月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純情ハート 2
    「会津白虎隊」



 
 城が燃える…

 私たちの青春が

 今、まさに

 赤く燃えさかる

 その狭(はざま)に在る




 父よ

 母よ

 妹は無事だろうか…




 愛した

 城と共に

 この生命(いのち)も

 燃え尽きようと

 している




 負けた恥で

 生きていくほど

 私たちの会津魂は

 卑しくない

 この眼に

 生命をあずけてきた

 城の姿を焼きつけて




 父よ

 母よ

 私たちは

 逝きます

 立派に

 会津の

 若獅子

 此処に在りと

 胸に誇りを

 抱き




 共に誓い合った

 仲間(とも)たちと

 共に

 今生の別離(わかれ)は

 この笛の音(ね)に

 託して




 信じたものを

 最期まで

 護り通すことこそが

 この故郷(くに)の教え

 その想いに

 今殉じ

 城と共に





 穢れ無き

 白彪の御魂(みたま)

 永遠に

 胸に抱くは

 愛国の信(しん)





 えーと…。歴史人物シリーズです。

 タイトル通り、白彪隊がモチーフです。

 言わずと知れた会津の隊士たち。

 年齢わずかに14、5歳の、まさに青春期の

 若者たちで結成された隊です。

 会津城が燃えていると見間違えた彼らは、

 その純粋すぎる魂のもと、割腹して果てました…。

 内、一人だけ生き残りましたが。

 会津魂って、すごく愛国精神の塊のようなイメージ

 が濃いです。まさに会津と共に生き、死んでいった

 若者たち…

 その魂を祈って…

 最後は短歌で彼らに想いを馳せました。




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「C調

   言葉に御用心」の歌詞の一節から拝借してます iTunes おんぷ




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

かめとと | URL | 2008-10-31-Fri 15:35 [EDIT]
白虎隊の純粋な信念、なかなか真似できるものじゃないですね。

先の大戦の特攻隊の人たちも
国に『殉じ』ましたが、
二度と帰ってこない彼らを見送った上官が
『彼らが神に思えた』という旨の手記だったか
を本で読んだ覚えがあります。

白虎隊と特攻隊を同列に並べていいかどうかはわかりませんが…

Dolly | URL | 2008-10-31-Fri 18:18 [EDIT]
近代史知らね~~ww笑
歴史物基本好きなんですけどねw
唯一苦手は江戸以降の近代史?って言うのかな?

多分空想に生きる若い頃の私にとって現代に近い情景が夢物語に見えなかったんでしょうね^^
今はだいぶ興味あるんですが、ここで語れるほど知らないwww

でも最近思うこと。。歴史にヒーローは居るけれど、今の現代。。。100年後。。200年後。。物語になる人っているのだろうか・・・。
この会津の忠臣達のような。。。人々の心に残るような。。。夢を与え続けることの出来るような。。。美しい日本人はどこへいったんだろう。。

外国の人って日本好きな人多いですよね。古い歴史が好きな人も多いのでしょうが、その歴史に隠された日本独自の美学。私もこの国大好きです。でも私たちの焦がれた日本の美は。。今もあるのかな。風景、街並み、心、文化。そして言葉。
大切なものを沢山なくした気がして涙が出る時があります。
コメントでこんな長文すんな!ってね(笑)
ごめんちょ!もっと沢山語りたいけどよそのおうちなんでwまた色々話して頂戴w

追記
でもそんなの関係ね~~!って気持ちが大切だよん♪元気な冬灯さんが大好きですw同士はここにいるぜよ!笑
おー熱いw
愛音 | URL | 2008-10-31-Fri 20:43 [EDIT]
アツすぎるホド熱い魂を感じる詩ですね!
そして私ゎ高熱中w
熱い同士で同調して割腹したいくらいです(ぉぃ

