月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哀(あい)泣き笑い時代(とき)は流れた
   平和の琉歌 を聴こう!


 サザンの曲紹介シリーズです。

 今日の一曲は、「平和の琉歌」。

 一般にはあまり知られていないかな?

 まずは聴いてみて下さいな。








 いかがでしょう?

 いつものように歌詞も載せますね。




    平和の琉歌 (1996)

         作詞・作曲: 桑田佳祐



  この国が平和だと

  誰が決めたの?

  人の涙も渇かぬうちに


  アメリカの傘の下

  夢も見ました

  民を見捨てた戦争(いくさ)の果てに


  蒼いお月様が泣いております

  忘れられないこともあります


  愛を植えましょう この島へ

  傷の癒えない人々へ

  語り継がれてゆくために


  この国が平和だと

  誰が決めたの?

  汚(けが)れ我が身の罪ほろぼしに


  人として生きるのを

  何故に拒むの?

  隣り合わせの軍人さんよ

  
  蒼いお月様が泣いております

  未だ終わらぬ過去があります


  愛を植えましょう この島へ

  歌を忘れぬ人々へ

  いつか花咲くその日まで




 この曲は、「海のYeah!!!」という2枚組みのCDに入って

 いる歌です。このCDはそれまで発表されてたサザンの曲の

 中で最も人気がある歌をピックアップして構成された1枚です

 が、この「平和の琉歌」は新曲として加わっています。

 歌詞を見ての通り、反戦歌です。そして、戦争や平和につい

 ての比喩や皮肉を込めた風刺曲でもあります。

 テーマは、アメリカ軍による沖縄領土の占領、現在も残る米

 軍基地についてになっています。

 タイトルの「琉歌」は「りゅうか」と読み、「流歌(ながれうた)」と

 「琉球 (沖縄の旧称) 」を掛けているそうです。「琉歌」は琉

 球王朝時代から続く定型詩であり、この曲の歌詞はそれに

 則ってはいないものの、全編七五調で統一されています。

 こういう凝った趣向がなんとも桑田さんらしい。

 JNN・TBS系報道番組「筑紫哲也 NEWS23」のエンディング

 テーマにもなっていたので、もしかしたら聴いたことある人も

 いるかも知れませんね。

 曲調も沖縄らしい風味があり、流暢で優しさが溢れているよ

 な気がします。だけれどもその曲調とは反して、内容は風刺

 にとんでいて、考えさせられる・・・。

 未だ終わらない過去。

 未だ忘れられない過去。

 そして未だ現実に起こっている様々な傷。

 私は沖縄の人間でないし、行ったこともないからその実体は

 分からない。すぐ隣りに「軍人」さんがいる生活。

 未だ埋まらない空間もそこには存在するのだろう。

 この歌は確かに風刺には違いないし、反戦を歌ったもので

 はあるけれど、その中には強い憤りや怒りや苦しさという感

 情よりも、切なさや哀しさ、憂いといった根深く、人の心にずっ

 とすくんできた負と負い目の感情の表れを感じる。

 桑田さんの詩の素晴らしさに脱帽だ。












   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「DIRTY OLD

     MAN」の歌詞の一節から拝借しています  



     
にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村



           ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
いい曲をとり上げましたねσ(゚ー^*)
まり姫 | URL | 2010-04-22-Thu 16:38 [EDIT]
冬灯さんこんにちは☆

