FC2ブログ
月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレーライスがとんできた夜
   安楽寺に泊まろう!

        

        ※まだ過去日記の続きです。
    



 善通寺の門を出ようとした、まさにその時

 第6番目札所、安楽寺のご住職に遭遇 z

 「ご無沙汰しております。本日はお邪魔しま

 す」 とご挨拶。

 突然の宿泊にも住職は嫌な顔せずに笑顔 腟

 今回、浜ちゃんの家に泊まらせて頂こうと思っ

 ていたところを急きょ、安楽寺に変更。お寺の

 みんなとは会えないと思っていただけに行け

 ることになって嬉しい☆ ガチャピン

 霊場会の役員でもあるご住職は忙しそう・・・

 私は一足先に車で安楽寺へと出発 デート

 ワクワク、ドキドキ。 みんな、元気かな?

 会うの、すごい久し振りだな 音符

 車の中で浜ちゃんと談笑してると  

 はや、安楽寺到着。

 高松の善通寺から徳島の安楽寺まで僅か、

 1時間30分の旅。

 山門を通って、玄関へ ポータル

 「こんにちは~~!」  元気よく挨拶して。

 「よう、きたなぁ」 と、温かいお出迎え。

 まずは、奥さん(前住職の)にご挨拶を。

 少し足腰が弱くなっていらしたけど、とても

 お元気そうで良かった トトロ

 もう、暫く来ていないのに私のことを覚えて

 いてくれて嬉しい z

 コーヒーをご馳走になって。いろんな話をして ホッと一息

 相も変わらず、居心地の良い、温かい空間。

 心の底が、じんと温まってくるような、そんな、

 優しい空間。

 その内、ご住職もご帰宅 絵文字名を入力してください

 住職の奥さんも加わって賑やかに談笑。


   
 ああ。やっぱりココ、好きだなあ 花。


   
 お喋りに一段落ついた頃、浜ちゃんは自宅へ お家

 明日迎えに来てもらう約束をして。

 私もあまり長居しては申し訳ないので

 とりあえず部屋へ。

 一息ついて。今度は台所のおばさんた

 ちの所に おりょうり

 でも、残念。 だ~れもいない (笑)

 12月ともなると、お参りする人も減り、

 泊まり客もないのでおばさんたちもいない。

 今日は私を含めて5人。

 本当は私一人であるなら事務のきぃ

 ちゃんが「どこか食べに行ってもええ

 なあ 食事:紫」と思っていてくれたようだけど

 多少でもお客さんがいるということで

 カレーライスを作ってくれた カレーライス

 厨房からはふんわりと香ばしいカレーの匂い。

 触発されてお腹もぐ~ (笑) z

 でもまだ食事には早い。

 仕方ない。

 売店に置いてある本でも読もう 本

 四国の民話を手に読み耽っていると、

 待ってました! ご飯の時間♪♪ ごはん♪

 少し甘いカレーを食べて


  満足、満足☆ 吹き出し

 わざわざ部屋にまで食事を運んで頂い

 たので、台所に食器を戻しに行くとーーー。


   

   「冬灯ちゃん!」

 事務のきぃちゃんが忙しなく炊事中 鍋

 どうやら、台所のおばさんたちとカラオケに

 行ってたらしい (笑) 

 一緒に洗い物や明日の食事を手伝いなが

 ら、楽しく談笑 jumee☆cleaning1p


   

 

    長いので続きはまた明日♪






 過去日記、長くてすみません あせ

 自分が楽しいから、まあいっかぁ~ 笑。

 安楽寺は私にとっては第二の家みたい

 な存在で おうち

 長らくここでバイトしてたこともあるくらい。

 そのお話はまたの機会にでも。

 お寺のみなさんは、住職やそのご家族は

 もちろんのこと、そこで働いている方みん

 なとてもいい人ばかりです。

 もう、ずいぶんと逢ってないけど、みんな

 どうしてるかなー?

 元気かなぁー?













