月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいしいね
   銀の葡萄



   moblog_a7d05948.jpg

 「楓の衣(きぬ)しゃ」

 秋仕様です 

 


   moblog_f43dc726.jpg

 中身はこんな感じ。






   moblog_05104abf.jpg

 これも銀の葡萄の商品 

 「しょこら」 

 銀の葡萄シリーズはどれも美味しいですね。

 お茶受けにピッタリなお菓子が多くて好きです。

 どちらも上品な味でした 














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲タイトル名

     「おいしいね~傑作物語」から拝借しています  












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
喜びに包まれた日々
   美味しいお蕎麦屋さん



 アリオ橋本でお昼ごはん 

 そば匠 楽庵(らくあん)で食べてきました。

 


   moblog_a44dfa88.jpg

 


   moblog_3db95851.jpg
                 天ぷら定食 


 結構豪勢でしょ?

 これで、970円。安いね~!

 しかも美味しい!!

 お蕎麦にしっかりとしたこしがあって、いい味 

 それでこのお値段はとても安い。

 お蕎麦が食べたくなったらここへ来よう 

 楽庵って、チェーン店なんですね~。

 大阪や江東区にもあるそうです 














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「LONELY

     WOMAN」から拝借しています  












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

あなたがくれたプレゼント
   鬼太郎グッズ


 連ドラの「ゲゲゲの女房」のおかげでただいま鬼太郎の

 人気がにわかに湧いてます。

 作者の水木しげるさんが功労賞を受賞されましたしね!

 ますますブームは続くでしょう 

 いつもよくしてくれる後輩ちゃんから父にこんなプレゼ

 ントが届きました (笑) 





   moblog_938bfcd9.jpg

 鬼太郎ちゃんちゃんこー! (笑) 

 笑える・・・笑えるよ・・・! 

 後輩ちゃんのセンスにバカ受けです。

 しかもちゃんと着る父上さま。

 なんだかんだいって、嬉しそうなのが笑える・・・ 




   moblog_f7159334.jpg

 これはTシャツ 

 ちょっとお洒落じゃん!


   moblog_26da4734.jpg

 こっちが前ですね。

 今年の鬼太郎グッズ、和チックが流行りなのか? 






   moblog_3aab5759.jpg

 妖怪舎というカタログももらいました (笑)



   moblog_ce307d8f.jpg

 わーお★

 たくさん載ってるー!

 見るだけでも楽しいね 

 可愛いからどれも欲しくなってしまう (笑)





   moblog_9b01b635.jpg

 他にもぬりかべのキーホルダーやら・・・ 


   moblog_c5709b1a.jpg

 一反もめんやねずみ男のストラップまで 

 たくさんもらいました。

 鬼太郎ファミリーや (笑) 














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「I AM YOUR

    SINGER」から拝借しています  












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

賞味期限は短いから
   秋刀魚まつり




 今日の夕飯は、秋刀魚づくし 



   moblog_ce6b4236.jpg

 秋刀魚のフライ

 竹輪の天麩羅

 秋刀魚と鮭の混ぜご飯 

 今年は秋刀魚高いって話だったけど、さすがに落ち着いて

 きましたねー値段 

 やっぱり秋になったら、秋刀魚は食べなきゃね!

 旬ですもの~ 














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

    「大好き! ハッピーエンド」の歌詞の一節から拝借

    しています  












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

女優
   大女優のように




   moblog_4600602f.jpg

 セクシーりんちゃん (笑) 

 素顔は見せません! 





   moblog_287623c8.jpg

 だって、女優ですから (笑)

 サインもしません!

 肉球が痛くなるから 

 決まってるでしょ! 














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

   「女優」から拝借しています  












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

枯れ果てた花 2
   「残花(ざんか)の涙」



  この世でもっとも

  みすぼらしいのは

  満開に咲いた花が

  落ちる瞬間(とき)

  その惨めにも似た

  憐れな姿は

  人間の欲望の

  果てのようだ




  仄かな色が

  やがては

  黒ずみ、無惨な

  最期を遂げる

  簡単に未来が

  予測できるのに

  またおまえは

  来年も

  そのまた翌年も

  そのまた次の年も

  まるできちがいのように

  咲き続けるのだろう

  馬鹿の一つ覚えのように

  咲くことしか知らない

  哀しき宿命(さだめ)の下(もと)に




  どうせ

  散るのなら

  私は風に吹かれたい

  見向きもされなくなるのなら

  いっそのこと、

  どこか遠くへ




  だけど、

  もっと見苦しいのは

  散り際を

  見極めずにいる

  残花

  潔くも無く

  ただ

  昔の栄華を

  懐かしむしか能がない

  生き晒し者




  きっと

  臆病風に吹かれて

  散るに散れなかったのだろう




  憐れだな、

  本当に憐れだな




  所詮は短い

  生命(いのち)だというのに

  束の間の夢幻(ゆめまぼろし)にしか

  過ぎないというのに

  掴めぬ夢を

  追い求め続け

  悲惨な末路だ




  誰しもが

  すぐ忘れ去ってしまうというのに







 暗い詩ですみません (謝)

 しかしながら、十八番でございます (笑)

 人生と花の生涯をかけてみたり。

 哀れな女の独り言です (笑)