私たち戦争を知らない世代が、ほんとに日本は平和なのか考えさせてくれる歌だと思います^^
私はプロフィルに平和が大好きと書いているくらいの平和主義者ですから、冬灯さんの意図がよくわかりますよ。
冬灯さんはお寺だからよけいですよね~
昔から信仰の深い人は争いを好まないものです。
ただし政治がからむと、せっかくの理想が変わっちゃうのね~
いろいろと、つらいですね
水聖 | URL | 2010-04-22-Thu 18:30 [EDIT]
私は少しの間アメリカに住んでいたのですが・・・。現在、アメリカに徴兵制はありません。アメリカの兵士はすべて志願兵で、軍服エリートを除けば、経済的に恵まれていない家庭が多いです。もちろん「国を守る」という使命のもとに集まって来る、ということもあるのですが、実情はお金のために軍に入る若者も多いと思います。
命令ひとつで、見も知らぬ異国に行かされ、月を見上げる兵士も、その隣に住む人も、つらく切ないのではないでしょうか。
戦争は嫌いですけど、アメリカの若者たちが命を張っているということもまた事実です。もちろん、日本人に戦えなどと言うつもりは毛頭ありません。争いがこの世からなくなるのが理想です。けれど、それはとても難しいことです。
人として生きることを捨てなければな生きていけないこともあるのでしょう。この曲からはそんなふうにしか生きてゆくすべを持たぬ人への思いも入っているのかも、とか思ってしまいました。
なんだか変なコメントですみません。
平和の琉歌
レイア | URL | 2010-04-22-Thu 19:49 [EDIT]
聴かせていただきました。
桑田さんの詞は、いつも一風変わっていて文学的で、言霊(ことだま)など、ほお~っ、こんな言葉があったのねと感心してしまいますが、このような社会的な歌も創られていたのですね。
曲調、ほんとに沖縄風ですね。
どうして戦争の無い世の中にならないのでしょうね。
良い唄ですね^^
万葉さくら | URL | 2010-04-23-Fri 09:55 [EDIT]
私は、サザン桑田さんに
「すべての歌に懺悔しな!!」
と言われた歌手のファンですが(笑)

同じ様に、平和を願った唄を作ってる
イイ兄ちゃんなんですねどね(←言い訳^^;)


サザンの唄は、本当にいい唄が多いですね♪

「いとしのエリー」は
私の切ない恋の思い出の曲、となっています(笑)

沖縄戦に関しては私も深く思うことがあります
(いつか記事にしたいと思います)

一度だけ沖縄に旅行に行きました時に・・・
写真を撮っていい場所と撮ってはイケない場所が
あることを知り、沖縄の人たちの生活が
如何に不自由なものであるか、
ということに思いを馳せたものです


日本にアメリカの基地がある限り
先の大戦は終っているとは言えないし、
日本は本当の意味で独立国にはなっていないと思います


ゴキゲン♪ | URL | 2010-04-23-Fri 09:58 [EDIT]
はぃ この曲 俺も大好きです♪
しかし この歌詞の奥深い内容の意味を
もっと 根本的に理解しないといけないと思いますですが 実感の薄い今の時代に生きている人には ちょっと難しい問題なのかもですよね( "・ω・゛)
こんにちは
フォトギャラリー「高原季彩」 | URL | 2010-04-23-Fri 17:32 [EDIT]
星月冬灯さん、こんにちは
桑田さんの歌久しぶりに聴けましたよ
青い空青い海何時見ても綺麗な海ですね
テレビでは基地問題で大変ですね基地の無い沖縄にして欲しいと思います、
素敵な♪ありがとう☆

荒野鷹虎 | URL | 2010-04-23-Fri 20:05 [EDIT]
今普天間で沖縄の苦しさがクローズ・アップされています。時宜を得た、反戦の「平和の琉歌」は敗戦国の悲哀を感じます。
アメリカの海兵隊に聞かせてやりたいと思います。!☆
まり姫さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 20:16 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは☆