  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「猫」の歌詞の一節から拝借しています とうがらし


 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

     ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ










   

素敵な夢を叶えましょう
   一歩、成長。


    ※続きです。過去日記より。




 午後最後の講義は、第69番札所・観音

 寺住職、羽原 恭道僧正。

 かなり年配のご住職。

 先の藤田和尚が、人気塾講師の授業だ

 と例えるなら、羽原和尚の講義は、所謂

 本当の「講義」。

 まるで大学とかの、ゼミのような、教科書を

 中心としたような・・・。 黒板消し 勉強

 決して話が判らなかったという訳ではなかっ

 たけれど。

 これはこれで、大学の老教授の講義のようで。

 おじいちゃん、おばあちゃんは夢の中へお散

 歩中だったけど (笑) 爆睡

 舟を漕いでいなければ、こそこそとお喋りか。

 確かに年配の人には少し難しかったかな・・・?

 というか、本を読んでいるだけだから退屈に感

 じてしまったか。

 私はもちろん寝てなどいませんよ!!

 時々、集中が切れてしまったのは面目ない・・・謝。

 さっきとは違って、会場は静か・・・。

 笑い声はどこへいったやら。

 話の内容は、「大師御誓願について」

 昔の古事を読み上げているので、まるで古典の

 授業のよう。

 私的には古典は好きだから苦ではなかったけど。



 第39回 先達研修会講義、終了。

 閉会式が終わった後、一人一人名前を呼ばれて

 表彰状を頂戴する 卒業証書

 名を呼ばれて、手を挙げて。

 受け取った賞状はえらく重く感じた・・・。


 (ああ。とうとう私も権中先達なんだ)

 改(あらた)にする決意と、少しばかりの重荷。

 更なる精進を誓う心と、それに伴う重責と。

 それでも、この重荷と重責は心地がいい。

 自分を律してくれるし、新たな気持ちにしてくれる。

 「権中先達」という名に恥じないようにーーーという。

 早速、「権中先達」と書かれたワッペンを袈裟に付けて。

 会場で、改めて遅刻してきた侘びと礼を述べて。

 係りのお坊さんも善通寺の奥さんも

 「昇格おめでとうございます」

 と言ってくれた。

 会場を後にして、まずは本堂へご挨拶。

 手を合わせて、礼を述べて。

 気持ちが改まった所で車で待機してくれている浜

 ちゃんの車へ ドライブ



 

  まだまだ旅は終わらない~~~




           次回は、安楽寺へGO!の巻

           もう少し過去日記、続きます。










  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「素

   敵な夢を叶えましょう」から拝借しています  バースディケーキ


  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

     ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ

胸に残る慕情 2
   講義で法話を聴く




        ※昨日の続きです。過去の日記より。
   




 説法

 午後の講義、スタート jumee☆ComputerNerd1

 まずは、霊場会第63番札所・吉祥寺住職、藤田

 公道僧正のお話。

 正直、面白かった。

 お坊様の説法に対して、面白いなんて失礼かもし

 れないが。

 実際、堅苦しい話というものは集中力も切れやすく、

 退屈になってしまう。そうなると、あとは眠りと戦う

 のみ (笑) 絵文字名を入力してください

 人間の欲のままに従うか、我慢するか、それだけ。

 仏教的なお話ともなれば、一層のこと。

 ものものしく話をされてもちんぷんかんぷん ぱんだのなぞ

 なんだかわかったような、わからないような・・・。

 煙に巻かれた気がしてしまう ムリ。

 私は学生時代、仏教の学校だったから身に沁み

 て感じている (笑)

 もともと難しい話なのだから(いや、本当は至極単

 純・明瞭なのかもしれない)、楽しく判り易く話すと

 いうことは大切だと思う。私が言いたいのは、そう

 いった意味での「面白さ」。

 会場にいるのはほとんどがおじいちゃん、おばあ

 ちゃんな訳で、難しく言った所で居眠りするだけ 眠

 かく言う私だって転寝してしまう危険は高い (笑)

