月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蘇れもう一度
   1日目を終えて・・・




    ※いまだ過去日記です。ご注意下さい。

     とお~いとお~い、過去 (笑)







 その日、お参りを終えて私たちが宿泊する所は6番札所・

 安楽寺。昼間会った執事のヤスさんに改めてご挨拶して、

 若住職(現住職。この時はまだ若だった)や、若住職のお

 母さんにご挨拶をして、お茶をご馳走になって。とても、

 和やかな雰囲気のお寺だなあと思った。

 連休明けとはいっても、まだまだお遍路シーズン。

 私たちの他にも沢山の宿泊客で安楽寺は賑やか。

 みんな、とても忙しそうに動いている。

 夏も忙しいのかな・・・?

 夕飯が終わったあとお勤め。本堂に移動。故住職は高齢な

 ため、若住職がお勤めを。経が終わったあとはお話。若住

 職のお話は結構長いことで有名(笑)

 うちの父も一度話し始めたら止まることを知らない人だか

 ら、う~ん、お坊さんって、みんな同じなのかな、と思った(笑)

 食事後のお勤めなだけに、多少なりともお酒の入っている人

 が多く、周りを盗み見ると、コクン、コクンと首を振ってる

 人がチラリ、ホラリ。

 私もMさんもしたたかに飲んでいたので、いい気分(笑)

 もちろん、だからといって寝たりとかそんなことはしないで

 すよ、本当。お話が終わったら、大浴場へ。

 大きなお風呂。ゆったりと浸かって、足の疲れを癒して。

 酔いも手伝って、ほこほこいい気分♪

 無事に一日目を終えて・・・とにかく四国に来て良かった、

 と。連日やる気をおきなかったどうしようもない不安定さが

 消えて、とても充実している。生きているということが幸せ

 だなあと感じる。気持ちよく送り出してくれた両親に、連れ

 てきてくれたMさんに、大らかな安楽寺のみなさんに、総てに

 感謝を。



             つづく






 大学生の頃の憂鬱。

 今も覚えています。なにかを喪ってしまったかのような、

 なんともいえない喪失感。

 それがこの時のお遍路で前に進んでゆこうという姿勢に

 導いてくれました。

 私にとっては手を合わせるという事は一生縁のあること

 なのだろうなぁと思う。

 思えば、私という人間が寺の子として生まれてきたのも

 必然だったのかも。















   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「銀河の星屑」

    の歌詞の一節から拝借しています  




スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

まり姫 | URL | 2012-08-06-Mon 16:53 [EDIT]
冬灯さんこんにちは~♪

お寺の家に生まれたのも必然性ですか~(*^_^*)
この辺りになると精神的なものだから、そういうこともあるのかなあとしか言えませんね~
実体験しないとわからないかもしれませんね^^
まり姫さんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-08-08-Wed 13:37 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは~♪

こんにちは。
いつもコメント有り難うございます^^

>
> お寺の家に生まれたのも必然性ですか~(*^_^*)
> この辺りになると精神的なものだから、そういうこともあるのかなあとしか言えませんね~
> 実体験しないとわからないかもしれませんね^^

人の縁は粋なものといいますけど、やっぱり家族の縁というのも
出逢うべくしてそうなったのではないか、と思います^^
私は本当にこの家に生まれてきて有り難い想いでいっぱいです。


TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。