月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憧れのスター
   スペインのバレー界の貴公子


 私はサッカーや野球はまったく興味はないけど、バレーは

 大好きです 

 中でも、もう引退してしまったけどスペイン代表だった

 パスカルには超はまった 

 ちょっと甘い顔立ちで、紳士で情熱があって。

 顔立ちがハンサムなだけじゃなくて、プレースタイルも

 魅力ある選手でした。

 グラチャンやワールドカップなど結構出場してたから見

 知ってる人も多いかもしれない。

 一時期、日本でもプレーしてたし。

 で、彼専用のスクラップブックを作りました 




   moblog_05f3ec21.jpg

 彼は例え試合に負けたとしても、いつも笑顔でファンや

 取材陣に対応することで有名でした。

 プロとしての意識、プライドそういう精神が彼の魅力の

 ひとつでもあると思います。



   moblog_0fa591c9.jpg



   moblog_96cdd0e0.jpg

 当時のスペインは間違いなく、「パスカルのスペイン」 

 代名詞といっても過言ではなかった。

 むしろ、彼がいなければバルセロナやシドニーはいけな

 かっただろう 

 イタリアのセリエAでなんと三度もベストスコアラー賞を

 獲得してて、世界選手権ではMVPとベストスコアラー賞を

 同時に獲得、さらにワールドカップでもベストスコアラー

 賞を獲得という素晴らしい経歴の持ち主でもあります。

 こんなに何度も同じ賞を取れる人なんて珍しい。

 ましてや次々と若い人たちが台頭してくるようなスポーツ

 界で。ベストスコアラーということは、つまりは一番本数

 を打って、なおかつ一番決めた人なわけだからいかに彼が

 すごいのかが分かる。
 
 まあ、裏を返せばそれだけスペインはパスカル頼みのチー

 ムだったということにもなるわけだけど。

 パスカルが調子悪いと、チームもダメ。

 逆に怖いくらい彼が調子いいと、チームのみんなもいい。

 というようにいわゆるワンマンチームだった。

 日本にとっては運悪く、たいてい調子がすこぶるいい時に

 対戦というケースが多くて、私の記憶の中ではいつも負け

 てたように思う。



   moblog_b795b29b.jpg



   moblog_6f0619d6.jpg

 まさにバレー界の貴公子という異名がピッタリ 



   moblog_316f773a.jpg



   moblog_8fac4bcd.jpg

 彼はいわゆるエース。スパイカーだったわけだけど、サー

 ブもすごかった。日本はよく決められてたもんなー。


   moblog_53910af0.jpg



   moblog_930105bf.jpg



   moblog_3413468e.jpg

 ブラジルの代表選手、ジバもすごい人だけど私は断然パス

 カルのファンでした。多分、今は43歳くらいかな。

 さすがにもう引退しちゃったけど、37歳まで現役でした。

 今どうしてるのかな。やっぱりバレー界で活躍してるの

 だろうか。いずれ監督とかになって、また日本と対戦とか、

 そんな夢物語がいつか実現するといいな。















  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「狂った女」の

   歌詞の一節から拝借しています  



スポンサーサイト

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。