月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄昏が浮かぶ頃 2
   「誰(た)そ彼」



  誰そ彼よ

  おまえは何を隠す

  眼の開かない私は何を無くすのか




  闇に包まれる前の明るさよ

  私を照らし出す温かい光(ひかり)は

  もう無いのか




  そこにいるのは誰(だれ)か

  薄昏(うすぐれ)の中では

  はっきりとわからない

  ぼんやりと小さな影が

  心淋しく揺れている




  それは私?




  誰そ彼よ

  もう私を連れて往くのか





 黄昏時に思うことは人それぞれかと思いますが。

 あえて、ここでは闇に染まってゆく空に向けて、

 心の闇も増してゆく、そんなとらえ方をしています。

 暗闇が迫り、その中に引き込まれてしまうのでは

 ないか、という心の不安。そして、諦めにも似た悲

 しさ。そんな心の揺れ具合が伝わればいいなと。

 黄昏はあえて、「誰そ彼」。

 闇を「誰」か、と擬人化しております。





       アップロードファイル みなさんへ アップロードファイル

 いつも遊びに来てくれて有難うございます。

 みなさんからのコメントや拍手、拍手コメントに

 毎日感謝しております。

 そして、励まされております。

 だいたい毎日のようにみなさまのブログに通っ

 ている私ですが、時間がなかったり、忙しかっ

 たりした時は、なかなかコメントを残せていなくて

 申し訳ないです。

 それでもほぼ毎日お邪魔させてもらってます。

 時間などがなくて、記事だけを拝見させてもらった

 時は拍手またはランキングに参加されてる方へは

 プチプチさせてもらってます。

 ご了承下さいませ。

 当ブログでの拍手コメントして頂いたメッセージに

 ついてですが、カギコメでない限りはコメント欄にて

 お返事を書かせて頂こうかと思いますので、宜しく

 お願いします。

 なお、拍手コメ&コメントにてのカギ付きのメッセージ

 を頂いた場合は、直接お邪魔させて頂いた上で、

 お返事を書かせて頂いておりますので、そちらもご

 了承頂ければと思います。

 いつも有難うございます。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ポカン

   ポカンと雨が降る」の歌詞の一節から拝借してます 紫陽花

  
  にほんブログ村 ポエムブログへ
 
 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


     ← 拍手っ。  結晶
  
  
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

まゅげ | URL | 2009-07-01-Wed 14:21 [EDIT]
はじめまして。私なんぞのつたないブログ訪問有難うございます。

素敵なブログですね。


こういう綺麗な言葉を読み、いろいろと考えたりするのは楽しいですね。
また遊びにきます。
こんにちは
比呂 | URL | 2009-07-01-Wed 14:48 [EDIT]
拝見する度に 冬灯さんのブログが進化していくので すごいな~と感心しております。
今日の詩は また奥深く 解説がないと私の頭では 理解ができませんでした(ごめんなさい(^^ゞ)
確かに 夕暮れになるとなぜか急に悲しくなったり不安になったりします。一人でいるのが 辛くなって人恋しくなったり不思議ですよね。

ところで 先日「ミュージックステーション」で夏に聞きたい詩ベスト10と言うのをしてましたが 昭和と平成のどちらとも
サザンが1位でビックリしました!
昭和の歌は 「勝手にシンドバット」 平成の歌は「TUNAMI」 でした。 流石です!
ちなみに 私もサザン 大好きで 「虹色ナイトクラブ」?に合わせて 踊っていました。数十年前の話ですが 楽しかったです。

小春 | URL | 2009-07-01-Wed 16:35 [EDIT]
こんにちは。

夕暮れは、その日の感情で捉え方が変わるときだと…私も、想います。
暗くなっていく、空をみつめ無償に誰かに会いたいと
自分の居場所に戻りたいと強く想うその気持ち…
たそがれ時の切なさを、「誰か彼」になさった訳が、わかるようで(^^;

心の瞬き?とも言うのでしょうか?
自分がぶれると出来てしまう心のすき間が、書かれているのが私は好きです。

marihime | URL | 2009-07-01-Wed 17:16 [EDIT]
冬灯さんこんにちは☆

素敵な詩ですね。
冬灯さんの豊かな感性があふれているような詩だと思います。
黄昏を「誰そ彼」と擬人化した手法、私の好きな小林一茶を思い出しましたσ(゚ー^*)

