月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代(とき)を駆ける運命(さだめ)はBlack
「暗情(あんじょう) 」



 つつせし我が心の

 暗黒よ

 天に届かぬ

 悲惨な運命(さだめ)は

 もはや断末魔の叫び


 我の意志は堅く

 されど約(つづま)るように

 固まっている

 この色の無い穴の中で


 誰にも見つからぬように

 包み泣きし

 つべたましいこの世に

 生を受けた哀しみに

 落胆す

 この常磐では

 何も考えず

 流れに身をまかせるのが

 一番利巧な生き方


 我は常にとちめいている

 暗然なるがままに

 我は耐えるのであろう



  つつせし~貧しい。みすぼらしい。

  約る~小さく縮まる。うずくまる。生計が苦しくなる。

  包み泣き~声を忍ばせて泣くこと。

  つべたましい~恐ろしい。気味が悪い。ぞっとする

           ような。残酷。

  常磐~永久不変。当ての無いこと。何の目安もた

       たない。石や岩は動けないし、物も言えな

       い。そういう状態が永遠に続くのではどう

       しようもない。
  
  とちめく~うろたえる。慌て惑う。狼狽。愚か者。

  暗然~悲しみのために暗い気持ちになるさま。





 古典文法を取り入れながら。

 暗い気分になってしまったら、ごめんあそばせ(笑)

 ダークなように見えるかもしれませんが

 前向きに解釈して頂きたいです。


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの桑田さんと
   
   ミスチルの桜井さんのユニット曲「奇跡の地球」の
 
   歌詞の一節から拝借してます  




 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
命の燃える如く・・・
ひろ | URL | 2008-08-01-Fri 11:58 [EDIT]
楽して 汗を流さず

ただ その日その日を

漠然と 生きていては

何になろうか




僕は 今この時を生きたい

ふつふつと 命が赤く燃える

そんな風に 生きたい

それが 生きていることなんだと

愛音 | URL | 2008-08-01-Fri 21:24 [EDIT]
すごい難しい(>_<)
ケドめっちゃかっこいい詩デスネ!^^
タイトルの暗情の意味もわかりません。。(笑)
もっと勉強せねば。。。と思いました^^
本も出してるんデスネー@@
すごい^^

守宮 月光。 | URL | 2008-08-02-Sat 00:29 [EDIT]
こんばんは、午前0時過ぎ・・・こんにちは?

「暗情(あんじょう)」つらい感じっす!

最愛のニャンコが病気で死んじゃった時の心境に似てます。

あれから1年以上過ぎましたが、
「我は耐えるのであろう」
ってトコが今の自分かな?って感じになりました。

ぬる男なんで今までそんな事考えませんでしたが、「暗情(あんじょう)」を読みそんな気持ちになりました。

自分に共感出来る体験、思想があるから・・・?と考えたりもしますが、やはり不思議な感じです。

キャラ的にぬる男なんでマジコメちょっとハズ・・・
(/ω\)

コメ有難う御座います♪
リンク貼って頂ければとても光栄です、こちらからお願いしますくらいです。

こちらもリンク貼らせて頂いても良いですか?
明暗
森野帽子 | URL | 2008-08-02-Sat 22:37 [EDIT]
こんばんは。
何時もながら美しい日本語ですねー。
なんと風情のある言葉たちのタペストリー。

暗があって、その明が輝く。
灯りがあって影が出来るが如く。
気が付かない大事な事柄は、どうやら見えていない反対側の裾野にある様ですね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。