 藤田先生の説法は、明瞭でかつ判り易かった ピカーン☆

 お昼ご飯を食べて、お昼寝にはもってこいの時間帯。

 一瞬にして先生のお話に呑まれてしまった。

 それだけ魅力的な内容でした。

 時々、雑談も交えながら教え説くというのではなく、

 語りかけるような話し方。

 私は一瞬にして、好きになってしまいました x

 きっと、あの会場に集まった全員がそう思ったこと

 でしょう。

 お坊さんに有らず、人の前に立つ人というのはや

 はり「話上手」でなければ、人は集まらない。

 どれだけ人を魅了できるか、それにかかっている。



 私は藤田 僧正さまの説法を聴けてよかった ピカチュウNO2



  

 ここに、一つ抜粋。

 普段仏壇などに供えるお線香。皆さんはどう意

 味か知ってますか?

 1本・・・2本・・・3本・・・。

 大抵は1本か3本ですよね。

 何本たてるかが意味を成すのではなく、仏様は、

 そのたてた線香の煙ーーー

 つまり、香喰(こうじき)を食する。

 まるで煙が線のように真っ直ぐと伸びて、仏壇

 の中へ吸い込んでいく・・・。

 その香りを召し上がっている。

 だから、線香と言う。



 なるほど。


 ですよね。



 お坊さんの話は高尚過ぎて、一般庶民には理

 解できないと思われがちだけど、こうして日常の

 生活に欠かせない事柄の深い意味は、実は密

 接に繋がっているわけで、とても為になる。



 少し利巧になったかな (笑)







 この時聴いた説法は本当に分かりやすくて面

 白かった。

 いい話というのは、沢山聴くべき。

 たとえば自分が経験していないことでも、聴く

 ことによって、知識になり、人のためにもなる。

 そして、自分のためになる。




               次回へ











  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「慕情」の歌詞の一節から拝借しています さとと-赤の小人


  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

     ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ
冬枯れの街路樹に風が泣く
   権中先達に昇格した時の話 2


    ※過去バナですよ^^





 前の記事の続きです。

 先達会の模様をお伝えする前に、行くまでの道程

 の話でも・・・。

 飛行機で行くのは高いし、夜行列車で行くのも高い!

 ということで、私が選んだ行き方は深夜バス s バス

 片道10時間。でも往復で15000円。飛行機の半

 額以下で行けるなら何時間かかっても構わない、と

 いう安易な思い付きがいけなかったのか、お陰で先

 達会に遅刻をしてしまいました (涙) ORZ

 予定では、新宿を20時に出発。徳島に翌朝6時到

 着だったのに、着いたのは10時30分 z

 会は9時から始まるので時既に遅し・・・。 o

 徳島駅に迎えに来てくれた浜ちゃんの車で急いで会

 場へ だっしゅ jumee☆ice-skating1b

 10時間で着く予定が大幅に遅れての到着に内心冷

 や冷やしたけど、なんとか午後からの講義に間に合い、

 無事に昇格 ハラハラ 卒業証書

 なぜこんなに遅れたか・・・。

 岐阜の多賀付近で大雪に合い、更に工事というオプショ

 ンまでついてもれなく遅刻と相成りました a

 深夜バスに乗ったことがある人なら知ってるだろうけど、

 何にもすることがないんですよね (笑)

 元々車に酔う性質なので、もう寝ていくしかないと思っ

 ていたけど、流石にこう何時間ともなると退屈 アップロードファイル jumee☆hurt1b

 弟にMDプレーヤーを借りてくればよかったとつくづく

 後悔しました iP0d



 AM5時40分。

 ヒンヤリとした空気に目が覚め、

 「あれ、どの辺だろう?もう着くかな」

 と、初めてのバスの旅にワクワクした気持ちで窓を

 覗いてみると ?



 雪、雪、雪・・・。 絵文字名を入力してください

 いや、大雪・・・。  yukigesiki

 それも、もうびゅうびゅうと、吹雪いているじゃない

 ですか!!! jumee☆shay2R

 しかもまっくら・・・。いや、そりゃ冬だし。暗いのは

 分かるけど・・・分かるけど・・・泣



   (ここどこ!?)


 標識を見たら多賀。多賀ってどこですか~!!!

