月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙隠して憂う
   万葉集を語ってみよう ⑤



 万葉集の世界へようこそ (笑)

 今日の歌を紹介。




  雲隠り行方を無みと わが恋ふるをや

     君が見まく欲(ほ)りする




            豊前国(とよくにのみちのくち)の娘子(をと

            め)の月の歌一首



 訳)) 雲に隠れて行方が分からないので、私が見たいと思っている月

     を、あなたが見たいとおっしゃるのですか。



 文法)) 無み~ないので。

      をや~格助詞「を」+係助詞「や」。~を・・・だろうか。

      見まく~上一段動詞「見る」の未然形+推量の助動詞「む」

      のク語法「まく」。見るであろうと思われること。見よう

      とすること。

      欲りす~のちに欲しがる。望む。

      る~助動詞。受身の意(だと思う)。~れる。~される。


 豊前国の娘子

   伝不詳。豊前国(今の福岡県西部から大分県北西部)出身の女性。

   遊行女婦(うかれめ)であったと推測される。万葉集に二首の歌を

   残している。苗字を大宅(おほやけ)という。






 じつはこの歌、返歌なのに誰から贈られた歌なのか分からないらしい。

 よって、詳しい意味は分からないのだそうだ。

 ここから先は想像力に任せるしかない (笑)

 娘子は浮かれ女だったというから、そんなに身分の高い人に返した歌

 ではないのかも知れない。

 ちなみに浮かれ女というのは、遊女のことだ。この当時の遊女が江戸

 時代などのようなものを指すのかどうかは分からないけど。きっと旅

 しながら身体を売っていたのか?

 ともかくそんな女の歌だから、天皇や皇子が相手ではないだろう。

 贈られた歌がどんな歌であったか分からないから、この返歌もどんな

 意味を呈してくるのか分からない。

 一見、心変わりをしてしまった相手を詰っているようにも見える。

 私は月を見たいのに見えない。けれどあなたは月を見ようとしている。

 この中での「月」は女性であり、もう私ではない違う女性を想ってい

 るのか、と嘆いているとしたらどうだろうか。「私」にとっての月は

 この場合「あなた」になる。

 あるいは、こんな身分の低い私だけれど、それでもあなたは私を欲して

 くれるのですか、という風にも見える。

 私の解釈はそうとうずれてるのかも知れない (笑)

 なにしろ知識も学力もないに等しいから、間違ってる可能性はある。

 でもこうして想像力を膨らませて、自分なりに解釈してみるのも楽しい

 じゃないか。分からないからこその愉しみ方というのもあるもの。

 私はこの歌から、どうしても悲恋じみた匂いを感じてしまう。

 みなさんはどう思われたでしょうか?
            












    ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「LOVE AFFAIR

     ~秘密のデート~」から拝借しています  










        にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
こんにちわ^^
waravino | URL | 2010-10-20-Wed 14:44 [EDIT]
万葉集ですね~。その昔。
本を買ったものの積読状態になって。
ほとんど読んでおりません。

あるラジオ番組で。
万葉集の句が取り上げられていて。
一部しか覚えていないのだけど。

しこのますらお なおこいしけり

というのだけ。覚えています(苦笑
余程。しこのますらお(醜い男)に
同感したのでしょうねw

秋の夜長・・・
レイア | URL | 2010-10-20-Wed 20:52 [EDIT]
しっとりと歌など味わうのはいいものですね。
意味はどうもわからなかったのですが、
冬灯さんの解説に、なるほどと思いました。

自分が見たいものをあなたも同じように見たいと言うのか、と、
どちらかというと後のほうの意味に私は感じました。

万葉集を自分でひもとくなど考えられない事ですので、
おかげで知的時間を過ごせたような気がしました。
ありがとうございます。

LandM(才条 蓮) | URL | 2010-10-21-Thu 07:12 [EDIT]
分からないからこその楽しみってありますよね。
だからこそ人間は想像して創造するのですからね。
初めましてです。
場末でファンタジー小説を書かせていただいているLandMです。

万葉集はあまり構えて読んだことがないので、こうして取り上げていただくと非常に勉強になりますね。雲と月と愛情が絡み合っていて、非常に風情がある詩だと私は思いました!!