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HAIR」

   の歌詞の一節から拝借しています  ホッと一息












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

緑の森
   相模原北公園



 最後に。

 この相模原北公園内の写真を載せようかと。




moblog_509bef62.jpg

 とにかく大きな公園なので、中にこんな小川もあります。





   moblog_97c7ad8f.jpg





   moblog_fd230306.jpg






   moblog_8a42d2f8.jpg

 園内にはこんな野の小道まであります 

 結構ウォーキングしてる人もちらりほらり 

 天気がいい日ならちょっとした運動になります 





   moblog_76d07ba3.jpg

 自然の息吹を感じます。




   moblog_1acd6fcd.jpg

 天に向かって真っすぐ伸びる木 




   moblog_f2c3d711.jpg

 下から見上げた空。

 木々の間から高い空 





   moblog_745b5819.jpg

 小さな森の中には休み処もあります。

 木でできた風流な造り 
   




   moblog_d64e85ce.jpg

 太陽の光で緑の色が綺麗 





   moblog_65b22834.jpg





   moblog_766b609e.jpg

 東屋もある。




   moblog_de7f4914.jpg

 近くにはハーブ畑もあって、ゆっくり楽しめる公園です 

 以上、今年の6月にお散歩した時の写真集でした 














      ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

       「恋のメモリー」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

未曾有の楽園
   6月の薔薇たち


 相模原北公園では、旬の紫陽花の他にも薔薇も咲いて

 ました 

 色んな種類がたくさん!

 では、薔薇のアーチをくぐっていざ、薔薇の中へ (笑) 





   moblog_8366f4b9.jpg



   moblog_e8ce35f6.jpg
                 ブルーライト







   moblog_6e557451.jpg
                 リオサンバ

 ずいぶんと華やかな花ですね~ 

 確かにリオ! って感じ (笑)




   moblog_1f0038a8.jpg
                 




   moblog_dfac21c6.jpg
                 紫雲





   moblog_c1cb0e88.jpg
             ローゼンドルフシュパリースホープ




   moblog_299a1162.jpg
                 モッコウバラ




   moblog_9cb0345e.jpg




   moblog_98006cdf.jpg




   moblog_1f1a9dcd.jpg
                 ピース





   moblog_80f3f4de.jpg




   moblog_361328c6.jpg

 まるで薔薇の絨毯みたい! 





   moblog_b2c3c40f.jpg
                 セクシーレクシー





   moblog_50f063e9.jpg
                 ミラベラ




   moblog_7be07639.jpg
                 ポニカ



 紫陽花に続き、薔薇も美しく咲き誇ってました 

 メインは紫陽花だったけど、同時に薔薇も見れて大満足でした。

 次で最後です 














      ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「質量とエネル

       ギーの等価性」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村


若葉や花菖蒲(あやめ)濡(ふ)る頃
   菖蒲畑



 紫陽花も綺麗だった、相模原北公園。

 梅雨時ということもあって、菖蒲も綺麗に咲いてました 





   moblog_5676d8d2.jpg




   moblog_a6d0106c.jpg

 紫色が鮮やかに咲き誇ってます。





   moblog_11e6f6e6.jpg





   moblog_6f79a234.jpg






   moblog_c53bdd11.jpg



 さて、次は薔薇の写真です! 














      ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「通りゃんせ」

       から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村


   
咲く紫は旅路を彩る
   紫陽花の楽園



 相模原北公園の紫陽花たち。

 写真パート3





   moblog_30a6917e.jpg
                 センセーション




   moblog_29770521.jpg




   moblog_b9b1e3e9.jpg




   moblog_21df6caf.jpg
                 エンジアンタム




   moblog_aeed0831.jpg




   moblog_5df3e5ce.jpg




   moblog_1b332d6e.jpg
                 ブルースカイ





   moblog_a7d7355d.jpg
                 プリマ





   moblog_6106d290.jpg
                 ソフティ





   moblog_442511ec.jpg

 こうして見ると本当、色んな形の紫陽花があるのですねー。

 いったいどれぐらい種類があるのだろう 







   moblog_3b9bbd00.jpg

 白い紫陽花って清潔感があって綺麗 





   moblog_b3960410.jpg




   moblog_79e45489.jpg
                 早生白


 紫陽花の写真はこれでおしまい 

 この公園では紫陽花の他に菖蒲や薔薇も咲いてました 

 その花たちの写真も撮ったので載せようと思います 



   
  









      ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

       「花咲く旅路」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村


   
あじさいのうた
   梅雨時のあじさい



 写真いっぱいあるのでまだまだ載せようと思います。




   moblog_8d597a0f.jpg
                 マリンブルー




   moblog_54a51a6f.jpg



   moblog_77fdaaab.jpg
                 シロテマリ


 シロテマリは可愛いよね~ 

 本当に丸くて、まるで舞妓さんが付けるような簪みたい。




   moblog_e93c5f86.jpg

 まるで手毬のよう。




   moblog_e5e5cbe0.jpg
                 ハルナ




   moblog_80bf591f.jpg




   moblog_38e3be1b.jpg



   moblog_479faa5c.jpg
                 クレナイ




   moblog_1113b579.jpg
                 白鳥




   moblog_dd05020e.jpg
                 七段花



   moblog_5439cebe.jpg
                 クレナイヤマアジサイ



   moblog_399578b0.jpg



   moblog_41e2153d.jpg
                 伊予テマリ




   moblog_2c691e27.jpg

 形がすごい可愛い!!

 星みたい 





   moblog_a049a034.jpg




   moblog_ef663a5f.jpg
                 深山黒姫




   moblog_6e8ded9d.jpg




   moblog_24da7733.jpg




   moblog_0502eb1d.jpg
                 ヒメアジサイ

 これ、可愛く撮れた!