純粋に愛国精神の中で生まれ、育ち
死んでいった若者たち
その想いが今の日本のどこかに
受け継がれていたとしたら
少しだけ日本も変わるのカナ?
とか思いました

土方さんの続き来ましたね!
なんだか下の記事と合わせて読むと
心が武士になった気分になります(●´ω`●)
熱にうかされた病人ゎ
これくらいで退室しますねーw

守宮 月光 | URL | 2008-10-31-Fri 22:12 [EDIT]
おひさしブリブリ~v-294っス
白虎隊スかぁv-398
切ない・・・
儚い・・・
戦、戦争という事自体は良くないと思いますが・・・
特攻隊もそうですが大切な愛する人達、国を守る為に玉砕覚悟で生命を懸け戦う気高い精神が美すぃ・・・
『愛』
『志』
『気高さ』
俺も偉そうな事は言えませんが
昔の日本人にあって今の日本人に欠けている物をたくさん感じますv-496
古城
ひろ | URL | 2008-10-31-Fri 22:29 [EDIT]
風が 吹き抜けて

松が 泣く

あれは 誰(たれ)かと

呼べど 返事は帰らず

ただ 風が空しく

舞うばかり



石垣は 知る

矢玉の 跡の苦しみを

今は 苔むして

石垣は 石となり

愚かな事と 眠りつく




たか | URL | 2008-10-31-Fri 22:35 [EDIT]
地元?ですからコメントしなくちゃ^^;

純粋な思い
熱い思い
日本人らしく!
そんな気持ち
忘れないように
日本人であることを
誇れるように

私は誰かのために
死ぬことができるでしょうか・・・
管理人のみ閲覧できます
| | 2008-10-31-Fri 23:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
白虎隊かぁ~
じぞう | URL | 2008-11-01-Sat 00:55 [EDIT]
一人生き残った者の心情は、
亡くなった方以上に、
辛いのではないでしょうか?
それでも生きていく覚悟、
私にはじしんがないです。(へな猪口ですから)

白虎隊も新撰組も今日生きていたのなら、
どうなのかな・・・
ある意味では、この平和ボケに慣れてるから
上記のような人達が居たら、ちょっと怖いかも
今って勢いない時代でしょう、だからね~
無効も、こんな連中の為になんて思うかもしれないし、やはりその時代その時代のやり方が一番なのかな~
・・・そうそう旅館とかで原稿書くの、
それに憧れる訳ですよ。
微妙に性格似てるかもね?
あの人も似てたなぁ~、全然似てる様には見えないのに、何故か似てるって思ったなぁ??
やっぱり冬灯さんも似たような人かもね?

荒野鷹虎 | URL | 2008-11-01-Sat 19:34 [EDIT]
私は、薩長が好きなのですが、白虎隊だけは別に感動しています。今の若者は、「殉死」は出来るでしょうか?精神だけでも受け継いでほしいと思います。容保は守護代に選ばれたのが、運命だと思います。維新の戦いは攘夷の大儀から外れた、今の政権争いの感もあり隊士の命が可哀相で仕方がありません。情景が浮かぶほどの、感動詞でした!
玄武隊
ラム一休ダウン | URL | 2008-11-02-Sun 00:08 [EDIT]
マージャンゲームやってまして
玄武なんです。朱雀・青龍・百虎とありますが
なんにしろ名前の由来が気になるんですv-21脳内をかけめぐるのです。
WIKIで調べたら一発なのでありましょうが?
いまだに山口県の方と福島県の方の因縁ってあるみたいですね、今の日本・韓国・中国の関係も
いまだに なんだかな~ でしょうv-40
でも、米とジャパンの関係って まあいうたら
良好じゃないですか あれだけ古典パンかつ
原爆落とされたにもかかわらずですよ!
決して因縁て消えることは ないものなのでしょうか?
人間関係にもそれは当てはまるかと
おっ、久しブリーフなコメンテータが登場しておるではござらぬか~ よきかなv-17
では 楽しい週末を~v-37

kazuhiro88 | URL | 2008-11-02-Sun 11:59 [EDIT]
年寄りくさくてすみません。
いまの年代自分たちも含めて、戦争があった時どうするんだろうって思います。
現に隣には非常に危ない国もあるわけだし・・
最近の秋葉原事件、荒川沖の事件。
すごく心配です。

ゆうや | URL | 2008-11-03-Mon 00:45 [EDIT]
僕は、愛の基本は家族愛なんだと思っています。
そして、僕の家族は日本に住んでいるわけでして、
家族を愛すれば愛するほど、好きな女の子を愛すれば愛するほど
自然と愛国心とか郷土愛がわいてくるように感じます。

