月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舎利の気分 4
   お不動様を紹介します




 昨日、お不動様の詩をアップしたので今日は想像し
 
 やすいようにと思い、写真を載せてみようかと思いま

 す。なにげに昨日の詩は伏線のようなものだったり (笑)

 我が家のアイドル(えっ)、お不動様でございます。

 なんか、猫でも紹介するようなタイトル名ですが (笑)

 うちが真言宗の寺であることは、このブログに何度も

 書いているので、よく来てくれてくれている方はご存知

 かと思います。プロフィールにも書いてますし。

 うちの寺の名前は、徳巌寺(とくがんじ)といいます。

 字の如く、徳に厳しいと書きます。

 我が寺の護り本尊様は、不動明王です。

 


   DSC00392_convert_20090127160001.jpg


DSC00463_convert_20090128084844.jpg



  DSC00391_convert_20090128085109.jpg



    DSC00396_convert_20090128085257.jpg


 
 ちょっとぽちゃっとしてるのが特徴(おっと、失礼! )

 お不動様は、地獄に堕ちようとするものを縄で引っ張り

 連れ戻してくれる仏なんです。

 決して怖いだけではないのですよ (笑)

 顔立ちは厳しいですけど。

 後ろの炎は地獄の炎を表しています。

 ちゃんと足元まで写ってないですが、足は石の上にあり

 ます。これも地獄の石。

 なんでこんなに真っ黒かというと。

 護摩を焚くからなんです。火を焚いて、その中に護摩木を

 入れて焚くから、どうしても煤(すす)だらけになってしまう。

 でもそれだけ護摩を焚いている証拠でもあります。

 解りづらいかもしれませんが、お不動様の目、実はダイヤな

 んです。色は黄色。

 黄目(きめ)不動です。 

 

 また、うちの仏さま紹介しますねー。








  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ブリブリボーダー

   ライン」の歌詞の一節から拝借しています  n



  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

      ← 拍手すると・・・?  シャンプー
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
3年前の写真?
仏像評論家一休 | URL | 2009-05-23-Sat 12:47 [EDIT]
くらい^^大目に見ますv-40
2006.3.28が気になりつつも・・・
仏像って、素晴らしいのだな これがv-86
作品の中でも、絵画より魂が入りやすいんだろうねv-41
ここのブログはアフターケアもしっかりしておるのだにゃv-406
折角のイメージブチ壊されましたが・・・
正に、精神的いじめにゃ~v-399
また、仏像写真集見たくなりました。(ぶつぞー)v-217
いつも、ありがとうございますv-421

我が米を配給したブログは石高が減るv-371
GO TO HELL?
うまく、しめれたので~
バイバーイv-354v-355
おおw
愛音 | URL | 2009-05-23-Sat 13:58 [EDIT]
タイトルにテラ吹きしましたw
寺だけにー(一休インフルに感染列島)

仏像様たちって結構みなさんメタボってますよねw
もしこちらに立ち寄られた際にゎDAKARAとか黒烏龍茶とかオススメしてみたいところですw

だけどすごいなー
やっぱりお寺の娘さん
お不動様ともお友達みたいでうらやましす。。。('〇';)
昨日の詩でも気になったんだけど
金剛石ってダイヤなのかと思ってたら地獄の石だったんですね。。。
そして眼がダイヤなんですねw
贅沢ゥ~(*´∇`*)

荒野鷹虎 | URL | 2009-05-23-Sat 18:42 [EDIT]
 お不動様にすかれるように生きなければなりませんねー。
五大明王のひとつでしたよね。災害を除き、、財産も増えるというらしく、人気ものですねー。!不動産もこれからきているのかなーと、思ったり・・・汗

かめとと | URL | 2009-05-23-Sat 18:50 [EDIT]
言われてみればぽっちゃりですね。
不動明王というと筋肉ムキムキ!
ってイメージがあるのですが、この体型だと親しみやすいかも?
縄で引っ張り戻してくれる慈悲の部分が現れてるのでしょうか。
目がダイヤってすごいですね!