 葉の間から青い紫陽花。





   moblog_46efadc0.jpg




 まだまだアップします  














     ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

     タイトル・「あじさいのうた」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

濃(こま)やかな雨の後に
   紫陽花日記



 パソコンが壊れていたので、ずっと載せることができずにいた

 今年の紫陽花たち・・・ 

 6月の中旬にたくさん写真を撮りました 

 こんな時期にブログに載せるのもなんだけど (笑)

 せっかく撮ってきた写真なので。

 うちから自転車で15~20分くらいのところに相模原北公園と

 いう大きな公園があります 




   moblog_5279d2d1.jpg

 さあ、紫陽花を見て回ろう~ 







   moblog_dbf2e7f4.jpg
                 紫の紫陽花


 まずは紫の紫陽花たちが出迎えてくれました。

 確か、前の日雨だったと思う 

 だから、しっとりとした艶が出ていていっそう美しく薫って

 ました。






   moblog_0e0aca66.jpg
                トシテルツエ




   moblog_5d5ae6ec.jpg



   moblog_63eaf441.jpg
                ピーチ姫

 
 可愛い名前 

 


   moblog_5863e3b5.jpg



   moblog_ebf945de.jpg
                三宅段咲き




   moblog_5b96df7d.jpg
                 ボーデンスイー




   moblog_5139f0d4.jpg
                 



   moblog_376ad56e.jpg
                 ザ・クリスマス




   moblog_6442b760.jpg

 この紫陽花、すごい可愛い! 




   moblog_223e876e.jpg





   moblog_c3fdfe9f.jpg

 紫陽花の道。物思いに更けながら、ゆったり歩くと楽しい。




   moblog_6de79a4b.jpg
                 フラウ・オチョウ
   



 まだ紫陽花ロードは続きます  














     ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

     「すけっちぶっく」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

心まで打つ響きの中で
   ハロウィンのプレゼント


 後輩からハロウィンのプレゼントをもらいました 



   moblog_2e4f52d4.jpg

 可愛い! 

 バッグは布でできてます。しばらく部屋に飾っておこう。





   moblog_41c59cfd.jpg

 中身はこんな感じ。

 白い袋に入っていたのは、ハンカチでした。

 大人の女なイメージの素敵なハンカチーフ。

 そして、小さなお菓子。





   moblog_24b3ca1a.jpg

 お菓子は可愛い熊さんのクッキー 

 いつも気を遣ってくれる後輩に感謝です 

 素敵なプレゼント、有り難う~! 













    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

     「恋は、ご多忙申し上げます」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

シーガーディアンで酔わされて
   マッコリ。


 韓国のお酒を飲んでみました 

 いつも気になっていた、あのマッコリのCM (笑)

 見たことありますか?

 何人かの女の子たちが、変な踊り(?)してるやつ・・・

 マッコリってどんな味なんだろう?

 



   moblog_7779399b.jpg

 基本的には少し甘めなんだね。

 日本でいうところの日本酒みたいなもんなのかな。

 まあ、度数は全然低いけど。

 ビールと同じくらいなんですねー 

 6Cか7Cくらいが普通みたい。

 日本酒よりは飲みやすいかも。

 つんとくるのが苦手な人なら飲めるかもしれませんよ。

 これは普通にスーパーでお試しに購入した草家のマッコリ。

 




   moblog_38d25f1d.jpg

 これは母が買ってきた生マッコリ。

 正直、スーパーで買ったものを飲んだ時は至って普通だな~

 と思ったんだけど、このマッコリ飲んでビックリ!!

 すごい美味しいんですけど!! 

 こっちはね~、上のと違って微炭酸。

 だから美味しく感じるのか?

 それとも生と謳っているからなのか?

 はたまた韓国から取り寄せているからなのか?

 理由は分からないけど、本当に美味しい。

 KA’DI BACCOというリカーショップでいつもお酒を購入する

 んですけど、これもそこで買ったもの 

 なんと、一人2本までしか買えないらしい。

 飲みやすいから人気もあるらしい。

 これは女性にはお勧めですね 

 日本酒より飲みやすくて、度数も低いからあとに残らないし。

 冷やして飲むと美味しいし、微炭酸だからビールのように

 グイグイ飲めちゃう 

 我が家では密かにブームになっております (笑) 














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「LOVE

     AFFAIR~秘密のデート~」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

まどろみの時
   ゆず茶はお気に入り♪



 ミウイ橋本の中にあるサンマルクカフェは割とよく利用

 します。少し時間が空いた時なんかは時間潰しに調度いい。


 よく注文するのが、ゆず茶 

 特にアイスゆず茶は大のお気に入りだったりします 





   moblog_b9a5593a.jpg

 こんな風に生のゆずが入ってます。蜜も入っているので

 結構甘いです。

 これをよくかき混ぜて飲みます。

 ちなみに一緒に買った、ブラックカカオ 

 ほんのり苦くて、おいしかったです 





   moblog_6df0b963.jpg
         こんな感じ。


 みなさんにもお気に入りのカフェやよく利用するカフェ

 はあるでしょうか? 














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

     「Misty Moming」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

涙隠して憂う
   万葉集を語ってみよう ⑤



 万葉集の世界へようこそ (笑)

 今日の歌を紹介。




  雲隠り行方を無みと わが恋ふるをや

     君が見まく欲(ほ)りする




            豊前国(とよくにのみちのくち)の娘子(をと

            め)の月の歌一首



 訳)) 雲に隠れて行方が分からないので、私が見たいと思っている月

     を、あなたが見たいとおっしゃるのですか。



 文法)) 無み~ないので。

      をや~格助詞「を」+係助詞「や」。~を・・・だろうか。

      見まく~上一段動詞「見る」の未然形+推量の助動詞「む」

      のク語法「まく」。見るであろうと思われること。見よう

      とすること。

      欲りす~のちに欲しがる。望む。

      る~助動詞。受身の意(だと思う)。~れる。~される。


 豊前国の娘子

   伝不詳。豊前国(今の福岡県西部から大分県北西部)出身の女性。

   遊行女婦(うかれめ)であったと推測される。万葉集に二首の歌を

   残している。苗字を大宅(おほやけ)という。






 じつはこの歌、返歌なのに誰から贈られた歌なのか分からないらしい。

 よって、詳しい意味は分からないのだそうだ。

 ここから先は想像力に任せるしかない (笑)

 娘子は浮かれ女だったというから、そんなに身分の高い人に返した歌

 ではないのかも知れない。

 ちなみに浮かれ女というのは、遊女のことだ。この当時の遊女が江戸

 時代などのようなものを指すのかどうかは分からないけど。きっと旅

 しながら身体を売っていたのか?

