月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民を見捨てた戦争の果てに
   「誰(た)がための正義」



 その血の如き涙が

 あなたにちゃんと

 見えますか




 腹を空かせて

 今にも死に逝く児(こ)の姿が

 あなたにちゃんと

 見えますか




 濁った瞳(め)で世界を怨む子供たちの姿が

 あなたにちゃんと

 見えますか




 国のため

 正義のため

 宗教のため




 そこに「本物」が

 在りますか




 一家団欒もできずに

 親子離ればなれになった者たちに

 言い訳ができますか




 愛する者同士の語らいもできずに

 死に逝く若ものたちに

 言い訳できますか




 あの、赤い瞳を見ても

 何も思わないというのか

 勝利のその未来(さき)に

 一体何があるのか




 無機質なこの国を

 憂う者が居るということを

 どうか、

 忘れないで




 なんのための正義か

 なんのための戦争か

 なんのための生か




 果てしない欲望のために

 どれだけの民が

 傷つき、暗闇へ

 堕ちて逝ったか




 偽りを口にする前に

 同情を表に出す前に




 政府首脳よ

 国王よ




 どうか尊き判断を




 どうか正確な指示を




 どうか戦争の無い

 平和な世界を




 過去の魂に誓って欲しい




 願わくばーーーーー





 平和を願って。

 軍事が悪いんじゃない。

 指示する人、判断力、政治力・・・

 正しき眼で、正しき行いで、

 決して我のままではなく

 欲のままでなく

 有利の得るためだけでもなく

 ただただ、平和を

 願います・・・



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「平和の琉歌」の歌詞の一節から拝借してます すいか



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

   
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
北北北~北新地。
メガ一休デッド | URL | 2008-11-16-Sun 21:43 [EDIT]
本調子に戻ってきたようですね
いつもの鋭いエッジの利いた詩
物凄い「鋭利やん」各国首脳の豚共が 追求しているもの
「営利やん」
お後が宜しいようで いつも、有り難う御座います
また、訪問しますねん
NoTitle
だっちゅ | URL | 2008-11-16-Sun 21:55 [EDIT]
理解できますわ。だっちゅにも・・・・
ひさびさに刺す詩ですね。
とにかく、平和であってほしいですね。☆
NoTitle
ゆうや | URL | 2008-11-16-Sun 23:36 [EDIT]
自由でありたいと願えば願うほど、
博愛とか思いやりという気持ちは邪魔になります。
だから、自由を正義というなら、
これほど横暴なことはないなって考えてます。


平和を守る不自由さをいまだ我慢できないところに
我々人類の進化の余地が残されてるんじゃないでしょうか。


・・・なんちってw
平和って
じぞう | URL | 2008-11-17-Mon 00:29 [EDIT]
人々の望む平和、政治の望む平和、
私の望む平和、この星が望む平和
どの平和が正しくて、どの平和が間違えているのかなんて
馬鹿な私には何も解らない、
ただ私は色んな人に助けられて生きてくる事ができた。
チューブだらけの地獄から戻ってこれたのも、助けられたから、
だから今私は、自分が受けてきた物を自分の形で帰すだけ
この世の中に真の平和なんてありえない事、
本当の平和が欲しければこの星事なくなればいい
それが一番平等、でもそれは出来ない事
今私達に出来ることは、他を非難するだけでなく、非難する自分の愚かを認め、互いに心を交わす事なのではないでしょうか。
自分に出来る最善を、
一人ひとりが出来れば必ず平和は来るはずです。
この星の平和って、この国のお人よし根性が重要な意味を持っていると思うのですが、
騙されても騙されても信じ続けるお人よし=日本人
私はどんなにけなされてもこの国の政治を非難したくない
もし私が総理なら多分震えて仕事にならないだろう。
もし私が自衛官なら恐くて泣いているだろう。
私に出来るのは、自分ひとりでも苦しみの前では微笑む事、
苦しみの前では一緒に泣いてあげる事、そんな事位しか出来ない

平和って
人の心の温かさだと思う。

私はこんな情けない人間です。
それでも平和を、苦しみのない世界のために
自分に出来ることをするしかないんです。
自分を助けてくれた人達に恩返しする為に・・・
長くなって、しかも思いっきり私情ですみません。

