月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哀しみのプリズナー
   「無限地獄」



 おお!

 タルタロスよ

 永久地獄よ


 闇の闇

 冥界の奥の奥に

 存在する暗黒の狭間


 罪人たちが集まる都

 重い足枷を引き摺りつつ

 黒い陰を引き摺りながら

 女神たちから憎まれ

 愛に飢える者たちよ


 光(ひかり)は無い

 陽(ひ)も無い


 此処は無限の闇の中

 繰り返される

 果ての無い地獄


 もはや罪状など

 忘れてしまうほどの

 暗(あん)の世界


 おお!

 タルタロスよ

 永久地獄よ


 眠りたくとも

 決して許されず

 
 もはや朝夕もわからず

 くっきり残る痣の痕

 赤黒く黒ずんだ

 それを

 舐めては涙し

 舐めては涙し


 戻れぬ夢を思いつつ

 掠れた声で呻いては

 無限の地獄の中


 タルタロスよ

 タルタロスよ


 この者たちの罪を

 どうか救い給え


 この者たちの業を

 どうか赦し給え


 罪を負った者たちが

 行き着く場所(ところ)

 タルタロス


 未来永劫の罰を

 与えられる場所

 タルタロス


 まだまだ順番待ちは

 多く


 さてそろそろ・・・


 タルタロスが待っている






 題材はギリシャ神話からです。

 昔の詩なんですけど、確か本読んで

 心に残ったんで作ったものです・・・。

 「さてそろそろ」この続きをあえて
 
 「・・・」にしてみました。

 隠した言葉が見えますか?

 色んな解釈をして頂けたらと思います かおもじ




       ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの

        曲「哀しみのプリズナー」から拝借してます コーヒー


にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
あれれッ
ほんじゃけ | URL | 2008-07-09-Wed 17:28 [EDIT]
間違えたかと、、、

No title
かめとと | URL | 2008-07-09-Wed 23:13 [EDIT]
タルタロス…
どんな罪状で落とされるのでしょう…
隠した言葉はまだ見えません。

ひとくちに地獄といっても国や教えによって
別物といっていいほど違いますね。
仏教の地獄が一番恐ろしいように感じますが
これも日本で育ったからそう思うのでしょう。
どれに落ちても恐ろしいのは同じですから。
No title
☆月影 十夜☆ | URL | 2008-07-10-Thu 00:15 [EDIT]
こんにちは~月影です^^
未来永劫の罰を与えられる場所、タルタロス・・・
罪を負うその上にまた背負う罰の重さに沈む躯があって
救いの手、赦しの手はどこにあるのだろうか・・・など
色々考えてみたり(ノ)ω(ヾ)ウォウv-356

「・・・」の所は僕もまだまだ見えません(苦笑)
深い詩だなぁ・・・(´・ω・`) ウムゥ

こんにちは。
はるゆき | URL | 2008-07-10-Thu 01:11 [EDIT]
これといった見せ場もない(笑)サイトに、
立ち寄っていただいてありがとうございます。

自分はこちらに何度かお邪魔していましたが、
コメントするのは、はじめましてになります。

「詩」って難しく、また大変なんでしょうね。

紡ぐ言葉の少なさにあたふたしている私には、
想像できない創作力なんだろうなあと。


またお邪魔させていただきますね

ありがとうございます。
ほんじゃけ さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-07-10-Thu 10:20 [EDIT]
およ?
なんか、間違えてましたか? (汗)

ギリシャ神話好きなので、読んだ時に
なんとなく浮かんだ詩なんです・・・。
お恥ずかしい限りです///
かめととさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-07-10-Thu 10:26 [EDIT]
そうですね。私も仏教の地獄絵図が
一番恐ろしく感じます。
やっぱりアレじゃないですかね、根底に
因果応報とか輪廻とか、そういう教えが
あるから尚更恐ろしいような気がする
ような気がします・・・。

どんな罪状でしょうか。
私的には、確かこの詩を作った時思い
浮かべたのは、名前忘れちゃいました
が、神に内緒で火を盗んで人間に与えて
しまい、罰として生きながら鷲に心臓を
喰われる無限地獄の話だったと思います。
・・・ムゴイですね。
月影 十夜さんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-07-10-Thu 10:31 [EDIT]
深く考えて頂き有難う
ございます☆

深いでしょうか・・・///
いえいえ、そう思えるのは
十夜さんが物事を深く考える
方だからですよ!
こんな詩に対して、そのように
考えを巡らせてもらえて感謝
いたします i-237
はるゆきさんへ
星月 冬灯 | URL | 2008-07-10-Thu 10:35 [EDIT]
いえいえ、こちらこそ
コメントまで頂き、有難う
ございます///

私もまた拝見させて頂き
ますね☆

想像力・・・私の場合、
ただの妄想かと(笑)
たいしたものではないですが、
またお暇な時に私のへんちょこ
な詩でも見に来てやって下さいな i-179

詩以外にもぐだぐだ書いてますので(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。