月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥歯も凍るような
   「手毬唄」


 てんてんてんまり  てんてまり

 一つに父死んで  二つで母死んで

 三つで兄死んで  四つに姉が死ぬ

 五つに弟死んで  六つで妹死んで

 七つで赤ん坊死んで  八つに犬が死ぬ

 九つに猫死んで  十でとうとうわたし死ぬ


 てんてんてんまり  てんてまり

 明日はいつくる  てんてまり

 明後日いつくる  てんてまり

 明々後日いつくる  てんてまり

 その次いつくる  てんてまり


 くるもんか  くるもんか  てんてまり

 この世の終わり  てんてまり


 早くいこいこ  てんてまり

 鬼のくる間に  てんてまり

 あの世にいこう  てんてまり


 てんてんてんまり  てんてまり

 てんてんてんまり  てんてまり


 おとっつあんもおかっつあんも

 いなくなった

 にいさんもねえさんも

 いなくなった

 おとうともいもうとも

 いなくなった

 
 あかんぼも

 いなくなった

 いぬもねこも

 いなくなった


 てんてんてんまり  てんてまり

 とうとうわたしも

 いなくなった





 イメージしたのは、疫病や戦争です。幼い子

 たちが無邪気に歌う手毬歌には、たまにぞっ

 としませんか?

 無邪気に歌うからこその無常観というか、純粋

 が故の罪深さというか・・・。

 昔から歌い継がれている子守唄や手毬唄は、

 いわばマザーグースのように、その地その地の

 隠された事柄を唄っているものが多いですよね。

 そういうのをイメージしました。

 ちょっと怖くなっちゃったかな。



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲エロ

   ティカ・セブン」の歌詞の一節を拝借してます 歌那



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

サトシ | URL | 2008-09-10-Wed 13:47 [EDIT]
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!

かめとと | URL | 2008-09-10-Wed 21:30 [EDIT]
なんとも恐ろしく、そして悲しい詩…
純和風ホラーな世界ですね……
古くから歌い継がれてる歌は
昔あった戦や陰惨な事件、因習などに基づいたものも多そうですね。
意味はわからなくとも不吉な感じがするというか。
手毬唄
じぞう | URL | 2008-09-10-Wed 21:39 [EDIT]
こんばんわ
とおりゃんせとか、かごめかごめ、なんて唄も
怖い所ありますね。
後は、童話関係も実は、教訓話的なのが多いですし。狼と少年、赤頭巾なんてのは、かなり原作はやばいですよね。
暗い話題かもしれないですけど、この先、環境の変化で、流行る病気もかわってきます。
そんな時に、あわてない自分になりたいものです。
悪魔の・・・というよりも
MEGA一休DETH | URL | 2008-09-11-Thu 02:10 [EDIT]
 アガサ・クリステーの香りが!やはりマザーグースがからんでやりましたか?
「そして誰もいなくなった」陸の孤島版を想像。砂漠版は似合わない、最近 記事よりコメに力いれてます。酩酊状態にて小説の最終回 素面の時の楽しみにとっておきんぐ!
泣く子も黙る丑三つ時にすみません、我が記事面白く感じられるとは 相当IQが高くないと、自分では意図してないものですから、
周りにはたくさんオーモーロな記事転がってますし、有難う御座います。寝ます。失礼します。
怖いですね><
愛音 | URL | 2008-09-11-Thu 03:12 [EDIT]
けど私も丁度先日「かごめかごめ」を題材にした詩を書いたところですw

マザーグースやグリム童話って実ゎ結構残酷だったりしますよね

ああいった雰囲気を出せるところがすごいと思います(>_<)b

和風ホラーまた期待していますw
おはようございます
ほんじゃけ | URL | 2008-09-11-Thu 06:50 [EDIT]
今日は早朝からブログに挑みました。
古くからの童謡には、何か日本独特の庶民が苦悩する姿のイメージがありますネー。
シャボン玉の歌も・・・・  ぁ 遠野物語を思い出しました。
サトシさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-09-11-Thu 11:33 [EDIT]
コメント有難うございます☆

こんなブログですが、見に来て
頂けて、とても嬉しいです。
有難うございます☆

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。