FC2ブログ
月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
生きるは寂しさを知るためか
   お遍路終えて



    ※すみません・・・まだ過去の日記編です。

     大学生の時行った四国遍路の想い出です。






 無事にお参りも済み、東京の我が家へ(当時は東京に住んでいた)。

 両親に旅の土産話など聞かせて。まだ四国の余韻が漂った中、私は

 心を改めた。

 よし!明日から頑張ろう!!  

 無駄ともいえる日々を過ごしてしまって後悔。

 でも、きっと私にはその毎日が必要だったのだろう・・・。

 でなければ、今回お遍路に再び行かれなかったろうし、安楽寺でバ

 イトをしたいなんて思いもしなかった。中学に入学してからおよそ、

 6年間。私は四国へは行けなかった。幼い頃周った遍路の思い出を

 引っ張り出して周ってきた遍路旅。

 充実した中に、新たに頑張っていこうという活力を得られた。色彩

 を欠いてしまったなら、新たに色を付けていけばいいじゃないか。

 真新しいキャンパスに絵の具で色を塗っていけばいい。高校生から

 抜け出せ切れずにいた自分にケジメをつけて、新しい一歩を踏み出

 していかなければ。私はようやくそこまで己の心を整理することが

 できた。お遍路で本当に大切なことを学んだ。いや、気付かせても

 らえた。人間は新しいことに踏み出そうとする時、何かしらのきっ

 かけと少しばかりの勇気が必要だ。

 それまで慣れ親しんだ環境が居心地良くて、離れたくないと思うこ

 とほど、別れは辛い。悲しい。でも、いつまでも思いを引き摺って

 いては成長できない。

 「卒業」----私はお遍路によって、本当の卒業ができた気がした。





                つづく






 大学生の時、本当に無気力で。

 何に対してもやる気が出ないというか、ダルイというか。

 中学・高校が一貫だったので、仲の良かった友人や先生

 たちと離れてしまったことが自分の中で堪えていたのだ

 と思う。

 人は慣れた場所から離れる時、なかなか心と体がうまく

 前を向いてくれないことってあるけど、私の場合は特に

 それが顕著だったのだろう。

 お遍路の過去日記はひとまずこれで終了です。

 このあと、夏に行った安楽寺でのバイト生活については

 またの機会に記事にしようと思います 















   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「グッバイ・

    ワルツ」の歌詞の一節から拝借しています  




スポンサーサイト




COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
no subject
まり姫 | URL | 2012-08-08-Wed 17:07 [EDIT]
冬灯さんこんにちは~~♪
環境の変化で無気力になってしまったことに、お遍路することで惑いが吹っ切れたのはよかったですね~(*^^)

私は環境の激変は幼いころから何度もあったので少々のことには辛さも感じなかったです。
それでも中学一年で父を亡くしたのはさすがにこたえました。
両親がいなくなっちゃったのだからそれはショックでした。
でも伯父夫婦に育ててもらったおかげて天然ぼけのまま回り道もしないで今も生きてますよ~(*^_^*)
元気よく行きましょう(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
まり姫さんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-08-10-Fri 15:39 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは~~♪

こんにちは。
お返事が遅くなりました。。

> 環境の変化で無気力になってしまったことに、お遍路することで惑いが吹っ切れたのはよかったですね~(*^^)

はい。とてもいいきっかけになりました。
自分を変えたいと思う時、周りからの力というのは、とても有り難く思います^^

> 私は環境の激変は幼いころから何度もあったので少々のことには辛さも感じなかったです。
> それでも中学一年で父を亡くしたのはさすがにこたえました。
> 両親がいなくなっちゃったのだからそれはショックでした。
> でも伯父夫婦に育ててもらったおかげて天然ぼけのまま回り道もしないで今も生きてますよ~(*^_^*)
> 元気よく行きましょう(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

ずいぶんと若い頃にご両親を亡くされたのですね。
中学生といえば、思春期。そんな大切な時期に親を亡くしてしまうなんて・・
とても辛かったでしょうね。
でも、まり姫さんは芯が強い方なのだと思います。
色んな経験を得て、今の素敵なまり姫さんがいらっしゃるんですね^^

はい。私も元気に頑張って生きていきたいと思います^^

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.