月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とろけそうな蜜の味 2
   どのお菓子から食べる?



 職場でお菓子を頂きました 




   moblog_caf5ec7f.jpg

 このピリ辛味のイカフライ・・・ 

 クセになる (笑)

 ピリッと辛くて、ついビールが欲しくなる 

 ゴルゴンゾーラチーズサンドは普通に美味しい。

 結構厚めだった。これは無印商品ですね(袋で分かる)。

 ちょっと食べたい時とかはちょうどいい量だよね。

 だけど、みんなで食べるには向かない。

 少ないから (笑)







   moblog_062d6a0e.jpg

 これも無印商品。

 キャラメルモカはね。大人な味 (笑) 

 オレンジサンドバウムもなかなかいける! 

 無印のこういったお菓子は案外ボリュームがあって食べ応え

 あるよね~。結構お腹いっぱいになる。








   moblog_a8a66b94.jpg

 これは自分で買いました。

 職場に持って行って、みんなでお茶しながら 

 リンドール・ミルクシングルス(リンツ)とコートドール

 ミニョネッツ 

 どちらもカルディコーヒーファームで購入したチョコレート。

 輸入品がほとんど揃うこの店はよくぶらつきます。

 チョコレートも少し高めなんだよね~

 まあ、その分グラム数多いし、味も美味しいから仕方ないね。

 リンツのチョコ(赤い箱の方)は、まろやか~ 

 濃厚な甘みが口に広がります。

 コートドールは品のある甘さが特徴。

 やっぱりベルギーのチョコは美味しいね! 

 チョコはなんといってもビター派な冬灯にとってはこの苦さ

 がたまらない。

 疲れてる時にはチョコレート 














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「踊ろよベイ

   ビー1962」から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 






 

 
スポンサーサイト
口ずさむメロディ
   月夜のユニコーン



 買い物しました 

 



   moblog_014c8807.jpg

 腕時計が欲しくて、いいのがないかなぁ~と探して

 いたら、素敵な時計をゲット!




   moblog_529f9257.jpg

 アップだとこんな感じ。

 月夜のユニコーン  

 すっごい、可愛い!! 

 即、買い決定。

 他にもお洒落な時計がいっぱいあって、ちょっと

 迷ったけど、この時計にしました。

 秒針が小さいからちょっと見ずらいけどね (笑)

 他にもお買いものを 





   moblog_a5a8b934.jpg

 こういうノートってすぐ使うつもりがなくても

 つい買ってしまう (笑) 





   moblog_9d9f1601.jpg

 中はこんな感じで真っ黒。

 カラーのペンとかで書いたら、キラキラして可

 愛いだろうなぁ 

 


   moblog_72a6a8e6.jpg

 ちなみに裏はこんな感じ 








   moblog_4924128b.jpg

 可愛い!! 

 薄紫の小さなバッグ 

 猫ちゃんです 

 こういうバッグもいくつか持ってるのに、やっ

 ぱり買ってしまう・・・。




   moblog_fcff7cbc.jpg

 後ろも可愛い 









   moblog_af7842c3.jpg

 紫のさくらんぼ柄の折り畳み傘  

 職場に置いておこうと思って。

 


   moblog_49c3fe92.jpg

 広げるとこんな感じ 









   moblog_0871abf5.jpg

 これはストラップ。

 ピンクのうさぎ餅ちゃんは、携帯に  

 パンダちゃんは、家の鍵に  

 なんかよく分からないけど、緑の人形には自転

 車の鍵を付けることに決定 








   moblog_08fb7d74.jpg

 これは鏡 



   moblog_53d2cc7e.jpg

 ピンクのキラキラな鏡 

 職場用に大きな鏡を置いておきたくて、探して

 たら可愛いのを見つけた 

 うーん。いっぱい買ってしまったな。

 本当は来年のスケジュール帳も欲しかったのだ

 けど、いまいちコレ!って思えるものが見つか

 らなかった。まあ、まだ間はあるし。

 ゆっくり探してみようと思う。

 他にもまだ欲しいものとかあるけど、父や友人

 への誕生日プレゼントで大きな買い物をしてし

 まったので、今月は止めよう (笑)

 来月もクリスマスあるし、両親や友人たちへの

 プレゼント、どうしようかなぁ 

 












  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「風の詩を聴かせて」から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 






 
 
物憂げな夜
   邪魔っこりんちゃん





   moblog_dc612707.jpg

 洗濯物の上を占拠しています 





   moblog_f8c576a7.jpg

 どく気はない模様・・・ 








   moblog_b562d82d.jpg

 ヤバイ・・・

 落ち着いてるよ、コレ。

 毛だらけタオルになってしまう (笑) 

 でも、可愛いからどかせられない・・・

 ダメな飼い主・冬灯でした (笑)




  ※我が家のニャンコ姫はいまだ帰らず・・・ 














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「SAUDADE

   ~真冬の蜃気楼」から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 






 
民を見捨てた戦争の果てに 2
   「声」




  あなたには

  聴こえませんか?

  この哀しみの調べが

  心に届きませんか?




  またやってきたのです

  人々を苦しめるだけで

  何の得をも生まない

  あの闇が




  人間は何を喪えば

  悪に気付くのだろう




  たとえ最愛の人を

  喪っても気付かないのは

  どうして?




  我に返って

  嘆き哀しんでも

  刻(とき)の流れで

  その感情(こころ)さえも

  薄れてゆく




  輪廻は巡る・・・




  解決法のない

  暗闇の世界

  哀しい人間の性(さが)は

  まわりの暗さに馴染んで

  脱出しようとはしない




  私には聴こえる

  あの哀しみの声が




  天使のゴスペル

  神の嘆き

  仏の憂い




  たとえこの闇が消えても

  またすぐに

  新しい闇が降りてくる




  いつの世も同じ




  人間はまた

  手に武器を持って

  戦うのだろう




  何に向かって?




  理由はいつでも

  こじつけでしかない




  餓えのため  自由のため

  世のため  民のため

  宗教のため




  本当はただの暗闇に

  突っ走っているだけなのに




  私にはあの哀しみの

  音色しか聴こえない




  苦しそうに喘ぐ

  果てしなく淀んだ

  哀しい声




  人間が本当の

  「あるべき姿」を

  見出せる日は

  いつなのだろう






 平和を祈って。

 どんなに悲しみの世の中になろうとも、魂を詩っていきたい。

 それぐらいしか、自分を表現していく術がないから。

 無力だ。実に私は無力の塊だ。

 それでも生きているということに変わりはない。

 なら、命が尽きるまで、叫び続けていこうじゃないか。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「平和の

   琉歌」の歌詞の一節から拝借しています  釣り










  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 






 
傑作物語
   マック第三弾&第四弾



 食べました。

 第三弾の「ディアボロ」 



   moblog_443b3788.jpg

 チラシ効果って、すごいね!!

 見てると、本当美味しそうに見える 







   moblog_398b2199.jpg

 赤い箱。





   moblog_99f58147.jpg

 実物はこんな感じ。

 さてさて、お味の方は・・・






 うん。

 前の2つよりは美味しいかも。

 あくまでも私の独断ですよ~?

