月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小粋なルール 2
   「信心」 六  終



  冷たい風が吹く中、何も言わず、ただお互いの目を

 凝(じ)っと見ていた二人は、一体どのくらいの時が経っ

 たのだろう、ふと、

 「判った。確かに私たちもこの悔しいという気持ちだけ

 で、生きてゆこうとは思わない。言う通りにしよう。しか

 し、もしこのようなことが、万が一起こったならばその時

 こそ、容赦はしない。この世界を人間だけのものと勘違

 いするな。私たち、動物たちの世界でもあるのだ。その

 ことをよく、みなに伝えておくのだな」

 お絹はそう言い終えると、みるみる内に狸の、元の姿へ

 と変身し、すっと走って行ってしまった。与作は茫然と、

 その姿を見送っていた。





  翌朝、与作は日が昇るのと同時に、急いで一番さんへ

 と向かった。住職に昨日の、ことの次第を喋ると、

 「なるほどのう。それで、そのお絹という狸は、家も焼かず

 に立ち去ったのじゃな。ほう、そりゃ良かった。きっと、与作

 どんの真心が冷え切って、人間を信じられなくなった心に

 深く沁みたのだろうよ。狸には、一目でお主に全てを告白す

 るつもりでおったのだろう。しかし、あんな大木の下に住みか

 があったとは。わしも知らなんだ。その家族には、いけないこ

 とをしたのう。おそらく、雨の降る日も雪の降る日も、そうして

 風の強い日も、あの大きな欅の木に守られて暮らしておった

 のだろうな。それがなくなったせいで、怒り、自分たちの存在

 をも知ろうとしない人間どもに復讐するため、火を点け回って

 おったのじゃな。いやいや、このまま知らずにいたら、我々は

 とんだものを創りあげるところじゃった。善いものも悪くなってし

 まう。これに懲りて、我々も視野を広げねばならんのう。それに

 しても、与作どんの家が焼かれなかったのは、紛れもなく阿弥

 陀様が助けてくれたからじゃ」

 「はい。有り難いことで・・・」

 住職は、狸が与作の純粋な心に、自分ではなく相手を思う真実

 の心に動かされて、その涙の交渉を承諾してくれたのだろうと思っ

 た。

  
  しかし、このままではいかんと、その狸たちの住みかを寺のほこ

 らの後ろに作ってやり、お大師様の火災よけのうたをお札にし、各

 家におまつりした。





  「これで狸たちも、住みかができて、ほっとしたろう。今回、家が焼

 けただけで、死人が出なかったことに感謝して、この有り難いお大

 師様の火災除けのうたのお札に手を合わせねばのう。


  これからは、自然にも目を向け、己だけでなく、全てのものに心を

 もって動かねばならん。懺悔し、感謝し、有り難く思うようになれば、

 狸たちも何れは許してくれよう」


  住職は村人たちに言い、以来この村では、火事というものがなくな

 り、みな平和に暮らせるようになった。その内に、立派な多宝塔も無

 事建てられ、誰しもが寺へ行き、手を合わせるようになった。








 最後までお付き合い頂き、有難うございました z

 自分では、小説というより説話集のような気持ちで書いた作品です。

 稚拙極まりない話ですが・・・ o

 霊山寺は、四国遍路88箇所内の一番目の札所です。

 よく親しみを込めて、’一番さん’と呼びます。

 境内は結構大きいのですよ。

 まあ、霊山寺に関しては、別の機会にご案内できればと思います。

 この狸の説話は昔話として伝えられている話のようです。

 もっとも、住みかをなくした狸が家々に火を点けまわり、それを懲ら

 しめるために、お大師様が作ったという、火災除けのうたを戸に貼っ

 たところ、いたづらが止んだという話ですが。

 自分なりにその話を元に脚色してます。


 実は本日、日光に行っております。

 一泊旅行です RiKabag

 そのため、今日の記事は予約投稿となっております。

 なので、今日はちょっとみなさんのところへは遊びに行けませんが

 ご了承下さいませ。

 明日は何時に帰って来られるか・・・まだわかりませんが、多分