 ともかくそんな女の歌だから、天皇や皇子が相手ではないだろう。

 贈られた歌がどんな歌であったか分からないから、この返歌もどんな

 意味を呈してくるのか分からない。

 一見、心変わりをしてしまった相手を詰っているようにも見える。

 私は月を見たいのに見えない。けれどあなたは月を見ようとしている。

 この中での「月」は女性であり、もう私ではない違う女性を想ってい

 るのか、と嘆いているとしたらどうだろうか。「私」にとっての月は

 この場合「あなた」になる。

 あるいは、こんな身分の低い私だけれど、それでもあなたは私を欲して

 くれるのですか、という風にも見える。

 私の解釈はそうとうずれてるのかも知れない (笑)

 なにしろ知識も学力もないに等しいから、間違ってる可能性はある。

 でもこうして想像力を膨らませて、自分なりに解釈してみるのも楽しい

 じゃないか。分からないからこその愉しみ方というのもあるもの。

 私はこの歌から、どうしても悲恋じみた匂いを感じてしまう。

 みなさんはどう思われたでしょうか?
            












    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「LOVE AFFAIR

     ~秘密のデート~」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

あじさいみたいにオシャレになって
  にゃんことトート



 結構、母親と兼用してるもの多いです 

 カーデガンとかTシャツとか 

 一番多いのは、バッグかな 




   moblog_2d2cd1b1.jpg

 可愛いにゃんこの黄色いバッグ 

 これはお母さんのです。

 案外私よりもセンスがいいと思う (笑)

 可愛いので時々使用しています。

 大きいので、荷物が多い時は便利。

 ビニールだから雨の日も重宝してます 






   moblog_f91df046.jpg

 これは私が買った黒のトートバッグ 

 白い大きなお花がキュートな使いやすいバッグです 

 トートバッグは好き 

 持っているものと似たようなバッグを選んでしまいがちなので、

 なるべく色とか形とか大きさが異なるバッグを買うようには

 してるけど、なんだかんだで結構同じようなものを買ってしま

 うんだよね~・・・ 













   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

    「あじさいのうた」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

七色の未来
   SP



 役所広司さんの次に大好きな俳優の堤真一さん 

 テレビでも大人気だったSPがいよいよ映画になり

 ますね! すごい楽しみ 

 




   moblog_9b1e532c.jpg

 今年は野望編。

 ずいぶんと規模の大きい映画のようで、観る前から

 ワクワク 



 テレビでは、すごい気になる終わり方をしていただ

 けに続きが早く観たかった。

 どうやら堤さんは敵役のようだしね。この展開も面

 白い。まあ、いたるところに複線はあったけど。

 クールな堤さんを堪能できるのが嬉しい。しかも、

 来年も革命編があるし。





   moblog_93141ac3.jpg

 今年は秋からずっと、観たい映画が連なっていて

 嬉しいけど金銭的には困る (笑)

 映画館は高いから、安い日を利用しなきゃね~ 

 10月30日公開だから、あともう少しだ 

 そういえば、12月には実写版のヤマトにも堤さん

 がキムタクのお兄さん役で出ますね!

 観るものがたくさんだ~ 

 












  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「せつない

   胸に風が吹いてた」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

素敵な夢を叶えましょう 2
   「願いと祈り」





  暮らせば  暮らせど

  この道楽にならず

  日々に希望と夢を持てずに

  ただ徒(いたずら)に年を送る




  ふと鏡に映った自分に

  昔の楽しさを思い出し

  今の希求を感ずる




  生きているその意味を

  生かされているその意義を

  知れば知るほど

  苦悩は巡る




  自分への責任

  解ってはいるが

  容易に変えられぬ醜い心




  安住の地

  ただ目指すはその場所で

  眼に見えて近しと思えど

  遥か彼方にそれは在る




  自分のこの手で

  いつか大切な人たちを

  その楽園へと誘いたい




  願いと祈り

  この胸に




  巡り巡って

  幸福(しあわせ)と成り給ふ

  その瞬間まで




  たとえ今は苦でも

  いつかを夢見て

  今日もまた






 今もまだ裕福とはとうてい言えない暮らしだけれど、

 昔は今よりもっと苦しかったこともあった。

 それでも頑張ってこれたのは、ひとえに家族の団結が

 あったからこそ・・・。

 生活は苦しくても決して不幸せではない。

 むしろ、家族の仲が深く結ばれていることに誇りを

 感じる。けれども、なかなか豊かにならないのは辛い

 ことでもある。

 だからこそ、早く親を楽させてあげたい。なに不自由

 ない生活を過ごさせてあげたい。その気持ちは常にある。

 けれど、うまくいかない現実を目の当たりにするたび、

 時には挫折しそうになったり、諦めそうになったり、投げ

 やりになってしまったり・・・

 そんな自分を戒めながら、親の顔の皺をみやるたびに、

 やっぱり頑張らなきゃって思う。







  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「素敵な

   夢を叶えましょう」から拝借しています  ドル袋( ゚3゚)ノ(白-薄い背景用) †SbWebs†










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

暮れゆくひとときを彩る
   弁慶草




   moblog_add88232.jpg

 可愛らしい花だけど、名前は強そう (笑)

 職場の方が庭に咲いたのを持ってきました 

 今、綺麗に職場の休憩室で咲いています。




   moblog_0e4bcaf8.jpg

 小さな花が可愛い 

 なんで弁慶なんだろう・・・

 なにか、由来でもあるのかなぁ・・・

 殺風景な休憩室もしばらくは和やかな雰囲気に

 包まれそうです 














     ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「冷たい夏」

      から拝借しています   








        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

 
宴に舞うばかり
   Trick or Treat?