 でもね、お肉が水ぽかった。

 それさえなければ、辛くて私好みなんだけどね。

 あ。でも、やっぱり味は濃すぎ・・・

 どこの店でも同じ味なのかなぁ。

 それとも多少は違うのだろうか。

 だとしたら、他の店で買ってみようかなぁ~今度は。










   moblog_c17f6ab4.jpg

 続きまして、第四弾のカルボナーラ 




   moblog_46782550.jpg

 今度は黄色い箱。





   moblog_082d0101.jpg

 この4つの中で一番美味しかった!

 カルボナーラ自体が好き。

 ハンバーガーと合うね、この味 

 これだったら、もう一度食べたいって思う。

 でも、そろそろ終わりかなぁ~?

 また、なにか期間限定ものが登場したら買ってみようかな 














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲タイトル

    「おいしいね~傑作物語」から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 






 
闇に彷徨う運命(さだめ)
   革命ってなんだろう・・・



 映画「SP」観て来ました 

 



   moblog_8a55da9a.jpg

 このパンフの顔、あんまり好きじゃないんだけど。

 二部構成の一部「野望編」

 面白かったです。

 やっぱり金城一紀さんの脚本は面白いですね! 

 話の構成も複雑でミステリアスで、迫力あって、心理描写

 もしっかりしてるし、なにしろこのSPの最大の見せ場は

 アクション! 

 かなり大迫力です。日本映画で、ここまでちゃんとして

 いるアクションも珍しい。ジャッキー・チェンみたいに

 岡田くんがカッコイイです (笑)

 まるでアメリカ映画のようで、ワクワクした 

 今回は野望編。

 今までテレビシリーズの中で、微かに見え隠れしていた

 堤さん演じる尾形さんの過去の断片が多少明らかになって
 
 きました。なぜ彼があんなにも陰のある男なのか・・・

 彼にも辛い過去があったわけです。それはここでは伏せて

 おきましょう。

 でも、それを踏まえて彼のしたいこと、理想、考えている

 ことがすべて過去からの脱却と野望に燃えていることが分

 かってきます。

 ある意味、岡田くん演じる井上と同じ立場、似たような心情

 でありながら、少しの差で真逆の道を選択する二人の心 

 似ている二人だからこそ、分かち合うことのできぬ悲しいさ

 だめ。いや、この場合、それを感じているのは井上の過去を

 知った上で自分の過去と照らし合わせてしまっている尾形の

 方だけなのかも知れないけど。

 それゆえに、哀しい運命を選択していってしまうのだろうと

 思われる尾形の姿がなんとも痛々しい 

 正義を間違った方向に向けてしまうと、こんなにも悲しいも

 のなんだ、と思ってしまう。誰も彼の間違った正義を止める

 ことはできないのか。井上しかそれはできないのだろうけど、

 なんだかこのままいくと、尾形の運命は自ずと手にとるように

 分かってしまうのが辛い。

 きっと、彼を救えるものは死しかないのではいか・・・

 改革編で明らかになるのだろうけど、見る前から切ない。

 今回、新たに悪役として登場したのは香川照之さん。彼の演技

 も好きなので、久しぶりに彼の悪役っぷりを堪能してきました。

 堤さんは悪役というよりも、哀しい男といった感じ。

 決して彼の過去を無視できないし、人生を否定もできない。そ

 れ故に間違った正義を正しいと思いこみ、突き進んでしまう悲

 しい性格を真っ向から叩き切ることもできない。

 けれど、間違っていることは確かで。

 そこが井上との差なわけだけど。二人の相反するその心の動き

 が切なさに加速をかける。

 アクションも見どころのひとつだけど、そんな尾形と井上の人生

 の歩み方を見るのも楽しみのひとつかと。

 第二部は来年の3月。

 待ち遠しいなぁ~。







   moblog_b4e1ef54.jpg






   moblog_26bae035.jpg







 


   moblog_818ca52d.jpg

 あ。ちなみにこれは映画とはまったく関係がないけど (笑)

 たまたま電気屋さん行ったらチラシがあったからもらっちゃった 

 あの、コマーシャルもシュールで面白いですよね (笑)














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「TSUNAMI」

   の歌詞の一節から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




誕生日の夜
   59回目の誕生日



 先日、父の誕生日でした 

 五十代ラストの誕生日。

 来年は還暦です!

 ささやかながら、家族で誕生日を祝いました 






   moblog_185deacd.jpg

 寒い夜だったので、チゲ鍋! 

 




   moblog_17e4d97d.jpg

 最後はおじやにして。

 身体が温まります。

 






   moblog_6b22c167.jpg

 ヴィタメールのケーキ! 

 ここのケーキは母がすごく好きで、よく買います。

 シックで、あっさりした甘さが特徴。





   moblog_341f6424.jpg

 チョコレートケーキとモンブラン  





   moblog_01c97206.jpg

 可愛いショートケーキ 

 丸くて、面白い形です。








   moblog_29afdee7.jpg

 私からのプレゼント 

 今年は悩んだ末に、黒糖焼酎にしました。

 「里の曙」

 黒いボトルもカッコイイですね。

 度数は45度。かな~り高いです。

 さすがに父も少し飲んだだけで、顔が真っ赤 (笑) 

 となりのグラスは、私の後輩ちゃん夫婦から。

 なんて、タイムリーなプレゼントなんだろう! 

 私が焼酎で、後輩からはグラス。









   moblog_1a05a103.jpg

 これは、ボジョレーヌーボー3点セット 

 信者さんから届いたプレゼントです 

 左~ヴィニュロン・デ・テール・セクレットの

 マコン・ヴィラージュ ヌーボー。

 真ん中~カーヴ ド ベレール ベルエアリシーム

 右~ドメーヌ・リュエ ボージョレー ロゼ ヌーボー。

 どれもフランス製 

 すごく飲みやすかったです。

 お父さん、いつまでも若々しく健康でいてね 
 













    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子

         さんの曲タイトル「誕生日の夜」から

                拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




現在(いま)は想い出に残るひととき
   シシリーの風



 去年の話なんですが。

 相模原にある「シシリーの風」というパスタ屋さんに食事に

 連れていってもらいました 

 知らなかったけど、馬車道系列のお店なんだね~

 馬車道はチェーン店のファミリーレストラン(?)です。

 シシリーは、モダンパスタの店で、なんとピザ食べ放題!

