボ曲「奇跡の地球」の歌詞の一節から拝借して

  います   紫陽花・紫



 にほんブログ村 ポエムブログへ


   
壊れて消えた夢のシャボン玉 2
   「飛べない小鳥」



 私は飛べない小鳥

 籠の中でだけしか

 生活できません

 毎日ご主人様の

 ご機嫌をとって

 おいしい餌を

 ただ待っている



 命令されるがままに

 唄を歌って

 かわいい仕草をして

 利巧な振りをして

 そうして生きてゆくしかないのです



 今までそれが

 当たり前だと思って

 生きてきたけれど

 あなたと出逢って

 知りました

 私は飛べない小鳥だということを



 あなたは

 自由気ままに

 大空を飛びまわり

 自分の意志で

 生きている



 私は?



 私の人生は籠の中



 水と餌しかない

 この籠の中

 他には何もない



 私はあなたを追って

 籠から飛び出しました



 自由なあなたに憧れて

 私も連れていって

 ここから連れ出して



 あなたは素敵に笑ったから

 私はご主人様を捨てて

 安全な生活を捨てて

 飛び出しました

 大空を求めて

 あなたのいる

 その世界にいくために



 窓辺から

 そっと

 翼を広げて

 私は飛んだ

 あの太陽めがけて

 広い大空へ



 けれど私の翼は

 思うように動かない



 あなたのように

 羽ばたかない



 私は飛び方を知らない小鳥

 そう私は

 飛ぶことができないのです



 飼い慣らされた小鳥は

 決して飛べない

 翼は飾りでしかなくて



 私は地面へ

 真っ逆さまに

 落ちてゆきました



 ---一筋の夢を残して



 嗚呼

 あのままずっと

 籠の中にいれば



 嗚呼

 あのままずっと

 唄さえ歌っていれば



 ---あなたに出逢うことさえ

 なかったならば



 私はずっと安全な

 籠の中にいられたのに



 私は飛べない小鳥





 小鳥にとって、どっちの生活の方が

 幸せだったのか?

 自由を選んだその代償はたかかった・・・

 選択が悪かったわけじゃない。

 あまりにも無垢で、あまりにも純粋すぎた。

 そして、飛ぶ練習もせずに飛ぼうとした

 過信ゆえに・・・

 ・・・・・・・・



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「飛べないモスキート」の歌詞の一節から

   拝借しています  うさぎ


 にほんブログ村 ポエムブログへ
お洒落な迷宮(おみや)
   薔薇なお土産たち


            ※「薔薇の園へ」の続きです。



 薔薇って、本当に色んな種類がある!

 まるで菊のようなものもあれば、牡丹のようなものも

 あったり、ガーベラのように見えるものもあったり・・・。

 名前も面白い。私が一番気に入ったのは前回載せた

 「夕霧」という淡い色の薔薇ですが。薔薇に古風な名

 前って、合わないように思えるけど、でもそれが逆に素

 敵だなあと思いました。他にも「友禅」とかあったりして

 中々いいものだなあと。

 散歩しながら色んな名前の薔薇を見つけたりするのも

 楽しかったです るん

 でも、そんな神秘的な時間も終わりを迎え・・・

 帰る時間に。

 で、お土産を買いました はこ


   20081023111718.jpg
     バ、バラの羊羹?!



   クリック  中身は・・・?




   20081023111716.jpg
             こんな色

 気になるお味は・・・

 いたって普通 (笑)
   
 羊羹の中に薄っすら黒ぽく見えるのが解りますか?

