月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹雪(あらし)に化身(かわ)る
   「信心」 四




  「多宝塔のせいで? いやいや、そんなことはない」

 「いいえ。それは、あなた方が知らないだけのこと。住む

 家をなくした家族が、どこかで泣いているかもしれない・・・」

 与作は、はっとした。そうか。やはり、あの洞穴。あれは、

 住みかだったのだ。

 「ひょっとしてお絹さん。あんた、あの洞穴に棲んでいたも

 のかね? 」

 「そうです。私は、あの欅の大木の下に棲んでいた狸です。

 私は、いえ私たち家族は、あなたの言う有り難い多宝塔の

 せいで、棲む家を失ったのです」

 「そうか・・・。そうでしたか。それは済まぬことをしました。し

 かし、知らなかったのです。あそこが住みかだったとは」

 「人間とは、本当に自分勝手につくられているものよ。知らな

 ければ、何をしてもよいのですか」

 「いや、そんなことはない。人間も狸も同じことだ。・・・ただ、

 本当に知らなかったのだ。だからあんたはそれを報せるため、

 住みかをとられたことを怨んで仕返しに来たのだろう」

 「そうです。ある時は老婆に化け、ある時は子供に化け、男

 に化け、赤ん坊に化け、女に化け、復讐しているのです」

 「あんたは、そうやって霊山寺に関わっている人たちをみな

 懲らしめるつもりなのかい? 」

 「そうです。私たちの怒りは、これくらいじゃ済まない。私た

 ちがやられたように、その苦しみを味あわせるために来たの

 です」

 「おお、おおう。哀れよのう、哀れよのう・・・」

 突然泣き出した与作を見て、お絹は、いや狸は吃驚した。

 「何を泣いている。今更泣いたところで、元には戻らぬ。いや、

 また住みかを見つけることなど、私たちにだって容易いこと。

 しかし、何も知らずに、ぬくぬくと生活している人間を見ると

 悔しい。そうして、有り難そうに多宝塔などを造っている。さ

 も、己が虫も殺したこともないような顔をして・・・。悔しいでは

 ないか。何を泣いている? 泣けばその罪が消えるとでも思っ

 ているのか」

 「いやいや。そうではない。知らなかったこととはいえ、自分た

 ちが犯してしまった罪は罪じゃ。ただただ、申し訳なくてのう。

 確かに、わしたちは虫をも殺したこともないような顔つきで、仕

 事しておったかもしれん。いや、そうだったろう。わしたちは、

 尊いことをしているのだと尊大になっていた。有頂天になって、

 ついぞまわりを見ることを忘れていた。何ということをしてしまっ

 たのだろう。本当に申し訳ないことをした。わしは、その罪から

 決して逃げることはしない。どうか、この家を思う存分に焼いて

 くれ。焼き尽くしてくれ。その代わり、お願いがあるのじゃ。この、

 阿弥陀さんだけはどうか、助けてはくれまいか。この阿弥陀様

 は、わしの宝じゃ。生命(いのち)じゃ。だからどうか、この阿弥

 陀様だけは助けて欲しい。そうして、もうこんなことは、わしで終

 わりにして欲しい」







 ここで切ります。

 ひじょうに中途半端なところですが (汗)

 この会話、長いので・・・

 あともう少し、お付き合い下さいませ (滝汗)






            アップロードファイル みなさんへ アップロードファイル

 いつも遊びに来てくれて有難うございます。

 みなさんからのコメントや拍手、拍手コメントに

 毎日感謝しております。

 そして、励まされております。

 だいたい毎日のようにみなさまのブログに通っ

 ている私ですが、時間がなかったり、忙しかっ

 たりした時は、なかなかコメントを残せていなくて

 申し訳ないです。

 それでもほぼ毎日お邪魔させてもらってます。

 時間などがなくて、記事だけを拝見させてもらった

 時は拍手またはランキングに参加されてる方へは

 プチプチさせてもらってます。

 ご了承下さいませ。

 当ブログでの拍手コメントして頂いたメッセージに

 ついてですが、カギコメでない限りはコメント欄にて

 お返事を書かせて頂こうかと思いますので、宜しく

 お願いします。

 なお、拍手コメ&コメントにてのカギ付きのメッセージ

 を頂いた場合は、直接お邪魔させて頂いた上で、

 お返事を書かせて頂いておりますので、そちらもご

 了承頂ければと思います。

 いつも有難うございます。











  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「BREEZE」の

   歌詞の一節から拝借しています  x



   にほんブログ村 ポエムブログへ
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


     ← 拍手っ。  結晶
   「信心」 四
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
連載物なにょか~
ニコニコ一休プンプン | URL | 2009-06-14-Sun 16:45 [EDIT]
苦~
この手法ナイスやないの
訪問して読まずにはいられない
作者急病のため休載はやみてね
まあ、墓地墓地無理なされぬように
狸ときましたきゃ
我もなんか与作の物語考えよっと
ではではいつもありがとうございます
ジャーニー

