月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「哀」無くして「楽」は無い
   ティタン神族~ギリシャ神話 2~

 今日は、ギリシャ神話について語ろうかと。

 前回はギリシャ人が持つ世界観に絡めて、神話の始まり

 を書いたので、その続きを buu


  絵 ティタン神族の誕生 絵

 母の大地ガイアと息子の天空ウラノスが契りを結び、この

 結婚からティタン神族が生まれた。

 ちなみにここから人格化された神が誕生している。

 まずは、ケアノスら男女6神ずつのティタン族を生み、次に

 額の真ん中に目を持つ巨人のキュクロプスたち、50の頭と

 100本の腕を持つ巨人のヘカトンケイルたちを生んだ。

 この巨人たちは、いずれも3兄弟。

 ところが、ウラノスは奇怪な姿をしたキュクロプスたちとヘカ

 トンケイルたちを憎み恐れ、大地の奥底へ押し込めてしまった。

 ガイアは苦痛に呻き、夫の酷い仕打ちに憤慨した。

 そこで、ウラノスに一矢報いようと、ティタン達に復讐を呼びか

 けたが、彼らは父親を恐れ、俯くばかり。そんな中一番下の

 クロノスだけが、母の計略に加担すると申し出た。

 ウラノスは、我々がよく知っている全能ゼウスのおじいちゃん

 に当たる人物。近親相姦もここから。

 
  怖れとか忌み嫌うだとか、負の感情がこの辺りからすでに

  出ている。そうして肉親同士の戦いが始まる。

  さあ、この後どんな物語が始まるのかーーー。

  それはまた次回にでも  NEWSまいる



   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田佳祐さんの

    ソロ曲「明日晴れるかな」の歌詞の一節から拝借してます ハムスター


    

    にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


 
  
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。