ポチ&拍手していきますねm(__)m
あの黄昏よ・・・その光よ
ひろ | URL | 2009-07-01-Wed 19:48 [EDIT]
全くの 闇夜であれば

何も 黄昏は見えず

眼開けども 悲しみの

明日は 見えない



見えないものの 悲しみは

見えないものにしか 解らず

僕が 色の世界に

浸かりきって 泳ぐのも

紙一枚の 薄さかも入れない



あの色に 夢を

あの静寂に 癒しを

僕は 幸せなのかもしれない
勝手に初コラボ!!(汗)
まぁ | URL | 2009-07-02-Thu 00:09 [EDIT]
ごめんちゃい・・(汗)

なにやら 勝手に初コラボしちゃいました(汗だらだら)

どうでしょう・・・こんな感じです・・・・

そんでもってトラックバックを使用するのも初めてだ・・・(汗

うまくいってるかなぁ~(頭ん中ぐるぐるだ・・)
コラボコラボ
まぁ | URL | 2009-07-02-Thu 00:16 [EDIT]
勝手にコラボしちゃいました・・・(汗

トラックバックっていうのを初めて使ってみたんですが・・・・

これで良いのか良く分からん・・・・。

一度見に来てくださいね~

愛音 | URL | 2009-07-02-Thu 06:02 [EDIT]
空ゎ色んな表情を見せてくれますよね
黄昏時ゎ人生に於いても終わりをイメージさせます
どうしようもない闇にひきこまれそうになる
そんな時もありますね(>_<)
まゅげさんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 11:33 [EDIT]
初めまして!
コメント有難うございます^^

>はじめまして。私なんぞのつたないブログ訪問有難うございます。

とんでもないです!
いつも拝見させてもらってます☆
挨拶もなく、読み逃げばかりで、すみませっ(汗)
私の方こそ、こんなブログに足を運んで頂けて光栄です♪

>素敵なブログですね。

本当ですか~!
有難うございます^^
ごちゃ混ぜなブログですが(笑)


>こういう綺麗な言葉を読み、いろいろと考えたりするのは楽しいですね。
また遊びにきます。

有難うございます^^
普段はもっと暗い詩を描いたりしてますが(笑)
美しい言葉や古風な表現が好きなので、和語をヒントに詩を描いたり
しています。
楽しんで頂けて、私も嬉しいですww

私もまた遊びに行かせて頂きますね☆
これからも宜しくです^^
比呂 さんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 12:00 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>拝見する度に 冬灯さんのブログが進化していくので すごいな~と感心しております。

本当ですか~///
有難うございますぅ。嬉しいですww

>今日の詩は また奥深く 解説がないと私の頭では 理解ができませんでした(ごめんなさい(^^ゞ)

そんな、とんでもないです!
読んで頂けるだけでも、嬉しいです^^
自分でも、流れで描いたものなんで。そんなに意味が深いほどでもないんです(笑)
なんというか、言葉の流れというか、雰囲気で感じてもらえれば、嬉しいです^^

>確かに 夕暮れになるとなぜか急に悲しくなったり不安になったりします。一人でいるのが 
辛くなって人恋しくなったり不思議ですよね。

そうですね^^
夕暮れって、ほんと不思議ですね。わけもなく泣きたくなったり、どうしようもなく不安に
思ったりしますよね。。。これが、闇になってしまえば、妙な安堵感も出てくるんですけど、
闇に染まっていく姿、というのがまた哀愁を誘うような心境になったりします☆

>ところで 先日「ミュージックステーション」で夏に聞きたい詩ベスト10と言うのをして
ましたが 昭和と平成のどちらとも サザンが1位でビックリしました!

あ! 比呂 さんも見てたんですね!!
私も見ました^^  たまたまテレビ点けたらちょうどやってて。
そう!! 一位でしたね! 昭和はなんとなくそうなんじゃないかなって思ったん
ですけど、まさか平成までとは! さすがサザンですww

>昭和の歌は 「勝手にシンドバット」 平成の歌は「TUNAMI」 でした。 流石です!

