月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグスターの悲劇
   「リア王」を読んで



 また昔の読書感想文です。




   「リア王」

       作者:シェイクスピア


人形3 あらすじ 人形3

  老王リアは退位にあたり、三人の娘に領土を分配

  する決意を固め、三人のうちでもっとも孝心のあつ

  いものに最大の恩恵を与えることにした。二人の姉

  は巧みな甘言で父王を喜ばせるが、末娘コーディー

  リアの真実率直な言葉にリアは激怒し、コーディー

  リアを勘当の身として二人の姉にすべての権力、財

  産を譲ってしまう。老王リアの悲劇はこのとき始まった。

  四大悲劇のうちの一つ。




絵文字名を入力してください 感想 絵文字名を入力してください

  シェイクスピアは悲劇=喜劇であると言っている。成る程

  そうかもしれない。確かに悲しさ、辛さといった感情がいっ

  ぱいになって、それを越すと笑いになると思う。悲しすぎて

  空しすぎて、泣きたいのになぜか笑ってしまうということが

  あるではないか。人間いざそういう場面に遭遇した時、涙

  よりも笑いの方が出てくるのではないか。要するに感情とは

  反対の行動が無意識に起きるのではないかと思うのである。

  もちろんすべてがそうだとは言い切れないが、本当に感動し

  た時ほど涙が出るし、悲しすぎる時、空しい時ほど自嘲的に

  笑いがもれるものだと思う。皮肉にも反比例しているものだと

  彼は言いたかったのではないか。

  まさにこの戯曲を読んでいると、笑えてくる。リア王が末娘の

  言動に怒り、追放する理由も実に馬鹿げている。現況も馬鹿

  げているし、人物たちも簡単な性格である。「ハムレット」もまさ

  にそうだが、しかしこっちは理由がまだ正統である。最後には

  すべて死ぬが、この作品ではそういうわけではない。

  シェイクスピアの戯曲はすべて内容が暗い。しかし笑えるのは

  出てくる人物たちが個性的で狂人であることに他ならない。だか

  ら決して笑えない内容ではあるが、ダークではないのだ。ダーク

  ユーモアとも少し違うような気がする。別にふざけているわけでも

  なければ、太宰やチェーホフのように面白く描いているわけでも

  ない。だから笑えてもユーモラスではないのだ。

  個々的に見ていけば、一人一人がかわいそうな人間である。王

  という権威に溺れ、自分のことしか考えず、周りの善し悪しも解ら

  ないリア王。父を心より愛しているのにも関わらず、利巧すぎて

  追放されてしまうコーディーリア。自分の利益のことしか考えず、

  悪知恵を働かし、父王を疎外する、しかしある程度の常識を持ち

  合わせている二人の姉。そしてそれらに関わってくるあらゆる人物

  たち。しかしそれぞれが狂人と化し、破滅的に自嘲的に生きていく

  姿が異様でおかしい。だいたい自分の娘に、狂ってしまえ、呪われ

  てしまえなどと言う父親がいるだろうか。この狂人たちは教養がない

  という割りにはひじょうに詩的である。これは戯曲だからある程度仕

  方ないが、しつこい程に歌を唄い、詩を口ずさんでいる。

  この作品は、シェイクスピアの四大悲劇の一つとしてとても有名であ

  る。「リア王」は「マクベス」の速さと「ハムレット」の悠々たる長さとを

  兼ね備えた強大な作品である。人類の寓意劇と呼ばれてもいる。シェ

  イクスピアの有名な批評家ブラッドレーが次のようなことを作品に対し

  て述べている。

  「この劇の究極的な効果は、芸術の極限とも言えるほどの高みにまで

  おし進められた憐憫と恐怖が、秩序と美の感覚と巧みに融合し、私た

  ちは遂には憂慮でも、ましてや絶望でもない、苦痛の中の偉大さという

  意識、私たちには測り知れぬ神秘がもつ荘厳さの意識に至るという点

  にあるのだ」とある。確かに読んでみると、この意味がよく解る気がする。

  悲劇の中の偉大さという尊さみたいなものを味わえる。

  彼の文章は表現(表情)によってとても生き生きしたものと化している。

  この人は、ひじょうに言葉が巧い。文章というよりも単語に近い、それは

  彼独特の「言葉」というものが簡潔で、すっきりしてて信をついているから

  であろう。だからこそ、各戯曲から有名になるような言葉が出るのであろう。

  それだけ言葉で遊ぶのが巧いのだろう。チェーホフも素晴しい戯曲をいくつ

  も書いているが、彼とはかなり違う。チェーホフの場合、とても真面目である。

  悲劇は悲劇でしかなく、ひじょうに難しい。だが、表現(言葉)がひじょうに

  凝っていて洒落ている。一つ一つの会話に重みとユーモアをつけている。そ

  れがひじょうに美しい調和を生んでいる。しかし、シェイクスピアの場合は、言

  葉で遊び、表現でも遊び、そして場面、場面のリズムが良い。実に軽やかに

  テンポ良く、スムーズに読んでゆける。

  ただ軽く読んでしまえば、悲劇なのになぜか笑えて、出てくるのは狂人ばか

  りで、ミュージカルみたいに面白いとだけ思ってしまうが、もっと深く読めば悲

  劇の偉大さの中に織り込まれている心意によって、人間の不誠実・愛・真実・

  信頼といったものが見えてくる。世界の天才といわれるだけあるなとつくづく

  感じる。





   毎度、独断と偏見で綴ったものですので、ご了承下さいね。

   シェイクスピアは大好きなのですよ 絵文字名を入力してください








  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ビッグスターの

   悲劇」から拝借しています  クリスマス

 


  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
吟遊詩人へ" /> ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください
 にほんブログ村 ポエムブログ <br /><br /><br />  <a href= ← 拍手してくれるかしらん? グレープフルーツ CUBE


       
スポンサーサイト

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。