FC2ブログ
月の木漏れ陽亭
いらっしゃいませ☆  リニューアル!詩作やら日記がメインです。趣味や日々のあれこれを語っています☆  みなさま、どうぞごゆっくりとしていって下さいませww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の日の想い出を噛みしめる
   高校の時の修学旅行記




 過去バナです。

 みなさんは高校生の時、修学旅行はどこでしたか?

 私は中国でした RiKabag

 曹洞宗の女子高だったので、毎年中国と決まって

 たんです。目的は開祖である道元が学んだとされる

 杭州の天童寺に行くこと。

 5泊6日の旅でした。 

 私にとっては初めての海外旅行 o

 すごく楽しみにしてたのを今でも憶えています。

 昨日、部屋を掃除していたら懐かしい写真やら当時

 の日記とか出てきて。思わず、記事にしようと思いた

 ちました おそうじ

 季節は秋も深まった、11月始め 紅葉

 私がうら若き高校2年生の頃 (笑)

 当時は私たちの学年は特に多く、400人ほどいたの

 で、3班に分かれて出発しました。私のクラスは最後。

 そして、すごいラッキーだったのが羽田から出発できた

 こと。この頃、私の家は東京の大田区だったので、羽田

 へはおよそ車で20分くらいだったんです ファンカーゴ

 他の班は成田出発だったので遠い。

 ほんと、ラッキーだった。たーちゃん(父)に送ってもらえ

 たし。で、近いということで、羽田に遠い友人が二人前日

 に泊まりに来ました。一人は同じクラスだったしのぶん。

 なにしろ彼女の家は大船の方だったので。加えて、奴は

 誰もが口を揃えるほどの遅刻の常習犯 (笑)

 危険ということもあって我が家に (笑) かお

 もう一人は違うクラスのヘイメン。彼女とは同じ剣道部 剣道

 この頃、ちょうど引越しして八王子に住んでいたので、あ

 んまりにも遠すぎるということで泊めてあげました アップロードファイル

 女の子が三人も集まると・・・かしましいもので (笑)

 朝早いんだから早く寝ればいいのに、遅い時間まで騒い

 で。しかもビデオまで借りてきて TVピンク

 その内容が今でも笑ってしまう。

 確か、「幼女丸焼き」とかいうタイトルだったような・・・。

 中国に行くんだから、中国映画にしよう! ということに

 なって。そこまではよかったんですけど、なぜか選んだ

 作品はホラー (笑)

 タイトルからしてそうとう怖い。といか、エグイと思うでしょ?

 ところがどっこい!

 いや、決してギャグなわけではないんです。れっきとした

 ホラー作品。あらすじもある男が妻の浮気現場を目撃して

 しまって、あるバーで酔いつぶれてしまう。酔っ払った彼は

 愚痴で自分の妻を殺してくれとある男に言ってしまう。その

 男が殺し屋だとも知らずに・・・。  絵文字名を入力してください

 後日、本当に妻が殺され、自分の過ちに気付いた男がま

 だ幼い娘を連れて逃げる。だけど、娘は殺し屋に捕まり、

 なんと丸焼けにされてしまう! ここがタイトルの由来なの

 だろう・・・。

 で、こっからが笑える。

 その丸焼けになった娘の頭を持って、主人公が逃げる Run3

 途中鼠とかを娘の頭で叩いたり、落としてしまったり。

 え??! みたいな、ね  jumee☆shay2R

 この主人公の男がまた、どんくさいというか、ドジというか。

 結局最後まで生きるというひじょうに悪運高き主人公 (笑)

 まあ、そんな映画を見て、笑って寝ました セキセイインコ寝

 翌朝、羽田まで父が送ってくれて ドライブ 

 うちのお父さん。ひじょうに料理が上手い人で、よく何か

 作ってくれる。前日も特製ラーメンを作ってくれて、当日も

 おにぎりを各自2つづつ作ってくれました おりょうり おにぎり

 二人とも感動してくれて。もちろん私もすごく嬉しかったです。

 しかも具もそれぞれ好きなものが入ってるじゃないの!