 夜でしょうが、通常通り更新&みなさんの所へお邪魔させて頂く

 予定であります 、螯rヲW、J、O

 では、行って参ります トトロ






    アップロードファイル みなさんへ アップロードファイル

 いつも遊びに来てくれて有難うございます。

 みなさんからのコメントや拍手、拍手コメントに

 毎日感謝しております。

 そして、励まされております。

 だいたい毎日のようにみなさまのブログに通っ

 ている私ですが、時間がなかったり、忙しかっ

 たりした時は、なかなかコメントを残せていなくて

 申し訳ないです。

 それでもほぼ毎日お邪魔させてもらってます。

 時間などがなくて、記事だけを拝見させてもらった

 時は拍手またはランキングに参加されてる方へは

 プチプチさせてもらってます。

 ご了承下さいませ。

 当ブログでの拍手コメントして頂いたメッセージに

 ついてですが、カギコメでない限りはコメント欄にて

 お返事を書かせて頂こうかと思いますので、宜しく

 お願いします。

 なお、拍手コメ&コメントにてのカギ付きのメッセージ

 を頂いた場合は、直接お邪魔させて頂いた上で、

 お返事を書かせて頂いておりますので、そちらもご

 了承頂ければと思います。

 いつも有難うございます。











  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「さらば夏よ」の

   歌詞の一節から拝借しています  200901241



   にほんブログ村 ポエムブログへ
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


     ← 拍手っ。  結晶
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
おはようございます
比呂 | URL | 2009-06-16-Tue 08:15 [EDIT]
最後まで読み終え スッキリしました(●^o^●)
確かに 自分の幸せが何かを犠牲にした上に成り立っているんじゃないかとか・・・と考える時間も必要かもと想う事でした。
ところで・・私は漠然となんですが あと10年くらいしたら88箇所巡りに行くかもと思っていました。
子育てを終え自由になったら 行くんだと決め毎日ウォーキングで足も鍛えています。
冬灯さんに出会えたのも 何かの ご縁でしょうかと不思議に思う事でした。
霊山寺が1番目の札所だなんて・・初めて知りました。これからも楽しみにしています。
また 遊びにきますね(^^ゞ
ついに完結しましたね(*´∇`*)
愛音 | URL | 2009-06-16-Tue 09:21 [EDIT]
いやはや
面白かったですw
雑学マニアな私としても
色々知識も増えましたし
言うことなしのお話でした(*´∇`*)

王道と言ってしまえばそうなのですが
読んでいて安心できるお話で
子供に読んで聞かせたい絵本って感じですね♪
感謝の気持ちを忘れないように
そして自分が良ければそれでいいって自分勝手な気持ちを棄てる
道徳的で素敵なお話です^^

目指せポエムブログ1位~ってコトでらんぷち~ぃ♪

日光の旅日記楽しみにしていますよw
たぬきって不思議
哲雄 | URL | 2009-06-16-Tue 14:31 [EDIT]
もしかしたら、「たぬき」って、
人間と森の共存を象徴する生きものだったのかもしれませんね。
ジブリの『平成狸~』も、そんな話だったし、
仏教説話にも、たぬきはよく登場するんじゃありませんか?

そう言えば、冬灯さんのご実家はお寺さんでしたね。
なるほど……と感嘆!
ポチッ&パチッ、ついでにチーンと鳴らしておきます。

planetarymoon | URL | 2009-06-16-Tue 16:15 [EDIT]
ほんとだ~ちゃんと救いがあった!!
ホッとしている私です^^

梅雨の晴れ間に旅行・・・いいですよね
また旅情紀行楽しみにしてます♪
冬灯さんへ^・^
glassmask | URL | 2009-06-16-Tue 20:09 [EDIT]
こんにちわぁ~冬灯さん^・^

