月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
故意か偶然か
   偶然か、必然か




   ※前回に引き続き、過去の日記です。

    大学生の時に行ったお遍路話です。







 この時、久し振りに大先達でもある浜ちゃんと会った。少し前

 に大病した浜ちゃんは、見事に回復していて、とてもお元気そ

 うで安心したのを覚えている。私はMさんと同じ車で、もちろん

 浜ちゃんの運転。今回のお参りは、1番霊山寺からスタート。

 予定では半分は周る。今はどこまで行ったかうろ覚えだけど(笑)

 どこのお寺だったか・・・。本堂に向かって歩いていくと、

 大きな声で御詠歌が聞こえてきた。境内に入っていくと、10

 人前後の団体がゴロゴロとした石の上に正座していた。

 先頭では黒い衣をまとったお坊さん。御詠歌が終わり、お

 経になった。私たちは、ゆっくりとお線香や蝋燭、お賽銭、

 札を納めながら、終わるのを待った。こういう時、余程急

 いでいたり、沢山の団体がいなかったりしたら、大抵はあ

 る程度邪魔にならないくらいまでは遠慮する。暗黙の了解

 というのだろうか・・・。お互いに敬意をはらったお参り

 の仕方。

 さて、私たちの番と思った時、「あっ!」  

 なんと先頭で先達していたお坊さんは、安楽寺の執事でも

 あるヤスさんだった!!

 これにはビックリ☆

 まさか、お参りの最中にこうして出会えるなんて思いもし

 なかった。それは向こうも同じだったらしく、とても驚い

 ていた。どうやら、安楽寺で募った遍路の団体らしく、そ

 の中にはヤスさんの奥さんもいた。

 夏行く前にお目見えできて良かった。それにしても不思議

 な縁だなあ・・・。ヤスさんは、体も大きくて豪快な人。

 私も小さい頃会ってはいるけど、なにしろあんまり覚えて

 いなかったので、改めてその豪快さに驚いた(笑) 

 優しく笑ってくれて、握手までしてもらったのを昨日のこ

 とのように覚えている。懐の大きそうな、いい人だな。初

 見でそう思った。今は訳あって、安楽寺にはいない。ここ

 何年かお会いしてないので、元気にしてるかなあ・・・、

 会いたいなあ・・・と思う。

 偶然なのか、必然なのか・・・。まさにお寺の中で出会え

 たということは、仏さまが引き合わせてくれた、謂わば仏縁。

 お大師さまは、私が安楽寺に行くことをゆるしてくれている、

 そう思った。まるで、間にたって仲介してくれたような、粋

 な計らい。逆に言えば、間違いなく私はバイトに行かなけれ

 ばいけない(笑) 私の迷いも不安も総て払拭された出来事

 だった。




                    つづく






 このヤスさんという安楽寺の執事だったお坊さんは今はも

 ういません。どこでどのような生活をしているのかも分か

 らない。父のように慕っていただけにそれが悲しい。

 お参り中に会えるなんんて、こんな偶然があるものなんだ

 なぁ!と感激したことを今でも覚えてます。

 こういうのを仏縁というのでしょうね。















   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「銀河の星屑」

    の歌詞の一節から拝借しています  


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

まり姫 | URL | 2012-08-05-Sun 17:37 [EDIT]
冬灯さんこんにちは~~♪

仏縁ですか~
仏教徒でないと、わからない範疇ですね^^
冬灯さんからすれば必然だったのでしょうか( ^)o(^ )
まり姫さんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-08-05-Sun 18:32 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは~~♪

こんにちは。
いつもコメント有り難うございます^^

>
> 仏縁ですか~
> 仏教徒でないと、わからない範疇ですね^^
> 冬灯さんからすれば必然だったのでしょうか( ^)o(^ )

仏が粋な計らいをして下さったように感じました^^
なにしろ、お世話になる人と遍路中にお寺で会えましたから。
縁とは面白いものですね^^

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。