 私は梅干が好きなので二つとも梅。彼女たちにもたらことか

 昆布とか入っていて、そのさりげない優しさが本当に嬉し

 かったのを今でも憶えている。

 空港で渡されたて、ひとしきり感動の私たちの傍で、それ

 を見ていた当時の担任、コマッピ(渾名)が父が帰ったあと

 に一言。

 「オイ。機内食出るぞ」

 (((・・・・・・・・・・・・・・・・)))

 しーん・・・。

 みんな、微妙な顔です 汗

 「食べれなかったら、捨ててね」

 慌てて言った私に、二人とも気遣ってくれたのか、

 「いや、おじさんのおにぎりの方食べるよ! 」

 と力強く言ってくれて。

 あの時は二人とも本当に有難う!

 その優しさに感謝です。

 もちろん、私も最初から父のおにぎりを優先するつもりだっ

 たので食べました 吹き出し

 たーちゃんは手大きいので、正直二つはきつかったけど (笑)

 でも、すごく美味しかったな。

 コマッピが言った通り、機内食が出てきたけど、やっぱり

 食べ切れなかった。パンが出てきたのでそれを食べた記憶

 があります。

 私はよく何でも美味しそうに食べると人から言われるんです

 が(自分では至って普通に食べてるつもりなのに)、そのパン

 を食べてる時にたまたま下人(先生の渾名)が通って、

 「星月は、本当に何でも美味しそうに食べるなぁ」

 とそれはそれは、もう。慈しみのあたたかい目で囁きながら

 言われた。

 (普通に食べてるだけじゃん!!! ) xxx

 ムスッとした私の隣りでは、しのぶんが大爆笑・・・。

 もう、ゲラゲラと。すごい楽しそうに笑いやがって k

 それ以来、一緒に食事する時は今でも下人のマネしながら

 この台詞を言うもんだから、最悪 (笑)

 そんな優しいんだか、小ばかにしてるんだかよくわからない

 エピソードがありつつ、いよいよ未開の地、中国へ 飛行機2

 その時の日記は次回に載せようと思います。









  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「ハートせつ

    なく」の歌詞の一節から拝借しています  チェロ

 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


     拍手だよ~  z
頑張る君と生きた時代に万歳
   募金を集めよう!!




      ※昨日のつづきです。



  下人からの正式な許可も降り

  私たちは部員会議の結果、

  「募金活動」をすることに。

  
  余談だけど。

  しげちゃんが早々に下人に伝えたということは

  もしかしたら、私の担任の

  コマッピにも話したかも。・・・ 腟

  と思い、聞いてみると

  「おお。聞いたぞ。行くんだって?」

  と、にやにや笑い jumee☆chi1a 

  案の定 (笑)

  しげちゃん、喋りすぎ (笑)

  「行きませんよ~」 あちゃちゃ

  私も苦笑い。

  隣に居た浜ちゃん(先生)にまで

  「いつから行くの?」

  と聞かれてしまった・・・。 アップロードファイル ・・・。

  この時、初めて浜ちゃんと話したけど

  まさか翌年の担任になるとは

  思ってもみなかった (笑)


  というわけで。

  翌日から剣道部は大忙し!

  生徒に呼びかけて募金集め。

  先生たちにも声をかけて。

  今じゃ、総額思い出せないけど。

  2、3万以上だったのは覚えている。

  かなり集まった。

  剣道部として貢献できて嬉しい。

  早速、私が代表して集まった募金を送金。

  被害や人数を考えてみたら

  本当に微々たる金額だけど

  少しでも役にたってくれれば。

  そんな思いでみんなで活動した学生時代だった。



                      終



   ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

    スターだ」の歌詞の一節から拝借しています 扇風機



 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

愛と正義の蜃気楼
   ボランティア精神


    ※昨日のつづきです。



  しげちゃんは高校1年の時の担任。今も

  日本史を担当。

  先生に事の真相を説明して。

  苦笑しながらも、ハンならありえると納得。

  話がこんがらかったことを詫びて・・・。

  ふと。

  イヤなことに気付いた 沈黙

  もしかして・・・。

  「先生、このことN先生には・・・」

  「うん。言った」

  ・・・やっぱり 腟 腟

  恐らくしげちゃんのことだから

  言っただろうなあと・・・思ったけど。

  一縷の望みをかけたいと思うのが

  人情じゃないですか (笑)

  うう~ん。 キw ・・・

  ますますややこしくなってきたぞ 33

  別に悪いことを言ってるわけではない。

  寧ろ役にたちたいという無償の気持ちでいる。

  けれど、私としては。

  生徒同士で語り合い、結論が出た所で顧問の

  下人(N先生の渾名)に報告。

  そう思っていたわけで・・・

  こんな中途半端に知られてしまうと

  ちょっと参る (苦笑)