こんにちは~
コメント有り難うございます^^

> 私たち戦争を知らない世代が、ほんとに日本は平和なのか考えさせてくれる歌だと思います
^^

そうですね! 私もそう思います。

> 私はプロフィルに平和が大好きと書いているくらいの平和主義者ですから、冬灯さんの意図がよくわかりますよ。

私も平和主義者ですww やっぱり平和が一番ですよね~

> 冬灯さんはお寺だからよけいですよね~

確かに色んな人が来るので、話を聞いたりすると、争い事は負しか
生まないなぁとつくづく思ったりします~

> 昔から信仰の深い人は争いを好まないものです。
> ただし政治がからむと、せっかくの理想が変わっちゃうのね~

そうなんですよね~
お坊さんはお坊さんらしいのが一番だと思います。
生半可、政治の世界に足を突っ込んでしまうから、争い事にも
発展してしまいますし。昔は僧侶でも普通に武器を持ってました
からね~とても矛盾しているようにしか見えませんよね~
権力を持つと人は変わってしまうのでしようか;;
水聖さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 20:30 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 私は少しの間アメリカに住んでいたのですが・・・。現在、アメリカに徴兵制はありません。アメリカの兵士はすべて志願兵で、軍服エリートを除けば、経済的に恵まれていない家庭が多いです。もちろん「国を守る」という使命のもとに集まって来る、ということもあるのですが、実情はお金のために軍に入る若者も多いと思います。

アメリカに住んでいたことがあるんですね~ww
映画でもそんな内容のものを見たことがあるような気がします。。。
生活のために志願する若者も多いのでしょうね。

> 命令ひとつで、見も知らぬ異国に行かされ、月を見上げる兵士も、その隣に住む人も、つらく切ないのではないでしょうか。

そうですね。どちらもとても辛いことだと思います。。
沖縄の兵隊さんたちだって、中にはとても素晴らしい人もいらっしゃる
のだろうし、一方的に責めるのは間違っていますよね。

> 戦争は嫌いですけど、アメリカの若者たちが命を張っているということもまた事実です。もちろん、日本人に戦えなどと言うつもりは毛頭ありません。争いがこの世からなくなるのが理想です。けれど、それはとても難しいことです。

確かに・・・とても難しいことだと思います。というか、争い事は
なくならないのが宿命でしょうね。。。
アメリカの精神はとても素晴らしいと思います。
日本は愚かな戦争を繰り返し、敗戦国になった時から戦うから守る
国へと変わり、代わりにアメリカが軍事面では楯になってくれた
わけで、アメリカだけを非難できないと思います。
実際、沖縄の人たちはどう思われているのか分からないですけど、
もす少し調和できる生活ができると理想的ですよね^^

> 人として生きることを捨てなければな生きていけないこともあるのでしょう。この曲からはそんなふうにしか生きてゆくすべを持たぬ人への思いも入っているのかも、とか思ってしまいました。

桑田さんも沖縄の出身ではないから、他所から見た沖縄像というのが
そんなイメージだったのでしょうね。
この歌詞は外面よりも心の内を歌にしているような気がします。
現代のというよりも、きっと戦後まもない人たちへの鎮魂歌のような
つもりで書いたのかも知れませんね^^

> なんだか変なコメントですみません。

とんでもないです!
とても貴重な意見を有り難うございましたww

これからも色んなことをお話できたら嬉しく思います^^
私の方こそ、とんちんかんかも (笑)
レイアさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 20:34 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 聴かせていただきました。
> 桑田さんの詞は、いつも一風変わっていて文学的で、言霊(ことだま)など、ほお~っ、こんな言葉があったのねと感心してしまいますが、このような社会的な歌も創られていたのですね。

そうですね~^^
エッチな歌詞や恋の歌ばかりと思われている方も多いかと
思いますが、案外政治的な歌や風刺的な歌の方が多いんですよww

> 曲調、ほんとに沖縄風ですね。
> どうして戦争の無い世の中にならないのでしょうね。

世の中に権力がある限り、なくなることはないのでしょうね。。
悲しいですけれど。
でも、平和を願い、祈っていきたいですよね^^
万葉さくらさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 20:52 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 私は、サザン桑田さんに
> 「すべての歌に懺悔しな!!」
> と言われた歌手のファンですが(笑)

あw そちらのファンでしたかww
私も好きですよ~特に昔の歌の方が好きですね~^^

>
> 同じ様に、平和を願った唄を作ってる
> イイ兄ちゃんなんですねどね(←言い訳^^;)

そうですね~^^
昔はまあ、色々とあったようですけど、イケナイことを
止めてからは、パッタリと悪い噂も消えましたしね^^
孤独な感じがとてもカッコイイと思います♪