小さいころ、奈良の大は全然怖くなかったんですが、
不動明王や千手観音のような迫力系は怖かったんです。
薄暗いお堂に浮かびあがるお姿に恐れをなしていました。
もちろん今は怖くないですよ。
でも心にやましいことがあると怖く見えるかも知れませんね。

何年か前、友人達と奈良国立博物館その他に行ったとき
『仏像すげー!』とか『シブイ!』とか
聞かれたらちょっと恥ずかしい会話しつつも見入っていました。
管理人のみ閲覧できます
| | 2009-05-24-Sun 11:17 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
冬灯さんへ
glassmask | URL | 2009-05-24-Sun 13:21 [EDIT]
こんにちわぁ~冬灯さん^^

仏教?には、とんと疎い地域に住みそだったので、
初めてみたかもしれません^^;

お不動様は、地獄からひっぱりあげてくれるのですね?
私も、引っ張りあげてもらわなきゃあ~。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

四国遍路は、88箇所、あるいてまわるのですよね?
すごいです~!(@@)

大泉洋の「おにぎりあたためましょう」で、ズルばっかりしている
シーンしかみたことがないのでw

私の両親が行きたがっているのですが、
今の体力では、きっと車で回っても、無理でしょうねぇ~。・゚・(ノД`)・゚・。


仏像評論家一休どの。
星月冬灯 | URL | 2009-05-24-Sun 14:40 [EDIT]
>3年前の写真?
うっ! やはり見破られたか! というか、せんぱい。
目ざとすぎ!!@@ しかも、よく読めましたね!
すごい。やはりここまで細かくなければパ○リ博士には
なれないのか・・・(ムムム)

>仏像って、素晴らしいのだな これが
作品の中でも、絵画より魂が入りやすいんだろうね
そうかもしれませんねー。やっぱり実物の方が芯が入って
る感じしますもんね。人形とかも絵よりも実物の方が怖かった
りするし。。。。

>ここのブログはアフターケアもしっかりしておるのだにゃ
いや~せんぱいの一言で写真載せようと思い立ったの
ですよ^^ というか、詩と一緒にすればよかったですね。

>折角のイメージブチ壊されましたが・・・
正に、精神的いじめにゃ~
どんなの、妄想してたの? (笑)

>また、仏像写真集見たくなりました。(ぶつぞー)
ほんとですか~^^ そりゃ、よかった!
んじゃ、また忘れた頃にご披露しますvvv
うちの秘蔵っ子たちもきっと喜ぶでしょうvvv

>我が米を配給したブログは石高が減る
GO TO HELL?
え?! 減るの~!!
ま、いっか~ 笑。

>うまく、しめれたので~
バイバーイ
はーい^^ ばいばいきーんv
愛音きゅんへvv
星月冬灯 | URL | 2009-05-24-Sun 14:49 [EDIT]
>タイトルにテラ吹きしましたw
寺だけにー(一休インフルに感染列島)
笑ってもらえて、大成功~(笑)
なにせ、ハードルはせんぱいですから~?
低いのか、高いのか?? (笑) おっと!!

>仏像様たちって結構みなさんメタボってますよねw
もしこちらに立ち寄られた際にゎDAKARAとか黒烏龍茶とかオススメしてみたいところですw
だよね。このぽちゃっとしたところが魅力?! (笑)
一緒に運動しなきゃねー。ヨシ! Wiiやるか! (笑)

>だけどすごいなー
やっぱりお寺の娘さん
お不動様ともお友達みたいでうらやましす。。。('〇';)
有難うvv そうそう、冬灯と愉快な仲間たち(って、こんな
こと言ってたら、今日は悪夢を見るかvv)

>昨日の詩でも気になったんだけど
金剛石ってダイヤなのかと思ってたら地獄の石だったんですね。。。
あ。そっか~。普通はそういう風に捉えるよね。ごめんね。
説明がたんなかった@@
どうも、金剛というのはダイヤのような石を指してるのでは
ないみたいだね。硬い石のようだよ。私もいまいち理解して
ないけど・・。で、そんな石でも磨けば美しい「ダイヤ」のよう
になる、という意味でダイヤのようだと言われてるみたい。
ただし、私の知ってる情報はあやふやだけど(汗。

>そして眼がダイヤなんですねw
贅沢ゥ~(*´∇`*)
ちっこいけどね(笑)
写真でもわからないくらいだし (苦笑)
お不動様が初めてうちに来た時から、目は絶対黄色!って
たーちゃんが決めてたみたいで。
パワーがある色なんだって~^^
荒野鷹虎さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-05-24-Sun 14:58 [EDIT]
>お不動様にすかれるように生きなければなりませんねー。
ですねー^^ 私も嫌われないように・・・(汗。

>五大明王のひとつでしたよね。
そうですね。鷹虎さんの方が詳しそうですvv
父はもちろん詳しいのは本業だから当たり前なんですけど、
私は偏った知識・・というか、中途半端な知識しか知らない
ので。ブログに載せる時はなるべく父に聞いたり、調べてか
らUPするように頑張りますね~^^

>災害を除き、、財産も増えるというらしく、人気ものですねー。!
そうですね! 護摩というとたいていはお不動様ですし。願か
けや怖い話、呪いだとか、供養もそうですけど、ひじょうに力
のある仏としても有名ですよね。