 何県ですか~!!! 腟

 心中、ちょっとしたパニック状態 (笑) 絵

 呆然としていると、父や浜ちゃんからメール攻撃・・・ 携帯

 そして、多賀が岐阜と判明・・・。

 それでも私は楽観主義者で、まだ6時だし。なん

 とかなるよね?という気持ちで外を気にしつつ、

 間に合うように祈ってはいたものの・・・。 ハラハラ

 結局4時間30分の遅れで到着。その間、浜ちゃ

 んは家とターミナルを往復しつつ、メールを何度も

 くれて、本当にとんだ迷惑をかけてしまいました かお

 心労の旅を終えて (笑)、車で走ること1時間30

 分。会場の善通寺に到着 RiKaVOXY

 もう前もって浜ちゃんが連絡をしてくれていたので、

 会場の中に通してもらいました。



 大雪のせいとはいえ、こちら側が遅れてしまったに

 も関わらず、暖かく出迎えてくれて、労わる言葉ま

 でかけてもらいました 

 本当に四国の方達は心の大きい人ばかりです。

 慈悲深い対応にじ~んとなりながら中へ 泣

 調度着いたのがお昼休憩だったので、講義中に

 こそこそと入っていくような失礼なことにはならな

 かったので、ちょっと、ほっ。

 遅れてきた私にまで、有難いことにお弁当を頂き

 ました お弁当


 なんか、ものすごく美味しく感じたなあ。




 教訓:深夜バスで行くなら前の日に!!! 



                      つづく





 
 過去の日記です。

 いや~。この時はほんと焦りました。

 冬じゃなければ、これほどじゃなかったんで

 しょうがね・・・。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

   「白い恋人達」の歌詞の一節から拝借し

   ています  sentaku


 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

      ← 拍手すると・・・?  シャンプー

しゃれた浮き世の運命(さだめ)
   権中先達に昇格した時の話 1

 

 何年か前、権中先達(ごんちゅうせんだつ)に昇格

 した時のことでも書きとめようかと思います。

 権中先達・・・?

 いったい何だろう、という感じですよね (笑)

 四国遍路の先達さんのことを言います。

 簡単に言ってしまえば、大衆を率いてお参りをする

 ことができる人を先達(せんだつ)と呼びます。この

 先達となる為には、最低でも満願を4回以上してい

 る人、加えて八十八カ所のお寺さんから推薦しても

 らえなければ成ることはできません。つまり、各々の

 お寺から認めてもらえなければ成りたくても成れない

 のです。

 どんなスポーツや芸にしても級や段、名前が存在す

 るように先達にもそれがあります。

 まず先達、その上が権中、次が中(なか)先達、権

 大、そして大先達。

  

 私が昇格したのは、2番目の権中です。当時は二

 十代後半に差し掛かったまだ若い年齢でした(笑)、

 やはりこの年代で昇格というのは中々できないもの

 なので、推薦してくれた周りの方々には感謝の念で

 いっぱいです。

 ちなみに、先達になったのは二十歳くらいの時だっ

 たかと思います。

 満願というのは、四国遍路は八十八箇所から成り

 立っているので、一周することを満願と言います。

 つまり一週を四回しなければ次には上がれないとい

 うシステムなんです。

 まあ、私は小さい頃から行っているので回数的には

 軽く15回の満願は過ぎてます。だから上に上がるの

 は回数から言えば遅いわけです。とはいえ、年齢が

 はるかに幼かったわけですが (笑)

 それに興味なんて、さらさらなかったし・・・。


 さて、その昇格の為、神奈川県からはるばる高松の

 善通寺で開催された先達会に出席しました。

 先達会というのは、八十八ヶ所霊場が運営している

 会で、毎年先達の人、昇格する人が参加をします。

 その模様は、次に書こうと思います 吹き出し


                            つづく グー












  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「あっという間

   の夢TONIGHT」の歌詞の一節から拝借してます  三日月の夜



 
    にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

     ← 押してみる? †XmasOrns†リボン(*゜▽゜)ノ
Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。