 これ、薔薇らしいのですが、食べてて正直解らなかった (笑)

 ちょっとお酒の味がする? と思ったら白ワインが入ってた。

 洋風な羊羹といった所でしょうか。そんなに甘くなかったので

 食べれました。


  20081023111714.jpg
      さくらのファイルと薔薇クッキー

 薔薇見に行ったのに、なぜか桜 (笑) 絵文字名を入力してください

 枝垂桜です。薔薇のファイルとか絵葉書とかも沢山売ってたん

 ですが、どれも文具屋さんとか、洒落た雑貨屋さんとかで売って

 そうな絵柄だった。でも、この枝垂桜はなさそうな感じがしたので

 げっちゅ~ さくら ピカチュウ8

 薔薇のクッキーはサクサクしてて美味しかった 絵文字名を入力してください

 そのまま帰るのもなんだから・・・ということで 腟 することに。

 帰りは調布でなく、つつじヶ丘に来たので、手頃な喫茶店を

 探すと・・・   あった!


    20081023112301.jpg
          「珈琲焙煎」 ショップ
 
 ちょっとお洒落な佇まい?な喫茶店。店内も落ち着いた、こじん

 まりとした内装で、マスターがひとりでやってるお店でした コーヒー

 たまにはコーヒーを飲んでみようかという気になり、久し振りに

 ブレンド コーヒー 
 
 そして、ケーキ タルト


   20081023112307.jpg
      友人が注文した「キャラメルシフォン」

   20081023112305.jpg
    私が注文した「マスカットショートケーキ」

 とても美味しかったです キラキラ

 素敵な一日でした kokoroblack


         ※「薔薇の園へ」終了です。


                              戻る



        にほんブログ村 ポエムブログへ




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「愛と

   欲望の日々」の歌詞の一節から拝借してます 
春の陽は無邪気
   「花畑~ローダンゼ」



 ローダンゼの花畑の中で

 一人の少女が

 遊んでいる



 くるくる  くるくる

 両手を広げて回っている

 太陽の光(ひかり)を

 一身に浴びて

 自然の恩恵を

 一身に感じながら

 少女は嬉しそうに

 笑っている



 髪には

 ローダンゼの花が

 風に揺れながら

 そよそよと

 今にも天に

 翔んでいってしまうかのような

 白い服を着た少女



 髪には

 ローダンゼで作った花冠が

 光に照らされ

 きらきらと

 まるで天使のように

 ひらひらと

 舞い続ける

 愛らしい少女



 花畑の中を

 いつまでも駆け抜けて



 光輝に満ち満ちた

 その笑顔



 いつまでも大切に

 して欲しい



 夢に見た少女よ





 夢オチですが (笑)

 幸せな風景を思い描いてみました。

 花言葉シリーズです 桃の花( ゚3゚)ノ(白-薄い背景用)

             ローダンゼ

       ローダンゼ

   2月13日の誕生花で、光輝、飛翔などの意味があります 小花。左。

  ちなみによくドライフラワーにも使われたりするそうです。

  


   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「誰かの風の跡」の

    歌詞の一節から拝借しています  ミルク



         にほんブログ村 ポエムブログへ
綺麗な花咲く場所(ところ)へ 2
   薔薇写真集 パート2


      ※「薔薇の園へ」の続きです。


 本日も神代植物園で撮った写真をご披露 かめら

 今日も美しき薔薇の毒にあてられて下さい(笑)


  20081020145534.jpg
          「夕霧」
       名前といい、色といい、私が一番

       気に入った薔薇です すき


  20081020145531.jpg
           ブルームーン
        ピンクに見えるけど、淡い紫


  20081020145519.jpg
              噴水
       見ずらいけど、夜の噴水


  20081020145517.jpg
            リリペット
       可憐なピンクの薔薇


  20081020145514.jpg
            薔薇の園
       向こうに見える神殿のような作りの

       場所で胡弓の演奏をしていた ♪


  20081020145503.jpg
             薔薇の路
                見える?


  20081020145501.jpg
             祈る乙女
               薔薇に囲まれて。

 とにかくすごく綺麗でした。

 幻想的で、夢見心地なひととき・・・

 ライトアップというと、紅葉だとか桜だとかを連想しが

 ちだけど、薔薇というのもいいものですね!

