月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄昏が空間(そら)に映した異常な未来
   ガイアとクロノスの復讐~ギリシャ神話 ③


 前回の紹介からかな~り時間を隔ててしまいました(笑)

 久し振りに続きを更新します 絵文字名を入力してください

 前回では、母ガイアの、夫ウラノスに対する復讐を息子コロノスと

 共に果たすことを決意した所まで紹介したので、その続きです。





 クロノスは、ガイアに授けられた鋼鉄の大鎌を持って父ウラノス

 待ち伏せした。夜になって、ウラノスがいつものようにガイアに覆い

 かぶさった時、クロノスは物陰から忍び出て、ウラノスの陰部を切り

 取り、遠くへ投げ捨てた。ウラノスの傷口から流れた血は大地に滴

 り、月満ちて、復讐の女神エリニュスたち、巨大な怪人ギガスたち

 メリアと呼ばれるとねりこのニンフたちを生み出した。一方、波立つ海

 へと投げ込まれた陰部からは、やがて白い泡が湧き出でて、愛と美

 の女神アプロディテが誕生した。

 こうしてクロノスは今までウラノスが握っていた世界の支配権を奪い、

 自分の手中に納めた。


  注) とねりこ~山地に自生するモクセイ科の落葉高木。

     ニンフ~山野・河川・樹木などの精霊。

     アプロディテの名前は、アプロス(泡の意)に由来している。

     ギガスはジャイアントの語源。

     
 
 父親殺しはここからすでに始まっております。

 それにしても、なぜ陰部を切ったのか・・・謎だ。

 あんな美しい女神、アプロディテは実は父親の陰部から誕生したの

 です。

 ちなみに、ガイアとウラノスの子らを紹介しておきます。

   オケアノス(大洋神)

   テテュス

   コイオス

   ポイベ

   ヒュペリオン

   テイア

   クレイオス

   イアペトス

   クロノス


   レア

   テミス(掟の女神)

   ムネモシュネ(記憶の女神)


   キュクロプスたち(一眼巨人)

   ヘカトンケイルたち(百腕巨人)



       注) 青は男

          ピンクは女


 それにしても子沢山 (笑)

 この中で、キュクロプスたちとヘカトンケイルたちを除く子供たちを

 ティタン神族と呼びます。

 かわいそうに、巨人たちは仲間には加えられていないのです・・。

 ちなみに、ティタンは1912年に処女航海で沈没した豪華客船タイタ

 ニック号の名前の由来ともなったそうです。


   さあ、次はいよいよゼウス誕生。次回、書きます。



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田さんとミスチルの

  桜井さんのコラボ曲「奇跡の地球」の歌詞の一節から拝借して

  います   紫陽花・紫



 にほんブログ村 ポエムブログへ


   
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
サトちゃんクロちゃん
Dolly | URL | 2008-10-24-Fri 10:47 [EDIT]
クロノスと聞けば、思い出すのはゴヤの「我が子を食らうサトゥルヌス」

ギリシャ神話やローマ神話の神ってば、なぜか非常に人間くさいと思うのは私だけでしょうか?

惹きつけられる魅力でもあるんですが・・・。

美の神アフロディーテに陰部の話題が付き物なのにも、ほんの少しの違和感と共に深い情愛を受けますね^^

ただ人間が隠すだけで、命生まれるところは全て美しい。

たとえそれがオヤジの○○だとしてもw

この根付く羞恥心は・・・ハッ!?アダムとイブが悪いのか!?ww

しかし、この空想力と表現力。古の人の感性にはつくづく脱帽します。

メルヘン・ファンタジー・・・そんな言葉で収まりきれない壮大な詩が

これらが神話と呼ばれるゆえんなのでしょう。。。感無量。

ときめきます。
ジャッ子 | URL | 2008-10-24-Fri 12:24 [EDIT]
こんにちは。
ギリシャ神話はなんとなく知ってましたが、こんな成り立ちだったのですね!面白かったです。
神話と名のつくものは割りと好きです。小さいころに「世界の神話」的な本を読み漁った記憶があります。
それにしても民話や神話って割と世界共通なところがあって、おっしゃるとおり面白いですね。人間の考えることなんて世界中一緒なんですかね。
話は飛びますが、ギリシャが多神教だったのに、今のヨーロッパ世界が一神教というのも不思議な感じですね。
次の楽しみにしてますね。
神話
じぞう | URL | 2008-10-24-Fri 23:12 [EDIT]
神話の世界、
なんと言うか人間くさいのか?
はたまたかけ離れた世界の出来事なのか?
現実的なようで非現実的な世界ですよね、神話は。
最近神話と言うと、何故か日本の神話もそうだし他の国もそうなんですが、
どことなく、似ているように感じるときがあったりします。
まあ神話ではないですけど、アダムとイブが、
イザナギ、イザナミのようであったり、
そういえば、昔アリオンと言う漫画がありました。
ギリシャ神話がテーマになっていましたね・・・確か?
ティタン族で、思い出しました。
あの漫画だとゼウスなんて、とんでもない悪代官みたいな親父になっていた様に想います。
でも、アフロディーテが・・・から生まれたと成ると、う~ん考え方を変えないと、
人生が辛くなりそうです。
そういえばウラノスは天王星の事ですよね?
いつもながら、冬灯さんの記事は多種多才で楽しませていただいております。

ギリギリギリシア
ゼウス一休メデューサ | URL | 2008-10-25-Sat 01:13 [EDIT]
 それにしても神話は興味深いでアリンポスv-40
全ての物語の原点とつくづく思います。
以前の記事にも同じような米を供給したかもですが・・・
クロノスコロスノウラノスウスノロ「ややこしいわい」
いっ、陰部切断ってブログコードぎりぎり阿部定?
神話シリーズにそろそろ触手を伸ばしたいのですが
参考にさせてもらいますねん
「タイタンの戦い」って作品をまたまた見たくなりましたわよんv-41
夜分に訪問 失礼 v-527が1匹v-527が2匹
v-527が3匹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・v-527が1930000000000000000000「どんだけ寝られへんねん」v-395
いつも、有難う御座いますv-436
では、また お邪魔します。

かめとと | URL | 2008-10-25-Sat 22:40 [EDIT]
ギリシャ神話の神々の名はちょこちょこ知ってはいるのですが
こんなに混沌としたものだとは。
ギリシャ神話に限らず、創生神話というのは
たいていドロドロしている感じがします。
神話は断片的にしか知らないんですけどね。

もうひとつ気になるのが、
神話の神々ってものすごく自己中心的でワガママ放題な気がすることです。
自然の営みと人間がやってきたことの象徴、
あるいは擬人化したもの、ということなのでしょうか…

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。