 しかも時間制限ナシ。

 だから13時過ぎに行ったのに、店内はかなり混んでました。

 まあ、食べ放題といっても、ピザだけを注文できるわけでは

 なく、パスタのセットを頼むとついてくるというシステム。





   moblog_d76f800e.jpg

 この時食べたパスタは、キーマカレー卵黄のせパスタ 

 味は普通です (笑)

 まあ、ファミレスですから~




   moblog_4c8c9e5c.jpg

 ピザはこんな感じ 

 店員さんが各テーブルにピザを持って回っています。

 生地は薄いから案外食べれちゃう。

 けど、その前にパスタ食べてるからあんまり食べれない。

 一緒に行ったおばさんはものすごく食べてたけど (笑)

 大食いでも痩せてる人は羨ましい・・・

 私は2枚ぐらい食べました。

 ピザの味も、まあ普通かな。





   moblog_7aa8a00c.jpg

 木の実とメープルのパンケーキ 

 甘いものは別腹ですから! (笑)





   moblog_bc4ca949.jpg

 こちらはおばさんが注文した、チョコケーキ 

 アイスクリームも乗っていて、美味しそう 

 さすがに女性客が多い。

 近所の主婦層や会社の社員ぽい人がほとんどのようだった。

 難をいえば、駅から遠いことかな。

 相模原の駅からだと、多分自転車で15分くらいだろうか 

 もしかしたらもっと近い駅があるのかも。

 時間制限がないから、まったりのんびりするにはいい所かもね 














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「あなた

    だけを」の歌詞の一節から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




心まで沁む艶姿見つめて
   銀杏並木の秋模様 ~続き



 まだまだ写真を撮ってきたので、せっかくだから

 載せたいと思います。






   moblog_dfa485bd.jpg

 銀杏の葉が降ってきそう。






   moblog_02848d6e.jpg

 黄金に輝く絨毯のように敷き詰められた銀杏。

 その美しさに、思わず声を失ってしまう。

 カサカサと音を立てるその音に、秋を感じる瞬間。







   moblog_945c9d57.jpg






   moblog_747c3493.jpg







   moblog_30f1c9bc.jpg

 散策している人々は、ふと足を止めて、魅入っている様子。

 もちろん私も歩む足は止まりがちで。

 時々立ち止まってはこうして、写真をパチリ、パチリ 

 銀杏の独特な匂いはあるものの (笑) 

 やっぱりこの風情は素晴らしい。







   moblog_5f043737.jpg







   moblog_9621f6b5.jpg






   moblog_06d3d427.jpg

 公園内には、こんな可愛らしい電車も走ってます 

 なにしろ大きいから。

 お年寄りや家族連れの人たちで賑わっていました。






   moblog_2374399d.jpg

 青い電車も 








   moblog_50e95006.jpg







   moblog_e1d0ad8f.jpg

 光が当たってキラキラ 

 本当に黄金に輝いているよう。





   moblog_e09c5b13.jpg






   moblog_f3c94c8e.jpg







   moblog_da51db9a.jpg






   moblog_a7802de6.jpg







   moblog_da51db9a.jpg





   moblog_d5c73f24.jpg

 ここから先はこどもの森 






   moblog_6a571941.jpg





   moblog_fd74b1a2.jpg







   moblog_03eb3745.jpg






   moblog_105ad522.jpg






   moblog_d949d07c.jpg








    moblog_714f66a2.jpg






   moblog_89e8a784.jpg






   moblog_4a8e1eda.jpg

 ナチュラル・ガーデン。





   moblog_c344d977.jpg

 可愛い肉まん、発見!! 

 パンダまん。可愛い~!!! 

 買えばよかったかも。ちょっと後悔 (笑)

 というわけで、長くなってしまいましたが以上で写真は

 全部です。

 心身ともに充実した休日となりました 














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「恋のジャッ

   ク・ナイフ」の歌詞の一節から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




紅葉染まりて
   秋晴れの休日散歩 ~続き


 よかったら写真で秋を満喫して下さい 

 続きの写真たちです。






   moblog_3d499477.jpg

 公園の中ほどを行くとある、水鳥の池 






   moblog_8cef4b66.jpg

 池を挟んで向こう側も紅葉してますね~ 







   moblog_959ab3c4.jpg







   moblog_fd363a41.jpg

 分かりづらいかも知れませんが、この池ではボートに

 乗ることもできます。

 休日だから親子連れが多く、家族でボートに乗ってい

 る人が多かった。






   moblog_92778118.jpg







   moblog_b9380f59.jpg






   moblog_12250242.jpg






   moblog_dd31e347.jpg






   moblog_d796cc94.jpg





   moblog_d92d26be.jpg

 銀杏の大きな葉 






   moblog_5b4a1796.jpg

 赤と黄色と緑のコントラストが綺麗。






   moblog_c8bef472.jpg






   moblog_e01959c1.jpg






   moblog_d6d510c2.jpg






   moblog_7e9ad6d0.jpg







   moblog_79c0cfbe.jpg






   moblog_55ba1383.jpg

 カナール。

 銀杏並木の道 

 ここの通りが一番の見どころでもあり、撮影スポット 





   moblog_69d98731.jpg





   moblog_0401ac58.jpg






   moblog_218e0470.jpg

 続きます。














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子

     さんの曲「京都物語」の歌詞の一節から拝借

                 しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




枯葉色の街
   黄金の世界 ~続き



 どんどんアップしていきます。





   moblog_e6153d99.jpg

 やっぱり日曜日だから人も多い。






   moblog_b9fc5acb.jpg







   moblog_7d8d150d.jpg

 間近で見ると綺麗! 





   moblog_82aad8fb.jpg

 ギリギリな雰囲気の銀杏並木 

 黄金のトンネル。







   moblog_64e5c35d.jpg

 地面も銀杏だらけ。






   moblog_81446b9b.jpg







   moblog_375f223f.jpg







   moblog_681097e1.jpg






   moblog_01f3928c.jpg






   moblog_519b9f17.jpg






   moblog_e6c51951.jpg




   moblog_491b25de.jpg






   moblog_7071d4c7.jpg

 赤く色づいてる葉もありました 

 




   moblog_537551e1.jpg







   moblog_03c65927.jpg

 赤い色も綺麗だけど、私はどちらかといえば銀杏の方が

 好き。黄金色に輝いてみえて、眩しいくらいに華やかだし。






   moblog_0a776675.jpg

 大きな噴水もあります。

 水飛沫が気持ちいい。







   moblog_6f5754d0.jpg

 空が青いと、噴水の水もキラキラ輝いて見えますよね。

 長くなりましたので、一度切ります。














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さん

   の曲「誕生日の夜」の歌詞の一節から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




いちょう並木のセレナーデ
   黄金に輝く秋



 今日はあいにくの雨模様 

 気温もぐっと下がって、朝から寒いですね。

 やっぱり、昨日行っておいて正解だった!

 実は、立川にある国営昭和記念公園に行ってきました。

 23日まで紅葉まつりを開催しています 

 秋といえば、紅葉。今年は行けるか、不安でしたが、

 なんとか時間がとれそうだったので、フラフラと公園に。

 途中から有料になる大きな公園。

 ディズニーランドくらい規模があるんじゃないでしょうか。

 もしくはもう少し大きい?