>
>
> サザンの唄は、本当にいい唄が多いですね♪

ですね~ww
どの歌も大好きです^^
>
> 「いとしのエリー」は
> 私の切ない恋の思い出の曲、となっています(笑)

サザンの代表作ですね~ww
どんな思い出なのでしょうww(ドキドキ)

>
> 沖縄戦に関しては私も深く思うことがあります
> (いつか記事にしたいと思います)

沖縄問題は基地の問題で最近また話題になってますしね。。。
一言では言い表せないことですよね。

>
> 一度だけ沖縄に旅行に行きました時に・・・
> 写真を撮っていい場所と撮ってはイケない場所が
> あることを知り、沖縄の人たちの生活が
> 如何に不自由なものであるか、
> ということに思いを馳せたものです

そうなんですか!
写真一枚撮るのでもそんな規約があったんですね。
なんだか制約があるようで、不自由でしょうね。
あと、色んな事件を聞く度に怖いなと思ってしまいます。。。

>
>
> 日本にアメリカの基地がある限り
> 先の大戦は終っているとは言えないし、
> 日本は本当の意味で独立国にはなっていないと思います

そうですね。
日本は敗戦して、戦争をしないと宣言した時点で、アメリカの
庇護下におかれたも同じですよね。
実際に独立国とは言い切れないところがあるのかも知れません。
けれど、ここでアメリカの力はいらないとは言えないわけですし。。。
これが敗戦国のさだめとも言えるのでしょうね。
愚かな過ちを犯してしまったがために、自ら生んでいまった
罪はずっと背負っていくことになるのでしょうね。
基地移設の問題も、その点をもっと考慮していかなければ、
結局はアメリカは首を縦には振らないでしょうし。
裏を返せば、今まで無事に平和を保ってこれたのも、後ろにアメリカ
という大きな後ろ盾があったからとも言える部分はありますしね。。。
ゴキゲン♪さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 20:59 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> はぃ この曲 俺も大好きです♪

いい歌ですよね~^^
曲調は沖縄チックで、流暢なのに、歌詞は風刺的で
とても刺激的な歌だと思います。

> しかし この歌詞の奥深い内容の意味を
> もっと 根本的に理解しないといけないと思いますですが 実感の薄い今の時代に生きている人には ちょっと難しい問題なのかもですよね( "・ω・゛)

そうですね。。。
もう、戦争を経験した人が少ない現代で、この歌詞の重みを
理解できない世代になってきましたよね。
戦後の憂いの煽りを知っている世代が恐らく、桑田さんたちの
ような50台が最後といったところでしょうか。

平和ボケしている今の世代には、ピンとこない歌詞なのかも
知れません・・・
今も沖縄の基地問題で連日報道されてますけど、きっと当事者
ではない人たちは他所の国のことのように、他人事のように
捉えているような気がしますし。。。
難しいですね。
フォトギャラリー「高原季彩」さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 21:11 [EDIT]
> 星月冬灯さん、こんにちは

こんにちは~
コメント有り難うございます^^

> 桑田さんの歌久しぶりに聴けましたよ

そうですか~よかったですww


> 青い空青い海何時見ても綺麗な海ですね

綺麗ですよね~
やっぱり沖縄の海が一番綺麗なんでしょうか?

