月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黄昏」という字に酔っている
   冬の題材




 今日は冬を題材に短歌を載せようかと思います。

 季節ごとに載せてますが、毎回書いてる通り下手

 なので、あしからず (笑)



クローバー 冬 5首 クローバー


  冬菊の  揺れる花かげ 眺めると

     やさしく笑う 祖母思い出す




  聖なる日 冬木(ふゆき)に灯り ともるころ

     恋人たちの 夜がはじまる




  熱燗を 飲んで芯から 火照る身も

     醒ましてしまう 夜着の冷たさ




  枯れ薄(すすき) 趣あれど 寒風で

     踊らされるは 切なさ誘う




  来い来いと 普段は嫌う 嫁が君

     大黒さまを  お導きせよ





     ※嫁が君~鼠のこと。正月三が日に呼ぶ

            忌み名。関西地方のことばらしい。

            鼠は大黒様の使いとして、米や餅

            を供えるなど、正月にもてなす習俗

            も広く行われていた。



      お粗末様でした








  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「じんじん」

   の歌詞の一説から拝借しています  クリスマス



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください



       ← カワイイ拍手 うさ

スポンサーサイト

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。