月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民を見捨てた戦争の果てに 2
   「声」




  あなたには

  聴こえませんか?

  この哀しみの調べが

  心に届きませんか?




  またやってきたのです

  人々を苦しめるだけで

  何の得をも生まない

  あの闇が




  人間は何を喪えば

  悪に気付くのだろう




  たとえ最愛の人を

  喪っても気付かないのは

  どうして?




  我に返って

  嘆き哀しんでも

  刻(とき)の流れで

  その感情(こころ)さえも

  薄れてゆく




  輪廻は巡る・・・




  解決法のない

  暗闇の世界

  哀しい人間の性(さが)は

  まわりの暗さに馴染んで

  脱出しようとはしない




  私には聴こえる

  あの哀しみの声が




  天使のゴスペル

  神の嘆き

  仏の憂い




  たとえこの闇が消えても

  またすぐに

  新しい闇が降りてくる




  いつの世も同じ




  人間はまた

  手に武器を持って

  戦うのだろう




  何に向かって?




  理由はいつでも

  こじつけでしかない




  餓えのため  自由のため

  世のため  民のため

  宗教のため




  本当はただの暗闇に

  突っ走っているだけなのに




  私にはあの哀しみの

  音色しか聴こえない




  苦しそうに喘ぐ

  果てしなく淀んだ

  哀しい声




  人間が本当の

  「あるべき姿」を

  見出せる日は

  いつなのだろう






 平和を祈って。

 どんなに悲しみの世の中になろうとも、魂を詩っていきたい。

 それぐらいしか、自分を表現していく術がないから。

 無力だ。実に私は無力の塊だ。

 それでも生きているということに変わりはない。

 なら、命が尽きるまで、叫び続けていこうじゃないか。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「平和の

   琉歌」の歌詞の一節から拝借しています  釣り










  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 






 
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
ご無沙汰してました^^
まり姫 | URL | 2010-11-28-Sun 09:09 [EDIT]
冬灯さんおはようございます~☆

この反戦詩はすごくいいです!!
戦争に、どんな理由をつけようと正義はないというのが本当のところでしょうね。
戦争の犠牲になるのも古来からごく普通の民でした。

民衆が声をあげなくなると、支配者は必ず同じ過ちを繰り返すでしょう。
平和な社会を願っている一人として、冬灯さんのこの詩にハナマルをつけたいですねσ(゚ー^*)
まり姫さんへ
冬灯 | URL | 2010-11-28-Sun 21:16 [EDIT]
> 冬灯さんおはようございます~☆

おはようございます~す★
コメント有り難うございます^^

>
> この反戦詩はすごくいいです!!

本当ですか~有り難うございます^^
グダグダな感じだと自分では思ってるんですけど ^^;

> 戦争に、どんな理由をつけようと正義はないというのが本当のところでしょうね。
> 戦争の犠牲になるのも古来からごく普通の民でした。

力のないものが苦しむ。そのサイクルは昔から変わらないですよね。
結局は権力あるものが牛耳ってしまいますものね。
いくら自由主義、社会主義、民主主義といっても、そんなに大差はないと
思ってしまいます。。。


>
> 民衆が声をあげなくなると、支配者は必ず同じ過ちを繰り返すでしょう。
> 平和な社会を願っている一人として、冬灯さんのこの詩にハナマルをつけたいですねσ(゚ー^*)

こんなことを思わなくなる日を祈りたいですが、人間が人間である以上夢の夢
なんでしょうね。
切なくて、哀しい現実もたくさんありますけど、だからといって希望を捨てる
ことはしたくないですよね。
前向きに現実を見て、変えていこうという勇気と愛を忘れたくはないと思います^^

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。