ついに完結ですね^^
こっそり読ませてもらってました~。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
文才がないので、こっそりとw

あ、日光に旅行中なのですね?
いいですねぇ~♪
緑がいっぱいで、癒されそうですv-22

楽しんできてくださーい♪
はじめましてa(*^。^*)hello////
bunyan | URL | 2009-06-17-Wed 01:22 [EDIT]
こんばんは~
というより日付が変わったからおはようございますの方がいいですね☆
足跡からお邪魔させていただきましたσ(゚ー^*)

偶然というか、13日に愛知県の真言宗のお寺に行ってきました。
私は無宗教だけど、どういうわけかあちこちの寺院を訪ねていますσ(゚ー^*)

信仰もしていないのに不届きなと思われるかもしれませんね。
でも弘法大師空海のことは大好きですよ。

またときどきお邪魔させてもらいますね♪






momocanal | URL | 2009-06-17-Wed 14:32 [EDIT]
>生きとし生けるものに目を向けて決して同じ罪を起こさない

私たち人間は植物を食べて、木を伐って家を建て、動物を殺して食べていかなければなりません。
どうしたらイイのでしょうね。
懺悔して感謝することで、許してもらえるのでしょうか。

知るということや想像力を働かせることの重要性が、このお話では説かれているように思えました。

タウン | URL | 2009-06-17-Wed 23:24 [EDIT]
こんばんは

総てのものに感謝です!

素敵な小説でした。

かめとと | URL | 2009-06-18-Thu 00:10 [EDIT]
読ませていただきました。

そうですねぇ…人間は気付いてなかったり、あるいは敢えて無視して我を通しますからね……
僕も6月に入って、大きな欅じゃないんですが、
仕事で雑草生い茂る空き地の工事にかかわったんです。
このお話を読んでて、雑草の中で生きる虫たちにひどいことをしてしまったかなと思ってしまいました。

日光へ旅行ですか。
僕もかなり前ですが一度だけ日光東照宮に行ったことがあります。
そのときは春の、まだまだ寒い時期だったのですが、
今頃の日光は緑が眩しそうですね!
読み終えました
dejavuewords | URL | 2009-06-18-Thu 07:23 [EDIT]
狸の怨念だったとは・・・
でも、ハッピーエンドでよかったです。
読み心地もよかったですよ。
何より、語り口調のような筆運びがいいですね。
今後も期待しています。

小春 | URL | 2009-06-18-Thu 12:06 [EDIT]
はじめまして、with thanksの小春でございます。
先日からお立ち寄り、ありがとうございました。
訪問リストから、お邪魔させて頂きました。

有り難いお話
穏やかに書かれてある文章に、心穏やかにして頂き
ありがとうございました。

四国より、無事にお帰りになりますよう☆
季節おり、お身体ご自愛くださいませ。
またお邪魔いたします。




比呂さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 19:58 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>最後まで読み終え スッキリしました(●^o^●)

有難うございます^^
スッキリできましたかww

>確かに 自分の幸せが何かを犠牲にした上に成り立っているんじゃないかとか・・・と考える時間も必要かもと想う事でした。

そうですね。これはものすごく理想論ですけど。
でも、まったく考えないで生きるのと、そういった
犠牲もあって、生きているということを自覚するの
とでは、意識がまったく違ってみえてくるのではな
いかと思います^^
くどい内容ですが、陰で泣くものもいるということを
忘れてはいけない、そんな気がします。

>ところで・・私は漠然となんですが あと10年くらいしたら88箇所巡りに行くかもと思っていました。
>子育てを終え自由になったら 行くんだと決め毎日ウォーキングで足も鍛えています。

そうなんですか~ww
毎日ウォーキング・・・父にも見習わせたいところです(笑)
今はまだ時間がなかなか作れないのでしょうか。。

>冬灯さんに出会えたのも 何かの ご縁でしょうかと不思議に思う事でした。

そうですね!
本当、そう思います^^
これも仏縁なのでしょうねww

>霊山寺が1番目の札所だなんて・・初めて知りました。これからも楽しみにしています。

知識がものすごくある、という程ではないですが、
四国の巡礼寺には多少なりとも知識はあります。
このブログでもそういったことを載せたいと思っている
ので、よかったらまた覗いて下さい♪

