月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
髪の毛に潮風の夢
   ふたりの恋の城ヶ崎~  by ロス・プリ


 あ~・・・人生険しき。

 路も険しき哉・・・

 どれぐらい歩いただろう・・。

 涼しい筈の気候なのに、汗が・・・ (笑)

 多分、吊り橋まではゆうに30分弱は歩いたと思う。

 あんまり険しいんで、

 「結構キツイね~」

 と、前を歩く夫婦に言ったら

 「「うん・・・」」  腟

 う、うわ~!! めっちゃ、テンションひくっっ (笑)

 しかも、声重なってるし。

 おもろい夫婦やなぁ あはは

 やっと見えてきましたよ。海! 海 クリック


20080922204834.jpg

 やっぱり岬だけあって、波は荒いですな~。

 風も結構あるし。でも、天気には恵まれたようだ。

 かっこ雨の城ヶ崎かっこ

 歌通りにならなくてよかった。いや、こういう所って雨も似合う

 んだけどね。中々、情緒もあって乙なものだけど。こんな険し

 いんじゃ、やっぱり危ないし。滑ったら危険だから。降らなくて

 良かった 照れ

 それにしても、険しき路はなお続く・・・

 
 お! 城ヶ崎ブルースの歌碑、発見 絵文字名を入力してください


    20080922205939.jpg

 作詞は星野哲郎さん。この記事の前に書いた「雨の城ヶ崎」、

 これも作詞は星野さん。歌っているのはやはり二曲ともロス・

 プリモス。私の生まれる前のグループサウンズですが。

 この二曲は知っています。結構、歌謡曲とか昔の歌好きなの

 ですよ (笑)

 さあ! 吊り橋到着です。ふぅ~。いい汗掻いた (笑)

 案外、人がいる・・・。

 吊り橋に人  人  人・・・

    20080922205941.jpg

 こんだけ一気にみんなで渡ってたら、吊り橋の醍醐味とか

 恐怖心とかは薄らぐね (笑)

 でも、風もあるし大勢の人が乗ってるせいか、案外揺れま

 したよ  キw jumee☆boom1Lb

 お母さんもたーちゃん(父)もはるか彼方 (笑)

 あの人たちには景色を見るとか、のんびり眺めるとか、そう

 いう心情は持ち合わせていないのかねえ・・・。

 何も見ずに渡り終わって、こちらを待っております。

 私はというと・・・

 そんな無粋な連中を待たせて

    20080922205944.jpg

 カシャリ  かめら

 いや~。頑張った、私 (笑)

 ちょっと怖かったけど、このブログに載せるため勇気を振り絞っ

 て、橋の上から下の海を撮ったぞ! かお

 もう一枚記念に

      20080922210425.jpg

 ちょっと曇り空だから、あんまり綺麗に写ってないけど。

 ・・・それにしても、たーちゃん。

 よく渡れたなあ。高所恐怖症なのに (笑)

 きっと、これだけの人だかりだから紛れるように渡ったのだろう・・・。


  このまま一生 相合傘でぬれてゆきたい雨の城ヶ崎 腟

                  by「雨の城ヶ崎」

  咲けよ 匂えよ 湯の花すみれ あしたのことは言わないで 

                  by「城ヶ崎ブルース」


                                     次


   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「松田の子守唄」

    の歌詞の一節から拝借しています  ひつじのようなもの



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
人だらけ
じぞう | URL | 2008-09-23-Tue 15:13 [EDIT]
こんにちわ
ホント人沢山いますね。
確かに、これだけ人がいると、ドサクサにまぎれて
渡れちゃいそうですね。
橋から海よく撮れましたね。
こんな時、ついつい落としたらどうしよう
撮らないで、しまっとこう。みたいに・・・
貧乏性なんでしょうかね??
吊り橋ぐ~!!
MEGA一休DETH | URL | 2008-09-23-Tue 20:57 [EDIT]
でも人多すぎ~ イメージは常に「インディジョーンズ
魔宮の伝説」の例のシーン
特に古い吊り橋とか渡る時のどきどき感がたまりまへん。なかなか近所にないので、映像でしか、奈良県か和歌山県に日本一長い吊り橋あり、人多すぎて断念した思い出がヨミガエリました。あんまり多いと興醒めしちゃいやすね、しかし、これまた写真写りがv-40
まあ、それは さておき旅行記って、いいもんですね
ちょいと旅心芽生えた一休でした。
また、お邪魔します。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。