本当、すごいことですよね^^  感動しちゃいました♪

>ちなみに 私もサザン 大好きで 「虹色ナイトクラブ」?に合わせて 踊っていました。
数十年前の話ですが 楽しかったです。

ふふっ♪ 「艶色ナイトクラブ」ですねww
この歌もいい歌ですよね! クラブ曲として大好きな一曲ですww
少しエロイ所もサザンらしいですよね(笑)
心眼
森野帽子 | URL | 2009-07-02-Thu 18:35 [EDIT]
最近は専らRomのみにございました。
コメントはご無沙汰してしまい失礼致します。

「たそがれ」の心象風景。
闇も未知なるが故にそれが恐怖になる。
目を閉じてしまえば、心の目が活発に動き出し、
「本物のご尊顔」にお目にかかれるのかも、なんて思ったり……
小春さんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 19:41 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>夕暮れは、その日の感情で捉え方が変わるときだと…私も、想います。
暗くなっていく、空をみつめ無償に誰かに会いたいと
自分の居場所に戻りたいと強く想うその気持ち…

不思議な感覚になりますよね、黄昏時って。
意味もなく悲しくなったり、不安に駆られたり。。。
空が闇に染まっていく過程というのは、様々な思いが交差するように
感じますよね☆

>たそがれ時の切なさを、「誰か彼」になさった訳が、わかるようで(^^;

有難うございます^^
不安感が募ると、不思議に人恋しく思いますよね。誰か傍にいてほしい、
みたいな。これは我ながらちょっと気に入る単語ができました^^

>心の瞬き?とも言うのでしょうか?
自分がぶれると出来てしまう心のすき間が、書かれているのが私は好きです。

有難うございますww
闇に染まってゆく空と比例して、心も不安になっていく。その不安感がもたらす
心の隙間にどうしようもなく寂しく感じてしまう。。。
そんな感覚が伝わってもらえて、よかったです^^

marihimeさんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 20:01 [EDIT]
初めまして!
コメント有難うございます^^

>素敵な詩ですね。

有難うございますぅ///
嬉しいです^^

>冬灯さんの豊かな感性があふれているような詩だと思います。

そ、そうですか~(喜)♪
ちょっと暗い詩ですが、そのように言ってもらえて、すごく
嬉しいです!  有難うございますwww

>黄昏を「誰そ彼」と擬人化した手法、私の好きな小林一茶を
思い出しましたσ(゚ー^*)

一茶、お好きなんですね^^
こんな偉人を思い出してもらえるなんて、光栄ですww
この造語、うまくいったなぁと、自分でも思ったので、marihimeさん
にも気に入ってもらえてよかったです♪

>ポチ&拍手していきますねm(__)m

わーいww
有難うございます^^

あ、あと。もし、次回こちらに遊びに来て頂くことがありましたら、
できたらmarihimeさんのブログ名もしくはUrlを書いてもらえる
と、嬉しいです。
あしあとなど、探してもたんですが、ちょっとわからなかったので
すみませんが、宜しくです^^

ひろ さんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 20:06 [EDIT]
いつも有難うございます^^

素敵な詩、いつも有難うございます^^
光という、救いがある、そんな素敵な詩ですね!
いつも、私の不完全な詩をフォローしてもらえて
いる感じがして、有難いですww

ひろさんの詩を読ませて頂くと、より一層感覚の
幅が広がるような気がして、感性が磨かれますww

本当に、いつも有難うございます♪
まぁ さんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 20:13 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>ごめんちゃい・・(汗)

と、とんでもないですよ~!!!!
超嬉しいですww
私、今なら空も翔べる! それくらい、嬉しさで
舞い上がっちゃってるんですけどーーー!!!

>なにやら 勝手に初コラボしちゃいました(汗だらだら)

う、嬉しすぎて、死ぬかもしれないです・・・(大興奮♪)
ものすごいサプライズだ!!