 とにかく、半日居ても充分に楽しめる場所です。

 大きいから休憩できる場所もいくつかあって、売店もあるし、

 遠くから来ている人も多いようです。

 電車のみの時間だと30分もかからないので楽 

 たっぷり3時間ほど散策して来ました 

 いや~疲れた (笑)

 でも、リフレッシュできました。秋晴れの暖かい一日だった

 のでほどよく汗ばんで、運動にもなった感じ。

 日ごろ運動不足だったからちょうどよかった。

 それにしても、紅葉 

 ちょっとギリギリ・・・といった様子でした 

 もし、一度でも雨が降っていたらもっと散っていただろう。

 週末が天気が良くて、本当によかった 

 今日はこんな天気だから、明日はずいぶんと散ってしまっ

 ていることだろう。

 では、例によって沢山写真を撮ってきたので載せようと思

 います。よかったら、一緒に楽しんで下さい 








   moblog_fe232130.jpg

 公園に着くと、有料スペースまでは少し道があります。





   moblog_65f28871.jpg

 見えてきました 






   moblog_411bd7a0.jpg

 橋の上から国道沿いの銀杏の木々たちを。







   moblog_7ee9db63.jpg

 立川口ゲート。

 ここから先が有料地区です。400円。







   moblog_96d73fbd.jpg

 少しボリュームが欠けてるね~やっぱり。

 でも綺麗 







   moblog_ce63b108.jpg

 水色の澄んだ空に黄色が映えますね!






   moblog_b46568db.jpg






   moblog_928aa254.jpg







   moblog_dc1a7b81.jpg

 水に反射している銀杏というのも美しいですね~






   moblog_93449422.jpg

 少し枯木になってるけど、壮観ですね。






   moblog_137dcd23.jpg




 長くなってしまうので、一度終わります。














   

   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さん

     の曲タイトル名「いちょう並木のセレナーデ」」

     から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




血塗る心理ゾーン
   歴史はミステリー ~検証ファイル・中世の魔女狩り ①


 
 魔女狩りって有名ですよね 魔女っ子

 罪もない普通の女でも何かしらの罪状を重ねられ

 火あぶりになったり、今でいうところの薬剤師のよ

 うな職業の女性、または占い師なんかが悪魔の手

 先といわれ裁判にかけられて殺されたり・・・ ばい菌

 私の中のイメージではこんな感じです。

 もう少し詳しく知りたいと思い、文献や書物などを紐

 解きながら、通説と検証をしてみたいと思います!




 魔女の概念は古代からあったそうです。旧約聖書「エ

 ジプト記」には、「呪術を使う女は生かしておいてはな

 らない」という記述が見られる。教会は魔女の存在を

 否定してきたが、中世になると魔女の持つ力が悪魔

 から与えられているという考え方が強まり、それがや

 がて教会が異端者に対して行った「異教裁判」と結び

 ついて、魔女狩りの起源となったといわれる。

 12世紀以降、異端とされたカタリ派が一勢力になりつ

 つあったという。そこで、1198年に即位した教皇インノ

 ケンティウス3世は十字軍を組織し、同派の壊滅を命

 じた。さらに1233年には教皇グレゴリウス9世が「異端

 審問官」を制度化し、異端の疑いのある人間を裁判に

 かけ、必要な場合には軍事力を行使するも可能だった。

 そして1318年、悪名高い教皇ヨハネス22世は異端者

 と魔女とを同一視し、すべての宗派の異端審問官に対

 して、「いつでもどこでも裁判を行い、判決する権利を与

 える」と言明する。この政策が、後に起こる魔女狩りとい

 う狂気を正当化してしまう。

 

  チェリンボ 通説 チェリンボ

 「暗黒時代」とも形容される時代ゆえに、魔女狩りのイメー

 ジは当時全盛だったカトリック教会の暗部と結びつけられ

 てきた。また、「魔女」という非科学的な存在が人々に信

 じられていたという事実が、ルネサンスおよび宗教改革以

 降の「近世」という時代にそぐなわない。

 魔女狩りの犠牲者はどれほどいたのだろうか・・・。

 西南ドイツで起こった魔女狩りの調査を行ったエリック博士

 は、1561~1670年のおよそ1世紀の間に、最低3229人が

 処刑されたと見ている。また、ドイツの小さな村オーバーマ

 ルクタールでは、1586~1588年のわずか3年間に、43人

 の女性と11人の男性が処刑されたと算定している。

 このような各地域での調査ならびに推定を計算した結果、

 ヨーロッパ全体で数百万人が魔女狩りの犠牲になったとみ

 られている。



  らすかる 検証 らすかる

 魔女狩りがもっとも加熱したのは、実は中世ではなく近世

 であることがわかった。最盛期は16~17世紀で、それをさ

 らに限定すると、1590年代、1630年前後、1660年代などが

 ピークであった。

 地域別に見ると、プロイセンでは1714年にフリードリッヒ・ヴィ

 ルヘルム1世が魔女裁判を禁止するまで続いた。さらに、ス

 イスでは1782年に、ポーランドでは1793年に魔女狩りが行

 われたという記録が残っている。

 魔女狩りを、カトリック世界だけに限定するのは誤りで、宗教

 改革以降のプロテスタントの国でも頻発していた。たとえば、

 宗教改革前には処刑された魔女が一人もいなかったスコット

 ランドでは、改革後に処刑者が増大している。

 宗教改革の立役者であるマルティン・ルターもジャン・カルヴァ

 ン
も、魔女の実在をかたく信じている。特にルターは

 「私は魔女を皆殺しにしたい」と激しい言葉を残しているほど

 で、1540年には実際にヴィテルベルクで魔女を処刑している。

 カルヴァンも魔女の焚殺(ふんさつ)を推奨していたという。ま

 た、プロテスタント・メソジスト派教会の創設者ジョン・ウェズリー
 
 は、1768年5月に「魔女を黙殺することは聖書を黙殺するに等

 しい」と記している。

 「ヨーロッパの魔女狩り」という表現も実は正確、ではない。16

 92年には、アメリカ・マサチューセッツ州のボストン郊外セーラム

 で魔女狩り旋風が吹き荒れ、短期間で約200人も魔女として告

 発され、19人が処刑されている。

 近年では、魔女狩りの実証的研究が進み、かなりのデータが整

 い、古文書に基づいた綿密な研究も進展している。その結果、数

 百万人という犠牲者数はほぼ否定されている。現在では、もっと

 も信憑性のある数字としては、「近代初期ヨーロッパの魔女狩り」

 を著したブライアン・レヴァックの統計である。その数字は、告発さ

 れたのは11万人、死亡が6万人。



  ※カタリ派~ギリシャ語の「カタロス」(清浄なものという意)に

          由来し、きわめて禁欲的な戒律を信奉した。






 なぜこんなにも狂気的になっていってしまったのか。

 たかだか信仰心の違いで。それも大幅に違うわけでもない。

 起源はきっと一緒なのだと思うし、そこから枝分かれした宗教な

 のだろう。どこの国でもそうだけど、一番上に立つ者がどういう采

 配を振るうのか、判断するのか、そこの一点。

 私は聖書は読んだことないけれど、なんにしたって読み違えてし

 まったら怖い。「魔女」という存在を信じることに罪はないけれど、

 見境なく決め付けて、否定して、亡き者にするのは間違っている

 と思う。

 びっくりしたのが、魔女狩りの時期! 中世の話かと思っていたら

 近代でもあったなんて・・・さらに、その時期の方が頻繁に起こって

 いたなんて・・・これはかなりのショックですね 有

 人は何かを犠牲に見立てなければ安心しない動物なのか・・・

 宗教が引き起こす憐れな歴史。でも、現代の私たちはそこに目を

 瞑るのではなく、しっかりと先人たちの許されない罪を見ることが

 大事なのではないか、と思う。そしてそこから色んなことを思い、考

 えてゆくことが必要なのだと、思う。

 

 では、また次回続きます ドコモダケ














 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ホリデイ~スリラー

   ’魔の休日より’より」」の歌詞の一節から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




期待通りのデキ・レース
   コンビニ★スイーツ



 コンビニで売ってるスイーツもバカにならない。

 かなり美味しいですよね!

