月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花を染めたのは雨の色かな
   「葛の花」



  想いが通じたのは

  ほんの一瞬の間で

  あなたはそうそうに

  新しい花へと

  飛んでいってしまった




  残されたうば花は

  どうしたら

  いいというのか

  もはや胸の内は

  あなた一色で

  引き返すことなど

  できもしない




  秋の風が立ちこめる

  林の中

  ハラハラと

  気まぐれな風に

  踊らされて

  葛の葉が揺れている

  ヒラヒラと

  裏返っては

  また戻り・・・

  裏返っては戻り・・・




  なんて

  怨めしいのだろう

  あの人を想うだけで

  こんなにも涙が

  溢れてくるなんて




  風よ

  私を憐れんでくれるのなら

  


  怨み葛の葉を

  涙と一緒に

  あの人へ

  届けておくれよ





 怨み葛の葉というのは、季語なんです。

 葉が翻る様を心の裏表と重ねています。

 ちなみに葛は、秋の七草の一種でもあります 











  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「JOURNEY」

    の歌詞の一節から拝借しています  さとと-マトリョーシカ緑









        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

まり姫 | URL | 2010-10-05-Tue 14:30 [EDIT]
冬灯さんこんにちは~♪

季節感と心模様が微妙なタッチで歌われているようですね~
さすが冬灯さんっていう感じかな(*^_^*)

水聖 | URL | 2010-10-05-Tue 15:49 [EDIT]
信田の森の怨み葛の葉・・・せつないですね。
心に染みる詩
メガ一休デス | URL | 2010-10-05-Tue 22:13 [EDIT]
なんかしみじみしたじょ
自分は老いてるんるん
時節柄涼しくなってきてるし、余計にそう感じたのかもだが
やはり星月殿は詩が真骨頂だと改めて認識したでごんす
ちょいとパクらず善い記事が書けるように修行するだす
いい詩をありがとうございます
ばいなう
せんぱいへ
冬灯 | URL | 2010-10-06-Wed 12:14 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> なんかしみじみしたじょ

しちゃいましたか^^w
秋ですからねぇ~

> 自分は老いてるんるん

私もです。。。(ずーん)・・・

> 時節柄涼しくなってきてるし、余計にそう感じたのかもだが
> やはり星月殿は詩が真骨頂だと改めて認識したでごんす

え! そ、そうですか (汗) ←なぜか、焦ってみる。。

> ちょいとパクらず善い記事が書けるように修行するだす

ど、どうしたの?! せんぱい?
さてはせんぱいの皮を被ったにせものでしょう!
ぱくらないなんて・・・そんなのせんぱいじゃないもん! (笑)

> いい詩をありがとうございます
> ばいなう

駄作です! 
でも、おほめ頂き、恐悦至極に存じまする^^
水聖さんへ
冬灯 | URL | 2010-10-06-Wed 12:27 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 信田の森の怨み葛の葉・・・せつないですね。

かなり切なくなっちゃった (笑)
それにしても。
さすが、水聖ちゃん!
言葉を知ってるね~www
まり姫さんへ
冬灯 | URL | 2010-10-06-Wed 12:29 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは~♪

こんにちは~^^

>
> 季節感と心模様が微妙なタッチで歌われているようですね~
> さすが冬灯さんっていう感じかな(*^_^*)

恐れ入ります///
なんだか、まり姫さんに褒められると、恐縮してしまいます。
こんな駄作を・・・汗汗。

季語って、色んな想像をさせてくれる素敵な日本語ですよね★

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。