>どうでしょう・・・こんな感じです・・・・

拝見しました^^
すっごい素敵なんですけど~~!!!
いいんですか?! 
こんな素敵なイラスト、私の詩に合わせて頂いちゃって(ドキドキ)

>そんでもってトラックバックを使用するのも初めてだ・・・(汗

>うまくいってるかなぁ~(頭ん中ぐるぐるだ・・)

はい^^
大丈夫でしたよ~♪

なんだか、もう本当に感動・感謝の気持ちでいっぱいです!!!
有難うございます >< www
愛音ちゃんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 20:19 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>空ゎ色んな表情を見せてくれますよね

だよね!
特に闇に染まってゆく段階の空って、色んな
思いが交差するような感じ、しない? ^^

>黄昏時ゎ人生に於いても終わりをイメージさせます

うんうん。。
漢字もね、そんな雰囲気を含んでいるように思える
よね。。。こう、死にゆく、みたいなイメージ。。。

>どうしようもない闇にひきこまれそうになる
そんな時もありますね(>_<)

うん、あるね・・・
ものすごく孤独を感じたり、すべてに諦めを感じたり。
救いさえもないんじゃないか、そんな風にも思ってしまったり。
夕闇が人間に与える感情は、時にはそんな絶望に似た
感覚を与える瞬間って、あるよね・・・(はぁ~~~)
森野帽子さんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-02-Thu 20:26 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>最近は専らRomのみにございました。
コメントはご無沙汰してしまい失礼致します。

とんでもないです!!
来て頂けるだけでも、嬉しいですから~♪
私もコメントはできてなくて、申し訳ないです・・・
でも、毎日通わせてもらってますぅ^^

>「たそがれ」の心象風景。
闇も未知なるが故にそれが恐怖になる。
目を閉じてしまえば、心の目が活発に動き出し、
「本物のご尊顔」にお目にかかれるのかも、なんて思ったり……

闇も未知・・・すごい素敵な表現に、鳥肌たちました!
これ、すごい素敵な表現だぁww
さすがです!!
未知なるが故に不安もより一層増して、恐怖にすら感じる。
ああ、だからこんなに不安感が募るんだ。。。
そんな風に思いました。
心の目で私もいつの日か、ほんもの、見えるかなぁ・・・
それもちょっと怖いと思ったり(笑)
案外、へっぴり腰な冬灯です(笑)

かめとと | URL | 2009-07-02-Thu 23:06 [EDIT]
季節によってだいぶ感じ方が変わる時間帯ですね。
ロマンも何も無い表現で申し訳ありませんが、
僕にとって夏の黄昏は
『さあ風呂入って夕飯食べてナイター見ながらゴロゴロするぞー!』
的ポジティブな時間帯なんです。
逆に秋、冬の黄昏は不気味さと不安を感じるイヤな時間帯で、
まだ街中に住んでるからいいようなものの、
街灯すらない場所ではある種の恐怖を感じます。
まさに、誰そ彼に連れ去られてしまいそうな感じ。
暗闇から囁き
一休昏 | URL | 2009-07-03-Fri 18:37 [EDIT]
ワーグナー
このての詩
食い付きやすいのであります
なんかこのワードってミステリアスでいいデアス
自称トラックバック野郎一休
いい勉強さしていただいちゃいまぴた
パクりよりコラボレーションって手があったのねん
響きもイメージも佳いし!そう今書き込してる時間帯が黄昏時やねん
ではでは何時も勉強なりますわ~
ありがとう
Unknown
こら~コラボ

IT侍 | URL | 2009-07-03-Fri 19:58 [EDIT]
初めまして、IT侍と申します。

今、夜が満ちている時間に読ませていただきました。とても共感しました。
夜がもたらす心の移り変わりの怖さ、儚さ、さっきまではあんなに元気だった自分を、夜の自分が掴んでいくと いう感じを受け、自分もこんな感じあるなぁといたく感動致しました。
コラボの絵と
ミュジニー | URL | 2009-07-03-Fri 22:08 [EDIT]
良くマッチしてると思います。
最近は「黄昏」という言葉をあまり感じません。
忙しいのは確かですが自然を観察する機会が減ってしまったのだなあと
少し反省しました。
かめととさんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-06-Mon 21:36 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>季節によってだいぶ感じ方が変わる時間帯ですね。

そうですね!
空の暮れ方と時間帯が違いますよね。

>ロマンも何も無い表現で申し訳ありませんが、
僕にとって夏の黄昏は
『さあ風呂入って夕飯食べてナイター見ながらゴロゴロするぞー!』
的ポジティブな時間帯なんです。