愛音ちゃんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:07 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>いやはや
面白かったですw

本当?
よかったww

>雑学マニアな私としても
色々知識も増えましたし
言うことなしのお話でした(*´∇`*)

ありがとう^^
こんなんでお役に立てられれば♪
目指せ! 雑学先生! (笑)

>王道と言ってしまえばそうなのですが
読んでいて安心できるお話で
子供に読んで聞かせたい絵本って感じですね♪

有難う~ww
うん。自分でも子供向けな感じで書いたものだから
そう言ってもらえると、嬉しい///

>感謝の気持ちを忘れないように
そして自分が良ければそれでいいって自分勝手な気持ちを棄てる
道徳的で素敵なお話です^^

理想論かも知れないけどね~
でも、心の底にはこんな感情を忘れたくない、忘れて
ほしくないって、そう思うよね。
もちろん大人にもだけど。
生きているということは、自分の知らない所でも、なに
かしらの犠牲の上で成り立っている。
そのことを忘れないように、という願いもちょっと
あったり^^
読んでくれて有難うww

>目指せポエムブログ1位~ってコトでらんぷち~ぃ♪

おし!
愛音ちゃんの応援に火が点いたぞww
気長に頑張る~ww

>日光の旅日記楽しみにしていますよw

へへ^^
有難う~
読んでくれる~? ww
哲雄さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:12 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>もしかしたら、「たぬき」って、
人間と森の共存を象徴する生きものだったのかもしれませんね。
>ジブリの『平成狸~』も、そんな話だったし、
仏教説話にも、たぬきはよく登場するんじゃありませんか?

いわれてみればそうですね!
童話や説話では狸が絡んだ話、多いですよね。
狐はずる賢いっていうイメージで語られがちですけど、狸は
もっと人間的な立場とかでもよく語られたりしますよね。

>そう言えば、冬灯さんのご実家はお寺さんでしたね。
なるほど……と感嘆!

はい^^
真言宗の寺です。
また仏教的な話を書いたら、見てやって下さいましww
planetarymoonさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:16 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>ほんとだ~ちゃんと救いがあった!!
ホッとしている私です^^

有難うございます^^
一応これが私なりの救い? のつもりです。
なんというか、反省とか、生きる上では、自分の知らない
所でもそれなりの犠牲はあるんだ、ということを自覚する
ことが大切ということを言いたかったんです。
少し通じたでしょうか^^

>梅雨の晴れ間に旅行・・・いいですよね
また旅情紀行楽しみにしてます♪

有難うございます^^
なんとか天気持ちました!
また長々と旅行記を書いてしまいますが(笑)
よかったら、読んでやって下さい♪
glassmaskさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:19 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>ついに完結ですね^^
こっそり読ませてもらってました~。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
文才がないので、こっそりとw

有難うございますぅ///
読んでもらえて、光栄ですww

>あ、日光に旅行中なのですね?
いいですねぇ~♪
緑がいっぱいで、癒されそうです

>楽しんできてくださーい♪

有難うございます^^
無事に帰って参りました♪
やっぱり梅雨時。かなり寒かったです(笑)
でも、いい思い出ができました^^

bunyanさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:27 [EDIT]
初めまして!
コメント有難うございます^^

>足跡からお邪魔させていただきましたσ(゚ー^*)

有難うございます^^
いらっしゃいませww

>偶然というか、13日に愛知県の真言宗のお寺に行ってきました。

そうなんですか~!
お寺って、いいですよね^^

>私は無宗教だけど、どういうわけかあちこちの寺院を訪ねていますσ(゚ー^*)

