月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罪深きパレット
   「イカロスの翼」



 遠い  遠い

 ギリシャのイカロス

 蝋で作った重たい翼

 太陽の熱で溶けて

 あわれ  イカロス

 まっさかさま


 昔  昔

 ギリシャのイカロス

 一生懸命作った蝋の翼

 我が身を振り返らず

 あわれ  イカロス

 まっさかさま


 どこまでも  どこまでも

 堕ちてゆくイカロス

 父は天から見下ろしている

 涙を流してももう遅い

 後悔してももう遅い

 あわれ  イカロス

 まっさかさま


 堕ちて  堕ちて

 どこまでも

 堕ちた先は地獄の果て

 己を顧ず

 驕った罪

 あわれ  イカロス

 もうたすからない


 一生  重い鎖に繋がれて

 一生  天の恵みも受けられず

 真っ暗の中で

 生き地獄


 やがて声嗄れ  体枯れ

 それでも許されぬ

 重い罪

 父の声も届かず

 ああ  あわれ


 死んでも鎖は外されない

 重い  重い

 鎖を引き摺って

 いつまでも生きてゆくがよい

 イカロスよ


 あわれ  イカロス

 恥じるがよい






 ギリシャ神話からの題材です。前も載せましたが、

 案外悲劇的な話が多いので、想像力をかきたて

 られます。

 そういえば、昔「みんなのうた」?で、イカロスの歌

 があったような気がします。あの歌も悲劇的な歌詞

 だったと記憶してますが・・・。

 この話はギリシャ神話の中でも結構メジャーだから

 知っている人も多いのでは?

 どういう話かは長くなるので、ここでは割愛しますが、

 簡単に説明してしまえば、詩の通り、蝋で作った翼で

 太陽めがけて高く飛びたいと愚かに考えたイカロスは

 父の止める声も聞かず、飛んでしまい、やがて蝋が

 溶け、イカロスは死んでしまう・・という話です。

 自分の力を過信してはいけない、という一つのテーマが

 どうやら隠された話のようですね。

 この話については、いずれ紹介したいなあと思っています 



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「愛と死の輪舞」

   の歌詞の一節から拝借しています  




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


 
 
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

taiomi5550 | URL | 2008-09-07-Sun 20:18 [EDIT]
どうもです。
なんか最近の未成年の犯罪を連想させる詩です。
ひと時の感情でわれを忘れて取り返しの付かない事をしてしまう、全く一緒じゃないですか。
でも違う所がある、イカロスは「やがて声嗄れ」と言う事は自分の非を認めてる。
がっ、しかし現代は自分のしたことに反省をするという事をしない子供が多々居るのが現実です。
自分が正義とでも思ってるんでしょうかね?
現代っ子の理解できない心の内の一つです。

orfe | URL | 2008-09-07-Sun 20:19 [EDIT]
なんか救われない話ですね。
自業自得ですか?
元がそうなのだから新作で以て更に足蹴にすることもなかろうと思いますが。

じぞう | URL | 2008-09-07-Sun 21:43 [EDIT]
イカロスか~・・・
父の一言ですね、多分父親も夢を見たでしょう?父親は自分を抑えて父親となった。
そして、息子へどれほど諫言したでしょうか?でも、イカロスは、聞けなかった。
若さゆえに、驕ったのでしょう。
自身の子を、父と同じように諭す事も無く
ただ、こうして、後世に教訓を残した。
イカロスよ、君は太陽には愚かにも負けはしたが、人々の心に深く残った。
イカロスよ、恥じる事はない。胸を張れ・・・
と言った心境です。
忘れてました。コメントどうも・・・またまたタイムリー!?今日箱根に行ってきました。
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
智太郎 | URL | 2008-09-07-Sun 22:52 [EDIT]
ポチポチしときました(●^o^●)
「本」を出版する為の大切な御意見、誠にありがとう御座いました。
堕天使一休
MEGA一休DETH | URL | 2008-09-07-Sun 23:45 [EDIT]
落ちる、落下してるのに、堕ちるがしっくり、しっくり、漢字が違えば、感じも違う。「うまいっ」
自分で言うな~ ギリシャ神話っていいますか、神話って あらゆる物語の原点であると思うのです。神話全集て、どうしてあげに高価なんでしょうか?1番好きなのは「ドゴン族」のエピで確か、アフリカの部族で「シリウスβ」って決して肉眼で見えない星の話が その部族に伝わってるようで・・・興味津々であります。新撰組~小説~ギリシャ神話ってはっ、はっ、幅広すぎでポン!今日もゲリラ雨 多分、パラリンピックの影響?夜分に失礼しました。

だっちゅ | URL | 2008-09-08-Mon 00:39 [EDIT]
こんばんは
ん~~v-293
コメントを拝見させていただきましたが、
こちらもまた皆様、奥深いですね(^^''

過信すると、確かに危険ですが自立するためには冒険も必要です。と
素朴に思うだっちゅです。

こちらこそ、マンガみたいなブログに訪れて、コメントまで残して頂き有難うございます。

サクラサル | URL | 2008-09-08-Mon 09:23 [EDIT]
自分の才能におぼれてしまって周囲の声が聞こえない・・・これが一番の失敗のパターンですよね
物語って何かしら教訓があるから、色々考えさせられます。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。