 一足お先にハロウィンのお菓子をもらいました 


 





   moblog_dca0f510.jpg

 ドリトスのハロウィンバージョン 

 コーンポタージュ味でございます。



   moblog_871d3e6c.jpg

 形も可愛い!
 
 ちゃんとかぼちゃや猫(?)の形してる  

 美味しかったですよ~ 

 普通のスーパーとかで売ってると思います。

 パーティーなんかにもいいかもね 

 




    Trick or Treat?  


   もっとお菓子を下さい (笑) 
 













     ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「マンピーのG★

      SPOT」から拝借しています   








        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

 
魔法に酔わされて
去年行ったコルテオ



 すっかり忘れていたコルテオの記事。

 去年の話だけど、せっかくなので載せようと思う。

 母がくじ引きでコルテオのチケットを当てた! 

 普段くじ運が悪いのに (笑)

 偶然ってすごいね~

 しかも結構いい席だった。SS席! 

 チケットは2枚。ということで、母と二人で観てきた。

 東京追加公演で、会場は原宿の新ビッグトップという所。

 初めて行ったけど、かなり大きな会場だった。




   moblog_df951f1e.jpg




   moblog_4ccb50f8.jpg

 こんな風に中にはお土産も買えたり、映画館のように軽食や

 飲み物も買える  

 


   moblog_8d5df746.jpg

 お洒落なスポーツカーが展示されてた 

 こんな車乗ってみたい 



   moblog_79b54deb.jpg

 コンセプトは、「夢と希望の世界」



   moblog_8881b905.jpg

 すっごい綺麗だった!! 

 昔、サーカスを観に行ったことがあるけど、その何倍も感動

 した。とにかく同じ人間だとは思えないようなショーの数々。

 演出も素晴らしくて、世界に誇るだけのことはあるなぁと感心。

 息次ぐ間もないほどの興奮と感動 

 巨大なシャンデリアに掴まって華麗に舞う美女たち。

 大きなベッドで無邪気に飛び跳ねる高度な技。

 小人さんが魅せてくれるロマンチックな絵本の世界。

 どれもどれも、すごくて楽しかった!

 特に、小人さんは本当に背が小さくて愛らしい。

 せいぜい5、6歳くらいの子の身長だろうか。

 まるでコントのような、楽しい劇が面白くて、最高だった。

 人形劇のように操られているかのような愛らしいショーで、

 しかも大きな風船に吊るされて客席まで飛んできてくれた

 ことが嬉しかった 

 しかも、偶然にも私の目の前にポワ~ンって!

 足をポンッと上に押してあげて下さいというアナウンスが

 あったから、さわっちゃった 

 劇団の人たちが舞台に上がる様も圧巻だった!

 なんと登場は、客席の後ろから! これには驚いた。

 しかもまるでパレードのような登場シーン。

 飛んだり、跳ねたり、手品しながらだったり、大道芸人の

 ようなパフォーマンスで会場を練り歩きながらステージへ

 と登ってゆく演出は、ショーが始まる前から一体感をもた

 らしてくれて、ボルテージが上がった 

 客に対するサービス精神が素晴らしいね。

 帰ってからも興奮でしばらく夢見心地だった 

 今こうして記事にしていると、あの時の興奮が甦ってくる

 ようで、もう一度観たい 

 会場も面白い作りになっていて、映画館のようではなくて、

 ステージが真ん中にあって、それを客席が丸く囲っている

 というもの。だから、四方八方からショーがよく見れる。

 ただでこんな素晴らしいショーを見ちゃってもいいのだろ

 か、と思ってしまったくらい素敵な時間を過ごせた。






             お土産のTシャツ  

   moblog_8e06d7d2.jpg


 柄は、巨大なシャングリラ。

 夏は寝間着代わりによく着てた (笑)

 











    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「夢に消えたジュリア」

     から拝借しています   








        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

 
仲間を裏切って
   わが友ヒットラー を読んで。


 また昔読んだ本の感想文を載せてみようと思います。

 