 手軽に買えるし、結構高級感あるものも揃ってるから

 選ぶのも楽しい 





   moblog_da1ac220.jpg

 まずは、セブンイレブンから。

 これは、深煎り珈琲ゼリー&クリーミーティラミス。

 面白い組み合わせって思って、買ってみた。

 うん。美味しい 

 もともと珈琲ゼリーが好きなんだけど、そのほろ苦さ

 と、甘いクリームが絶妙。






   moblog_6207886e.jpg

 これはファミマだったと思う。

 右は、宇治抹茶パフェ 

 左は、とちおとめとバニラのパフェ 



   moblog_8afee09a.jpg

 上からだとこんな感じ。

 どちらとも美味! 

 ファミマのスイーツが一番好きかも・・・ 

 






   moblog_18598800.jpg

 これは、ローソンのスイーツ 

 手包みパンケーキ 

 中に白玉が入っていて、美味しかった!

 コンビニでお手軽に幸せ気分 

 みなさんのお気に入りのコンビニスイーツはありますか?














 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「エロティ

  カ・セブン」の歌詞の一節から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




白い天使が舞う
   クリスマス★ツリー



 早いもので、今年もあと少しですね~

 来月はもうクリスマス! 

 職場にツリーが飾られました 

 私は今、勉強していた福祉の方へはなかなか就職や

 当てが見つからず、とりあえずホテルのフロント

 業務をしています 

 そこの職場でツリーを飾ることになりました 







   moblog_71dae67e.jpg

 きれい~ 

 白いツリーって可愛いですよね。

 雪のイメージ 





   moblog_aa5bf7f0.jpg

 私が常時いるフロントの前にもツリー 

 チカチカ、キラキラ、輝いております 

 もう気分はクリスマス 

 みなさんの中でも、そろそろ予定を立てている人

 もいるのでしょうか。

 私はもちろん・・・仕事です! (笑)













  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

    「クリスマス・ラブ」の歌詞の一節から

    拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




夕陽が黄昏呼ぶ前に
   卵チャーハンとうどん




 卵チャーハンを作りました 




   moblog_ebbe3636.jpg




   moblog_6bb03500.jpg

 上に乗せたのは柴漬け。




   moblog_b959b5f8.jpg

 塩コショウのみのシンプルなチャーハン。

 素朴な味が食欲を誘います 

 あとは、もっとフワフワの卵が作れればなぁ~満足なのに (笑)

 最近は寒いので、我が家ではうどんブームになっています。





   moblog_f2079212.jpg

 とろろ昆布うどん。

 とろろ昆布入れるだけで味が変わるもんですねー!

 より濃い味になって美味しい。

 それにお腹にもたまるし。




   moblog_8d88ad09.jpg

 きのこ月見うどん。

 ちょっと工夫するだけで、更に美味しく 

 うどんは身体が温まりますね~。













  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「BREEZE」の歌詞の一節から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




少女時代
   「ちぃちゃんのビー玉」  (おはなし)

 ちぃちゃんは、ビー玉が大好きです。

 キラキラして綺麗だから。

 青や緑や黄色。

 とても綺麗な綺麗なビー玉。

 今日もちぃちゃんはビー玉で遊んでいます。

 コロコロ、転がるビー玉を追いかけると

 コツンとくまのぬいぐるみに当たりました。

 今度はそのぬいぐるみで遊ぶちぃちゃん。

 おや、もうビー玉には飽きちゃったのかな。

 ぬいぐるみを抱いて、くるくる回るちぃちゃん。

 すると、足に絵本が当たりました。

 今度は絵本を読み始めたちぃちゃん。

 おや、もうぬいぐるみには飽きちゃったのかな。

 真剣に読んでいるちぃちゃん。

 そこへ、猫のミィがやってきました。

 スルッとちぃちゃんのお膝に乗ってきて甘えるミィ。

 今度はミィと遊ぶちぃちゃん。

 おや、もう絵本には飽きちゃったのかな。

 しばらくすると、ミィは飽きたのかちぃちゃんのお膝から

 スルリといなくなってしまいました。

 すると、窓から心地よい風が入ってきて、綺麗なビー玉

 たちがちぃちゃんのもとへと転がってきました。

 そのビー玉でまた遊び始めるちぃちゃん。

 やっぱり一番好きなのは綺麗な綺麗なビー玉で遊ぶこと。

 ちぃちゃんの大切な大切な、小さな宝もの。





 少女特有の好奇心と、子供心の飽きっぽさ 絵文字名を入力してください

 でも、最終的には一番大好きなものに帰る、というお話

 です。実はこの話、高校生の時美術で絵本を作った時

 に考えた話なんです 本














  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さん

   の曲タイトル「少女時代」から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




おいしいね 2
   薔薇のクッキーは如何?



 

   moblog_ce2ad7be.jpg

 可愛い箱に入った薔薇のお菓子 





   moblog_6d14478a.jpg

 中はこんな感じ。

 とてもキュート 

 鎌倉五郎のお菓子です。

 ここのお菓子はすごく好き。




   moblog_39e71b8a.jpg

 ほのかに薔薇の香りがして、見た目にも愛らしいクッキー。

 ほんのり甘くて、紅茶に合うお菓子です 














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲タイトル

     「おいしいね~~傑作物語」から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




熱い砂のステージ
   涙の銅メダル!


 世界バレー、終わりました 

 見ていた方いますか?

 私はバレー大好きなのでもちろん見ました 

 素晴らしかったですね!!

 女子バレー、なんと32年振りのメダル獲得!! 

 生きている間に、男子も女子もメダル獲得の姿を見れた

 ことがまず嬉しい。

 大げさな言い方かもしれませんが、今の時代バレーで

 メダル獲れるってなかなか思えないから。

 昔は黄金時代だったのでしょうけど、世界のレベルは

 高くなる一方だし、なにしろ本来の肉体の付き方からして

 骨格が全然違いますしね!

 もちろん背の高さも比較すれば小さいし。

 そんな中での見事な銅メダル 

 もう、感動と興奮で涙が止まりません 

 真鍋ジャパンになってからさらに進化してゆく女子バレー。

 一度引退した山本選手も復活し、ベテランセッターの竹下

 さんもまだ現役だし、そして、エースの木村ちゃんが一段と

 力を上げてきたのが最大の勝機へと導いたのだろう。

 もちろん、今回大活躍した江畑ちゃんの活躍は凄まじいもの

 があった。まだ若いのに、落ち着いたプレーだし、巧さもあっ

 て、今後が楽しみな選手のひとりだね。

 でも、やっぱり真のエースは誰がなんといっても木村沙織! 

 彼女の今までのプレースタイルは、一見どこか緊張感がない

 ような雰囲気に見られがちだった若い時からものすごく成長

 したと思う。エースとしての自覚が表に出ている、そんな空気

 がずっと続いていて、逞しくなったなぁとつくづく感心して

 しまった。なにせ高校生の時からレギュラーだったしね。

 彼女の存在は本当に日本を救っている。今後なかなか出てこな

 い逸材だろうね。

 以前までは、試合中でも時々緊張感が薄れてしまう雰囲気とか

 顔とかしていたのに、今大会は最初からまったく表情が違った

 のがひじょうに興味深い。年齢的にも一番充実している年にさ

 しかかってきたし(24)、中堅という立場であり、エースとし

 ての自覚が大きく成長して、もう先輩たちについてゆくだけの

 立場から引っ張ってゆく立場になって、プレー中も厳しい、集中

 したいい顔立ちになったと思う。

 勝つにしろ負けるにしろ、木村沙織の出来次第とまで言われて

 いるぐらいのエースだから相当のプレッシャーと責任感があるの

 だろうけど、どんなにリズムが崩れても本調子でなくても彼女は

 コートからは外されないわけだから、なんとか自分で持ちこたえ

 なければいけない。エースのさだめだね。

 そんな大変な重圧の中、いくつもアタックを決める姿は感動する。

 ブラジルにフルセットで負けたのは、最高に悔しいね! 