> テレビでは基地問題で大変ですね基地の無い沖縄にして欲しいと思います、
> 素敵な♪ありがとう☆

いえ、こちらこそ、有り難うございます^^

今沖縄では基地問題で揺れてますね。。。
どうなるか、気になります。
移すにしても大変なことですよね。。。
それに実際、基地があるおかげで生活できてる人もいるのだろうし。。。
そうなかなかスムーズには解決しないでしょうね。。
一休琉球
MEGA一休DETH | URL | 2010-04-23-Fri 21:16 [EDIT]
何事も、体験してみねばわからにものであります。
今の基地問題も沖縄にいったこともないので
よく、わかりません。
蚊帳の外から批評するのも
なんだかな~と思いますけど・・・
こういった良い曲良い音楽が届けば
それこそ、平和なんでしょうが
人の心はわからぬもの。
もっと、歴史を勉強したいと思いました。
特に、戦争が起こった原因とかね
久しぶりに真面目にコメント。
いろいろ、考えさせられる問題でんな~
時間ないのに訪問ありがとうございます。
復調の兆しが見えぬ一休。
もっと、勉強します。
星月副長、いつもありがとうございます。
でわでわ
荒野鷹虎さんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 21:16 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 今普天間で沖縄の苦しさがクローズ・アップされています。時宜を得た、反戦の「平和の琉歌」は敗戦国の悲哀を感じます。

曲調はとても流暢でゆったりとしているのに、歌詞を見ると
ひじょうに悲しみのこもった詩ですよね。

> アメリカの海兵隊に聞かせてやりたいと思います。!☆

軍人さんたちは、日本人のことをどのように見ているのでしょうね?
そして、沖縄の基地近くに住んでいる人たちはどのように感じている
のでしょうね?
現代の若者たちと、戦争経験者もしくは戦後の憂いを知っている人たちの
間にも溝があるようにも思います。
理想論と現実論。難しい問題ですね~
平社員いっきゅう殿。
星月冬灯 | URL | 2010-04-23-Fri 21:29 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 何事も、体験してみねばわからにものであります。
> 今の基地問題も沖縄にいったこともないので
> よく、わかりません。
> 蚊帳の外から批評するのも
> なんだかな~と思いますけど・・・

私も行ったことないので、なんとも言えないです。
仮に行ったとしても、2、3日の滞在程度では沖縄のおの字も
理解なんてできないでしょうしね~
実際、どんな生活なのでしょうね? 隣りに軍人さんがいるというのは。
嫌なこともいいこともあるのでしょうね。。

> こういった良い曲良い音楽が届けば
> それこそ、平和なんでしょうが
> 人の心はわからぬもの。
> もっと、歴史を勉強したいと思いました。
> 特に、戦争が起こった原因とかね

いい歌が世界に広まれば、争い事はなくなるのではないだろうか。。。
と思いますよね^^ (まあ、実際にはそんなことにはならない
のだろうけど)
日本人は未だに島国根性なとこがあるから^^;
いや、それが悪いとは言えないけど。むしろ、美点なのかも
知れませんが。団結力は素晴らしいものがありますけど、鎖国が
長かった分、どうも、そういう部分が一種の国民性のように我々に
引き継がれているような気がしなくもないです。
だから、戦争にもなったのではないかと。。。(ひとつの喩えと
してですけど)

> 久しぶりに真面目にコメント。

せんぱい、素は真面目さんですものね~ww

> いろいろ、考えさせられる問題でんな~

そうでんな~
でも、そんなことを言っている私自身、やっぱり心のどこかでは
他人事なんですよね。。。
当事者ではないし、沖縄県人でもないし、実際の暮らしを知らない
から、綺麗事も言いたくないですし。
難しいですね!

> 時間ないのに訪問ありがとうございます。
> 復調の兆しが見えぬ一休。
> もっと、勉強します。

いえいえ~ww
こちらこそ、毎度有り難うございます^^
せんぱいこそ、無理してない?

> 星月副長、いつもありがとうございます。
> でわでわ

うむ。いっきゅう君、こちらこそ、有り難うww(←えらそうww)

塗仏ひがし | URL | 2010-04-24-Sat 00:30 [EDIT]
では、ひがしの好きな曲をはっときますねw
http://www.youtube.com/watch?v=V28GJtf9vZI
はじめまして
ブルームーン Blue Moon | URL | 2010-04-24-Sat 08:08 [EDIT]
あまり動画は見ないほうなのですが、サザンが好きなのと、今普天間基地で揺れている沖縄に関心があるので拝見させて頂きました。
政治家やメディアにも聴かせたい一曲ですね。
私見ですが、何十年も基地化したままほったらかしにしていた今の野党(特に自民党)には怒りと憤りを感じています。彼らに沖縄や基地のことを論じる資格はないと考えています。今の民主党を中心とした与党も右往左往して頼りない感じですが、基地のことを問題提起した点は高く評価できると思います。
余計なことまでコメントしてしまいました・・申し訳ありません。
塗仏ひがしさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-24-Sat 09:39 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> では、ひがしの好きな曲をはっときますねw
> http://www.youtube.com/watch?v=V28GJtf9vZI