宗派なんて、関係ないですよー^^
私も色んなお寺行きますし~^^
父も僧侶の格好では行きませんけど、私服だったら宗派
関係ナシに色んなとこ行きます♪

>信仰もしていないのに不届きなと思われるかもしれませんね。

そんなことないと思いますよ~^^

>でも弘法大師空海のことは大好きですよ。

仲間ですねww
私もファンです(笑)

>またときどきお邪魔させてもらいますね♪

有難うございます^^
こんなブログで宜しければ、また寄って下さいww
私もまたお邪魔させて頂きますね^^
今後とも宜しくですww
momocanalさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:35 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>私たち人間は植物を食べて、木を伐って家を建て、動物を殺して食べていかなければなりません。
どうしたらイイのでしょうね。
懺悔して感謝することで、許してもらえるのでしょうか。

深い意見、有難うございます。
本当にそうですね。
理想論だけでは生きていけないのもまた現実です。だから
こそ、生きる上で、自分の知らない所でもなにかしらの
犠牲があってこそ、生かされているんだという気持ちは
忘れてはいけないような気がします。。。
感謝も反省も懺悔も人間が生きていく上で、絶対に忘れて
はいけない感情ですよね。時々苦しくなったり、切なくなっ
たり、もどかしくなったりするけれど。
でも、きっとだからこそ人は信仰心をもつのだろうと思います。

>知るということや想像力を働かせることの重要性が、このお話では説かれているように思えました。

有難うございます。
気付かされる現実やそれによって反省や感謝する気持ち、
または過ちを許す心。
そういったことを書いたつもりでおります^^
少しでも通じてもらえて、嬉しいですv
読んで頂き、有難うございました♪
タウンさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:38 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>総てのものに感謝です!

そうですね。
やっぱり人間は感謝する気持ちを忘れたらぜったい
だめだと思います。
どんな些細なことにでも、感謝の心を忘れない。
一番大切なことですよね^^

>素敵な小説でした。

有難うございます^^
子供向けな感じの昔話を目指してみました。
読んで頂き、感謝です///
かめととさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:46 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>そうですねぇ…人間は気付いてなかったり、あるいは敢えて無視して我を通しますからね……

そなんですよね。気付かないというのも、一つの罪のような
気がします。

>僕も6月に入って、大きな欅じゃないんですが、
仕事で雑草生い茂る空き地の工事にかかわったんです。
このお話を読んでて、雑草の中で生きる虫たちにひどいことをしてしまったかなと思ってしまいました。

かめととさんは心が優しい方ですね!
生きていく上では自分の知らない所で犠牲というものはつき
ものですよね。ただ仕方ないからと割り切ってしまうのは
簡単なことだと思います。でも、そういうことも反省や感謝
の気持ちを抱くことに大きな意味があるのではないか、と
思います。だからこそ、信仰心というものも芽生えるので
はないかと。

>日光へ旅行ですか。

はい♪
昨日無事に帰ってきました^^

>僕もかなり前ですが一度だけ日光東照宮に行ったことがあります。
そのときは春の、まだまだ寒い時期だったのですが、
今頃の日光は緑が眩しそうですね!

あ! そうなんですか~
実は私、初めて行ってきました^^
春の日光もいいですね♪
梅雨時だったので、思った以上に寒かったですが(笑)
なんとか雨は持ちました!
また旅行記を長々と書く予定です(笑)
よかったら見て下さいww
dejavuewordsさんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:52 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>狸の怨念だったとは・・・

はい。怨念でした(笑)
でも、この狸、人間に忘れてはいけない感謝の心を伝えに
きてくれました^^

>でも、ハッピーエンドでよかったです。
読み心地もよかったですよ。
何より、語り口調のような筆運びがいいですね。
今後も期待しています。

有難うございます///
更なる精進をして、dejavuewordsさんの描くような文章を
目指します!