>不動産もこれからきているのかなーと、思ったり・・・汗
あ! かもかもです!! これ、父に聞いてみますvv
でも、その可能性高そうですよね。
お不動様って、文字通り「不動」=動かざるっていう意味だか
ら、土地に関係するのかもしれません。
さすが、鷹虎さん! 素晴らしい点にお気づきですね^^
父に早速、聞いてみますー
かめととさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-05-24-Sun 15:12 [EDIT]
>言われてみればぽっちゃりですね。
不動明王というと筋肉ムキムキ!
ってイメージがあるのですが、この体型だと親しみやすいかも?
ですよね (笑)
まあ、確かにギスギスしてる仏さまというのはいやですもん
ね (笑) 多少、ふくよかな方が親しみも沸きやすいので
しょうね^^
私的には、ムキムキなイメージなのは仁王様ですね。いかに
も「護るぞ! 」 「闘うぞ! 」 みたいな (笑)

>縄で引っ張り戻してくれる慈悲の部分が現れてるのでしょうか。
父から聞いた話では、お不動様って人間の味方なのだそうで
す。特に悪人ほど。悪い奴だからこそ、地獄に堕ちようとして
るものを助けようとする。まるで、「蜘蛛の糸」のようです^^

>目がダイヤってすごいですね!
有難うございますvv
でも、ほんとーに小さいのですよ(汗。
最初から黄色の目にするって、父が決めていたようで。それで
ダイヤになりました。

>小さいころ、奈良の大は全然怖くなかったんですが、
不動明王や千手観音のような迫力系は怖かったんです。
薄暗いお堂に浮かびあがるお姿に恐れをなしていました。
大仏さまって、柔和なお顔が多いですもんね。逆に明王だと
かって、怖い顔してますもんね (笑)
確かに小さい頃は恐ろしく感じると思います。

>もちろん今は怖くないですよ。
でも心にやましいことがあると怖く見えるかも知れませんね。
はい・・・私は時々怖く見えることが(汗。
人間、心に何かあると、仏の顔にそれが反映してるかのよ
うに見えるのかも知れませんね。
で、懺悔したり反省したり。そんなことがしょっちゅうの私は
どうしましょう・・(汗。

>何年か前、友人達と奈良国立博物館その他に行ったとき
『仏像すげー!』とか『シブイ!』とか
聞かれたらちょっと恥ずかしい会話しつつも見入っていました。
あ! この間ニュース見てたら、面白い話をしてました。
なんか、今巷では「仏像ブーム」なのだとか^^
中高年よりも大学生とか、若い人たちが博物館とかお寺とか
行くのが多いんですって。
「シブイ」とか言って、人気あるそうですよ^^
確かにシブイですよね (笑)
glassmaskさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-05-24-Sun 15:30 [EDIT]
>仏教?には、とんと疎い地域に住みそだったので、
初めてみたかもしれません^^;
そうでしたか~^^
これがお不動様ですvv
案外ぽちゃっとしております。顔は強面、体はメタボ気味(笑)

>お不動様は、地獄からひっぱりあげてくれるのですね?
私も、引っ張りあげてもらわなきゃあ~。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
はい♪ 悪人であればあるほど救ってくれるそうですよ^^

>四国遍路は、88箇所、あるいてまわるのですよね?
すごいです~!(@@)
歩くのが本来のお参りスタイルでしょうね。だけど、若い人
や時間やお金のない方もいますから。(うちもそうです)
なかなか全部歩くというのはできないかと。やっぱり仕事し
てる身だと時間はとれないものですよね。
うちは車で回ります。歩ける所は歩いたりしても。
遍路については、またの機会にブログに書こうと思います^^

>大泉洋の「おにぎりあたためましょう」で、ズルばっかりしている シーンしかみたことがないのでw
ははは(笑)
映画ですか? 見たことないなー。今度見てみます^^

>私の両親が行きたがっているのですが、
今の体力では、きっと車で回っても、無理でしょうねぇ~。・゚・(ノД`)・゚・。
普通に歩ける方ならそんなに心配はいらないと思いますよ^^
90過ぎのお年寄りも遍路してたりしますし。車で回ればそん
な体力も消耗しませんしね。あと、時期とか。夏場にいけば、
それだけでかなり大変です(笑)
ゆっくり回るので、焦ったりしませんしね。
あとは、どんな人やグループなどで行けるかでしょうね。
こればかりは行きたいと思っていても「縁」の問題かと^^
ご一緒に行けたら嬉しいですねvv

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。