月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
窓辺のスキャンダル
   小説家に学ぼう~太宰治 ④


 前回に引き続き、太宰治氏について語ってみようと思います。




   太宰治への誤解と偏見 

 太宰治はよくデカダンスの作家、または破滅型の作家といわ

 れる。あるいは、無頼派の作家として評されたりもする。

 彼の生活が荒れていたことから、伊藤整は「この背徳の人、

 三回か四回にわたる自殺企画者、嘘の名人、懺悔者、イエス

 の真似人」などと言ってもいる。

 現象的にそう見えても、彼の生涯は恋と革命のためという、

 強い反逆精神と反俗精神に裏付けられたものであった。

 たとえば、昭和13年に発表した『姥捨』の中で「私は、やっ

 ぱり歴史的使命ということを考える。自分ひとりの幸福だけ

 では、生きて行けない。私は、歴史的に、悪役を買おうと思っ

 た。ユダの悪が強ければ強いほど、キリストのやさしさの光

 が増す。私は自身を滅亡する人種だと思っていた。私の世界

 観がそう教えたのだ。強烈なアンチテエゼを試みた。滅亡す

 るものの悪をエムファサイズしてみせるほど、次に生まれる

 健康の光のばねも、それだけ強くはねかえって来る、それを

 信じていたのだ」と語っている。

 彼はそれを「反立法としての私の役割」であるという。そし

 て、それが「次に生まれる明朗に少しでも役立てば、それで

 私は、死んでもいいと思っていた」とさえ述べている。

 さて、なぜ太宰は「自身を滅亡する人種」だと思うことになっ

 たのか、あるいはそれを太宰に教えた「私の世界観」とはいっ

 たいどういうものであったのか。

 酒と麻薬におぼれ、自殺未遂や情死未遂を繰り返すなど荒れ

 た生活を振り返った時、とりわけ、水上温泉にて妻の初代と

 カルモチン自殺を企て、未遂。帰京後、初代と離別したとい

 う体験に目を向け、一年半の沈黙の後にそのことを『姥捨』

 という作品にして世に問うた時、彼は自らの存在をその深み

 からすでに相対化しきっていただろう。そして、自己の存在

 の無意味性というものを深いニヒリズムの底で自覚していた

 だろう。

 太宰はこの時すでに「自身を滅亡する」側の人間に自分を数

 えていたのだ。そして、それはまた自分のような人間は滅亡

 しなければならないという意志でこそあったのではないか。

 では、太宰にそれを教えた「私の世界観」とは何を指してい

 るのか。それはまたの機会にでも。






 初代というのは、太宰の最初の妻です。

 とはいえ、実家から結婚を許されなかったため、実際には内

 縁の妻になります。

 青森の弘前で芸妓として働いていた時に高校生であった太宰

 と知り合い、駆け落ちのような形で上京。その後、太宰が薬

 物中毒により治療で病院に入院中に、太宰の義弟と関係をもっ

 てしまい、のちにそれが太宰にばれたため、ふたりで心中し

 ようと水上温泉にて行動を起こしてしまう。

 太宰と別れたあとも彼女は波乱万丈の人生を送ったらしい。

 太宰にとっては裏切られたという点で、自分と同じ匂いの人

 間という感覚が強かったのではないかと思う。

 自分と同じ、滅亡しなければいけない人種。まさに同族意識

 が強かったのではないか。だから、自分たちの過ちを消すた

 めに死を選ぼうとした。実は太宰も入院する前に違う女性と

 心中未遂を起こしている。だからこそ、ふたりで死んでしま

 わなければいけないと感じたのだろう。

 でも、結局はふたりとも生き残り別れてしまうのだけど。

 では、また次回。















 ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「亀の泳ぐ街」

   の歌詞の一節から拝借しています  


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

HIZAKI | URL | 2012-08-27-Mon 21:09 [EDIT]
一日多コメント失礼します。太宰は僕も大好きで、良く読んでいました。でも、読み手側として、彼の作品群を深く理解し、頭の中で醗酵させたうえで「彼」を論じるかといわれると、一読者ですとしか言えません。これから深い解釈を内包した灯火さんの言葉を楽しみに待っています。

HIZAKI

追伸 灯火さんと書くときはいつも、ともしびからの変換です^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。