   「わが友ヒットラー」

          作者:三島由紀夫



  ぽとくん あらすじ ぽとくん

 独裁政権誕生前夜の運命的な数日間を再現し、狂気と権力

 構造を浮き彫りにした作品。戯曲。


  ペンギン 感想 ペンギン 

 この作品は、同じ戯曲でもある「サド侯爵夫人」と比較でき

 る作品である。サドが女性だけで構成されている劇だとすれ

 ば、こちらは逆に男性だけの劇でできている。また歴史的に

 いっても、どちらも名前が知れている程の人物を取り上げて

 いる。

 この作品もサドと同じようにとても素晴らしいものだと思う。

 私は、サドとこの作品を比べた時、こちらの方が怖いなと感

 じた。この話は題名からも分かる通り、「友」をメインとし

 ている。だから心温まる話を想像してしまう。しかし、この

 話はそんな生易しいものではなく、もっと複雑で寂しいもの

 となっている。あらためて友というもの、人間というものを

 考えさせられる内容である。

 登場している人物たちは、みな詩的である。それが全て男性

 と考えると、少し奇妙な感じがして、不気味にも思えるが、

 内容がダークで裏切りや本当の真実といったことをテーマに

 しているので、読んでいく内にそのおかしさが消えて怖くなっ

 てくる。ヒットラーを真の友と疑わず、昔の栄華を愛し、軍

 人として生きているレーム。その一途な一方的な友情をうっ

 とおしく感じ、ある時は嫌悪感を持つヒットラー。結局は、

 レームの信頼を裏切り、彼を殺してしまう。恐らく彼もレー

 ムのことが好きだったろう。嫌悪感を抱くとはいってもそれ

 は一瞬のこと。唯一の昔からの仲間であり、政治抜きで語り

 合えた友を殺さなければいけない境地に立たされてしまった

 ヒットラーは、とてもかわいそうだと思う。しかしまた、殺

 すことを命じたのが友ではないと信じて疑わずに死んでしまっ

 たレームも、ヒットラーに負けずとてもかわいそうだ。

 この事件によって、ヒットラーは苦しんだろう。死ぬ最後の

 瞬間まで決して自分を疑わなかったレームに対して、罪悪感

 を覚えたことだろう。これは、無論実話だが、ヒットラーは

 毎夜彼の夢を見てはうなされ、泣いたという。しかし、逆に

 いってしまえば、このレームがいなくなったおかげで重荷が

 取れたのも事実だろう。政治をやってゆく上で、どうしても

 邪魔な存在でしかなかった彼、そうして口に出す言葉といえ

 ば昔の自分と友。それらの口には出さないが「友情」という

 束縛からやっと解かれたヒットラーは、もしかしたらレーム

 が生きていた時よりもいなくなってからの方が良い顔になった

 かも知れない。

 この戯曲の素晴らしい点は、ヒットラーの心の表現の仕方である。

 実に繊細で政治家というよりはむしろ芸術家的な思考と行動を

 持ったヒットラーは、怖いというイメージはもちろんあるが、

 それよりも孤独・寂しさ・やり切れなさといったものが感じら

 れる。レームに対しては、どうしてもっと利巧な生き方ができ

 なかったのかと思う。もっと現実を見、巧く生きてゆくことが

 できたならば、このような事件は起きなかったろう。それがこ

 の男の儚さでもあり、純情さでもあるのだろう。

 いかにこの時代が狂い、人間味を失い、裏切りと恐怖と猜疑心

 の塊だけであったかがこの作品から伺われる。こんな時代に人

 を信じるという行為は果たして成りえないものなのだろうか。

 この作品は、その疑問も我々に投げかけているように感じる。

 まさに狂気と権力の構造を浮き彫りにしている内容だろう。

 これも「時代だった」というには、あまりにも悲しい。

 儚い事件を引き起こしてしまったのは、やはりレームの方で

 あろう。彼の純粋さが沈黙の束縛という凶器になって、ヒッ

 トラーを無意識の内に自分を裏切らせる、殺させる方向へと

 自らが導いてしまったのだろう。






 以前に「サド侯爵夫人」の感想を載せましたが、今日は同じ

 戯曲で、一冊としてまとまっているもう一方の戯曲について

 感想を載せてみました。

 これもそうとう昔の文章です。なので、いまいち意味不明な

 感が否めませんが、まあ、さらっと流し読みしてくれればと

 思います。

 三島の戯曲はなかなか面白いです。心情が見えそうで見えな

 いような、悲劇性があるけど、強い精神力を感じたり・・・。

 よかったら一度、読んでみて下さいな 本

 戯曲なんで、そんなに長くないですし。割と読みやすいと

 思います ホッと一息














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HONKY JILL~

    69(あいなめ)のブルース」から拝借しています   








        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
粋な文句にゃ首ったけ
   マック第一弾



 美味しそうなチラシが入ってきた。

 マクドナルド、「チーズフォンデュ」



   moblog_ac128c3d.jpg

 チーズ好きとしては、食べなきゃ!

 ということで、早速買ってみた 



   moblog_bfae6945.jpg

 でも、正直・・・微妙 

 一口目、濃いっっ!!! 

 めっちゃ、味が濃くてビックリした (笑)

 マックってこんなに味濃かったっけ??

 久し振りだからそう思ったのかな。

 学生の頃は学校帰りに友達とたまに食べたりしたけど、

 卒業してからはめったに行かなくなったし、買うこと

 もなくなった。

 チーズフォンデュと謳っている割にはあんまりチーズ

 感がしない・・・。 

 これなら普通にダブルチーズバーガーとかの方がいい

 かも。と、思ってしまう 

 期待していただけに、いささかガッカリ。

 なんか、今回のマックすごいね。このチーズフォンデュ

 が第一弾で、このあと第四段まで期間限定バーガーが

 登場するらしい。

 気が向いたら、次回もチャレンジしてみようかな。

 どうでもいいけど、なぜ関東と関西とでは呼び名が

 違うんだろうね 

 関東では「マック」が普通だけど、関西では「マクド」

 なんですよね?

 マックだけ? 他は同じなのかな。













 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さんの曲

  「東京ラブコール」から拝借しています   








        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
夢はいずこ
   新撰組④~土方 歳三を語りたい!