たとえ、暗い内容だったとしても、最後には必ずどんな
形であっても救いがある。
そんなものを書き続けていきたいです^^
小春さんへ
星月冬灯 | URL | 2009-06-18-Thu 20:56 [EDIT]
初めまして!
コメント有難うございます^^

>先日からお立ち寄り、ありがとうございました。
訪問リストから、お邪魔させて頂きました。

有難うございますww
ご挨拶もなしで、読み逃げしてしまって、すみませっ(汗)

>有り難いお話
穏やかに書かれてある文章に、心穏やかにして頂き
ありがとうございました。

とんでもないです!
こちらこそ、こんな駄文を読んで頂き、有難うございます^^

>四国より、無事にお帰りになりますよう☆
季節おり、お身体ご自愛くださいませ。
またお邪魔いたします。

有難うございます^^
あ。でも、今回の旅行は四国ではなく日光だった
んですよ^^
神君家康公に会って参りましたww

また私もお邪魔させて頂きますね^^
今後とも宜しくお願いします☆


ペカリ | URL | 2009-06-19-Fri 21:45 [EDIT]
最後をちょっとくふうしてみたいですね。いい話って説教じみてしまうとなんとなく、「良い話のいやらしさ」「押し付けになりやすさ」が湧いてしまうんですね。
読む側のそれを惹起させないくふうがあったらいいなあ。
高級昔話。
親しみなき19番さん | URL | 2009-06-20-Sat 14:23 [EDIT]
いやはや
あだるーと向けのお話しで御座います。
堪能させていただきました
よく考えるとお寺の火災ってちょくちょくありまっけど因果でありますよね
天災に事故はなくなりませぬが、人々の気持ちの持ち方さへ変えれば犯罪は無くなる可能性のあるような感情を与作を読んで思ったわ~
根底に流れる壮大なテーマってことで、いつもありがとうございます
因みにこのお米は鍵掛けなくてもいいわよそんなにキー使わんといて
逃げも隠れもするけど
高尚な記事はいじれねーいじいじ
一休の意地
一休のじじい
チャオチャオ
ペカリさんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-06-20-Sat 21:41 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>最後をちょっとくふうしてみたいですね。いい話って説教じみてしまうとなんとなく、「良い話のいやらしさ」「押し付けになりやすさ」が湧いてしまうんですね。
読む側のそれを惹起させないくふうがあったらいいなあ。

なるほど。。。
勉強になります^^
アドバイス、有難うございます。
この話、作った時は、日本昔話をイメージしてまして、
子供が読む説話集的にしたかったんです。
でも、実際作ろうとすると、難しいものですね!
次書く時は少しでも「良い話のいやらしさ」「押し付けになりやすさ」が出ないようなものを作れればいいのですが。。。
文章って、難しい~ ><

有難うございましたwww
一休せんぱいへ
星月 冬灯 | URL | 2009-06-20-Sat 21:47 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>あだるーと向けのお話しで御座います。

そうとってもらえて、嬉しいですww

>堪能させていただきました

こんな駄文を読んでくれて、ありがとー^^

>よく考えるとお寺の火災ってちょくちょくありまっけど因果でありますよね

ですね! 放火はあんまりないけど、戦火とか。地震とか。
因縁を感じますよね。だって、近くにあっても免れた神社や
お寺はいっぱいあるのだもの。。。

>天災に事故はなくなりませぬが、人々の気持ちの持ち方さへ変えれば犯罪は無くなる可能性のあるような感情を与作を読んで思ったわ~

有難うございます^^
私も与作のように反省を忘れないように生きないと(汗)

>根底に流れる壮大なテーマってことで、いつもありがとうございます

こちらこそ、どうもっす^^
駄文でありながらも、テーマは私の中では常に無常観で
あり、仏教というか、信仰心なので、これからもそういう
ことを土台に書いていきたいなあと思っていまする^^

>因みにこのお米は鍵掛けなくてもいいわよそんなにキー使わんといて

ですね^^

>逃げも隠れもするけど
高尚な記事はいじれねーいじいじ
一休の意地

^^
まあ、ね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。