月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芽ばえよ
   「春社の種」




 五穀の種は

 未来を創る種



 みんなで綺麗な種を蒔こうよ

 いがみ合わないで

 ほら、にっこり笑ってごらん



 五穀の種は

 幸福(しあわせ)を彩る種



 魔法の薬なんだ

 みんなで蒔けば

 きっと美しい花が咲くよ



 だから、優しい気持ちになってごらん



 未来に輝かしい実を

 咲かせるために





 春社というのは、春分に近い戊(つちのえ)のことで

 春の社日をさしています。

 ちなみに社日というのは、春と秋の土地の神様を祀る

 日のことです。

 輝かしい実が成るように祈って。















   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「明日へのマーチ」

    の歌詞の一節から拝借しています  


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

sun | URL | 2012-08-29-Wed 14:53 [EDIT]
文学に携わっている教授から教えて貰ったことですが…。

『文化(culture)』と言う言葉は、その語源をラテン語においては『耕す(cultivate)』としているそうです。つまり、文化とは耕すことと同義で、生きること、食べるために必須なこと、またよりよい未来を願って(収穫を心待ちにして)行うことでもあるのです。もちろん、負の側面もありますがね。

現代社会、食べ物があるだけでは生きていけませんからね。笑えない人間が塞ぎこんだり、時には自ら命を絶つことも増えてきています。

ですから、皆で笑いあえるように種を蒔くことが必要なのでしょうね(・∀・*

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。