 月とそして明りに照らされて、きらきらと美しく。

 宵の中、煌びやかに揺れる華やかさ。

 情緒溢れる宵の晩でした MOON

 
    さあ、次回はお土産を載せます。

                          次



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「彩」

   の歌詞の一節から拝借しています  メール



          にほんブログ村 ポエムブログへ
明日の夢を見る
   「いまを生きる、あなたへ」



 夢は夢のままで

 いいなんて

 そんな悲しいこと

 云わないで



 愛は幻想(まぼろし)のままで

 いいなんて

 云わないで



 願っても叶わぬことは

 多いけど

 決して無駄な

 ことじゃないから



 どうか培った時間(とき)を

 愚弄しないで

 力なく自分を

 嘲笑しないで

 総てを否定して

 見失わないで



 努力してきたことは

 身になるから



 生きて、感動して

 力の源になるから



 だから

 共に居るということを

 喜んで





 私なりの応援歌を。

 しんみりしすぎ?な感がありますが (汗。

 生きること、というのは、いい意味でも悪い意味

 でも、感動を与えてくれます。どんな変哲もない

 日常であっても。

 それを生かすも殺すも己次第。

 夢を追うこと、信じること、

 総て無駄なことなどない。そう信じています。



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「BOHBO No5」の歌詞の一節から拝借してます 紫陽花



 にほんブログ村 ポエムブログへ

野に咲けば愛しいバラよ 2
   薔薇写真集


         ※「薔薇の園へ」の続きです。



 調布にある神代植物園でのひととき・・・

 夕闇の中、友人と薔薇の園を散歩・・・

 今日は沢山写真を撮ったので、それをアップしたいと

 思います  UP

 では、みなさんを宵闇の薔薇の園へご案内~ green-GL


  20081020145709.jpg
          「赤よりも紅く・・・」


  20081020145707.jpg
             「アップ」


  20081020145705.jpg
            「ピンクの薔薇」


  20081020145638.jpg
             「蕾」

  20081020145636.jpg
            「恋人同士」


  20081020145634.jpg
            「巨大輪」

  20081020145607.jpg
           「白も美しい」


  20081020145605.jpg
           「フロリック」


  20081020145603.jpg
           「仲良し三人娘」

  20081020145536.jpg
         「白き女王」


       長くなってしまったので、続きはまた明日。

                               次



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「Happy

   Birthday」の歌詞の一節から拝借しています 



              にほんブログ村 ポエムブログへ
愛という名の坂を下って
   「根雪」


 深く  深く

 この想いはどこまでも暗い



 光(ひかり)も無い

 希望の兆しさえ無い



 淀んだ空気の中に

 いつまでも溶け込めずに

 蠢いている寄生虫



 怒りなのか憤りなのか

 心の判断もつかず

 想いは膨らむばかりで



 じめじめと

 いつまでも

 じとじとと

 どこまでも



 憎悪の念だけで

 生きている



 出口など無いこの心は

 もはや堕ちる所まで

 堕ちるのみ



 ならばいっそ

 この手に絡めて

 全てを壊し

 自分の善なる部分をも

 否定していこうではないか



 こんな女に誰がした



 報いはその生命(いのち)にーーー





 あれ? また暗くなっちゃった。

 というか、怖い? (汗。

 女の情念、恨み、つらみ・・・。

 「根雪」をキーワードに詩を作ったらそんな

 言葉が膨らんできました。

 情の深すぎる女を捨てると、コワイのよ(笑)



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田さんと

   ミスチルの桜井さんのコラボ曲「奇跡の地球」の歌詞

   の一節から拝借しています  ブルースターアズテック


      にほんブログ村 ポエムブログへ
夢と魔法の国 2
   薔薇の園へ・・・


 昨日、夕方に調布にある神代植物園に行って

 きました。

 東京調布にある植物園・・・たんぽぽ

 そこでただいま、薔薇フェスタというのが開催

 されてます  BroseB

 さらに、昨日までなら夜間のライトアップがあ

 るということで、どうせならそれが見たい!!

 と思い、大学の時の友人、悦子と行ってきました ルフィ猫

 17時頃到着。空もうっすらと暗闇になりつつあります。

 そんな中、微かに音が・・・? 