  顧問に相談もなく。

  「剣道部」として活動したい。

  しかも、現地に行くことを決定したとなれば・・・。

  
  私が顧問だったら対処に困るな。

  生徒から何も聞かされていない上に

  他人から言われたら、先生だって困るハズ。

  急いで下人の元へ。

  微妙な表情してるよ~~ 疲れたョ 腟

  とりあえず、説明を。

  こういうことって、後から話すと

  なんか、言い訳がましくなってしまうんだよね。

  でも、先生は私の話を最後まで聞いてくれて。

  きっと、私がちゃんと話をしに

  自分の元に来ると思っていたのだろう。

  そんな雰囲気を感じた。

  何も悪いことをしようとしてるわけじゃない。

  震災地へ赴き、ボランティアをしたい。

  気持ちはよくわかるし、いいことだ。

  だけど、学校を休んでまで、

  ましてや「鶴○女子剣道部」として

  参加することは反対だ。

  ・・・もっともな意見だと思う。

  私だって無理なことはわかっていた。

  それでも何かをしたい。

  剣道部という団体として何かができれば・・・。

  その思いはある。

  何も行って、現地でお手伝いすることだけが

  ボランティアではない。

  間接的にも協力できることは沢山ある。

  だから、現地へは行けないけれど。

  今、ここで。

  私たちにできることをしたい。

  そう伝えた。

  先生も協力してくれることになり

  話は一歩前進 絵文字名を入力してください

  

       つづく 

  
  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲

  「ゆけ!! 力道山」の歌詞の一節から拝借

  しています  桃色かたつむり

  

  
 にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください


   
情熱の物語
   募金活動

          ※過去の話です。

  

  高校生だった時。

  確か、二年生。

  淡路大震災がありました。

  あれからもう15年経つんですねえ・・・

  当時私は剣道部に所属 胴 竹刀

  3年生が引退をして、私たちの学年がトップ。

  確か、5月頃だったかな。

  後輩ミホから電話 

  「先輩、ボランティアしたいんです」

  元々ミホは正義感の強い、芯のある子。

  いてもたってもいられない。

  じっとしているぐらいなら・・・

  なにか、自分ができることをしたい!!

  ミホの熱意と心根に感動した。

  私だって、何かできることはないのかあと

  思ってはいたけど。

  彼女ほど意思の強さはなかった。

  口に出すのと、出さないのと。

  行動に起こそうとするのと、

  ただ思っているだけのと。

  ミホに触発されて、私も決意 かお

  ただ実際問題、私たちは学生。

  学校を休んで活動に参加することはできない。

  彼女の意見は、「剣道部として参加」

  現地でお手伝いをしたい、というもの。

  どこまでその意見が通るかわからない。

  けれど、私もやれる所まではやってみよう。

  ミホは私に一番に言ってくれたのだから

  その気持ちを裏切らないように。

  翌日、部長や副部長と首脳会議。

  私たちの学年は総勢10名の大所帯。

  ちなみに私はマネージャーだった。

  もちろん、マネージャーの仕事はあるけど、

  事実上では、もう一人の副部長的な立場と

  言った方が近いかな。
  
  やはり、ここはみんなの意見も聞くことになり

  一時保留に。

  数日して。

  社会科教師しげちゃんに問われてビックリ!! 、螯rヲW、J、O

  「震災地に行くの?」

  えっ??? ハテナ?

  話が分からないんですけど・・・?

  今この人、なんて言った???

  「ハンから聞いたんだけど」

  おい~~~ハン!!!! 腟 腟

  なんてことを言ったんだ、アンタは 怒 jumee☆disgust1

  しげちゃんもビックリしたらしく (そりゃ、そーだ。

  私だってビックリだもん・・・)

  真相確かめに私に尋ねたらしい q

  しかも大元は私のせいになってるし punpun

  推定の話が確定に。

  しかも誰も行くなんて一言も言ってないのに

  どうして、話がここまで曲解するんだ!?

  ・・・不思議。

  

        つづく  次


  ※このカテゴリのタイトル名は、サザンの曲「君こそ

   スターだ」の歌詞の一節から拝借しています 富士山


  

  にほんブログ村 ポエムブログへにほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
 にほんブログ村 ポエムブログ 吟遊詩人へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ  ←ポチッとよろしくね 絵文字名を入力してください

Copyright © 2005 月の木漏れ陽亭. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。