月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壊れて消えた夢のシャボン玉 2
   「飛べない小鳥」



 私は飛べない小鳥

 籠の中でだけしか

 生活できません

 毎日ご主人様の

 ご機嫌をとって

 おいしい餌を

 ただ待っている



 命令されるがままに

 唄を歌って

 かわいい仕草をして

 利巧な振りをして

 そうして生きてゆくしかないのです



 今までそれが

 当たり前だと思って

 生きてきたけれど

 あなたと出逢って

 知りました

 私は飛べない小鳥だということを



 あなたは

 自由気ままに

 大空を飛びまわり

 自分の意志で

 生きている



 私は?



 私の人生は籠の中



 水と餌しかない

 この籠の中

 他には何もない



 私はあなたを追って

 籠から飛び出しました



 自由なあなたに憧れて

 私も連れていって

 ここから連れ出して



 あなたは素敵に笑ったから

 私はご主人様を捨てて

 安全な生活を捨てて

 飛び出しました

 大空を求めて

 あなたのいる

 その世界にいくために



 窓辺から

 そっと

 翼を広げて

 私は飛んだ

 あの太陽めがけて

 広い大空へ



 けれど私の翼は

 思うように動かない



 あなたのように

 羽ばたかない



 私は飛び方を知らない小鳥

 そう私は

 飛ぶことができないのです



 飼い慣らされた小鳥は

 決して飛べない

 翼は飾りでしかなくて



 私は地面へ

 真っ逆さまに

 落ちてゆきました



 ---一筋の夢を残して



 嗚呼

 あのままずっと

 籠の中にいれば



 嗚呼

 あのままずっと

 唄さえ歌っていれば



 ---あなたに出逢うことさえ

 なかったならば



 私はずっと安全な

 籠の中にいられたのに



 私は飛べない小鳥





 小鳥にとって、どっちの生活の方が

 幸せだったのか?

 自由を選んだその代償はたかかった・・・

 選択が悪かったわけじゃない。

 あまりにも無垢で、あまりにも純粋すぎた。

 そして、飛ぶ練習もせずに飛ぼうとした

 過信ゆえに・・・

 ・・・・・・・・



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「飛べないモスキート」の歌詞の一節から

   拝借しています  うさぎ


 にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

いき♂ | URL | 2008-10-23-Thu 12:47 [EDIT]
拝読しました。

「ぼくらは飛べない鳥じゃなかったはず
 君は翼があることを知って 恐かったんでしょう?」

私は、甲斐よしひろ「ポップコーンをほおばって」の一節を思い出しました。
あーやばいこの詩(>_<)
愛音 | URL | 2008-10-23-Thu 15:26 [EDIT]
久々泣けました(*ノ-;*)

なんか過去こんな想いをしてた時期があって

籠の中だとわかっていながら満足してた日々
だけど自由な彼を追おうとして失敗した私
まんますぎてホントだめですこの詩w

冬灯さん許してくださいーって感じですww
泣かさないでーw

| URL | 2008-10-23-Thu 19:57 [EDIT]
あぅぅ。。
なんだかとっても切ないです。。
出てみて、初めてやって気づく事
それが良いことばかりではなく、悪いことのほうが多い・・・
やって後悔するかやらないで後悔するか
とても、考えるところですよね。
こんにちは。
セキタイ | URL | 2008-10-23-Thu 20:57 [EDIT]
何度か読ませていただいてますが
コメントするのは、はじめてだと思います。

素敵な詩ですね^^

墜落したとしても
息さえあれば
また這い上がれる

決して飛べなくても
私には足がある

でも 私は空を飛びたい
大空を駆け巡りたいんだ
----
どんなに辛いことがあっても
空(目指すもの)を見失わないでくださいね。
ご訪問・コメントありがとうございました。
syuuhou | URL | 2008-10-23-Thu 22:03 [EDIT]
おそらく、どっち は無くて
選んだほうがすべて というメビウス現象なんでしょうかねえ?
人間もそうですね。
選ぶ前は、複数あって 一つに集約し
また、選択ができて・・・の繰り返しで生きているような気がします。
過信がゆえ でも
ひとつの尊い(選択)生き方だった と思います。

rayart | URL | 2008-10-23-Thu 22:32 [EDIT]
後悔がある限り、どちらも幸せではないように思います。
幸せは結果ではなく、想いの強さ。
羊羹はよう噛んで
ローゼン一休メーデン | URL | 2008-10-23-Thu 22:48 [EDIT]
 いや~ おしゃれな店があり 美味しそうなケーキとか
しかし、量が多くなくない~?あれ お菓子~コメントする記事間違えてるv-40
へた こい~た~~~~~v-341(もうええわ)
なかなか心に「ひびき」
前読んだ「イカロス」も思い出したりしてみたり
安定した収入のある道を選んでしまった一休
ある意味 籠の中 に入ってしまい飛び立つ勇気もなし
でも、いつか きっとの夢は忘れないわよ~!
ああ酒よ
無力感
混乱
頭はぐらぐらし
目はどんよりし
心は引き裂かれる
空虚空虚空虚・・・・・・・
アップしちゃいました。
いつも、有難う御座います。
また、お邪魔します。