ペカリ | URL | 2009-06-14-Sun 19:06 [EDIT]
うん、いいよ。会話文で進めるのが効いてる。会話が生きてるから。

それにしても、
タヌキでもいいから訪ねてきてくれまいか・・・信心がないからダメか。

planetarymoon | URL | 2009-06-14-Sun 20:53 [EDIT]
与作の綺麗な魂に癒されるのかな~
ってそんな単純じゃない?^^;

人間って罪深い生き物だと思うけど
救いがあるといいなぁ
ありがとうございました
哲雄 | URL | 2009-06-14-Sun 23:39 [EDIT]
リンクありがとうございました。
当方のリンクも完了しました。
この話、「鶴の恩返し」みたいになるのかと思ってたら「狸の遺恨話」だったのですね。あ、まだ、遺恨とは決まったわけじゃないのかな。
先が楽しみです。
管理人のみ閲覧できます
| | 2009-06-14-Sun 23:53 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
タヌキキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
愛音 | URL | 2009-06-15-Mon 06:16 [EDIT]
来ましたねついに。。タヌキさんがw
与作どんが泣いた理由が
純粋すぎて胸が痛いです(>_<)

しかし毎回ドラゴンボールのアニメのように
いいとこで終わりますねwww

応援ボタンが日に日に減っていくのゎなぜでしょうかw
ぷっちぷちー\(^o^)/

taiomi5550 | URL | 2009-06-15-Mon 08:37 [EDIT]
この先がすっごく気になりますね。
夜も眠れないぐらい気になっちゃいますよ。(少し大袈裟?)
読者をひきつける何かが散りばめられてます。

現世の人間は与作の様にはならないでしょうね。
相手を哀れ見るどころか「この!物の怪目!成敗してやる!」の方向に行ってしまうのが落ちでしょう。
自分の利益を第一に考えて他人のことはどうでも良い、これが今の大半の考えでしょう。
ワイもその中の一人なのかな?と考えてしまいました・・・。
でも自分では結論は出せないし、分からない・・・。
教訓、「人の振り見て我が振り直せ」

続き楽しみにしてます。
はじめまして
比呂 | URL | 2009-06-15-Mon 09:13 [EDIT]
訪問者リストから お邪魔しました。
比呂と言う 売れないイラストレーターです(^^ゞ
何か 引き込まれる物語ですね・・・狸は私の住んでいる団地にもよく現れるんです。車に引かれたりしているのを見ると 先住人(狸)なのに 後からはいってきた人間に邪魔にされている狸がかわいそうです。
一休どん
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 15:46 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>苦~
この手法ナイスやないの

えww
ほんとう? ww

>訪問して読まずにはいられない

ほんとに~? (疑いのまなざし) 笑。

>作者急病のため休載はやみてね

うん^^
だいじょぶだァ (笑)

>まあ、墓地墓地無理なされぬように

は~い (返事だけは抜群にいい)

>狸ときましたきゃ

ようやくお絹さんの正体が。。

>我もなんか与作の物語考えよっと

おおww
ひらめき一休、なにかおりてきましたかww
楽しみにしてます♪
どんなのができることやら♪
ペカリさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 15:50 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>うん、いいよ。会話文で進めるのが効いてる。会話が生きてるから。

ほんとですか~
よかった。。。でも、ちょっと長すぎかもと思いますが(汗)
有難うございます^^

>それにしても、
タヌキでもいいから訪ねてきてくれまいか・・・信心がないからダメか。

笑。たぬきでもいいんですか~ww
もし、本当に狸や狐が人間に化けられるとしたら、やっぱり
すごい美女なんでしょーかね(笑)
だとしたら、一度見てみたいものです^^
planetarymoonさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 15:53 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>与作の綺麗な魂に癒されるのかな~
ってそんな単純じゃない?^^;

いえいえ~^^
一応、与作はものすごく心が綺麗という設定なので、
そう思って頂ければ、嬉しいです。
わかりづらいかも知れませんが、絹はそんな与作
だから正体を現した。。。という設定でございますww