 あそこまでいって、負けてしまう・・・それほど辛いものはない

 だろうと思う。けど、気持ちを切り替えて、素晴らしい有終の美

 を飾ってくれた選手のみなさんに心から拍手を贈りたい。

 正直、アメリカ戦キツイものがあって、見ててドキドキした 

 前日の惜しい激戦を負けてしまっただけに選手たちも苦しかった

 ろうと思う。気持ちを切り替えて・・・とは言っても言葉に出せ

 い悔しさと落胆は胸の中で渦巻いてたのだろうし。

 なんとなくそんな雰囲気でゲームがスタートした感が否めなかっ

 た試合展開で、ハラハラしたけれど、後半になるに従ってみんな

 の心がひとつになって、粘りの意地を見せてくれたことに運が向

 いたのかもしれない。加えて、アメリカはミスの連発で、それに

 救われたというのもあるだろう。

 いずれにしろ、猛者どもを抑えての銅メダル獲得というのは本当

 にすごいことだと思う。

 男子も女子も更なる進化を遂げて、ますます活躍していってくれ

 ることを祈りたい 

 女子バレー、おめでとう!!! 














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「涙の海で

     抱かれたい」の歌詞の一節から拝借しています   











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




青春が風と共に
   「兎の眼」を読んで



 昔読んだ時の感想です。



  「兎の眼」

    作者:灰谷健次郎


 神木 あらすじ 神木

 本当の教育とは何か? 新任女教師小谷先生は、

 子供達との交流の中で、力強い希望と、生きる

 ことの意味を学んでゆく。大阪の工業地帯を舞

 台に、辛い過去を背負って生きるバクじいさん、

 教員ヤクザ足立先生など、魅力的な人物が織り

 なす人間賛歌。荒廃する教育現場、断絶の深ま

 る家庭にあって、人の心の触れ合いを信じる灰

 谷文学は読まれ続ける。親と子の熱い共感を呼

 ぶ感動の長編。



 ハロウィン 感想 ハロウィン

 彼の小説は読みやすい。それもそのはず、彼は

 児童文学者でもあるからだ。大人だけではなく、

 子供たちにも読みやすい作品が彼の持ち味といっ

 てもいい。小学校の教科書にもいくつか作品が

 載っていたから知らない人はいないだろう。

 もともと私の夢は教師だったこともあり、この

 小説は私の「教科書」のような存在になった。

 主人公の小谷先生は純粋で初々しく、情熱に溢

 れている。まさしく教師という職業に憧れてい

 た新人先生そのものだ。その眼には楽しい未来

 が広がっていて、希望に満ち溢れ、夢に膨らん

 でいる。でも現実は違う。様々な子供たちがいる。

 裕福な子もいればこの小説の舞台にもなってい

 る、工業地帯の貧しい子たちもいる。貧困の差

 だけでなく、家庭環境も実に様々だ。親子の縁

 が薄い家庭もある。そういった一人ひとり環境

 や価値観の違う子供たちに接してゆくに従って、

 小谷先生は変わってゆく。

 現実を目の当たりにして、理想だけではなく、現

 状を明らかに見る勇気、そして子供たちを愛す

 る心。新人である女教師が心の成長を遂げてゆく。

 この小説は、そんな彼女の日記でもあるのだ。

 だから私は彼女の気持ちに同化した。私にも教師

 という職業に純粋に憧れや理想を抱いていたから

 だ。いわば彼女は私自身であり、読者自身でもあ

 る。傷つき、葛藤しながらも成長してゆく姿は心

 が熱くなる。そして同時に教育現場の難しさ、平

 等さ、純真さを考えさせられる。

 そしてなんといっても、足立先生の存在。彼は型

 破りで、大胆で剛勇な性格だ。その大らかさは子

 供たちのヒーロー的存在であり、仲間でもあり、

 人生の先輩でもあり、先生だ。周りの大人たちが

 子供たちの敏感な気持ちの変化に気づかない中、

 足立先生はそんな子供たちの一番の理解者であり、

 父親のような存在だ。小谷先生も最初は足立先生

 に多少の反発や戸惑いを感じるが、次第に子供た

 ちと同じく彼の人柄に惹かれてゆく。教師とはど

 うあるべきなのか、教師とはどうしてゆくべきな

 のか、小谷先生はその根底ともいえるべき大切な

 感情を足立先生の態度や言葉、子供たちとの交流

 により学んでゆくのだ。

 この作品を読んだら、きっと誰しもが足立先生の

 大ファンになるだろう。それだけ彼は魅力的で、

 子供たちから愛された先生なのだ。

 教師としての理想を高くもつことは必要だ。でも

 一番大事なのは、いかに現実を見据えていく眼力

 があるかどうかだ。一生懸命生きている子供たち

 に真剣に対峙する思いだ。

 それはひじょうに難しいことでもあるけれど、先

 生と呼ばれる立場にある者は、その気持ちを忘れ

 ずに持ち続けることが重要だと思う。

 灰谷ワールドは、まさにそのことを我々に教え、

 訴えている世界だ。

 子供や母親だけでなく、たくさんの人が彼の文学

 を読むべきだと思う。














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

     「本当は怖い愛とロマンス」の歌詞の一節

     から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




酔いしれる時
   nana's green tea




 抹茶系のスイーツが大好きだけど、近くにそういった

 和スイーツの店がないのが残念。

 食べたくなったら、町田まで足を伸ばしています。

 といっても、スイーツだけを食べに行くということは

 ないけれど。

 買い物帰りに小休憩するのにちょうどいいお店を以前

 発見しまして。

 町田に行った際にはたいてい寄っています。

 「nana's green tea」 ナナズ グリーン ティー 

 ここは名前の通り、抹茶スイーツのお店。

 色んな種類があります。

 ぜんざいからわらび餅、パフェ、フロートやラテ 

 夏場にはフローズンも登場します。

 抹茶だけに限らず、あずきのフロートやラテなどもあっ

 て甘いもの好きには堪りません! 






   moblog_9aa1a1c5.jpg

 抹茶白玉善哉。

 とても美味しかった!


 後日、母とランチを食べてみました 





   moblog_b8e3398a.jpg

 鮪キムチ納豆ランチセット





   moblog_12024261.jpg

 野菜カレーランチセット 

 


 身体に気をつかった野菜メニューが多いみたい 

 カレーの中にもたくさんの野菜が入っていて、とても

 美味しかった! 