ゆうや | URL | 2008-10-23-Thu 22:51 [EDIT]
哀しくはかない小鳥さんの初恋ですね。

運動部のキャンプテンに恋をして、思い切って告白したけれど
「ごめん。俺、ほかに好きな子がいるんだ」
と言われた女の子の心情に似ているのかな?
・・・なんてことを勝手に想像してますw

でも、冬灯さんの詩のスケールはもっともっと大きくて
僕の想像をはるか越えた高尚な世界にあるようです。


無傷じゃ誰かを愛せない。
地面に叩きつけられて再び飛ぼうとするとき
小鳥さんは強い子になってるでしょうね。

ぬこ | URL | 2008-10-23-Thu 23:50 [EDIT]
飛ぼうと手を伸ばせば、そこに翼かある。
僕はそれを知っているのに。
君が翼を取るのを見逃したんだ。
羽ばたいた翼は決して空に届かないけれど、空を君は感じたのだろうね。
僕は地を這う人、君は空を駆ける人、ああ、住む世界は違いすぎて、遠すぎて近かったんだね。
だから立ち上がって空を見てごらん。
そこに僕らが戻る空があるから。
小鳥
じぞう | URL | 2008-10-23-Thu 23:55 [EDIT]
小鳥・・・う~ん、
どっちが幸せなんでしょう?
私には籠の鳥には餌の心配も危険な敵もいないと言う事実
そして外を飛ぶ鳥には自由である代わりに危険と言う代償もあること、
どちらがいいのか?この詩には、他人の芝生はよく見える的な、
教訓が込められているような気がしますが、深読みでしょうか?
因みに私がよく使う比喩に、檻の中の熊と小鳥と言うのがあります。
檻の中の熊は外の事が解らないから自由に檻を出入りできる小鳥達に色んな事を教えてもらうんです。
それで世の中のことを知る。要するに熊は自由な小鳥達に自分の目の代わりをしてもらうんです。
その代わりに小鳥達が餌が無い時や助けを求めている時は自分の折の中にいれ助けてあげるんです。
だから、だから檻の中にいても寂しくないし充実してるんです。
小鳥は熊と仲良くする事で餌と安全を手に入れることが出来る。
持ちつ持たれつなんです。
他人の芝生はよく見えるかもしれないけど、その情報を共有する事で自分も幸福を感じる。そんなたとえなんですけど・・・
長くなっちゃいました。ごめんなさい。

コメント有り難うございます。
毎日になった理由は他にもあるんです。
今迄はあの人だけに、こういう自分を見せるだけだったんですけど、
他にも聞いてくれる人はいるはず…って、思い始めたから数が多くなりました。
これでも少ないんです、毎日これ以上に涌いて来るので、
整理し切れなくて大変です。

ビットウィーン | URL | 2008-10-24-Fri 00:27 [EDIT]
こんばんは。

この詩に書かれているとおり自由と安全はまさに対義語の関係だと思います。
自由を求めれば求めるほど安全・安定といったものは遠ざかり、安全を求めるならば自由を手に入れることは困難になります。

私個人の生き方としては間違いなく前者でしょう。

一つだけ気になるのは仮に失敗したとしてこの小鳥のようにその人は自分の選択を後悔するだろうかということです。
以前聞いたことがある話しではお年寄りに人生を振り返って後悔していることを尋ねたところ、たとえ失敗に終わったことでもやって後悔していることはほとんどなく、ほとんどがやらずに後悔していることばかりだとのことでした。
欲しいものを手に入れる場合でも、手に入れたときがマックスの喜びであって実際にそれを持っているだけでは幸福にはなれないのだろうという気がします。

そういう意味では何かに挑戦することが人生の醍醐味だと思うのですが。

全く遊び心が無く面白みのないコメントになってしまって恐縮です。
桑田さんのお姉さん
あつ | URL | 2008-10-24-Fri 01:37 [EDIT]
こんばんは。
一日遅いですが、桑田さんのお姉さん亡くなりましたね。
さらば愛しのエリー・・・
既出でしたらすいません。
rayart さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-10-24-Fri 09:15 [EDIT]
熱い心を抱き締めて、私も詠ってゆきたいものですvv

ご訪問、コメント有難うございます☆

幸せは想いの強さ>すごく素敵な言葉を有難うございます☆
小鳥は、それでも幸せだったのかも知れませんね。一瞬でも空を飛べたのだから・・・。
安定をとるのか、自由をとるのか・・。どちらにせよ、後悔などせずに、人生を謳歌したいものですね。

コメント欄に書き込みができなかったので、こちらで失礼します(解除パスワードが解らないので)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。