 バイオリンのような、弦楽器の音が・・・ MUSIC

 音のする方へ耳を頼りに行ってみると・・・

 ミニライヴのようなものがやってました カラオケ

 見渡すばかりの薔薇を背に二人組のユニットライヴ。

 どうやらご夫婦でアマチュアをやってるようで、三曲ほど

 聴けました 絵文字名を入力してください

 「アカラ」というユニット名らしく、奥さんの髪がめちゃ長

 かった! まるで平安時代の女性のように・・・足まであっ

 たもの 女性♀

 聴いた曲は、1曲目は蘇州夜曲(二人とも胡弓)

 2曲目は、アメイジング・グレイス(奥さんが歌。旦那さんが

 胡弓)

 3曲目はアンコールで、叱られて(同じく奥さんが歌。旦那

 さんが演奏)

 この叱られては、いわゆる子守唄。しんみりと切ない歌詞が

 ぐっとくる歌です 絵文字名を入力してください

 胡弓の演奏も良かった。蘇州夜曲好きなので、思わぬ所で

 聴けてラッキー アップロードファイル

 アメイジング・グレイスもしっとりと聴かせてもらいました flower shining...

 普通、こういう西洋的な所ではジャズだったりクラッシックだっ

 たり、そんなイメージがあるけど、胡弓というのもミスマッチで

 それが逆に幻想的に映った。

 演奏が終わった頃には、もうすっかり闇の中。



    20081020145939.jpg

 こんな感じのとこで演奏されていて、こうして座って聴くことが

 できる 絵文字名を入力してください

 そして、ライトアップされている薔薇の花たち・・・ 32

 と、観賞に行く前に。まずは・・・




    20081020145937.jpg

 はい。お約束のソフトクリーム (笑)

 もちろん。お味は・・・バラでございます 200804258

 ほのかに薔薇の香りと味がして美味しかった~ トトロハート

 さて、食欲も治まったところで (笑)

 いざ、薔薇の園へ



       20081020145912.jpg
                 闇夜に咲く 絵文字名を入力してください


       20081020145910.jpg
                  うふんっ jumee☆ufun1b
    

       20081020145907.jpg
              バラは バラは 音符


                                   次



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「夢と魔法の国」

   から拝借しています  鍵盤



 にほんブログ村 ポエムブログへ
セピアの幻影(かげ)
   「ユーカリノキ」



 あの頃の楽しい想い出

 今はもうない


 枯れてしまった

 私の心

 氷のように

 冷たい夢


 春の木漏れ日は

 どこへ行ってしまったろう

 
 どんなことがあろうとも

 この心は永遠だと

 信じていたのに


 いつまでも

 水を与えられない

 渇いた心


 あの頃の

 素敵な想い出を

 閉じ込めてしまおう

 誰にも奪われない

 私の秘密の場所に


 私の心ごと想い出を


 そう

 私の心も

 もう必要ないから


 総て埋めてしまおう

 いらないものは全部


 深く  深く

 土を掘って


 何十年  何百年  何千年

 何万年  何億年と


 誰にも見つからないように





 誕生花シリーズでございます。

 ユーカリの木。

 花というか、葉ですね。

 12月2日の誕生花で、思い出の意があります。

 それを発想に作った詩です。

 ちょっと、学生時代を思い出してみて。

 あの頃は、楽しかったなあ・・・と。

 「思い出」と聞いて、その頃のことを思い出しました。


   ユーカリ
            どんな木  こんな木



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HOTEL  PACIFIC」 
   
   の歌詞の一節から拝借しています  たけのこ



 にほんブログ村 ポエムブログへ


 
悦楽(よろこび)は清か色
   「みずうみ」を読んで


 久々に読書感想を。最近読んだものではないですが。

 もう何年も前に読んで、感想を綴った日記が出てきた

 ので載せてみます。

 あくまでも私観ですから!