 鮪の方もヘルシーで美味しかったと、母 

 最初にレジで清算するタイプの店はひとりでも気軽に

 利用できて助かる。

 素敵なお店です 

   












    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

      「奥歯を食いしばれ」の歌詞の一節から

       拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 





   
   匣の中の猫


 あえて、匣(はこ)という字で (笑)

 単に京極夏彦が好きだから、という理由なんですけどね。

 今日の想い出写真は匣が大好きだったりんちゃんのとっ

 ておきの写真を公開です。





   moblog_189725a8.jpg

 まずは真上から一枚 

 すっぽりとはまっております 

 明らかに自分より小さいよね?

 なのに気持ちよさそうなんですけど~




   moblog_0c70353a.jpg

 そんなに狭いところが好きか!

 居心地よさげなんですけど・・・りんさん?

 もしや、あなた眠ってらっしゃる? 

 ・・・まさか、ね?





   moblog_1f86e549.jpg

 まるで打ち首のように・・・

 なぜ、どかない?

 そんなに匣が好きか?

 匣依存症なのか、君は? (笑)





   moblog_b8d4367b.jpg

 彼女はいったい何を考えているのだろうか・・・

 凡人には理解できぬっ!




   moblog_81452354.jpg

 耳を抓まれようとも、動じず!

 さすがです、りんさま 

 まるで化石のように動かない。

 素晴らしい精神力の持ち主だ。














    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲のタイトル名

     「猫」から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




大事なものはOriginality
   うちの看板



 我が家の寺の看板を写真に撮ってみました 




   moblog_8091cb76.jpg

 真言宗 神導派(しんどうは) 徳厳寺(とくがんじ)と

 表記します。

 神導派なんて、珍しいでしょ?

 本山は静岡県の沼津にあります。色々とあって、今はどうなっ

 ているのか不明ではありますけど・・・(汗)

 真言宗は他の仏教とは違い、仏事だけでなく神事も司ること

 ができる宗派です。つまり神棚もいじれるという、なんでも

 屋さんなんですね~。

 だからよく神棚の相談とかもされます。

 神はたいへん。とても慎重にしなければいけません。

 なにしろ、神は祟るから (笑)

 あんまり笑えない話でもあるんですけどね・・・ 

 



   moblog_7d655c98.jpg

 ちょっと気取って横から一枚。

 この看板は階段の踊り場? に立てかけてあります。

 厚みのある木だから、結構重いのですよ。

 割と重厚感があるのです。

 もう何年も前に、看板を作りに行きました。

 確か・・・中禅寺湖付近の彫師さんのところを訪ねたと思う。

 もう年配のおじいさんでした。

 力強さのある字体ですよね。

 












    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「YELLOW

      NEY YORKER」の歌詞の一節から拝借しています 











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 





秋の日差しは照り返すほどにBlue
   外苑のカフェ




 去年、母とコルティオを観に行った時に外苑でランチを

 食べました 

 秋の日差しが暖かいランチ時。

 原宿に向けて散歩がてらに歩いていたら素敵なカフェを

 発見したので入ってみました。





   moblog_61ec8de6.jpg

 「TO THE HERBS 外苑店」というお店。

 オープンカフェが道に面してるんだけど、こうやって木

 で覆われているので、人の目も気にならない 

 まあ、人もそんなに通ってなかったということもあるん

 だけど。なので、ゆっくりと食事を楽しめました。




   moblog_d0b5d966.jpg

 平日だったせいもあるのか、店内は空いていて、オープン

 テラスの席も私たちしかいなくて、人を気にせずにまったり

 ランチタイム 





   moblog_b406acc6.jpg

 おかんが注文したオリジナルトマトソースのパスタ 





   moblog_3d9c65f7.jpg

 私の注文した釜焼きチーズハンバーグ 

 すごいボリュームでね! 美味しかった~!! 

 奥に見えるのは抹茶モミティー 

 秋も暖かい日はこうしてオープンカフェでランチっていい

 もんですね!







 





   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「OH, GIRL(悲しい

    胸のスクリーン)」の歌詞の一節から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




憧れの名器
   和食器でフルーツを



 素敵な食器を買いました 

 和の食器。




   moblog_4fc8179f.jpg

 ゴールドのお皿には菊の絵 




   moblog_41591150.jpg

 これは梅柄 

 全部で5脚。

 



   moblog_fe8a7da0.jpg

 これは、ききょうの花だよね? 





   moblog_9a18193d.jpg

 桜 




   moblog_138869ce.jpg

 今の季節にピッタリの紅葉 

 和食器というのはいいものですね!

 しかも受け皿がゴールドだから、絵も映える感じで綺麗。

 せっかくなので果物を。




   moblog_9503a131.jpg

 パイナップルを乗せてみました。 

 器が素敵だと、変哲もない味さえも究極な美味しさへと

 変わりますね~ 














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HONKY JILL

       ~69(あいなめ)のブルース」の歌詞の一節から

       拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
秋の日に鳴らす口笛
   ジュース



 季節限定とか、ちょっと変わったのを発見すると

 結構買ってしまう。

 まあ、イメージ的に無理だなと思うものは手が

 出ないけど。

 写真がたまったので公開。






   moblog_4533a1b5.jpg

 まず、一番手はこちら。

 仮面サイダー (笑)

 ダジャレですかいっ 

 うちの近所の自販機で売ってます。100円。

 


   moblog_9bb42ba5.jpg

 色んな絵柄があるらしい (笑)




   moblog_5a4c0809.jpg

 え! ハテナってなんだろう (笑) 

 結構気になるかも。



   moblog_7247d2fb.jpg

 仮面ライダーのこともちゃんと書いてある (笑)

 サイダーっていうか、味はラムネだね。どちらか

 と言えば 







   moblog_c82a4f93.jpg

 こちらはラズベリー&アップル 

 グラソービタミンウォーターのシリーズ。

 これ、高いね!  200円もするー。

 味は・・・薄い (笑)

 水と思って飲めば、ほのかに味がするって程度。








   moblog_8688d603.jpg

 これは美味しい!

 ミツヤサイダーの温州みかん 

 さわやかで好きな味 






   moblog_2aa19c79.jpg

 これは春に出たやつ。

 サクラミスト 

 カナダドライのシリーズ。

 結構美味しかったと思う。

 まあ、思ったほど桜な感じはしないけど。

 あと、味は薄い。






   moblog_ce6eb0f4.jpg

 これは夏買ったジュース。

 ソルティ・ライム。 

 このキリンの世界のキッチンからシリーズは好き。

 ソルティというだけあって、ちょっぴり塩が利い

 た味で私は好きかも 

 夏場に飲むには合ってる味だった。






   moblog_1da0e997.jpg

 左のチョコレートスパークリングはもしかしたら、

 前に記事にしたかも・・・ 

 まあ、いいや。

 味は薄めだけど、私はしばらくはまりました。

 ほのかにチョコの風味がして美味しかった 

 右はティースパークリング。

 逆にこっちは・・・ちょっと好きになれない味だった。

 紅茶に炭酸というのは、もしかしたら苦手かも 






   moblog_28a83081.jpg

 ペプシモンブラン  

 ペプシシリーズは今まで色んな種類が出てるけど、

 私は今のところ、これがダントツ1位かな。

 すごく美味しい!! 

 ただいま、はまり中。

 飲んだ後に広がるモンブランの香りと風味が上品な

 甘さを含んでいて美味しいの! 

