月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜霧にむせぶシャトー
   「孤独」




 夜の闇に吠える黒いマントの男

 両の牙で白い首筋を吸い

 眼光鋭く闇を見つめる




 孤独な生

 孤独な死

 孤独な闇




 この世の滅亡が来ようとも

 男の生命(いのち)は果てることがない

 


 その赤い眼に映るものは

 哀しみか

 寂しさか




 友もなく

 愛するものもない




 月が満を持する頃

 人が眠りにつくその時に

 黒いマントの男は眼を覚ます




 月の幻想に惑わされて

 今宵も可憐な乙女の生き血を

 彷徨い歩く悲しい影




 われは神に捨てされし者

 われは人に騙されし者




 風よ

 海よ

 わが心のように狂うがいい!




 愛するものを失った悲しさ

 愛するものを奪われた寂しさ




 神よ

 そなたに解るか




 わが哀しみは此処に

 わが寂しさは此処に

 永遠(とわ)の生命をもって

 今こそ復讐す




 止める声も聞こえず

 ただ聞こえるは

 わが心の傷の声




 口から滴る赤い滴を

 舐める侘しさ




 遠くに見えるは

 わが愛しき女性(ひと)

 もはやその手は取れぬ




 神を怨み

 今日も往く

 永遠の生命と面影を抱いて





 この詩も昔に書いたものです。

 何年か前、「ドラキュラ」を見ました。

 ゲイリー・オールドマンが主演の洋画です。

 それ見て、えらく気に入ったので、題材にして

 書いたんです。

 恐いとか恐ろしいというイメージの強いドラキュラ

 ですが、この映画は少しエロティックで哀しくて、

 切ない話です 絵文字名を入力してください

 ドラキュラの過去と愛を描いていて、その心情を

 自分なりに酌んで作ってみました。










  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「HOTEL

   PACIFIC」の歌詞の一節から拝借しています  絵文字名を入力してください



   にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

     ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ
スポンサーサイト

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。