   「みずうみ」


        作者:川端 康成

  FC2のヒヨコ あらすじ FC2のヒヨコ

 美しい女を見ると、憑かれたようにあとをつける一人の

 男。教え子と恋愛事件を起こして学校を追われた教師

 桃井銀平の、女性に対する暗い情念を‘意識の流れ‘

 を描写することによって、永遠の憧憬に象徴化した名作。

 

  木 感想 木

 川端の作品らしく、とても幻想的な小説である。あらすじ

 だけ読むと実に妖しくて、不気味なイメージしかないが、

 無論本文を読んでもその気持ちはそう変わりはしないが、

 川端独特の幻想雰囲気が滲み出ている。

 最初、なぜこの作品が「みずうみ」という題名なのかがわ

 からなかったが、成る程、小説中にはひっきりなしにこの

 言葉が出てくる。銀平にとって「みずうみ」とは、昔の淡い

 初恋(失恋の痛手)の思い出の意識の深さを象徴している。

 失恋だけでなく、父の死や母親というような、銀平にとって

 かけがえのない大切なものの象徴としても大きな役割を果

 たしている。

 美しい女性を見ると、憑かれたようにあとをつける銀平、それ

 は今でいうストーカーというやつで、はっきり言ってしまえば

 犯罪のようなものである。無論あとをつけるだけで何かしよう

 としている訳ではないのだからそこまでは言い切れないが。

 この小説の女性の方でも男にあとをつけられている、無意識

 の女の誘惑が出ている。女の方でも密かに期待しているのだ。

 そんな不思議な関係を実に美しく書いている。確かに私でも美

 しい人、素敵な人をちらっと見た時、この人を知ってみたい、こ

 の人はこれからどうするのだろうなどと思ったりはする。しかしそ

 う思った所で、彼のようにつけていったりはしないが。この小説の

 宮子や久子のように男の人につけられてみたいという気持ちは、

 ちょっと解りかねるが、川端は彼女たちに女が持っている本能とも

 いえるべきものーーー無意識なる艶やかさや誘惑、性(さが)を語

 らせたかったのではないかと思う。またそれと逆に銀平に男が持っ

 ている本能ーーー無意識な男の性を書き出しているように思う。

 しかし、この銀平の場合男というより人間本来と言い換えた方がよ

 り適切なのかも知れない。

 川端の作品、「雪国」にしろ、「伊豆の踊り子」にしろ、実に幻想に満

 ちた美しい物語と化している。無論この小説もその一つで、描写が美

 しい。彼のすごい所は文章の巧さはもちろんのこと、その綺麗な表現

 である。それは、単語といってもいいかも知れない。その文章が美しい、

 幻想的なものであるからこんなにも心に残るのかも知れない。

 この小説で彼にしては意外だなあと感じたのは、構成の点である。銀

 平が主人公なのは変わりようのない事実なのだが、一話結のようになっ

 ている。宮子の話や町枝の話が書かれている。とても不思議な感じが

 するが、しかしそれが巧く次から次へと重なっていて面白い。この小説で

 は奇妙なことが沢山出てくる。ハンドバックの謎、ホタルかごの謎など、

 無意識的な行動が次から次へと出てくる。その謂わば無意識の謎解きが

 面白い。もしかしたら川端は、計算づくでこのような心理的トリックを書いた

 のかも知れない。

 また、この小説では秘められた人間の性、男と女の魅力といったものを巧

 く、銀平の思い出と絡ませて幻想的にかつ憧憬的に描いている。そして、

 夢のような、不思議な感覚の連想作用が素晴しい。やはり川端は、夢、幻

 想世界、非現実世界を描くのが巧い。

 考えてみたら、彼の作品の手法というのは、作品によって全て異なると思う。

 この作品は連想的に、主人公は変わらないが話し手を変えている。「雪国」

 は、これも連想的で現実と非現実の境・女の美しさを語っているし、「伊豆の

 踊り子」では青春の夢物語を甘酸っぱく描いている。川端は基本的に構成

 を変えるのが好きなようだ。「雪国」も「伊豆の踊り子」も主人公を語ってるよう

 でいて、みなヒロインの女性を語っている。しかも美しさや華やかさ、妖しさに

 純真さといった女独特の感情を見事に描いている。それに比べると、この作品

 は、それらの小説とは少し違う。女の「感情」というものにあまり重きをなしてい

