月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鏡の真ん中に汚れた僕がいる 2
   「青い瞳(め)」



  あの瞳が怖いのです

  あの、青い青い瞳が




  私の上辺の心を見透かしているような、

  澄んだ澄んだ色




  凝(じ)っと見つめられると

  心臓がきりきり痛み出して

  逃れたいのに足が竦んで

  逃げられない臆病な私




  いやだ、いやだ

  見ないでと叫んでみても

  決して逸(そ)らされない

  真直(まっすぐ)な瞳




  嗚呼

  あの瞳はすべてを

  知っているのだろうか

  私の汚れた部分を

  口には出せないような過去(あやまち)を




  知っている、知っている

  いつでも




  私はもう

  逃げられないのだ

  青い瞳から






 久々、詩を載せてみる。

 過去に拭いきれない過ちがあった時、人はすべてを

 忘れて生きてはいけない。

 たとえそれが、ごく小さな事であっても。

 心の傷、あるいは犯罪。

 多かれ少なかれ、どんな形でも人は犯している。

 ふと、穢れなき瞳に見つめられると、隠しているも

 のが、見透かされているような錯覚に陥る。

 知られていないと分かってはいても、逃れられない

 罪に心が苦しむ。

 忘れてはいけない。忘れはしない。

 けれど、生きていくためには、向上心も必要。

 受け止めて、抱えて生きていく。

 そうしてはじめて懺悔し、反省する。










  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「夏の

   日の少年」の歌詞の一節から拝借してます  かめパン



   にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ

        
にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 




            
  ←ニャンコな拍手だよ~  neko
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
No title
案山子 | URL | 2010-01-31-Sun 21:34 [EDIT]
心の闇のようなものを感じる詩ですね

訪問履歴から伺いました。
よろしければまた伺います。。。
心の瞳
メガ一休デス | URL | 2010-01-31-Sun 23:37 [EDIT]
我が輩、記事のストップはしてないるれ

よく見るでおじゃる

スパムではない
ちゃんとしたコメントダリオ。
記事にする新手法斬新でしょう?
今日の詩は参考にさして頂きます。
ネタ増えるから助かるわん。
きっちり頂いた米は掲載するんでご心配なく、
しかしながら、復帰したらコレでっか!
適度に無理なく更新を
チャオチャオ
No title
momo* | URL | 2010-02-01-Mon 00:07 [EDIT]
こちらこそご無沙汰しています(*^_^*)
相変わらず素晴らしい感性の冬灯さん♪
いつも吸い込まれそうになります
また遊びに来ますね~
応援もさせてください^^
お久しぶりです。
irumu | URL | 2010-02-01-Mon 01:39 [EDIT]
お久しぶりです。色々と大変だと知り心配でしたが落ち着いて、更新を再開されて何よりです。

また、機会がありましたら寄らせていただきますね。

では、また。
No title
まり姫 | URL | 2010-02-01-Mon 11:24 [EDIT]
冬灯さんこんにちは☆

このポエムは何か宗教的な感覚に引き込まれそうです~
やはり冬灯さんの感性がそう思わせてくれるのかもしれませんねσ(゚ー^*)

私のブログ仲間にも鋭い感性を持った方がいらっしやるけど、詩歌って奥深いものだと改めて思いました^^

余談ですけど、私の短歌の師匠もすごい感性です。
まり姫さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-02-01-Mon 13:56 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは☆

こんにちはっス ^^
コメントいつも有り難うございます☆
>
> このポエムは何か宗教的な感覚に引き込まれそうです~

やっぱり宗教的に見えちゃいますかね。
特に意図して書いたものではないんですけど、う~ん
やっぱり根本的なものが宗教なのかも知れないです^^
信仰心は自分の中でも生活の一部というか、心の要
みたいな存在なので、自然と出ちゃうのかも知れませんね^^

> やはり冬灯さんの感性がそう思わせてくれるのかもしれませんねσ(゚ー^*)

感性がありそうでなさそうな(汗)。
>
> 私のブログ仲間にも鋭い感性を持った方がいらっしやるけど、詩歌って奥深いものだと改めて思いました^^

私のことはさておき(笑)、感性豊かな人の書く詩や歌って
すごいですよね☆
心が揺すぶられるというか・・・感動を覚えます。
もちろん、まり姫さんもですww
>
> 余談ですけど、私の短歌の師匠もすごい感性です。