 多分ね、ウイスキーとか焼酎に入れてもイケると

 思うよ。それぐらい美味しい。

 ペプシシリーズは毎回チャレンジャーだね~

 前に出てたあずきはいけなかった・・・ 

 でも、モンブランはいい  

 よかったらみなさんもお試しあれ!














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原由子さん

      の曲「涙の天使に微笑みを」の歌詞の一節から

      拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
時代(とき)の流れは皮肉な影
   ティタン神族との戦い~ ギリシャ神話 ⑤


 前回でようやく主役級である大神ゼウスが誕生した

 話を載せました。今日はその続きです。







 ゼウスたち若い世代の神々とティタン神族との間に、

 世界の支配をめぐる壮絶な争いが始まった。両者は

 互いに譲らず、10年もすざまじい戦いを続けたが、あ

 る時ガイアが「大地の奥に幽閉されているものたちを

 味方につければ勝利する」という秘策をゼウスに授けた。

 ゼウスはさっそく地下に幽閉されていたキュクロプス

 ちとヘカトンケイルたちを解放し、彼らを味方につけた。

 鍛冶の名手であるキュクロプスたちは、ゼウスのため

 に協力な武器となる雷ていを与えた。雷ていとは、炎

 の矢を束ねたような武器で、いわゆる雷である。一方、

 百腕のヘカトンケイルたちは、戦場で威力を発揮した。

 ヘカトンケイルたちは、合計300本の腕にそれぞれ巨

 岩をつかみ、ティタン神族めがけて投げつけた。さらに

 ゼウスが雷ていを打つと、その威力に大地は炎上し、

 川や海は沸騰した。ティタン神族たちは激しい雷光で

 視力を失った。

 とどめを刺したのは、ヘカトンケイルたちだった。勢い

 を増した彼らは、300本の腕で巨岩を投げ続けた。す

 ると、ティタンの神々は大量の巨岩の下敷きとなって

 身動きができなくなってしまった。ゼウスは、彼らを鎖

 に繋ぎ、大地の奥底のタルタロスへと送った。

 こうしてティタン神族を倒したゼウスは、父クロノス

 代わり、神々の王となった。また、ゼウスたち3兄弟は

 くじを引き、ゼウスが天空を、ポセイドンが海を、ハデ

 ス
が冥界を統治するこになった。





 ティタン神族は、前に書きましたが、ウラノスとガイア

 の子たちのことを指しています。ウラノスとガイアは

 ゼウスたちからみれば、祖父・祖母に当たります。

 ゼウスたちは、オリュムポス神族です。

 つまり親族同士の戦いということですね。

 ちなみにキュクロプスたち、ヘカトンケイルたちは、ウ

 ラノスとガイアの子供たちです。でも、かわいそうに

 彼らはティタン神族には数えられていない。それは、

 父ウラノスが彼らを忌み嫌ったがため。そして、地下

 の奥底に繋がれていて、それを母ガイアがかわいそ

 に思い、ゼウスに入れ知恵したのでしょう。

 もしも、彼らが最初からティタン神族に加えられてい

 たなら、この戦いははなから勝負が見えていたもの

 になったのかも知れませんね。まあ、そうじゃないか

 ら話は面白くなるわけだけど。

 ちなみにゼウスは、ローマ神話ではユピテルJupiter

 (英語読みではジュピター)と同一視されています。

 ジュピターは、木星の名として使われています。


  ではまた次回  音符














   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HOLD

    ON」の歌詞の一節から拝借しています  











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
明日晴れるかな
   「願い」





  貴方がいるから

  貴方が頑張っているから

  だから私も頑張る




  貴方を見ていると

  私は何てちっぽけな存在だろう




  することもせず

  やれることもしないで

  大きなことばかり言い

  大人振っている

  夢は大きく

  破れては落ち込み

  落ち込んでは泣いて

  中途半端で未熟な私




  だから貴方を見ると

  泣きたくなる




  己の弱さに

  己の醜さに

  涙が溢れる




  貴方の姿を励みにしたい




  生きている限り

  例え傍にいなくても

  私は貴方を想うだけで

  強くなれるから

  荒波に叩きつけられる

  岩のように




  貴方のように頑張りたい




  貴方のように誠実に




  それが現実(いま)の私の願いだから






 腰が重いのが私の最大の悪いところ。

 志は高いくせに、口ばかりで不言実行で。

 で、すぐ落ち込む・・・

 何もしてないのに。

 何も始めてもいないのに。

 羨むだけじゃ何もしないのと一緒。

 だから、一歩を踏み出していきたい。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「明日

   晴れるかな」から拝借しています  葉っぱ











  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
瞳の中にレインボウ
   栗のパイ



 お母さんが美味しい栗のパイを買ってきました。

 シーゲスクランツのマインツ 

 渋皮付き栗と小豆とスポンジをサクサクのパイで

 包み込んで焼き上げたもので、すごく美味しい! 





   moblog_6f66c6ee.jpg

 ホールとハーフが選べる。

 ホールだと1050円。

 ハーフだと630円。

 これならホールを買った方がお得 

 生地がもっちりしていて、美味しいからハーフ

 だったらひとりで全部食べれちゃうぐらい 

 他にもりんごのパイとかもあるらしいので、今

 度は違うものにもチャレンジしてみたいな。














     ※このカテゴリのタイトル名はサザンの曲タイトル「瞳の中に

      レインボウ」から拝借しています  












  にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

儚き世の情け
   名言集コラム ⑤



   「怨根は劣等感から湧き出る

              ものである」





  スペインの哲学者・ガセットの言葉です。

  

  

  ホセ・オルテガ・イ・ガセット

    1883~1955年。スペインの哲学者であり、

    文明評論家。生の哲学の視点から観念論

    の克服に努める。



 まあ、解釈的には、「人の恨みというものは他人

 と比べて、自分が劣るから、勝っている相手を怨

 んでしまう。劣等感を持ち合わせていなければ、

 恨みも湧かない」といったところでしょうか。


 でも、実際にそんな仏のような感情になることが

 できるのか・・・。

 人間が人間でいる限り、他人を疎ましく思うこと、

 羨ましく思うこと、怨むこと、憎むこととは切れない

 間柄であると思う。

 それは殺意を抱くほどの強い感情から、些細なこと

 まで。人それぞれに心の内側に必ず持っている感情。

 逆にそれを否定していいものか、とも思う。

 別に私は性悪説な訳ではないけど。

 あの、お釈迦さまだって、キリストだって、まったくそんな

 感情を持ったことがないなんて、思えない。

 いや、人一倍に持っていたからこそ、得度し、出家した

 と考えられるかもしれない。これは極論だけれど。

 もちろん、怨根なんて捨て去るのが一番だ。

 生きていく上でそんな悲しい感情なんて忘れて生きてい

 きたい。けれど、現実世界ではそれこそ俗世を捨て去ら

 ない限りは人と接していくものだし、仕事をしていれば色

 んな人間関係も出てくる。

 そんな生活の中で怨根も劣等感も抱かずに生きろという

 方が無理難題だ。

 まあ、だからこそ。宗教が救いとしてあるのだろう。

 とはいえ、一つの教訓として自分自身に言い聞かせるため

 に頭の隅にでも置いておくにはいい言葉だと思う。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「唐人物語」

   の歌詞の一節から拝借しています  火を噴く怪獣



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

      ← 拍手すると・・・?  シャンプー
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。