 ない。もっと人間的なものを大きく描いている。そういった意味においては、今

 までの作品とは大きく異なっているといえよう。

 解説の中村真一郎氏は、この作品を、主人公の「意識の流れ」(the stream

 of consciousness)の描写が美しい。「意識の流れ」という文学的手法は、西

 欧二十世紀の新しい作家たちの創造した、「新しい現実面」の表現の方法であ

 ると言っている。成る程、その通りであろう。この手法のおかげで人間の「内部」

 を描くにあたって、情念・執念、そして永遠の憧れへの姿までが象徴化された

 作品と化している。






 長々と失礼しました。

 それにしても。なんてまとまりのない文章なのでしょう!

 下手すぎて、もはや意味が解らない(泣)

 読みづらくて、すみませぬ・・・。手直しするのも面倒(笑)

 そのまま載せちゃったけど・・・まあ、いいか~。

 


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「限りなき

   永遠の愛」の歌詞の一節から拝借しています うさぎ 赤


 にほんブログ村 ポエムブログへ

すべての歌に懺悔しな!! 2
   「うさぎの眼」



 赤い眼を見ると

 私は恐怖を覚える

 奥の奥の

 さらにそのまた

 奥のーーー


 己でさえ無意識の

 ある部分を


 ミスカサレテイル


 そんな気がするから


 うさぎのように

 単純でヤワな

 動物の眼は

 私を罵倒する


 スベテカラ




 愛らしい瞳に見つめられると、時々ふと、

 焦燥にも似た、恐怖を感じることがあります。

 自分の汚い部分を知られているのではないか、

 自分の愚かな部分を知られているのではないか、

 罵倒してくれたり、罵ってくれれば対処の仕様もある。

 怒りをぶつけたり、泣いたり、へこんだり・・・。

 けれど、ただじっと、綺麗な穢れのない瞳で見つめら

 れると、恥辱にも似た羞恥心にも似た、妙なむず痒さ

 のような心情に陥る時があります。

 ・・・私だけかな? (笑)


  
  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「すべて

   の歌に懺悔しな!! 」から拝借してます ツブツブのお花の様なクロスの様な( ̄ε ̄;Green(白い背景用)



 にほんブログ村 ポエムブログへ
夢と魔法の国
   スパッ☆


         ※「そうだ 伊豆へ行っちゃえ」の続きです。



 いよいよ、お待ちかねのスパへ 

 マリンタウンに併設されているシーサイドスパ。

 立ち寄り湯って、初めて利用したけど案外イイものですねえ。

 名前通り海が目の前だから最高 海

 露天もあって、温度も少し温めだから長く入っていられるぅぅぅ

 ゆっくり、のんびりお風呂に浸かって。

 気分も上々 絵文字名を入力してください

 日頃の疲れも癒されました。

 スパから出てきたら、もう日はどっぷり暮れていて・・

 気付けば早や、18時。暗闇に染まった海というのもいいもの

 ですね。ずっと眺めていたいくらい。神秘的な海を見ながら、

 ちょっと熱冷まし。


   20081014121235.jpg

 喉が渇いたので、マリンタウン内で買ったフレッシュジュースを メロンジュース

 右がシークワーサーで左がグァバ。

 ついでにソフトクリームも アイス01


     20081014121250.jpg

              やまももミックス 

 背景が明るいのは、スパに行く前に買ったので・・。お風呂上りに

 口にしたのはジュースだけです。

 名残り惜しい気持ちをひきずりながら、帰途に 絵文字名を入力してください

 自販機で紅茶を購入したら・・・

 「いらっしゃ~い! 」

 え??!

 ど、どこから声が??

 と、思ったら声の主は・・・自販機でした (笑)

 いや~。ビックリ ピカチュウ14

よく見たら、「防犯設定」と書かれてました。

 でも、コレ。普通にコワイよ (笑)

 しかも、声はまだ続く・・・

 モノが出てきたら、

 「毎度おおきに~」 「ほな、ありがとなあ」 しまいには

 「いってらっしゃ~い」

 どこに~~~!!!?