きっとまり姫さんがそう仰るような方なら、素敵な方なの
でしょうねww
私もそんな人に廻り逢いたいものです☆
irumuさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-02-01-Mon 14:09 [EDIT]
> お久しぶりです。色々と大変だと知り心配でしたが落ち着いて、更新を再開されて何よりです。

お久しぶりです!!
コメント有り難うございます^^
ご心配かけてしまいました。。。
ようやく試験も終わり、あとは結果を待つだけ・・・
でもそれが一番ドキドキするかも知れません(笑)
ブログ再開しました♪
よかったらまた覗いてやって下さいww

> また、機会がありましたら寄らせていただきますね。
>
> では、また。

はい。有り難うございますww
私もまた遊びに行かせて頂きますね☆
momo*さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-02-01-Mon 14:18 [EDIT]
> こちらこそご無沙汰しています(*^_^*)

こんにちは!!
コメント有り難うございます^^
ごぶさたしていました。。

> 相変わらず素晴らしい感性の冬灯さん♪

とんでもありませんです~~ @@

> いつも吸い込まれそうになります

悪い気に当てられないようお気をつけ下さい (笑)

> また遊びに来ますね~
> 応援もさせてください^^

有り難うございます♪
でもあんまり無理なさらずにww
私もまた遊びに行きますww
せんぱいへ
星月冬灯 | URL | 2010-02-01-Mon 14:24 [EDIT]
> 我が輩、記事のストップはしてないるれ
>
> よく見るでおじゃる

すみまぜん。。。せんぱい。
よくみましだ。
ほんとだ、止まってながった。。。
>
> スパムではない
> ちゃんとしたコメントダリオ。

え~あの数、尋常じゃないんですけど!
スパムではないの(笑)

> 記事にする新手法斬新でしょう?

うん?

> 今日の詩は参考にさして頂きます。

どぞww
さあ、お手並み拝見といこうかw

> ネタ増えるから助かるわん。

なにしろ、パクリ専ですもんね(笑)

> きっちり頂いた米は掲載するんでご心配なく、
> しかしながら、復帰したらコレでっか!
> 適度に無理なく更新を
> チャオチャオ

このお返事見て、安心しまぴた。
ので、早速いくつかコメを納めに行きましたが
お分かりになられたかなw
探してくりゃれ♪

今んとこ暇じゃしのー^^
適度に張り切るとしますv
案山子さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-02-01-Mon 14:27 [EDIT]
はじめまして☆
ご訪問有り難うございます^^
コメントまで頂きまして、嬉しいですww

> 心の闇のようなものを感じる詩ですね

こんな暗い詩ばかりで、恐縮です。。。
よかったらまた読んでやって下さい☆
>
> 訪問履歴から伺いました。
> よろしければまた伺います。。。

有り難うございます^^
私もまたお邪魔させて頂きますね。
これからも宜しくお願いしますww

セキタイ | URL | 2010-02-03-Wed 18:21 [EDIT]
たしかにそうかも。

自分が犯した罪は
心の奥の秘密の部屋にしまってあって
普段は出てこないけど
何かの拍子にその扉が開いてしまって
また、どうしようもないことに苦しむ。

ふっきれても実際は
ずっと背負ってきてるんですよね。
セキタイさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-02-04-Thu 16:39 [EDIT]
いらっしゃいませ^^
コメント有り難うございますww

> たしかにそうかも。
>
> 自分が犯した罪は
> 心の奥の秘密の部屋にしまってあって
> 普段は出てこないけど
> 何かの拍子にその扉が開いてしまって
> また、どうしようもないことに苦しむ。

そういう瞬間ってありますよね。。
例えば人との会話中とか、テレビ見ててとか。
とりとめもない悲しみが押し寄せてくる時。。。
胸がしめつけられるように苦しく感じる時。。。
ありますよね・・・

>
> ふっきれても実際は
> ずっと背負ってきてるんですよね。

そうですね。
でも忘れてはいけない感情でもあると思うんです。
その思いや過去があったからこそ、今の自分が
存在するわけだし。
逆にそのことがあったから、何かに気付き、何かを
考え、前に進もうとしている自分にもなれるのだろうし。
人は歳を重ねるごとに様々の思いや重みを背負って
生きていくものなんですね。。。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。