月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
儚く消えた人の魂
   「壬生狼(みぶろう)の夢」



 駆けゆく狼のように

 時代(とき)を生きた若き男たちよ



 剣に生涯を託し

 仲間と共に誠の中

 剣の先を交じ合わせた者同志

 深き絆と熱き心

 真実の魂を求めて

 生きた剣士たちよ



 時代に馳せた想いは何処(いずこ)

 その激動の中に

 何を見たのだろう



 傷ついた羽を休めて

 今は眠りに



 魂は永遠(とわ)に

 追い求めていった想いを引き継いで



 永遠の蜃気楼の中

 壬生狼が駆ける






 壬生狼とは、新撰組のことを指しています。

 彼らの信じた魂に敬意を。

 夢を追い求めた男たちに敬意を。















  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「からっぽのブルース」

    の歌詞の一節から拝借しています  


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

まり姫 | URL | 2012-08-22-Wed 17:42 [EDIT]
冬灯さんこんにちは~~♪
壬生浪、いいですね( ^)o(^ )
新選組のことになると嬉しくなっちゃいます(;^ω^)

近藤純一 | URL | 2012-08-22-Wed 23:00 [EDIT]
同じ「近藤」姓を持つものとして、本当に今の自分を反省する毎日です。


頑張らなきゃ。。。



まり姫さんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-08-26-Sun 18:15 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは~~♪

こんにちは。
お返事遅くなって、本当にすみません ((汗。

> 壬生浪、いいですね( ^)o(^ )
> 新選組のことになると嬉しくなっちゃいます(;^ω^)

まり姫さんも新撰組、お好きですもんね~^^
でも、この詩ちょっとイメージが曖昧で気に入ってないんです。
もっと妄想を膨らませなきゃダメですね (笑)
近藤純一さんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-08-26-Sun 18:18 [EDIT]
コメント有り難うございます。
すみません、お返事遅くなりました! ;;


> 同じ「近藤」姓を持つものとして、本当に今の自分を反省する毎日です。
>
>
> 頑張らなきゃ。。。

同じ性っていいですよね^^
私も土方だったらなぁって、よく思います (笑)
この当時の人は同じ年でも今とは比べられないほどの生活をしてました
ものね。それこそ、命を懸けて・・・
それを思うと自分も頑張らなきゃなって、確かに思います。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。