でも忘れて欲しくない事が有ります。
政治家を選ぶのは誰なのか?
本当に政治から変えるのなら、選挙なんか有権者全員でボイコットすればいい、選挙が成立しなくなるんだから・・・
この系統の話は私は終わりがなくなるのでもう止めます。
すみませんまとまりがなくて,
でも冬灯さん今日は熱いですね?
一考え方として
GyakutenO | URL | 2008-11-17-Mon 01:13 [EDIT]
戦争・・・
平和・・・
自由・・・
一般世間において、どの言葉も本質が理解されてないような気がします。どれが正しいのかは分からないのですが(´・ω・`)
ボク自身、「“平和”が独立して存在することは不可能である」という考えを少し抱いてしまっています。

哀しいかな...
無力
トクベー&キーボー | URL | 2008-11-17-Mon 07:51 [EDIT]
愛し合おうと叫ぶ声も、

人の弱さを支え続けることは敵わない。

なぜなら、愛が何かを知らないから。

愛が何か分からないから。

いつも、「愛」ということばだけが繰り返されるだけで、それが何か指し示すものがない。

それが、示されたときに無視してしまったから。

もう人には何もできない。

外では、正しいことを語るが、内では、闇が支配している。

どうして、祝福を受けることが有りえよう


同感です。


戦争と平和
愛音 | URL | 2008-11-17-Mon 17:36 [EDIT]
光と闇
生と死
善と悪

表裏一体なんでしょうね
これから先どれだけ同じ過ちを繰り返せば
この悪循環を止められるのでしょうか

罪と罰
聖と邪
強者と弱者

力の使い方を誤ると
すべてが壊れていきます
何か、できないか
ただ傍観するしかできない無力さに
嘆きの念が響きます
地球に、住む家族として
ゆき | URL | 2008-11-17-Mon 19:13 [EDIT]
僕が 大きな口をあけて

ご飯を 食べるとき

あの子らは 何もない

明日も 見失う



無造作に ごみ箱へ

投げる 前に

食べることさえ 事欠く

あの子らが いることを

僕は 知っているのか

君は 知りえるのか



あの瞳は 何も

武器など いらぬ

本も いらぬ

あたたかい 心と 

あたたかい スープを



恵むのではない

施すのではない

同じ 人間として

地球に 住む家族として

一緒に 食べたい
本当に
しゃちこ | URL | 2008-11-17-Mon 20:34 [EDIT]
みんなが平和を願っているなら、
戦争なんておこらないものだと思いたいのに、
どうしておきてしまうのでしょうね…。
同じ人間なのに…と思うと、胸が苦しいですね。

また、この詩を拝見した事で、自分は平和が“あたりまえ”
の世界でなんとなく生きてしまっているなぁ…と罪悪感を
感じてしまいました。
でも、気付いたのなら、こんな自分でも何か出来ることが
あるかもしれませんものね。
もっと、がんばらないと。
NoTitle
ビットウィーン | URL | 2008-11-17-Mon 22:29 [EDIT]
こんばんは。

じぞうさんのコメントの中にある
「この星の平和って、この国のお人よし根性が重要な意味を持っている」
は大きなポイントだと思います。

人がもっているよさ、長所というものはほとんどが自分の努力で身につけたものでは無くて与えられたものです。
よいパーソナリティをもっている人というのはたくさんいます。
しかしもっているだけでは意味がなく、自分の長所というのは周りの人のため世の中をよくするために使わなくてはダメです。
それは義務や責任といってもいいと思います。
日本人が平和を愛する、自然を大切にする、思いやりがあるといったよいところをたくさん持っていたとしても、戦争なんてものは常に相手がいて起こるものです。
日本が欧米にかわって世界の支配権を握るなんてことは考えなくていいと思いますが、そのほかの点では日本が世界に貢献できることはたくさんあると思います。

冬灯さんの詩は非常に女性らしい視点からとらえた戦争観だと思いますが、男とはそういう人を守るために戦うのもまた真実です。
ほとんどの戦争を男が起こしてきたことを考えると同性としてなんだか申し訳ない気持ちにもなります。

NoTitle
セキタイ | URL | 2008-11-17-Mon 23:00 [EDIT]
戦争は悲しみを生み
憎しみを生む
憎しみは復習を生み
争いを生む。

オバマさんが大統領に選出されて
これで世界が変わるのか
見ものです。

それと、例の件、ご理解いただけてよかったです。
ありがとうございます!
NoTitle
momo* | URL | 2008-11-18-Tue 07:19 [EDIT]
おはようございます
日本はとても平和だから
なかなかこういうことは考えられないですよね
戦争は失うものは計り知れないほど大きいけど
得るものなんてあるんでしょうか
同じ過ちを繰り返さないで欲しいと
願うばかりです…
管理人のみ閲覧できます
| | 2008-11-18-Tue 13:18 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NoTitle
きらら聖人 | URL | 2008-11-18-Tue 23:05 [EDIT]
こんにちは^^きららです。

戦争・・・・・・・・・
過去・・・争うのが人間の歴史なら・・・
なぜ悲しみがこの世にあるのか教えて欲しい・・・

平和・・・・・・・・・
過去・・・助けあった事実があるのなら・・・・
なぜ憎み合うことが必要なのかを教えて欲しい・・・

つまりが・・・・・
「わがままなだけさ」
汝はそう・・・・簡単に言った!

