月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祈る想いを胸に 2
   「遍路唄」




 吾(われ)、懺悔すために詣(まい)った

 遍路旅

 人は噂に埋もれ

 雑言を吐き憎む




 吾、真実を求め

 尊きを求める




 笠をかぶり手には金剛杖を持ち

 同行二人(どうぎょうににん)の白装束




 階段を上がり坂を上がり

 苦しいながらも六根清浄(ろっこんしょうじょう)




 大師と共に巡礼旅

 足の重みもなんのその

 足の疲れもなんのその




 吾、生まれてきた意味を問う

 吾、人生を問う




 吾、罪を償う

 吾、生きていることに感謝す




 汗を流し喉が嗄れるまで

 経を読誦(どくじゅ)す




 瞼に浮かぶ大師の顔

 慈悲深い仏のお姿

 お接待のお気持ち




 吾、生かされている

 生きていることの喜びを

 肌で感じて有り難や

 父母にも有り難や




 驕りも憎しみも

 総て消し去る霊国の

 在り難さが身に沁みて

 無心で手を合わせる吾が心




 藤の花

 桜の花

 梅の花

 色とりどりの美しい花たちが

 迎えてくれる花遍路




 自問自答を繰り返し

 心穏やかに悟りを開き

 六根清浄と杖を突く




 大師と道連れに

 精神道場を巡る吾が心

 生命(いのち)の洗濯をし

 昨日を反省し

 今日を懺悔し

 明日に祈る




 酒を飲んでは供養のため

 賽銭しては供養のため

 


 やがて嬉しや

 満願を迎えて

 吾が眼が潤む




 ああ

 南無大師遍照金剛




 吾、独りでなし

 吾、共に大師と在り





 みなさん、たくさんのコメント有難う

 ございます。

 大変恐縮ですが、まだ多忙なため、

 この場を借りましてみなさんへお礼

 を述べさせて頂きます。

 すみません・・・

 この投稿もまだ予約投稿でお送り

 しております。・・・

 



 この詩もかなり昔に書いたものです。

 ここ1、2年は行ってないのですが、

 毎年お遍路に行ってます。

 その遍路に対しての自分なりの思いを

 書いてみました。


  同行二人というのは、自分と空海(大師)

  のことを指しています。

  大抵、四国遍路する人はいわゆる白装束

  を着ています。全身白づくめ。

  これは、死に装束でもあります。

  昔は相当険しい道を歩いていたのだから

  死を覚悟して周っていたのでしょうね。

  持ち歩く金剛杖は塔婆の意味もあります。

  つまり、道端で亡くなったら、その杖を挿せば

  そのまま墓になるという・・・

  六根清浄とは、仏教用語で、人間に具わった

  六根を清らかにすること、という意味です。

  六根というのは、五感と、それに加え第六感と

  も言える意識の根幹です。

  まあ、これを訛らすと「どっこいしょ」となるわけで。

  一種の呪文のようにお遍路さんは口にしたりし

  ます。苦しい坂や階段、山道を上る時に。

  簡単ですけど、ちょっとお遍路について書いて

  みました。

  機会があればまた語ってみようと思います。








  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「恋の

   歌を唄いましょう」の歌詞の一節から拝借してます お正月



 
にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください



       ←押してみる? j

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
まさかの再会-邂逅(かいこう)-後編
智太郎 | URL | 2009-01-05-Mon 14:39 [EDIT]
 本日から仕事はじめでしょうか?・・・お疲れ様です。  1/5書き:【まさかの再会-邂逅(かいこう)-後編】。パナ○ーム静岡退社後の遭遇か!?【サラリーマン編】 、面白い画像も存分に楽しんで見て下さい。<m(__)m>コメント等いただけたら幸いです。












 


























































ごんべえ | URL | 2009-01-05-Mon 17:28 [EDIT]
こころにずしりと響く
重くかつ深い詩ですね。

詩の重みと深さ=星月冬灯さんが
今まで辿って来た人生・・・生き様なのでしょう。

まゆみ | URL | 2009-01-05-Mon 17:42 [EDIT]
明けまして おめでとうございます。
今年も よろしくお願い いたします。

冬灯さんに とって 

    素敵な年になりますように ・・・ ^^

お忙しそうですね・・・

       お体 気をつけてくださ ~~ い !

ディヴィーナ | URL | 2009-01-05-Mon 20:00 [EDIT]
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします・・・

お遍路さんにはこのような意味があるのですか。
全く知りませんでした・・・
言葉だけはよく聴いていたんですけど(汗
おお
愛音 | URL | 2009-01-05-Mon 21:34 [EDIT]
またお姉さまらしい詩ですね!
四国遍路の詩ですか。。('〇';)

あの白装束が死に装束で
杖が塔婆って初めて知りました(>_<)
それだけの心構えで出向いていたんですね。。

今の世の中
そこまでして形のない物を得ようと
努力する人っているのでしょうか

なんだか寂しい気持ちになります
お久しぶりです
Dolly | URL | 2009-01-06-Tue 01:57 [EDIT]
長い旅に出ておりました。

今、ようやく帰還です。

コメント遅くなり大変申し訳ありませんでした。

新年のご挨拶と共に旅のご無事をお祈りいたしております。
四国
じぞう | URL | 2009-01-06-Tue 02:19 [EDIT]
四国遍路は死での旅ですからね。
お久しぶりです。
まあ、四国という所自体もも昔から色々と、いわくのあるところですからね。
最近では遠くはイスラエルとの関わりまで・・・
なんていわれるくらいでミステリー好きの私にも
興味のあるところです。
四国=死国とも言われるくらいですし・・・
一度は行きたいですけどね~
早く隠居しようっと、その前に仕事が無くなれば、
いつでもいけるかな???

>南無大師遍照金剛
弘法大師空海ですよね?
彼は、自信も一度は死を選んだほどの人ですから、何か感覚的にも、常人と違うものがあったのでしょうね。

信仰者としては、自信が信じる所である先達と、ともに歩む事は、何よりも心清らかな時のはずですから、四国遍路も苦では無かったのでしょうね?
私もいつかは人の心に語りかけるとこの出来る人としていきたいとは思いますが、なにぶん雑念が多いので、困ります。


momokazura | URL | 2009-01-06-Tue 16:09 [EDIT]
あけましておめでとうございます^^
大変遅くなりましたが、
昨年末は丁寧なご挨拶を頂き、ありがとうございました。

心が浄化されるような素敵な詩ですw
知識がないもので深いところまで詰められないのが残念ですが、
仏教は奥が深そうですね、興味が尽きません^^

お忙しそうですが、お体に気をつけて下さいませ。
またお邪魔させて頂きますね、今年もよろしくお願いしますw

planetarymoon | URL | 2009-01-06-Tue 18:08 [EDIT]
あけましておめでとうございます
今年もいいこといっぱいの1年になりますように☆

お遍路さんにはここ最近めっちゃ興味アリです
年齢のせいでしょうか?

今年は青春18切符で色々巡りたいな~
また聞かせてくださいね!!
往路復路
一休駅伝 | URL | 2009-01-06-Tue 22:34 [EDIT]
過酷な日々こそ
値打ちがある
打破打破打破
しっこく、しっこく~
四国死国
体調管理と睡眠はしっかりと~
管理人のみ閲覧できます
| | 2009-01-07-Wed 14:21 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

セキタイ | URL | 2009-01-18-Sun 20:39 [EDIT]
いつも勉強になります。
ありがとうございます^^

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。