なるほど~^^
いやいや、ひじょうに現実的思考で、好きですよ~ww
私も常にロマンチックなこと考えてないですしね(笑)
とくにこの梅雨の時期なんかは、あ、いけない、洗濯物
入れなきゃ、おかんに怒られちゃう! とか情緒のない
ことばかりな毎日です(笑)

>逆に秋、冬の黄昏は不気味さと不安を感じるイヤな時間帯で、
まだ街中に住んでるからいいようなものの、
街灯すらない場所ではある種の恐怖を感じます。
まさに、誰そ彼に連れ去られてしまいそうな感じ。

かめととさん、秋苦手ですもんね^^
確かに寒い時期の黄昏時って、心まで寒々してしまいますよね。。
空がどんよりと暗くなるから余計に、重く感じてしまいますよね。
夏は暮れてもまだ明るさが残っているような、そんな感じがします
が、秋や冬は冷たい空気のせいで特に寂しさを募らせる感じが
します。。。
一休せんぱいへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-06-Mon 21:41 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>ワーグナー
このての詩
食い付きやすいのであります

ふふーww
そうでしょうとも^^
さあ、ぱくってみなさい、いつきゅう!

>なんかこのワードってミステリアスでいいデアス

たそがれ?
確かに、ミステリアスですな^^
掴みどころのない、不思議な感覚がありますよね。

>自称トラックバック野郎一休
いい勉強さしていただいちゃいまぴた

そうでぴゅか。
悪用せぬように (笑)

>パクりよりコラボレーションって手があったのねん

そうねん^^
素敵でしょ!
感動の嵐です!  るつぼです!

>響きもイメージも佳いし!そう今書き込してる時間帯が黄昏時やねん
ではでは何時も勉強なりますわ~
ありがとう

黄昏時。せんぱいはいい子ではないので、連れ去っちゃいますよ。。。
ふふ(笑)
Unknown
こら~コラボ
IT侍さんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-06-Mon 21:47 [EDIT]
初めまして!
コメント有難うございます^^

>今、夜が満ちている時間に読ませていただきました。とても共感しました。

本当ですか~^^
有難うございますww
共感してもらえて、嬉しいです^^

>夜がもたらす心の移り変わりの怖さ、儚さ、さっきまでは
あんなに元気だった自分を、夜の自分が掴んでいくと いう
感じを受け、自分もこんな感じあるなぁといたく感動致しました。

素敵な感想を有難うございます^^
ありますよね!  そういう瞬間って。
闇が迫ってくるような、引き込まれてしまうんじゃないかという
不安というか、自分の心までも暮れていってしまうような寂しさ
というか。。。

コメント有難うございます^^
私も遊びに伺いますね☆
今後とも宜しくお願いしますww
ミュジニーさんへ
星月 冬灯 | URL | 2009-07-06-Mon 21:53 [EDIT]
いつも有難うございます^^

>良くマッチしてると思います。

有難うございます///
頂いた時は、すごく嬉しかったです^^
文字だけだと想像しにくい部分でも、こうして
素敵な絵を添えて頂くと、より幻想的に写る
ものですね♪
まあさんに感謝ですwww

>最近は「黄昏」という言葉をあまり感じません。
忙しいのは確かですが自然を観察する機会が減ってしまったのだなあと
少し反省しました。

それはありますよね。忙しいと、つい自然を愛しみなく
なってしまいますから。。。
ちょっとでも、外に目を向けると、色んな感動が転がって
いるのでしょうけど、ついぞ心に余裕がない時は、それ
すらも見ようとはしない自分がいたりします。
たまにもったいないなぁ、なんて私も反省したりします。
どんな時でも自然を愛でる瞬間を大切にしたいものですね^^

TRACK BACK
TB*URL
「誰(た)そ彼」初コラボ!!
Mablog 2009-07-02-Thu 00:04
ブログ名「星の国の夢月夜」さんとの初コラボ!!勝手にコラボしちゃいました(汗) 日が傾き闇に暮れていく夕暮れを ただ呆然とを見つめる一人の人(自分?)を 寂しく見つめる自分を勝手に描いてみました(汗) これは「まぁ」の勝手なイメージです・・...  [続きを読む]
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。