世界史も日本史も好きなんですが、幕末のことは詳しく知りません(汗
でも、白虎隊と西南の役だけは知ってます。

冬灯さんの詩を読んで、
「歴史を動かすのは純粋な愛である」と信じたいです。

軍事クーデターとか、そうでない場合も多いんですけどねw
管理人のみ閲覧できます
| | 2008-11-03-Mon 19:37 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
かめととさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 19:59 [EDIT]
殉じる精神って、確かにすごいですよね。そういう教育が良いか悪いか、は別にして、やはり心に訴えかける何かがありますよね。感動したり、切なかったり、重苦しく遣る瀬無かったり・・だから、まあ、命は尊いのだなあと思いますが。
殉じるという精神はきっと特攻隊の方々までの精神だったでしょうね。今は・・・逆にそういう精神を馬鹿に思う人も少なくないような気もします。悲しいですが。
いたいけな少年たちのまっすぎすぎる思いを笑えませんよね。ただ、その魂の安らかざることを祈るのみです・・・
Dollyさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 20:08 [EDIT]
江戸時代はあまり得意分野じゃないんですねvv私も幕末は好きですが、大正とか明治とかは正直、あんまりよく知らないです(笑)

確かに歴史にヒーローは沢山いますね。今の時代いるのかなあ・・・こうやって、ぱっと思いつかないこと自体、ちょっと悲しいですね・・。

日本の美学・・私も胸が熱くなる思いです・・きっと今の若い子はそういう殉じるとかは馬鹿な精神と思うかもしれませんね?でも、なぜか、笑えないんですよね。むしろ私はちょっと羨ましささえ感じてしまいます(えっ。こんなところに危険分子が(汗。

有難うございます。Dollyさんのお気持ち、しかと受け止めさせて頂きました。感涙の極み。これからも頑張ります☆
ひろさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 21:32 [EDIT]
いつも素敵な詩を有難うございますvv

石垣は知る・・・この言葉で武田信玄の言葉をふと思い出しました。

 人は石垣  人は城

この言葉好きなんです。

素敵な詩を有難うございます☆
たかさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 21:36 [EDIT]
誰かのために死ねるか・・・そうですね。私もできるかなあ?
この時代は殉じるということが一つの美学でしたからね~。
たかさんは地元でしたか!
歴史のある、深い土地で生まれ育った方がとても羨ましいです。すべてとは言いませんが、やはり少しはその土地の魂なり、精神がやっぱり繋がっているのでしょうね。それは少なからず、素敵なことだと思いますvv
荒野鷹虎さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 21:43 [EDIT]
倒幕派にも色んなドラマがあって、嫌いではないのですが、どうしても気持ちは新撰組や白虎隊の方にいってしまいます・・・。
純真無垢な若者たちが命をかけて闘う。その精神が素晴しいと思う反面、遣る瀬無さと無常観を呼び起こされますよね。
今の若者はこういった純粋すぎる魂をどう思うのでしょう・・・。

維新の戦争は半ばから意地と意地との戦いのようにみえますよね。もっと言えば、その後の西南戦争ほど愚かな戦もないと思えてなりません。人は意地のために戦争を起こしてはいけないと思うのですけどね・・。
kazuhiro88 さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 21:49 [EDIT]
私もそう思います。今もしも日本自体が戦争になったら、どれだけの若者が対処できるでしょうか・・。表向き平和の中にいるこの中だるみの中にどっぷりつかっている若者。自我の欲求のためだけに刃物をむけるその神経。
日本は教育方針をもっと見直すべきですよね。天皇万歳とまではいかぬとも、いかに戦争や命の尊いものだということを、倫理的にももっと教えていくべきですよね。いずれは今の若者たちの平和ボケがひどくなって、幕末のような悲劇がまた起こってしまうのではないか、とかなり本気で懸念しています・・・
ゆうやくんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-03-Mon 21:56 [EDIT]
歴史を動かすのは愛故・・・
ある意味そうかもしれませんね。純粋かどうかは微妙ですが(汗。
でも、この国をよくしたがため、国を愛してるから、そういう思いもきっと強い人もいたと思います。坂本龍馬とか。

家族の愛は普遍ですよね。この幼い若者たちにも家族がいて、愛する人がいたでしょう・・・彼らの純粋すぎる思いと魂が安らかであることを祈りたいですね・・

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。