月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祈る想いを胸に
   「ぼうし」



 私の綺麗な白いぼうし

 風に吹かれてどこまでも

 コロコロ  フワフワ舞っていく

 どこへいってしまうの?

 この手にギュッと掴んでいた筈なのに

 いつの間にか私の手の中から

 飛んでいってしまった白いぼうし


 陽(ひ)の光(ひかり)があたってキラキラと

 まるで蝶のようにふわりと

 遊んでいる白いぼうし


 私はどこまでも  どこまでも

 そのぼうしを追いかけてゆく

 走って  走って  どこまでも


 でもぼうしは逃げてゆく

 どこまでも


 どうしていってしまうの?

 
 あと少しで届きそうなのに

 あと少しでこの手に触れそうなのに

 中々届かない悲しい気持ち

 触れたと思った瞬間

 覚めてしまう悲しい夢


 現実はあまりにも無惨すぎて

 希望はあまりにも大きすぎて

 平和など有りはしないのに

 でもどこかに安らぎを求めている

 自分がいる


 ぼうしよ  どこまでも・・・


 私はその白いぼうしを

 追ってゆく


 いつか  この手に

 掴まえられることを信じて




 叶いそうで叶わない思い・・・

 夢・・・希望・・・

 皆さんには経験ありますか?

 平和を祈る心・・・

 なかなか、手に入らないですね。

 悲しい現実です。


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの原

   由子さんのソロ曲「恋の歌を唄いましょう」の

   歌詞の一節から拝借してます  


にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
人間の証明or野生の証明
メガ一休デス | URL | 2008-07-28-Mon 16:58 [EDIT]
 ぼうしといえば「母さん、僕の麦わら帽子どこいったんでしょうね?」が思い浮かびます。以上です。短コメで須磨そ こちら雷雨でちょっぴり恐怖と神秘的な気分味わってます。
願い
愛音 | URL | 2008-07-28-Mon 20:02 [EDIT]
世界って平和を願っている人ばかりじゃないような気がしマス
憎しみが憎しみを産み
悲しみの連鎖反応が起こる
そんなせつない世界に生まれた私達が
ひとりひとり心から平和を祈れる日って来るのでしょうか

とか壮大すぎるコト言ってしまいました(>_<)
許し
さくら | URL | 2008-07-29-Tue 01:50 [EDIT]
許す事…
とても勇気がいること…
誰にでも出来ることではなくて、むしろ怨んでしまった方が楽な事…。
怒り、怨んで自分の主張こそが正当であると自分に言い聞かせ、自己解決し、争いが起こる…。
これほど滑稽でバカバカしく、大人気ない事はない…。
許し=自己犠牲
本能の赴くまま、狂気へ走る事なら獣でも出来ること。

争いの螺旋は自分で止めるのが人間として生きるために必要な事のような気がする…。
それには常に身を斬り裂かれるような思いがつきまとう。
しかし、それを乗り越えなければ、平和は、まさに絵に描いた餅である。
また、許す事同様、懺悔する事もしかりである。
常に人間として高みを望むなら、人として生きる事の本質を追求していくべきではないのだろうか?
漠然と本質とは何かをのべると、『人は皆、繋がっているということ・独りでは生きていけないこと』
いずれも、少し考えれば解ること。

長文失礼致しました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。