 しかもなぜに関西弁!?

 一人で買ってると、なんかまぬけなように思えるんだけど・・

 まあ、そんな妙な出会いも済んで、車でおうちへ 家★nekonosekai

 実はちょっと懸念してたのは渋滞・・・

 三連休の最終日、18時も回ってるから幾分いいか・・・と

 思ったら、甘かった!!
 
 実に甘かった!!! 砂糖三十杯くらい入れたオレンジジュース

 よりもさらに甘かったYO! 絵

 こみまくり~の・・・

 結局、普通なら2時間30のところを5時間程で我が家へ・・・

 途中あまりにも混んでるので、海老名のSAに立ち寄りました。

 そこで、生キャラメルを発見! いや、花畑牧場じゃないけどね?


     20081014120826.jpg

 いでぼくっていうところのキャラメル・・・

 それから、バンビというところの塩キャラメルとチョコキャラメル。

 本当に口の中でとろける~の! ねラブ

 美味しかったにゃん 絵文字名を入力してください

 やっぱり連休中はすごい混みますね・・・ キw

 でも、楽しかったからいい思い出になりました 絵文字名を入力してください

 ・・・なんか、来月も行くらしい!? (笑)


             ※「そうだ 伊豆へ行っちゃえ編」終了デス。




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「夢と魔法の国」

   から拝借しています  パンプス



 にほんブログ村 ポエムブログへ


明日への乗車券
   「夢先案内人」



 明日を生きるための

 道しるべ



 希望という名の

 ランプを手に持って



 険しい山道も

 緩やかな上り坂も

 ゆっくり

 歩いてゆこうよ



 光明(ひかり)はちゃんと

 在るから



 時々見えなくなったり

 ぼやけたりするけれど

 決して

 消えたりなんか

 しないから



 だから

 焦らずに

 一歩一歩

 その証を

 踏み締めていけば

 いいんだ



 山頂(いただき)までの乗車券

 手元を見てごらん

 オーロラに

 輝いているだろう



 どんな強風(かぜ)が

 吹いたって

 決して飛ばされないから

 安心して



 空は夢色

 黄昏は太陽

 心には彩(あや)を





 大丈夫。

 どんな強風が吹いたって、光は見えるから。

 あの、山頂までゆっくりでいい。

 上ってゆこうよ。

 光が見える限り、上ってゆこうよ。



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「LONELY  WOMAN」の歌詞の一節から

   拝借しています  黒猫と月



 にほんブログ村 ポエムブログへ


お洒落な迷宮(おみや)
   お買い物タイム

            ※「そうだ 伊豆へ行っちゃえ」の続きです。

 

 お腹も膨れた私たちは、ほろ酔い気分でちょっと

 ブラブラとお買い物タイム 財布 ショップ

 またしても沢山買いましたよ~ (笑)

 りんちゃん(猫)にかわはぎ、黒ビールも買ったし、

 おかずになりそうなものもちらほら。


     20081014121237.jpg
           クッキーシュー シュークリーム

     20081014120828.jpg
           抹茶ごまだれ餅 雪うさぎ
             (中にごまが入ってる! )


     20081014120824.jpg
          やまももドリンク コーラフロート

 極めつけはやはり・・・


      20081014120801.jpg
            目玉オヤジグッズ (笑)
              (右はライター)

 そして、左は・・・


      20081014120759.jpg
               じゃーん!!! (笑) 目玉の親父

 そう・・・ライトなのです (笑)

 もちろん、たーちゃん(父)のです。


      20081014120757.jpg
             鬼太郎のボールペン 一反もめん

 さあ、お買い物も済んだし。

 いざ、スパへ jumee☆arrow6R


                                次


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「愛と欲望

   の日々」の歌詞の一節から拝借しています  はっぱ



 にほんブログ村 ポエムブログへ
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。