月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢ひとつ叶えるため
   名言集コラム ⑥


 今日はゲーテの言葉にスポットを当ててみよう

 と思う。



  「つねによい目的を見失わずに

 努力を続ける限り、最後には必

 ず救われる」




        「ファウスト」より。



 ざっと訳すと、「目的に向かって進む努力を続ける

 限り、最後には必ず目的を達成することができる」

 といったところかな。まんまだけど (笑)

 ちなみにゲーテについて簡単に。


   クリスマス ゲーテ クリスマス

    1749~1832年。ドイツの詩人であり、作家。

    ドイツ古典主義の祖。





 努力は人を裏切らない。そう思える力強い言葉だ。

 加えて、希望をもたせてくれる。

 まずは目標をもつこと。そしてそれに向けて弛ま

 ず努力をし続けること。自分を信じること。その

 思いは自分を裏切ることはない。

 強い精神の表れがこの言葉を形作っているように

 思う。

 死ぬまで努力し続けよう。















※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「明日晴れるかな」

   の歌詞の一節から拝借しています 



スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

まり姫 | URL | 2012-07-17-Tue 16:15 [EDIT]
冬灯さんこんにちは~♪
ゲーテは難しいですね^^
詩人というより哲学者的なところがあります。
私はファウストのお芝居も原作も見ましたけど、正直難しかったです。
ファウストの舞台は4時間もの長さだったですよ(*^^)
確かに台本の一節に冬灯さんがとりあげられた言葉がありました。
私には冬灯さんほどの分析をする余裕がなかったですね~(-^〇^-)
まり姫さんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-07-17-Tue 16:31 [EDIT]
> 冬灯さんこんにちは~♪

毎度、有り難うございます^^
でも、あまり無理しないで下さいね!

> ゲーテは難しいですね^^
> 詩人というより哲学者的なところがあります。
> 私はファウストのお芝居も原作も見ましたけど、正直難しかったです。
> ファウストの舞台は4時間もの長さだったですよ(*^^)
> 確かに台本の一節に冬灯さんがとりあげられた言葉がありました。
> 私には冬灯さんほどの分析をする余裕がなかったですね~(-^〇^-)

そうですね~確かに詩人というよりは哲学者って感じですよね。
私も難しすぎてよく分かりません (笑)
舞台、4時間・・・長いですね^^;
しかもこんな内容が難しい作品の・・・まり姫さん、スゴイ (笑)

色んな本の中から抜粋するの好きなんですww

Char | URL | 2012-07-17-Tue 19:45 [EDIT]
僕もゲーテは詩人というよりも、哲学者的な見方をしてしまいます。^^

夢を叶えるのって、本当に容易じゃないですよね。
人はどうしても、易きに流されがち。
都合の良い言い訳で、努力から逃げたがってしまう・・・

最後は「やった」か「やらなかった」かの、ふたつにひとつなんですよね。。。。

手を抜いたかどうかは、自分が一番よく知っている訳で。。。

夢が叶ったかどうかよりも、自分がやりきったと納得出来れば、結果は後からついてくるような・・・・

あ。

偉そうにすみません!


Charさんへ
星月冬灯(ほしづき とうか) | URL | 2012-07-18-Wed 12:27 [EDIT]
こんにちは。コメント有り難うございます^^


> 僕もゲーテは詩人というよりも、哲学者的な見方をしてしまいます。^^

ですよね。イメージでは哲学者ぽいですよね。いつでも眉をよせてそうな感じで (笑)

> 夢を叶えるのって、本当に容易じゃないですよね。
> 人はどうしても、易きに流されがち。
> 都合の良い言い訳で、努力から逃げたがってしまう・・・
>
> 最後は「やった」か「やらなかった」かの、ふたつにひとつなんですよね。。。。
>
> 手を抜いたかどうかは、自分が一番よく知っている訳で。。。
>
> 夢が叶ったかどうかよりも、自分がやりきったと納得出来れば、結果は後からついてくるような・・・・
>
> あ。
>
> 偉そうにすみません!

とんでもない!
素敵な言葉を有り難うございます^^
私もそう思います。
努力するって、本当に難しいですよね。気持ちを持続させてゆくというのも
相当大変なことだと思いますし。
いつか、自分が「頑張った」と思える日が来るのか・・・私の場合はない
かもしれません (笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。