planetarymoon | URL | 2010-10-21-Thu 11:22 [EDIT]
十三夜にぴったりの歌ですね
昨夜の九州は残念ながら・・・雨だったんですi-230

どちらかというと古典の解釈は苦手だったので
(でも古典は大好き)
私の感覚はアテにならないのだけど
なんとな~く恋の切なさを感じますね☆
あとちょっぴり官能チック?!
planetarymoonさんへ
冬灯 | URL | 2010-10-21-Thu 11:50 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 十三夜にぴったりの歌ですね
> 昨夜の九州は残念ながら・・・雨だったんですi-230

こちらもあいにくの雨模様でした。
今もしとしとと降っています。。。
晴れていたらもう少し情緒的だったかもですね^^

>
> どちらかというと古典の解釈は苦手だったので
> (でも古典は大好き)
> 私の感覚はアテにならないのだけど
> なんとな~く恋の切なさを感じますね☆
> あとちょっぴり官能チック?!

古典の文法となると、結構やっかいですよね^^;
私もうろ覚えのところを辞書片手に奮闘しています (笑)

古典の世界観は素敵ですよね★
月が絡むと、歌も情感的になって、より切なさが増すような
感じがしますよね~
確かに考えようによっては、少し官能的かもww
遊女が詠んだ歌ということもあるから、よけいにそう思うのでしょうね~^^
LandM(才条 蓮)さんへ
冬灯 | URL | 2010-10-21-Thu 11:57 [EDIT]
初めまして!
コメント有り難うございます^^


> 分からないからこその楽しみってありますよね。
> だからこそ人間は想像して創造するのですからね。

そうですね^^
特に古典的な歌は想像を膨らませてくれますね!
時代背景もあったりするとよけい色んな想像ができて
世界が広がりますよね♪

> 初めましてです。
> 場末でファンタジー小説を書かせていただいているLandMです。

ご丁寧に有り難うございます^^
私もまたお邪魔させて頂きますね~
これからも宜しくお願いします★

>
> 万葉集はあまり構えて読んだことがないので、こうして取り上げていただくと非常に勉強になりますね。雲と月と愛情が絡み合っていて、非常に風情がある詩だと私は思いました!!

万葉集は自然と調和した歌ばかりで、素敵ですよね~
これぞ床しき日本の美と文学という感じですw
また取り上げてみようと思います^^
レイアさんへ
冬灯 | URL | 2010-10-21-Thu 12:06 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> しっとりと歌など味わうのはいいものですね。
> 意味はどうもわからなかったのですが、
> 冬灯さんの解説に、なるほどと思いました。

恐れ入ります^^
私もあまり学はないので (笑)、辞書片手に奮闘しております^^;
でも、万葉集は風流で素敵ですよね。

>
> 自分が見たいものをあなたも同じように見たいと言うのか、と、
> どちらかというと後のほうの意味に私は感じました。

遊女という立場を考えて読むと、そちらの方がより感情的ですよね~
背景がはっきりしていない分、こうして自分たちであれこれと
思いを巡らせるというのは秋という季節もあってか、すごくロマンチックな
気がしますww

>
> 万葉集を自分でひもとくなど考えられない事ですので、
> おかげで知的時間を過ごせたような気がしました。
> ありがとうございます。

こちらこそ、有り難うございます★
たまにはこんな教養じみた記事もいいかなぁと^^
また載せますので、よかったら万葉集の世界に浸って下さい★
waravinoさんへ
冬灯 | URL | 2010-10-21-Thu 12:13 [EDIT]
コメント有り難うございます^^


> 万葉集ですね~。その昔。
> 本を買ったものの積読状態になって。
> ほとんど読んでおりません。

きちんと読もうとするとどうしても時間がかかっちゃい
ますよね~
さすがに古語をひも解くのって、大変ですし (笑)

>
> あるラジオ番組で。
> 万葉集の句が取り上げられていて。
> 一部しか覚えていないのだけど。
>
> しこのますらお なおこいしけり
>
> というのだけ。覚えています(苦笑
> 余程。しこのますらお(醜い男)に
> 同感したのでしょうねw

なぜか、記憶に残る句とかってありますよねww
ん~・・・言われてみると、どこかで聞いたことのある句ですね~
誰の作品だろう~気長に探してみます^^

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。