 随分とストップしてました 

 続きをアップします。

 ちなみに前回までアップしたものは、カテゴリーの

 「千代に新撰組」にしまってあります 






   武士になる夢

 歳三の二度の商家奉公がつとまらなかったのは、

 本気で商人になる気がなかったことが大きかった。

 といって、農業に従事する気もなおさらない。実は

 歳三には武士になるという大きな目標があったのだ。

 「われ壮年武人となって名を天下にあげん」という

 のが、少年の頃からの彼の口癖であった。

 武士になるといっても、当時の社会では、農民が

 武士になることなどほとんど不可能なことだった。

 それでも歳三は、夢が実現することを信じて、実家の

 庭で「矢竹(やだけ)」という竹の一種を栽培していた

 という。これは弓矢の矢を作るのに適した竹で、将来

 武士になれた時に、自家製の矢を作るつもりであった

 ためという。歳三の武士に対する憧れが、どれほど強い

 ものであったかを知ることができる話だ。

 だが、憧れているだけでは武士にはなれない。そこで

 歳三は剣術の修行を始めた。幸いに義兄の佐藤彦五郎

 (姉・のぶの亭主)の自宅には道場が設けられており、

 江戸市ヶ谷の近藤周助(近藤勇の養子先の義父)という

 剣客が、ときおり出稽古にやってきていた。流派は天然

 理心流(てんねんりしんりゅう)といい、形式を飾らない

 実戦的な剣術だった。この天然理心流に歳三は17歳で入門する。

 多摩郡(こおり)小野路村(おのじむら)の名主で、歳三と

 親しかった小島鹿之助(しかのすけ)が著した「両雄士伝」

 (りょうゆうしでん)には、「土方義豊(よしとよ)、通称は

 歳三(中略)、はじめ十七、邦武(くにたけ。周助のこと)の

 門に入り、いまだいくばくならずして技、大いに進む」と

 記されている。歳三にとっては、商家での奉公などよりも、

 剣術の方がよほど性に合っていたのだろう。





 歳三は少年だった頃から武士への憧れを持っていた。

 姉が佐藤彦五郎に嫁いだ縁で、道場に入門したわけだけど、

 時期的に少し遅いような気がする。もっとも家族の意向で

 商家に奉公に出されていたわけだから仕方ないけれど。

 でも剣を習うにはいささか遅いだろう 刀

 でも、執念だね。ここまでいくと。強い精神力、願う気持ち

 が強かったのだろう。

 ここでは名前は出ていないけれど、盟友・近藤勇とは入門

 した際に出会った。歳三が17歳。勇が18歳。

 歳三が植えたといわれる矢竹はちゃんと存在している。

 土方歳三資料館に植えられている toshi

 ではまた次回 













 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「Dear Boys」から

拝借しています 








        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
姿なき声が聴こえる
   鎌倉遠足


 高校二年生だった時、学校の遠足で鎌倉に行きました。

 鎌倉は大好き。

 何度も行ったことがあったので、多少の知識はある、

 ということで嬉しかった ♪

 季節は五月。まだ紫陽花の時期には早いけど、鎌倉は

 花の名所でもあるので他の花を観賞したなぁ 絵文字名を入力してください

 ただ残念なことに、小雨がパラつく生憎の空模様だった。

 それ以外は楽しかったし、色んなお寺に行けたし、美

 味しいものも食べれて、お土産も買えたし、満足な遠

 足だったんだけど・・・。

 場所は念のため伏せますが、とあるトンネルに入った

 瞬間に、気分が悪くなり、進むにつれて悪寒と、小さ

 な女の子(だと思う・・・)の悲鳴というか、叫び

 (泣き声)が響いてきて アップロードファイル

 私は元々、霊感が強い方でしてトンネルに入る直前

 イヤな予感はしたんだけど、どうしてもそこを通ら

 ないと目的地に行けないので、いやいやながらに入

 りました。

 何かそういうことが起こっても自分自身で清められ

 るならいいのですが、実はそれってかなりのパワーと

 いうか、精神的にも強くないと厳しいのです。妙な

 ことを言い出したぞ・・・と、引かれてしまうかも

 しれませんが (汗)アップロードファイル

 霊感がそれなりにある方なら理解してもらえるとは

 思います。

 逆に霊感が強い分、感じすぎてしまって辛い時が多々

 あります。たいていそれは、体に異変をもたらすんです。

 たとえば頭痛がしたり、急に肩が重く感じたり、鳥肌

 立ったり。人によって感じる場所は異なるでしょうが、

 特に私の場合は頭痛 

 この時も激しい頭痛にあい、先生に具合が悪いので帰り

 ますと言おうと本気で思いました ムリ。

 結局はたまたまこまっぴ(担任のあだ名)が頭痛薬を持っ

 ていたので頂いたんですが。

 とはいえ、痛みはやっぱり消えず、家に帰った後、お父

 さんにお経をあげてもらいました。

 こういう時、本当に父はすごいなぁと思わずにはいられ

 ない。普段はだめな父親だけど (笑)

 僧侶としての力は絶大です。時々怖くなるぐらいに・・・。

 で、その後しばらくで元に戻りました。

 心が弱いと、というか心の楯といった方がいいか?

 隙があって、たとえ同じ痛みを感じるにしても心までも

 同化してしまう恐れがあって、高校生くらいまでは本当

 にいやでした jumee☆Feel Depressed4

 いわゆるシンクロしてしまう、といったら分かりやすい

 かなぁ。

 私はきっと精神が弱いのだろう。つまりこの時の例で言

 うなら、私はこの時なんで少女の泣き叫ぶ声が聞こえて

 しまったのか、何故そこから聞こえてきたのか、それが

 瞬時に分かったからです。

 多分、私の勘に間違いなければきっとそこは、昔防空壕

 ではなかったか、と思う。あの地区じゃそれらしきものが

 まだ点在していてもおかしくないだろうし、名利な場所柄

 撤去も難しく放置されたままのものもあるだろう。まして

 やトンネル・・・ jumee☆boom1Lb

 で、瞬時にああ、これは防空壕だと感じてしまった私は、

 一気にその少女に心を寄せてしまったのだろうと思う。

 父が言うには、何故霊が見えるのかという答えには二つ

 あるのだそうだ。

 一つは逝れていくため。文字通り、悪霊という類だ。

 そして二つ目は、助けて欲しいから。

 その霊と波長が合ってしまうと、そういうことに遭遇

 してしまう。更に、それなりに修行を積んだ能力の高い

 僧侶や霊能者は徳を積んでいる分、助けを求められてし

 まうということも多々ある。私は別に特別なことはもち

 ろん何もしていないけれど、やっぱり小さい頃からお遍

 路してたり、毎月お不動様の日(不動会)には信者さん

 たちと同じようにお経をあげるし、自分でも知らない間

 に守られていたりするのだと思う。加えて、父は能力の

 高い僧侶だし。

 だから、つまり逝れて帰ってしまったのだろうと思う。

 これはもう宿命だ。どうしようもない。

 ただ時々不安に思うのは、父が死んだらどうなるのだろ

 うということ。もしかしたら、もうついてはきたりしな

 くなるのかも知れない。見えなくもなるかな?

