月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情熱の物語
   募金活動

          ※過去の話です。

  

  高校生だった時。

  確か、二年生。

  淡路大震災がありました。

  あれからもう15年経つんですねえ・・・

  当時私は剣道部に所属 胴 竹刀

  3年生が引退をして、私たちの学年がトップ。

  確か、5月頃だったかな。

  後輩ミホから電話 

  「先輩、ボランティアしたいんです」

  元々ミホは正義感の強い、芯のある子。

  いてもたってもいられない。

  じっとしているぐらいなら・・・

  なにか、自分ができることをしたい!!

  ミホの熱意と心根に感動した。

  私だって、何かできることはないのかあと

  思ってはいたけど。

  彼女ほど意思の強さはなかった。

  口に出すのと、出さないのと。

  行動に起こそうとするのと、

  ただ思っているだけのと。

  ミホに触発されて、私も決意 かお

  ただ実際問題、私たちは学生。

  学校を休んで活動に参加することはできない。

  彼女の意見は、「剣道部として参加」

  現地でお手伝いをしたい、というもの。

  どこまでその意見が通るかわからない。

  けれど、私もやれる所まではやってみよう。

  ミホは私に一番に言ってくれたのだから

  その気持ちを裏切らないように。

  翌日、部長や副部長と首脳会議。

  私たちの学年は総勢10名の大所帯。

  ちなみに私はマネージャーだった。

  もちろん、マネージャーの仕事はあるけど、

  事実上では、もう一人の副部長的な立場と

  言った方が近いかな。
  
  やはり、ここはみんなの意見も聞くことになり

  一時保留に。

  数日して。

  社会科教師しげちゃんに問われてビックリ!! 、螯rヲW、J、O

  「震災地に行くの?」

  えっ??? ハテナ?

  話が分からないんですけど・・・?

  今この人、なんて言った???

  「ハンから聞いたんだけど」

  おい~~~ハン!!!! 腟 腟

  なんてことを言ったんだ、アンタは 怒 jumee☆disgust1

  しげちゃんもビックリしたらしく (そりゃ、そーだ。

  私だってビックリだもん・・・)

  真相確かめに私に尋ねたらしい q

  しかも大元は私のせいになってるし punpun

  推定の話が確定に。

  しかも誰も行くなんて一言も言ってないのに

  どうして、話がここまで曲解するんだ!?

  ・・・不思議。

  

        つづく  次


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

   スターだ」の歌詞の一節から拝借しています 富士山


  

  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
気になります
じぞう | URL | 2008-10-25-Sat 19:55 [EDIT]
どのような展開になったのでしょうか?
とても気になります。
ボランティアって色んな形があると思うんですよ。
たとえ現地にいけなくても、心を送る事はできますからね。
物でもいいし、メッセージでもいいと思うんです。
元気を与える事、力を与える事ができればどんな形でも、それはボランティアになるのじゃないかなって、思います。
インド仏教の世界にはありますね。
布施は菩薩行だから、。
施した相手に感謝して合掌するんです。
話がそれましたね、
続きが気になります。
何事も無かったのでしょうか?
つづくんですか@@
愛音 | URL | 2008-10-25-Sat 20:10 [EDIT]
えっえーヽ(-0-ヽ)Ξ(/-0-)/ えー
このあとどうなったのか気になりますw

もう15年も前の話なんですねえ
当時の記憶ってほとんどなくて
ニュースで毎年「あれから○年」って聞くくらいで
天災ってやっぱり怖いですよね。。

現地に行くってすごく大変ですね@@
ボランティア活動って私も何度か参加したコトあります
赤や緑の羽根とか懐かしいです^^
無償の愛が全てに通じるボランティアな気がします♪
ご訪問・コメントありがとうございました。
syuuhou | URL | 2008-10-26-Sun 21:20 [EDIT]
多くの人が、無意識に身体が動いてしまうような衝動を
探し求めているんでしょうかねえ。
それができない環境だったり、気を回しすぎて躊躇して
しまったりで・・・。
それでも、あの震災の教訓は、伝わっている人には
備えとして、しっかり伝わっておりますね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。