月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鏡の真ん中に汚れた僕がいる
   「色も無い」



 実の母なのに

 「おかあさん」と呼べず

 腹の底から憎み

 その存在自体を

 抹消してきました


 現在(いま)、独りになって

 孤独の中に立ち

 私は仄かな

 安堵を感じる


 ふわりと

 自然な笑みさえ

 零れ出で、


 白黒だった世の中に

 初めて色が

 付きました


 私は外道でしょうか

 母が死んだことを

 悦ぶ私は

 悪の子でしょうか


 ならば

 悪でも構わない

 この日を

 願わずにはいられなかった

 私を愚かと

 言うのなら

 それでも構わない


 世間(ひと)は知らない
 
 微笑んでいれば

 幸福(しあわせ)なのか


 他人(ひと)は知らない

 見たものが全て

 真実(まこと)なのか


 悔やまれるのは

 この手で殺められなかった


 ただそのことだけ






 何があったんだ・・・って感じの詩ですが シ干

 幸せそうに見えるからといって、それが

 真実とは限らない訳で。

 笑ってるからといって、その人が何も

 考えてない訳ではなくて。


   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

    「夏の日の少年」の歌詞の一節から拝借してます 絵



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。