月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑う人生にビジョンなんて
    「殻」



 私は人が信じられません

 すぐ裏切るから

 私は親が信じられません

 すぐ疑うから

 私は友達を信じられません

 すぐ悪口を言うから

 私は先生を信じられません

 すぐ責めるから




 この世の中の

 一体何を信じればよいのか

 「信じる」ことすら

 解らない

 常に疑心暗鬼で

 眼を合わせるのが

 怖くて

 手を触れることも

 できない




 一年中震え続けて

 到々、止まらなくなった

 あらゆる人々は

 そんな私から

 離れて行き

 まるで悪の子を

 見るが如き眼(まなこ)で

 軽蔑する




 「私」という人間が

 最初から「此処」に

 居なかったように




 眠ろうか

 少し

 そうすれば

 この泉のように

 止めども無く

 流れ出る

 涙も

 この氷のように

 溶けることも無い

 想いも

 少しは小さくなる

 かもしれない




 信じることは

 もう止めたけれど

 それでも私は

 こんな未熟な私を

 愛しているから




 愛しているから…





 人間が好きなのに、傷つくことを恐れるが

 あまり、自分の殻に閉じ籠ってしまう感情…

 決して避けるだけでは何も得られないのに。

 心が弱い?

 信じることって?

 不安な状態だと、真実さえも解らなくなる。
 
 それでも己を愛する心…

 みなさんのご意見は?




  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   の歌詞の一節から拝借してます  いちご



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
スポンサーサイト

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。