聴かせて頂きました^^
素敵な歌ですね~♪
タイトルも素敵だなぁと思いましたww
いい歌を紹介してくれて有り難うございます^^
ブルームーン Blue Moonさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-24-Sat 10:02 [EDIT]
ご訪問&コメント有り難うございます^^


> あまり動画は見ないほうなのですが、サザンが好きなのと、今普天間基地で揺れている沖縄に関心があるので拝見させて頂きました。
> 政治家やメディアにも聴かせたい一曲ですね。

サザン、お好きなんですね! 仲間で嬉しいです♪
今沖縄は揺れてますね。。。

> 私見ですが、何十年も基地化したままほったらかしにしていた今の野党(特に自民党)には怒りと憤りを感じています。彼らに沖縄や基地のことを論じる資格はないと考えています。今の民主党を中心とした与党も右往左往して頼りない感じですが、基地のことを問題提起した点は高く評価できると思います。

私も同意見です!
結局は自民党の尻拭いが多いですよね。確かに今は鳩山内閣が支持率下がって
いますけど、だからといって自民党に戻るということはないと思ってます。
なんでもそうですけど、新しくして、その地を固めるにはどうしても時間が
かかってしまうもの。民主党は与党になって、まだ経験も乏しいから、土台が
しっかりするまでもう少し時間がかかるでしょうね。
最初の頃は焦りすぎている場面もおおかったようですけど、なかなか頑張って
変えようとしているとは思います^^

ただ基地問題はそんなにスムーズには収まらないでしょうね。事は日本だけの
問題ではなく、アメリカが絡んでますし・・・戦後何十年経ったとしても、
敗戦国という歴史は変えられないですし、実際防衛面ではアメリカの庇護下に
あるという実情もあるだけに、慎重にしていかなければいけないところですよね。

沖縄県民じゃないと、どうしても他人事に考えがちですけど、もっと若い人
たちも感心を持って、前向きな考え方で日本を捉えていくことが大切ですよね^^

> 余計なことまでコメントしてしまいました・・申し訳ありません。

とんでもないです!
こちらこそ、とりとめもなく長くなってしまいました (汗。
でも、こうやって色んな意見や話を交えることは楽しいことですね^^
私もまたお邪魔させて頂きますww

塗仏ひがし | URL | 2010-04-25-Sun 00:57 [EDIT]
サザンで思いだしたよ!大好き」だった女性に振られた時
サザンの曲がかっていた・・・!其の日は台風だった!
泣きがら、運転して帰ったw
今でも何処かで合ったら言ってやる!どんだけ君っを愛してたとおもう~!
いままで結婚もせずにバカ野郎と
塗仏ひがしさんへ
星月冬灯 | URL | 2010-04-25-Sun 09:41 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> サザンで思いだしたよ!大好き」だった女性に振られた時
> サザンの曲がかっていた・・・!其の日は台風だった!
> 泣きがら、運転して帰ったw
> 今でも何処かで合ったら言ってやる!どんだけ君っを愛してたとおもう~!
> いままで結婚もせずにバカ野郎と

サザンの曲は明るい歌も多いですけど、恋のしんみりした
歌も多いですよね。。。
失恋の時の曲って、なぜかいつまでも覚えているものですよね・・・
私も失恋の時の思い出の曲がサザンだったりします。
今でもその曲を聴く度に当時のことを思い出したりします;;

素敵な恋をして下さいww
その痛手の曲が楽しい歌に塗り替えられるような♪
そう、祈っています^^

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。