「所詮、人は自分がかわいいに決まっている。
その事実から目を背ける限り・・・・・・
答えは、無限に現れはしない。
人間がいかに愚かな者であるかも知らない人に
それを答える資格などない。」
中国マフィアの頭首劉陽(リュウヨウ)のお言葉からでした。

やはり、人って不完全なんですよね!
歴史がそれを証明しています。
人が人を憎んだり、
人が人を殺す・・・・・・・・・・
これって、最大限そして最悪のわがままといえませんか?

ますます面白くなる・・・・サイキッカーワタルにご期待を!^^
一休さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 08:39 [EDIT]
 一休さんへ

コメント有難うございます☆

久し振りに冬灯節(笑)な感じの詩を載せてしまいました(笑)
最近は緩やかにしてましたから。さあ。この辺でちょっと本来の道に戻させていただきますvv(笑)
だっちゅさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 08:41 [EDIT]
 だっちゅさんへ

コメント有難うございます☆

久々に風刺系載せてしまいました(笑)またしばらくは続くかと思われますので・・すみません。たまに緩やかなのをなるべく載せます(汗。

平和を祈って・・
ゆうやくんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 08:47 [EDIT]
 ゆうやくんへ

コメント有難うございます☆

>平和を守る不自由さをいまだ我慢できないところに
我々人類の進化の余地が残されてるんじゃないでしょうか。

うん。逆も真なり。というやつですね。
ゆうやくんはすごく哲学的だあvv
私もこの意見、すごく納得できます・・・
せめぎ合う心と心。葛藤・・・
人間が人間でいる限りは欲望は付きまとうわけで。。
平和を訴えている人間だって、立場が違えば同じことをしてしまうのではないか、そんな気持ちも持っています・・
それでも、平和を願う気持ちだけは忘れたくはないですよね。
矛盾した考え方かもしれないけど・・
じぞう さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 08:58 [EDIT]
 じぞう さんへ

コメント有難うございます☆

確かにそれぞれの立場から望む平和の願い方、考え方は違うものですよね・・・どれが正しいのか、その明確な答えなんて存在しないのかも知れません・・・
この世の中の人間すべてを救うのなんて、無に等しいことですし、そんな考え方自体、傲慢なのかも知れませんよね・・・
ただ、思うことは、どうか戦争による孤児や疫病がなければいいという思いです・・・とはいえ、私に何ができるというものはないけれど。
政治から見た立場もあるのでしょうね・・・いちがいにすべてが悪だとは思いませんが。
じぞうさんの思いも勉強になります。有難うございます!
私も長くなってしまうので、この辺で・・・また語り合いましょう!じぞうさんも熱いですね(笑)私もすぐ熱くなってしまいます(笑)
それにしても同意見です~!
GyakutenOさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:03 [EDIT]
 GyakutenOさんへ

コメント有難うございます☆

>「“平和”が独立して存在することは不可能である」

悲しいけれど、ほんとにそうですね!
この世の中が善だけになるなんて、まずありえない話ですし、理想の範囲ですが。まるで桃源郷のような世界になればいい、とまでは私も思いませんが・・平和を望む心は忘れたくありませんよね。でなければ、人間として生まれてきたことを悲しく思ってしまいます。
自分が描く平和のあり方・・・これは持っていてもいいのではないか、と思いますvv
トクベー&キーボー さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:10 [EDIT]
 トクベー&キーボー さんへ

コメント有難うございます☆

>いつも、「愛」ということばだけが繰り返されるだけで、それが何か指し示すものがない
ああ!悲しく胸に響いてくる言葉です。
それが、人間なのでしょうね・・・
立場が違えば私だって、同じことをしたかもしれない・・・
正義と名をうって、それを疑わず?過ちを犯したかもしれない・・・

そんな風に思う時があります。立場が違えば考え方も違う・・
でも、だからこそ、色んな平和を願う声が響いてもいいですよね・・
きれいごとであろうとも、叫びも祈りもなくなってしまったら、ほんとうに「愛」を手にいれたいと思う心さえなくなってしまいそうな気がしてしまいます・・・
愛音ちゃんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:16 [EDIT]
 愛音ちゃんへ

