月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通り過ぎる風の汽車
   「夜汽車」



 瞬く星に向けて夜汽車はゆく

 汽車は何を乗せているのか

 汽車は何を降ろすのか


 何も乗せはしない

 何も降ろしはしない


 夜の星に向けて今日も夜汽車はゆく

 汽車に乗れる人はいるのか

 汽車から降りれる人はいるのか


 間に合わなかった人は二度と乗れない

 降りれなかった人は二度と大地を踏めない


 闇を遮るように明日も夜汽車はゆく

 汽車には誰でも乗れるのか

 汽車はいつまでも消えずにいるのか


 キラキラ光る星の切符がなければ乗れない

 何かを見失ってしまったら見えない


 夜汽車は今日もゆく

 誰も乗せずに

 誰も降りずに

 今日もゆく


 いつ我々は降りたのだろう

 いつ我々は乗れるのだろう


 いつまでも

 いつまでも

 乗れないのだろうか


 このまま

 このまま

 乗れずにゆくのだろうか





 ひじょうに抽象的な表現なので、良い方にも

 悪い(というか暗い)方にも見えると思います。

 夢や希望や思想。

 犯罪や信仰や愛。

 この中での夜汽車の立場はいい意味なのか、

 あまりいい意味ではないのか。

 みなさんならどんな風に捉えてくれるでしょうか・・



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HA

    IR」の歌詞の一節から拝借しています  かね



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
抽象的ですねー^^
愛音 | URL | 2008-09-29-Mon 16:26 [EDIT]
私が感じたのゎ
この汽車ゎ「想い」を運んでいるように感じました^^
夜汽車という言葉にもそれを連想させられます^^
良くも見え、悪くも見え
希望でもあり、絶望でもあり
期を逃すと手に入らない光
期を逃すと抜け出せない闇

そして宮沢賢治の銀河鉄道の夜を思い出しました^^
素敵な詩です(>_<)b

ラルフ | URL | 2008-09-29-Mon 16:53 [EDIT]
時の流れを感じますね。
流れに乗れれば、そのまま一気に進んでゆける。
乗り遅れてしまったならば、一生追いつけないかもしれない。
でも、時は止まってくれない。
だから、今日もみんなが夜汽車に乗ろうとする…。
こんばんは♪
ケルベロス | URL | 2008-09-29-Mon 19:57 [EDIT]
夜汽車 って 人の想い・夢を乗せて
運んでくれます。
その先に あるのは 『幸せ』か『不幸せ』かは
行ってみなければ 分からない事なんでしょうね。
乗ることは 案外 簡単なのかも・・・
でも 降りる事の方が 難しいのでは・・? って
思いました。
ほ~し~づ~きくんっ!(右京風)
JUDAS一休PRIEST | URL | 2008-09-29-Mon 21:36 [EDIT]
また、模様替えしてるじゃあありませんか?
「ANGEL OF RETRIBUTION]
初訪問の時の壁が未だに記憶にありますよ~!
マイ風呂にてコメ返し追いついてまへん、すみませぬi-275
汽車しかも夜汽車よ、今夜もありがとう。言うテル場合やないわ、
電車やったら この詩 雰囲気全然ちゃいまんな?動力源の問題?ちがうかっ!
あたしゃ、銀河鉄道999イメージ 
でも抽象的なのいいですね、いろんな空間想像できますし、
あてくしは正の方向でとらまえましたが、なにか・・・いつも勉強になります。
お忙しいのに年貢も有難う御座います。
あいかわらずの
脱線コメントすいません、でも今回の記事 汽車だけに?って 
本当 異端審問官おったら、即処刑される一休でした。
また お邪魔します。頑張って下さいね、
失礼しますi-259
夢と現実
じぞう | URL | 2008-09-29-Mon 23:05 [EDIT]
汽車は思いを乗せて走る物でしょうかね?
その汽車は、沢山の人の色々な思いで溢れている。
それを、目的地まで運んでいくのが、この汽車の仕事。
そして、人は汽車から降りた時、夢と言う名の切符の代わりに、現実と言う名の道を歩き始める。
のかも?
こんばんは
さすらい | URL | 2008-09-30-Tue 00:10 [EDIT]
汽車という名の人生の旅に
様々な糧を乗せて
頑張って行きたいものです。
応援♪
汽笛
森野帽子 | URL | 2008-09-30-Tue 02:46 [EDIT]
こんばんは。
何となくですが、その汽車に淡々としたイメージがあって、
運命そのものを指す様な感じがしました。
乗降の有無は、その汽車だけが知っているなんて……
幻想的であり、また哲学的な詩ですね☆
希望
まほ | URL | 2008-09-30-Tue 08:01 [EDIT]
おはようございます。
私は明るくとらえます。
きっときっとあきらめなければ、乗れるし降りられると信じています。
駄目と思った瞬間から、脳はできない理由を探し出すそうです。
未来への希望は絶やしたくないですね。
ご訪問ありがとうございました。
syuuhou | URL | 2008-10-01-Wed 01:38 [EDIT]
いろんな感じ方ができて面白いですね。
私などは、汽車からとっくに飛び降りたつもりでいる
んですが、実は、しっかり乗っていた!
という心境でしょうか・・・。
だから、今宵も v-275 !^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。