月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「愛」失くして「情」も無い?
   「姥捨山」



 エンヤコラサ

 エンヤコラサ

 今からこの婆

 捨てにいく


 エンヤコラサ

 エンヤコラサ


 今年はうちの

 婆の番じゃ

 目暗(めくら)になった

 よたよた婆にゃ

 未練もない

 情が残らん内に

 はや山へ


 エンヤコラサ

 エンヤコラサ

 今からこの婆

 捨てにいく


 食いぶちがようやっと

 一人減るにゃ有り難い

 うちは大家族

 新しい嫁も来たからは

 もうろく婆は

 もういらねえ


 冬の山へ

 冬の山へ

 吹雪く山道

 婆担ぎ

 
 エンヤコラサ

 エンヤコラサ


 背中で婆が

 子守唄


 エンヤコラサ

 エンヤコラサ


 やめてけれ

 やめてけれ

 情が残っちまう

 おれは早く

 嫁んとこさあ

 帰りてえんだから


 エンヤコラサ

 エンヤコラサ

 今からこの婆

 捨てにいく


 春にはこの山にも

 綺麗な綺麗な

 花が咲くじゃろうて


 「婆も花になるじゃ」


 村のおきまりの

 台詞吐いて


 すたこらさ

 転げ落ちるように

 山を下ってゆく


 エンヤコラサ

 エンヤコラサ


 帰りは

 背中の荷物もないのに

 なぜこの足

 行きより重い


 エンヤコラサ

 エンヤコラサ

 
 婆よ早く花になれ

 綺麗な綺麗な

 花になれ






 「遠野物語」という映画、知ってますか?

 これは名作です!

 かなりショッキングですけどね・・・。

 くちべらしに老人を山に捨てるという物語。

 残酷な上に、村八分とか昔の日本の隠された

 部分が淡々と描かれてます。

 この詩は、その映画を観た時に思いついた

 ものです  



  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田

   佳祐さんのソロ曲「明日晴れるかな」の歌詞

   の一節から拝借してます  絵



にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください
 


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
おお!
さくら | URL | 2008-07-20-Sun 22:43 [EDIT]
なんか聞いたことありますよ(´・ω:;.:...

でもね・・・。

このお話は今でも現実に起きていることなんですよ?

介護保険の事ですが、本当に助けがほしい方々を政府は切り捨てている現状・・・。

老老介護・・・。精神的に疲れ果て、死を選んでしまう方々もおられます・・・。
 
今でも・・しかも政府によって姥捨て行為は行われているのです・・・。

悲しいことです。

ちゃおちゃお | URL | 2008-07-20-Sun 23:33 [EDIT]
近くにいるから…なのでしょうか?
家族だけではなく、恋愛も同じ気がしますね。。。
近づきすぎると、大切なものが見えなくなってしまって…
感謝の気持ちって、維持するのは大変かもしれませんね。。。

「遠野物語」DVDありますよね?買ってみます。
観ていないので、意味不明なコメかしら?

☆月影 十夜☆ | URL | 2008-07-21-Mon 00:10 [EDIT]
「遠野物語」は学校の古典の授業でやったことがあります。
ショックですよね、ほんとに^^;
情・・・というか、繋がりが深ければ深いほど心に根付くものはありますが、
やっぱり歳をとって老いようがなんだろうが
生きて、命がこの地で呼吸している、そのものの重みっていうのがあって
背中に背負ったどんなものより重いはずですよね。
行きより重くなる足は、それを知っているから・・・って
僕は思います(´・ω・`;A)
星月さんの詩は読みやすくて、心にすっと入ってきますね^^

うぉう( ;゚д゚)!!映画もあるんですね・・・いつか見てみたいものです><

藍原 | URL | 2008-07-21-Mon 03:57 [EDIT]
ご訪問ありがとうございますm(__)m
ねこちゃんが可愛くて、拝見させていただきました。

遠野物語、話は聞いたことありますが、
映画があるのは初めて知りました!
探して観てみたいと思います(^^)
また遊びにきます♪
こんばんわ~
ほんじゃけ | URL | 2008-07-21-Mon 18:23 [EDIT]
若いころ見ました。狭い国土で生きてきた日本人のセツナサ、を感じました。
勿論、本(柳田国男さん?)も読みました。 大好きな一冊です。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。