コメント有難うございます☆

表裏一体・・・まさにそうだよね。
立場が違えば、色んな考え方もあって、どれが善かなんて判断できないけれど、だからこそ、祈るという行為は尊いパワーをもっている、と信じたい。
確かになにもできない、傍観しているしかできない私たちだけれど、それでも祈ることすらも忘れてしまったら、何が残るのだろう・・・どんな立場でも、それは違うんじゃないか、と思うことは叫んでいきたい。よね・・・
ゆきさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:23 [EDIT]
 ゆきさんへ

コメント有難うございます☆

心が響きました・・・素敵な詩を有難うございますvv

施すのではない、恵むのではない、
ただ同じ人間として・・・

いったい、こんな風に思っている人がどれほどいるのでしょう!こんな当たり前の感情を、上から目線で哀れ、同情してる人がほとんどなのではないか、と思ってしまいます・・・
そうですよね。同じ人間として・・
この気持ちを忘れたくはない。強くそう、思います。
人間として、私はなにができるだろう・・・財力も知恵もない私でも、感情はある・・・祈ることだけは忘れたくない、そう思いました・・・
しゃちこさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:30 [EDIT]
 しゃちこさんへ

コメント有難うございます☆

わかります!テレビとか本とか、まったく自分の知らない所で現実は動いている部分を見てしまうと、自分の今いるこの立場に罪悪感と、悲しみが襲ってきますよね・・・なにもできない自分、それもまた歯がゆさと、切なさも感じます・・・
でも、そんな私でも祈ること、叫ぶことはできる。平和を望む心。これも大切な私たちの「できること」なのだと信じたいですよね。
ビットウィーンさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:43 [EDIT]
 ビットウィーンさんへ

コメント有難うございます☆

私も同意見です!
確かに上にたつものはよい方向へと導いてゆくことは責務であり義務であり、責任だと思います。歴史の所々で、すべてが間違っているとは私も思わないです。力が必要だった時もあったろうし、そうせざるをおえない時代も確かにあったと思います。でもいかんせん、自分たちに力がある、もっと制圧を、と欲と過信による過ちも多々あったのでしょうね・・・
負のパワーって、時にはプラスの力さえも凌駕してしまう流れってあると思いますから・・・

責めるというよりも、人間としてのその性ともいえるべき感情が悲しい・・そんな風に思います。
やっぱりこんな考え方は私が女だから、なんですかね・・・
もしかしたらそうなのかもしれません。女性は子を産む機能があるから、余計そんな風に思ってしまうのかもしれませんね・・
セキタイさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:48 [EDIT]
 セキタイさんへ

コメント有難うございます☆

そうですね。黒人であるオバマさんがてっぺんに立ったことで、なにを変えていけるか・・・いや、変えるために彼が選ばれたのかもしれません。アメリカの歴史を考えると、ひじょうに歴史的なことですよね。

はい♪ 大丈夫ですよ~vv
momo*さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 09:54 [EDIT]
 momo*さんへ

コメント有難うございます☆

そうですね・・・私願うばかりです。
日本もイタイ目をみて、ようやく悟ったのだと思います。その教訓を後の世まで繋げてゆくことが今生きてる私たちのなすべきことなのでしょうね・・・。日本だけでなく、他の国のためにも。
それだけ、日本が食らった衝撃は計り知れないことだと思いますし・・・逆に日本はだからこそ、もっと平和を訴える強い姿勢で貧困に悩む国や人々を支援してゆく、それが罪ほろぼしの一つでもあるような気がします・・
祈りたいですね・・平和を。
きらら聖人さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-11-19-Wed 10:03 [EDIT]
 きらら聖人さんへ

コメント有難うございます☆

>中国マフィアの頭首劉陽(リュウヨウ)のお言葉
マフィアでも頂点に立つものの言葉というのは、悟りを感じます。上に立つものだからこそ、言える言葉というのはありますよね。
最大のワガママ・・・そうですね。人間はどうしたって、欲とは切っても切れない人種ですから・・・悲しいけれど、私だって立場が違えば、歴史が証明するような過ちをきっと犯したのではないか、と思ったりします。
悪なる心が育って、それに浸ってしまうと、抜け出せなくなる、まるで麻薬のようだと思ってしまいます。そうはなりたくないと思ってる人だって環境が変われば染まってしまうことだってありえますし・・・でも、抗って、祈り、願う心を失わないように過去を振り返り、戒めとして未来を見る。その姿勢を忘れたくはないですよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。