 もしくは感じなくなるかな?

 まあ、それはまた別問題だろうけど。

 何年か経って、同じトンネルに入ったけど、その時は

 もう感じることはなかった。私自身も多少なりとも制御

 できるような強い精神力が備わったのもあると思う。

 そういえば、最近は平和だな (笑)













  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田さんと

   奥田民夫さんのコラボ曲「光の世界」から拝借しています 





        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
今夜もひとりで膝をかかえて 2
   「桜桃」




  親よりも私

  友人よりも私

  愛する人よりも私

  弟よりも私




  そう呟きながら

  大皿に盛った赤い実を

  顰(しか)めっ面に口へ運ぶ




  同じ言葉を繰り返しながら




  己に正直に生きること

  簡単で一番難しい




  赤い実の酸っぱさに

  より一層皺を寄せて

  ただ呪文のように呟く




  親よりも私





 
 太宰治の「桜桃」をもじった詩です。

 自分勝手なことを言ってるようですが、つまりは

 あまりにも他人や周りのことや家族のことを考え

 すぎて、自分のことをないがしろにすることがあっ

 たりするので、たまには自分のことを第一に考え

 たっていいんだ・・・と思った時に考えたものです。

 きっと、太宰も我儘な自分と、そういではない自分

 の狭間で、ゆれながらそんなことを思ったりしたの

 では・・・と思います。

 そうして、結局は自分よりも他人を第一に考えてしま

 うのでしょうね。

 私もやっぱり自分よりも親のことを真っ先に考えて

 しまいますから。。。

 









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「今宵

    あなたに」の歌詞の一節から拝借しています エアコン

すべての鼓動が融け合う
   北海道物産展



 いま、アリオ橋本店では北海道フェアを開催中。

 先日、知人にケーキを頂きました 

 北海道のろまん亭のチョコモンブラン 

 結構有名ですよね!

 



   moblog_56c8bf04.jpg

 チョコが濃厚! 




   moblog_7c6fca01.jpg


 とっても美味しいです。

 モンブランといっても、中に栗が入ってるわけじゃないけど  

 チョコづくめで、ほんの少しほろ苦さもあるから大人のモン

 ブランという感じ 





   moblog_8e65f4c6.jpg


 北海道って、本当美味しいもの沢山だよね! 

 北海道の人が羨ましい。













  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「素敵な未来を

   見て欲しい」から拝借しています  





        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
希望に胸が鳴る
   堺雅人さん


 結構、堺さん好き 

 12月4日公開の映画「武士の家計簿」、これ観たいなぁ。

 一風変わった武士の物語。

 剣で家計を支えるのではなく、そろばんで家族を養っていく侍の話。






   moblog_869ac21f.jpg




   moblog_19303443.jpg

 きっとほんわかした映画なのだろうなぁ。

 共演は、堺さんの妻役に仲間由紀恵、他には中村雅俊、西村雅彦、

 松坂慶子など。

 やばい。

 12月は観たい映画が目白押しで困る 

 役所さんの「最後の忠臣蔵」に、堤さんの「SP」と「ヤマト」。

 全部、観にいけるかな~ 

 それに、欲をいえば椎名桔平さんが主演してる「私と恋に落

 ちてください」も観たいし、阿部寛さんの「死刑台のエレベー

 ター」も観たいし・・・。

 あと、「蛮幽鬼(ばんゆうき)」!

 これはゲキ×シネの演劇だけど、どうやら映像としても公開

 してるらしい。






   moblog_846c0456.jpg

 右側の大きく映っている刀を持った、髪の長い男が堺さん。

 もう一人、刀を持った左側の男が主演の上川隆也さん。

 中央の女性が稲森いずみさんで、その下に写っている男が

 早乙女太一さん。

 本当は劇で観たかったけど、行けなかったのでDVDになれ

 ばいいなと思っていただけに、映像として劇場で観れると

 知ったので、是非とも観に行きたい。

 内容は、デュマの岩窟王の日本バージョンといったところ

 だろうか。それも時代劇版の。

 無実の罪で幽閉された男が復讐する物語。





   moblog_a9f03f9d.jpg

 堺さんには珍しく、味方なのか敵なのか微妙な役。

 主人公を手助けする謎の男を演じている。

 面白そう 
 












 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「JOURNEY」

  から拝借しています  





        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
目に浮かぶ思い出はSlow
   ランプとりんちゃん




 いまだ、行方不明のりんちゃん・・・ 

 今日は想い出写真を載せようと思います。






   moblog_91c35536.jpg

 この写真はすっごいお気に入り。

 めっちゃ、可愛く撮れたと思う! 




   moblog_b86c4ad7.jpg

 どこ見てるの?




   moblog_3bd13dfe.jpg

 どんな所にいても、主役はりんちゃん 




   moblog_b51689d7.jpg





   moblog_fb95d10a.jpg

 何かを企んでいる顔だな (笑)

 しかも、よからぬ事を! 













 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「BLUE  HEAVEN」

  から拝借しています  





        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。