>人間って罪深い生き物だと思うけど
救いがあるといいなぁ

有難うございます^^
一応救いがあると思うんですが。。。
最後までのお楽しみです(笑)
でも、暗くはないですよ~ww
哲雄さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 15:57 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>リンクありがとうございました。

こちらこそ、お声をかけて頂き、有難うございます^^

>当方のリンクも完了しました。

では。改めて、これからも宜しくお願いします♪

>この話、「鶴の恩返し」みたいになるのかと思ってたら「狸の遺恨話」だったのですね。あ、まだ、遺恨とは決まったわけじゃないのかな。

まあ、そうです(笑)
遺恨だらけですよね(笑)

>先が楽しみです。

有難うございます^^
一応ハッピーエンドですよww
今は雲行きが怪しい感じですが(笑)
最後までお付き合い下さいませvv
愛音ちゃんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 16:04 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>来ましたねついに。。タヌキさんがw

うんww
お絹さんは狸でした(笑)
日本昔話の定番ですなww

>与作どんが泣いた理由が
純粋すぎて胸が痛いです(>_<)

書いてた本人が純粋ではないので(笑)
与作どんにはとことん純粋になってもらいましたww
実際ここまで純粋の人っているのだろうかねー。。。

>しかし毎回ドラゴンボールのアニメのように
いいとこで終わりますねwww

いや~ごめん。
自分でも、ここで切るのはないだろって思ってるんだけど(汗)
会話文が長いのって、ダメね。。。(笑)

>応援ボタンが日に日に減っていくのゎなぜでしょうかw

どうせなら、「ポエムブログ」でも1位を狙ってみたい、、、
という不純すぎる理由(笑)
エゴっ子冬灯です(ぎゃっ)
こんなおねーちゃん、嫌いですかww?(ずーん。。。)
taiomi5550さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 16:12 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>この先がすっごく気になりますね。
夜も眠れないぐらい気になっちゃいますよ。(少し大袈裟?)
読者をひきつける何かが散りばめられてます。

ほ、褒め殺しですよ~///
もう、おなかいっぱいです。
有難うございますwww
駄作です、本当に ><
でも、そう言ってもらえると、すごく救われますww

>現世の人間は与作の様にはならないでしょうね。
相手を哀れ見るどころか「この!物の怪目!成敗してやる!」の方向に行ってしまうのが落ちでしょう。
>自分の利益を第一に考えて他人のことはどうでも良い、これが今の大半の考えでしょう。

ですね。私もそう思います。
ここまで純粋であったら、おそらく生きることも辛くなってしまうでしょうね。
与作のいる世界も今の現実ではないので、話が通じる部分もあるかと
思いますが、さすがに現実に焦点を合わせて考えたら、かなり浮いた
話になってしまいますが(汗)
どうしたって、自分たちの生活が主体となってしまいますからね。
実際、こうして怨みを晴らすために来られても迷惑に思ってしまいます
もんね。。。人間って、つくづくエゴの塊だなと思います。

>ワイもその中の一人なのかな?と考えてしまいました・・・。
でも自分では結論は出せないし、分からない・・・。
教訓、「人の振り見て我が振り直せ」

いい言葉ですよね^^
私も同じくです。。


>続き楽しみにしてます。

有難うございますww
もう少しお付き合い下さいませ♪
比呂さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-15-Mon 16:21 [EDIT]
初めまして!
コメント有難うございます^^

>訪問者リストから お邪魔しました。

有難うございます^^
いらっしゃいませ♪

>比呂と言う 売れないイラストレーターです(^^ゞ

ご謙遜を~ww
私の話にもイラストつけてくださ(コラコラ)
失礼しました。イラストレーターと聞いて、いささか興奮して
しまいました(笑)

>何か 引き込まれる物語ですね・・・

本当ですか?
有難うございます^^

>狸は私の住んでいる団地にもよく現れるんです。車に引かれたりしているのを見ると 先住人(狸)なのに 後からはいってきた人間に邪魔にされている狸がかわいそうです

そうなのですか。。。
確かにかわいそうですね。
もう少しうまく付き合っていけないものか、時々思います。
ニュースとかでも、猿とかが森や山をなくされて、町に下りてきてしまう
という話を見ますが、迷惑なのはわかるけど、同じ命ある動物に対して
あまりにも自分たちのことばかりの意見を耳にすると、じゃあ、そうして
しまった原因を作ってきたのは誰?と問いたくなる時があります。
とはいえ、じゃあ、私に何ができるのかと聞かれれば、何もできない。
それが、ものすごく歯がゆく感じる時があります。。。
これもエゴな考え方なのでしょうね。。。(ずーん)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。